close

ログイン

パスワードの再発行?

OpenIDでログイン

エト・エウトクタ - タテ書き小説ネット

エンベッドダウンロード
エト・エウトクタ
ふく
タテ書き小説ネット Byヒナプロジェクト
http://pdfnovels.net/
注意事項
このPDFファイルは﹁小説家になろう﹂で掲載中の小説を﹁タ
テ書き小説ネット﹂のシステムが自動的にPDF化させたものです。
この小説の著作権は小説の作者にあります。そのため、作者また
は﹁小説家になろう﹂および﹁タテ書き小説ネット﹂を運営するヒ
ナプロジェクトに無断でこのPDFファイル及び小説を、引用の範
囲を超える形で転載、改変、再配布、販売することを一切禁止致し
ます。小説の紹介や個人用途での印刷および保存はご自由にどうぞ。
︻小説タイトル︼
エト・エウトクタ
︻Nコード︼
N9491A
︻作者名︼
ふく
︻あらすじ︼
月に巨大隕石衝突。直後に起こる奇禍。次々と精神崩壊してゆく
人々。エレボス、サムヤサ、ア・ナネ⋮⋮グリモア﹁エト・エウト
クタ﹂の血の符号は人類のうえに重なるのか。バティン、アンドレ
アス、セレ、オロバス⋮⋮ソロモン七十二霊で知られる悪魔の降臨、
そして闘神アスルー、人類は彼らの災いを、悪魔らの創造による邪
悪な宇宙の開闢を、阻止できるのか。/[2009,3,17]ラ
ストシーン書き改めました。/新宇宙でのエレボスを描くことをや
め、新宇宙でのアイコの様子と置き換えました。/新宇宙の構図を、
1
リスト記載することであらわしました/改変お詫び申しあげます。
2
﹃エト・エウトクタ﹄
はじめに:﹃エト・エウトクタ﹄そして﹃馬ヶ岳風土記﹄はとばし
て読んでいただいてかまいません。
﹃エト・エウトクタ﹄
汝、霧の星を知る。
天に眩き光なく、小暗い霧が果てなく続くその世界を。その奥に
蠢く異形の者共を。悪しき霊を。そのもたらす禍ひを。汝の血の奥
底にその記憶は眠る。
が、何人もその歴史を語ることあたわず。
人に語りえるは、バサの国が栄えた、﹃時の歴史﹄以降のみのこ
と。
しかれども﹃時の歴史﹄以前の太古より、﹃時の歴史﹄に至るま
で変わらぬこの世界のさまを語る。
世界は決して晴れることのない霧で覆われ、その霧の奥に無数の
塔がそびえ立っていた。そこは悪しき魔物の巣である。そこばかり
ではなく、魔物は森にも草原にも巣くうが、人々はとりわけ塔を恐
れ、決して近寄らなかった。されど、オル・ヴァブに比すれば、そ
れらの魔物はものの脅威ではない。魔物は人を喰らう。だが人より
魔物の数が多くなることはない。が、オル・ヴァブがひとたび目覚
めれば、人の姿は希となり、人は歴史を失う。その目覚めとなれば、
人は次々と正気を失い、魔物に喰らわれるのみとなるゆえに。
かくのごとく、人は千年ごとに歴史を失う。それ故、人の歴史が、
真実には何年あるのか、誰一人わかる者はいない。
↓数頁欠損。
この、﹃時の歴史﹄が始まる前に、伝え残っている伝説はひとつ
のみである。人の知るその伝説とはエレボスのことにある。
ある村で、若い男女が魔物にさらわれた。塔へさらわれ、生きて
3
帰ってきた者はいない。誰もがあきらめたとき、ふたりは戻ってき
た。しかし、男のほうは、人の姿をしていなかったという。その腕
は剣となり、背には悪魔と違わぬ翼、頭には蛇が二めぐり纏い尾と
首を背に垂らしていた。ふたりは森へ消えた。その後そのふたりを
見たものはいない。
その数十年後、その森の近くの国をアスルー神の大群が襲った。
アスルーは三面六臂、眩く輝く美しい闘神である。その六本の腕に
もつ剣に、立ち向かえる者はいない。人々はただ戯れに殺されるの
みである。
その時、森のなかから狼の眼を持つ若者が現れた。その若者が、
たったひとりでアスルー神を排撃した。アスルーのふるう六本の剣
を、若者は一本の剣ですべて弾き返し斬りふせた。そのふるう剣は
音の速さを超え、ふるう度に轟音とどろかせ、衝撃でアスルーの腕
は止まったともいう。
若者は百のアスルーをすべて斬りふせると、名も告げず森へ帰っ
ていった。これが人の知るエレボス︵混沌の子︶の伝説である。魔
物の血の混ざった者という意味である。それは、あの、さらわれた
男女の子孫だと言われた。そして﹃時の歴史﹄とかわった後も、森
の奥深くに、その血をひく者がいると人は信じた。
﹃時の歴史﹄の始まる以前の出来事で、人の知る話はこれのみであ
る。
↓数頁欠損。
﹃時の歴史﹄六六九年のこと。
大きく栄えていたバサの国の国王は、狩猟と遊牧を生業とする﹃
星を追う民﹄を滅ぼした。﹃星を追う民﹄は、巨猿の背に乗りドラ
ゴンを狩る勇猛な一族であったが、バサの大群の奇襲に、一夜にし
て滅んだ。その王子が逃れたが、たとえ逃げ延びたとしても幼少。
魔物のえさとなっただろうと、人々は噂した。
翌年。バサの国に王女が誕生した。その誕生の際には、テラー神、
応化しあらわれ、御子に破魔の力宿りしことを伝えた。王は喜び、
4
宴をひらいた。その宴の大広間に魔物の群れが襲いきて、悪魔の使
いの魔術師が姫に呪いをかけた。曰く、十五になる日に迎えに来る
おのこ
と。その呪いの定めは強く、テラー神でさえ違えることができなか
った。故に、テラー神は姫を救える運命の男を定めた。
時は流れ、その姫ラ・プティエリの十五の誕生日の日。待ち受け
おのこ
る勇者たちを嘲笑うかのごとく蹴散らし、魔術師は姫をさらってい
った。その勇者たちの中に、運命の男はいなかった。
王は国にふれを出し、数百の勇者が姫を取り返さんと塔へ向かっ
たが、邪悪な魔術師の力の前に、ことごとく討ち果てた。
ここに立ち至りて、銀色の巨猿の背に乗るひとりの戦士があらわ
おのこ
る。死に絶えたと思われていた﹃星を追う民﹄の王家の若者である。
彼こそが、テラー神の定めし運命の男。その名はサムヤサ。
彼は単身塔に乗り込み、巨大な竜に姿を変えた魔術師を討ち破り、
ラ・プティエリを救った。かくしてラ・プティエリは闇の手を逃れ
たが、破魔の力は失われていた。
バサの王は喜び姫を迎えたが、若者が﹃星を追う民﹄であること
を知ると、復讐を懼れ追い返した。
が、既にラ・プティエリは若者を慕っていた。夜も眠れず彼を想
い、その身が痩せ細るほど。
憐れに思った叔父エリゴールの手引きで、サムヤサはバサの城に
忍び込んだ。勇者もまた、塔にとらわれの姫を一目見たときより、
己が想い人と定めていたのである。故に姫に自身のおもいを告げ、
姫も同じおもいであると知ると、数千の兵を蹴散らして姫を奪い去
った。
こうして、サムヤサ、ラ・プティエリ、そしてエリゴールは人の
国から姿を消した。
↓数頁欠損。
﹃時の歴史﹄六九九年のこと。オル・ヴァブが目覚めた。一瞬にし
て世界を覆いつくす狂気の勢いもはや効し難く、人は次々正気を失
っていった。時を得たりと襲いくる魔物の群れ。
5
その時である。敢然と人のまえに姿をあらわし魔物に立ち向かう
は、サムヤサとその一族である。彼らはクリソレトゥスという石を
身につけて、その石の力により正気を保っていた。それは、サムヤ
サとラ・プティエリの娘、ラ・プティエリ・ア・ナネが念を封じた
石。母から失われた破魔の力を、ア・ナネは継承していた。
そして、また、テラー神の冥助により、サムヤサは捜しだしてい
た。伝説であったエレボス、その血をひく少年を。人、称してエレ
ボス・シ・ルカヤル。
サムヤサ、エレボス、エリゴール、そしてア・ナネは、バサの国
にあらわれた魔物を一掃すると、霧のなかにそびえる塔を次々攻め
滅ぼした。魔物を殺し、竜を倒し、悪魔を封印した。悪魔は霊であ
る。肉体を持たない。それは人に憑依してはじめて姿をあらわす。
それを倒しても、憑依されていた人間が死ぬだけである。故に封印
する他ない。
↓数行欠損。
ある塔の、呪いのかけられた魔の部屋で、エリゴールが自らの身
を生贄にして仲間を通した。 彼がその身をささげた場所は、炎の
平原。地平線まで続く悪鬼の群れと永遠に戦い続ける地獄。しかし、
そのおかげで、サムヤサらはその塔の霧のドラゴンを倒し、世界に
光を取り戻した。光を取り戻した世界は、美しい緑の森と草原がど
こまでも続き、地平はかすみたち空へ登り混ざり合っていたという。
その後、ある村で、正気を保っている老いた呪術師が言った。地
獄の平原を凄まじい勢いで地上へ昇り来る者がいると。呪術師は村
はずれの井戸へ一行を導いた。そこで呪文を唱えた。すると地の底
けおう
から戦ひ人の影が立ちのぼり口を開いた。我、地獄より蘇りともに
戦わん。 それは霊となったエリゴールだった。呪術師は化翁せし
テラー神だった。
こうしてエリゴールは霊となりても、彼らとともに戦ったのであ
る。
↓数行欠損。
6
その後、サムヤサらは、ある塔で奇怪な魔法の箱を見つけた。樽
のようであり、数えきれないほどの管や金属がつながっており、そ
れが幾つもあった。魔物達はそれをウイルオトスと呼んでいた。サ
ムヤサはそれを壊した。それは、魔物が自分達の体を創ったり、よ
り強靭にしたりするために使う魔具であった。最悪の敵である悪魔
らは、その究極の力を用いることで、肉体さえ不要としたのである。
その後、彼らはオル・ヴァブの棲家である塔を見つけだし、戦い
の末これを封印した。そして人々は正気を取り戻した。
アスルーの塔をエレボスが粉砕し、そこで彼らは﹃眩く輝くもの﹄
を見つけた。その﹃眩く輝くもの﹄はアスルーが守護していたもの
で、﹃すべての始まりとなるもの﹄である。彼らはその災いを取り
除こうとしたが叶わず、かろうじて封印した。
最後の塔で、サムヤサらは、船を見つけた。
↓この先、欠損。
リスト︵ラ・プティエリ記。綴りは原文のまま。憑依した時の姿を
アンドレアス
記し、召喚の可・不可と召喚方法を記す︶
Andoreass
十四枚の翼を持つ。鳥の頭。人の体。獣の足。破壊的。召喚不可
アスルー
なり。交渉もしかり。
Asslluw
三面六臂。好戦的。召喚不可。交渉もしかり。﹃眩く輝くもの﹄
オノボス
を守護する。
Olonbass
馬頭獣身。知多し。中庸の道を行く者。召喚可なり。召喚数は三
七九。
セレ
召喚には四つの星、ふたつの扉を用意せよ。石はふたつで足る。
Selle
四枚の翼を持つ。長髪の戦士。狡獪にして好戦的。召喚不可なり。
7
サバック
Sabanack
獅子の顔。獰猛。召喚可。召喚数は五二八。
召喚には多くの石を必要とする。剣も然り。ふたつの星が要る。
オセ
対価なくしてその魔力を得ず。
Osse
狼の頭。剛胆にして気高き戦士。召喚可なり。しかれども御し難
し。
ウラク
召喚には言の葉畏るべし。ふたつの星。ふたつの扉。ひとつの剣。
Varack
双頭の竜に乗る少年。召喚可なり。しかれども交渉あたわず。
バティン
召喚には獣の血が要る。召喚すれば災ひ多し。
Bathin
みっつの長い首、蛇の尾を持つ。召喚可。﹃眩く輝くもの﹄の創
造に携わる。
破滅を求めざれば召喚するべからず。
↓数ページ欠損。
Oll・Babbu
すべての災ひの元凶。
然れども、真の恐怖にあらざり。
↓他、欠損。
﹃エト・エウトクタ﹄
︵グリモア︶より抜粋。
ミスカトニック大学
図書館蔵。
8
﹃馬ヶ岳風土記﹄
﹃馬ヶ岳風土記﹄
カシビリが馬ヶ岳に山城を築き、倭の国オオタラシヒコオシロワ
ケ︵大帯日子淤斯呂和毛・景行天皇︶との戦にそなえた、という話
しまではしておったかの。石垣の上に土嚢を積んだ山城の外壁は、
馬ヶ岳から連なる山々、果ては平尾の山までのび、まさに難攻不落
の城となったのじゃ。
さて、カシビリの御子は双子じゃった。故に、慣わしにより、上
の子を残し、下の子を捨てた。今も馬ヶ岳の麓に残る双子岩のうえ
にの。今は、双子岩はご神体となり社が立っておるが、昔は双子が
生まれるとひとりをそこへ捨てたのじゃった。子のいぬ夫婦は双子
岩を詣で、子が捨ててあれば連れて帰り自分の子としたのじゃ。
にか
が、その時双子岩へあらわれたのは、我が子を亡くしたばかりの
雌の弐迦じゃった。弐迦とは川に棲む人間じゃ。今では河童と呼ば
れておるがの。河童などというものは、人が勝手にその姿を想像し
たもので、本当には人と変わらない姿じゃった。もっとも力は人と
比べ物にならぬほど強かったがの。川に棲み、滅多にその姿をあら
わさず、人と争うことを嫌う。じゃが、なかには、川で遊ぶ人の子
を喰らう悪い弐迦もいたようじゃ。じゃからこの川で遊ぶ子供はお
らぬ。今でも、川で遊ぶ子がいれば大人は注意するじゃろう。河童
に喰らわれるぞと。
さて、その雌の弐迦じゃが、子を失った苦しみに血迷ったのじゃ
きどうまる
ろう。双子岩の子を連れて帰り、自分の乳を与え、自分の子として
ひととな
育てた。それがキハヤじゃ。尤も、皆がよく知る名は黄童丸じゃろ
う。
弐迦の乳で育ったせいか、いや、そればかりとは言えぬが、長大
りて黄童丸は並みはずれて強くなった。駆ければ疾きこと鳥の如し、
9
かいな
足が道に穴を穿ち、川のこちらの岸から反対の岸へ、軽く跳べるほ
どその足は強かった。腕も力自慢の弐迦が束になっても敵わぬほど
強くなった。英彦の天狗と喧嘩して勝ったという話もある。
それほど強くとも、それが幸せか否かということとは、別の話じ
ゃ。今も昔も、それは変わらぬ。黄童丸は弐迦ではない。かといっ
て人としても暮らせぬ。三才にひとりきりじゃった。仲間からはよ
そ者扱いされ、人と交わることもできず、ましてや己がカシビリの
御子であることなど知るよしもない。
さて、そうしている間にも、倭のオシロワケの軍勢は、北のツチ
クモ、カント、オオヌキを平らげ、この川を下った川下に広がる平
原に仮宮を建てた。それ故、今もこの土地をミヤコという。時にオ
シロワケ、齢九十。
あで
をみな
さて、その工事が忙しく行なわれておる頃にの。
艶やかな嬢の妖狐があらわれ黄童丸を訪ねた。後ろで結わえた美
しい髪は腰までの長さでの、その髪につけた飾りは支那の珍しい石
びころう
が幾粒も、その腰には幾本もの太刀や矛が挿してあった。この妖狐
が皆も知っておる媚狐郎じゃ。今は豊後の社に祭られておる。今は
神様じゃがその昔の媚狐郎は太刀集めをしておっての。地の果てか
ぬぼこ
ら地の果て、支那やもっと遠い国まで神器を求めて旅をしておった。
それで、この豊の国にも来たのじゃ。
媚狐郎は黄童丸に言った。主の一族が守る﹃日子の瓊矛﹄を我に
よこせと。黄童丸は知っておったが、そんな物は知らんと答えた。
媚狐郎はそれが偽りであることを見抜いておったが、それよりも目
の前の男の秘めたる力に驚いておった。
媚狐郎は腰の太刀の一本を黄童丸に渡し、ふってみよ、と言った。
それは、普通の人間がふっても普通の太刀じゃ。じゃが、その血を
持つ者がふるうと、落雷のような音をたてる。﹃おとはやのつるぎ﹄
じゃ。黄童丸は言われるままその太刀をふるった。
雷鳴轟いた。黄童丸は驚いたが、媚狐郎はもっと驚いた。そして
言ったのじゃ。
10
﹁主にその太刀預けおく。倭の猛部を倒してみよ﹂
猛部というのは、倭の国の戦大将じゃ。そして、この時、豊の国
に来ていたのは、猛部の中でも豪勇無双と称されたヤマトヲウス︵
小碓︶じゃ。媚狐郎が黄童丸を使ってヤマトヲウス、次いでオシロ
ワケを殺そうと謀ったのは、彼の国が持つ﹃アマノムラクモの剣﹄
を狙っておったからじゃ。相討ちで弐迦も滅ぶれば﹃日子の瓊矛﹄
じんてう
も手に入る。狐というのは謀に長けておるからのう。
さて、晨朝︵卯の刻。明け方︶朝霧たちこめるなか戦は始まった。
三百の戦舟に乗った倭の軍勢が駸駸と川を上ってきた。その船団の
行く手に立ちはだかるように浮かぶ一艘の小船。船の上の人影は裸
身に胴衣姿。先頭の船の者が声をかけた。
﹁ぬしはこの近隣の漁夫か。これより、この地は我ら倭の大君が治
める。大人しく従え﹂
霧の中からその声は返ってきた。
﹁我が名はキハヤ。この川の弐迦の頭領にして、英彦の天狗を統べ
る者。そこにヤマトヲウスありや﹂
かたゐ
倭の者は驚いた。たったひとりで刃向かうか。
﹁ここにヲウスなし﹂
とひと
その答えを聞くと黄童丸はさらに聞いた。
﹁オシロワケありや﹂
倭の者は嘲笑した。この鄙なる人とは呼べぬ乞食が大君を呼ぶと
は。
﹁なし﹂
そこでさらに聞いた。
﹁このなかの大将舟はいずこ﹂
倭の者が嘲りながら指差すほうを見れば、確かに一艘大きな船が
霧の奥にある。
黄童丸はにたりと笑うと船底を蹴って合図をした。
水面からいっせいに弐迦の手が出てきて、すべての船をひっくり
返した。あっぷあっぷと川面に浮かぶ兵らを、弐迦どもが川底へ引
11
きずり込んで殺してしまった。
黄童丸はといえば、跳びも跳んだり、腹を見せて浮かぶ船底を右
さき
に左に前へ前へ、百艘も跳んで、大将舟へ躍りこんだ。襲い掛かっ
しふ
た兵三人を瞬く間に蹴り倒すと、その太刀を抜き鋒︵切っ先︶を大
将に突きつけ言った。
﹁ここにキハヤありと、帰ってヲウスに伝えよ﹂
さて、その話を聞いたオシロワケはたいそう驚いての、肺脯の猛
部ヲウスを使わすことにしたのじゃ。
猛部のヲウスは勇猛でもあったが知略にも長けておっての。まず
あ
かさ
は川の上流に毒を流し込んだのじゃ。それで弐迦は皆死んでしもう
かはべ
もと
た。その酷いありさまは今に伝わるとおり。毒しき瘡身にあまねは
り、膚も爛れやぶれ、手足繚戻りて、川面を流れゆく。そんな仲間
や母の亡骸を見ての。黄童丸は、もの狂いに怒り、たったひとりで
猛部の軍勢に挑んでいったのじゃ。
猛部のヲウスはほくそ笑んでおった。なにしろ、川を挟んで対峙
するのは千の軍勢とたったのひとりじゃ。己が剣を交えることもあ
るまいと思っておったのじゃ。
ところがじゃ。
一足飛びに川を跳び越えた黄童丸は、敵只中に大地をえぐって降
り立つと、その手の太刀をふりまわした。まるで雷が落ちたような
音が何度も響き渡り、斬られた者は木端微塵になり、そばにいた者
も吹き飛ばされた。
これにはヲウスも驚いての。アマノムラクモの剣を持ってくれば
良かったと悔やんだのじゃ。
さて、逃げ惑う兵を次々切り伏せ、ヲウスのまえに現れたのは、
狼の眼を持つ半裸の若者じゃった。
﹁汝キハヤか﹂と問えば、
﹁しかり。貴様がヲウスか﹂との答え。
ヲウスは答える代わりにその強き弓矢を射た。黄童丸は太刀をふ
るった。雷鳴轟き矢は空へ向かってそれた。
12
ヲウスは、これは敵わぬとみて、兵を退くこととした。黄童丸は
地に転がる矢を取って、ヲウスの背中めがけて投げた。矢は鎧を突
き破り肩に突き刺さった。が、兵に支えられ、ヲウスはなんとかそ
の場を逃れることができたのじゃ。
さて、この間に、仮宮に襲い来たのは、馬ヶ岳城城主カシワケじ
ゃった。あのカシビリの子、黄童丸の双子の兄じゃ。この兄弟が顔
をあわせることは生涯なかったのじゃが、姿かたちは似ておっても、
その心根はまったく違っておっての。黄童丸が蛮勇であれば、ワケ
は知に長け思慮深く、兵の信任厚く、民に慕われること神代のオホ
ナムヂのよう、まこと良き治世者であった。が、ひとたび動けば山
をも揺るがす稲妻のようじゃった。そのワケが手薄になった仮宮に
襲い来たものじゃから、たまらない。いとも易々とオシロワケを討
ち取り神器の剣を奪った。オシロワケは驚いたことであろうの。蛮
族との戦じゃと思っておったら、鉄器を持った軍勢に襲われたのじ
ゃから。
さて、そこからがワケの凄まじさよ。
神器を手に入れたワケは、それを証しに、行く手行く手の国々を
平らげながら、倭の国まで攻め上ったのじゃ。迎え撃つ倭の皇子カ
ゴサカとオシクマの軍勢を退け、とうとう倭の国を平らげた。そし
て妻に娶ったのがホムダマワカの娘ナカツヒメ。ホムダマワカの父
はイホキノイリヒコ。オシロワケの子じゃ。つまりオシロワケの曾
孫を妻とし、その血を残したのじゃった。名乗ることホムダワケ︵
応神天皇︶。
さて、憐れなるはヲウスよのう。深手を負い、命削るおもいで故
なかはな
郷へ向かう途中で国滅びのことを伝え聞いての。皆もよく知る歌を
残し夭となったのじゃった。
やまとはくにのまほろば
たたなづくあをかき
やまごもれるやまとしうるわし
とな。
13
確かに、広く知られておる話とは違うのう。故に、この話はそっ
と伝えねばならぬ。小声での。
さて、黄童丸じゃが、媚狐郎に剣を返したまでは知っておるが、
そのあとの話は何も残っておらぬ。
みやこ
﹃馬ヶ岳風土記﹄︵伝承による古文書・福岡県 京都郡双子岩神
社蔵︶より抜粋。
14
流星群
1 流星群
﹁ねえ、見える? 見える?﹂電話の向こうのミキは、はずんだ声
で言った。
ホンダは赤い夜空を見上げながら答えた。
﹁見えねえよ﹂その返答にミキは不服そうに言った。受話器越しで
も、唇をとがらせている彼女の顔が浮かんだ。
﹁えー。だって阿蘇に落ちてくるってテレビで言ってたんだよ。そ
こから近いジャン﹂
東京に住むその従姉妹に、ホンダは少し呆れて説明した。
﹁そりゃ、地図で見ればすぐ近くだろうけど、阿蘇山なんて地平線
の向こうだぞ﹂彼の住む街、由布院からそこまではかなり距離があ
る。地図オンチの従姉妹の発言にはいつも呆れさせられる。だいた
い、夏休みに来たじゃねぇか。その時も説明した筈だ。実際に大観
望までドライブして﹁遠いねぇ﹂と言ったのは本人だ。
﹁だいたい⋮⋮﹂と言いかけて気をとられた。
見上げた空のなかに小さな、微かな光を見つけたのだ。
次の瞬間には、無数の流星群が空を覆った。
﹁凄い⋮⋮。インディペンデンスデイのラストみたいだ⋮⋮﹂彼の
言葉に、
﹁ホント? ホントに見えたの? テレビつけてみる﹂ミキはあわ
ててリモコンを探しはじめた。
言葉を失うほど幻想的なその光景を、ホンダは見上げていた。
月に、巨大隕石が衝突したのだ。隕石の直径は6000メートル。
月の裏面に衝突した。衝突地点に巨大なドームを形成し、巻き起こ
った地殻津波は六時間で月面を覆いつくし、月は真っ赤な燃える玉
となった。粉砕された隕石とえぐられた月の地表は、月の重力圏外
まで舞いあがり、自然地球に落下してきた。もちろん、ほとんどの
15
破片は大気圏内で燃え尽きるが、その落下地点が阿蘇一帯。
﹁スゴーイ。ナマで見たい﹂ミキはテレビ中継を見たらしい。
﹁まさか⋮⋮落ちてこないよな⋮⋮﹂テレビ越しではない彼には、
眼前に迫る天変地異である。鼓動は早まり、その場から逃げ出した
い衝動に駆られた。これ⋮⋮逃げなくて大丈夫なのか⋮⋮。
﹁インディペンデンスデイのラストと、ディープインパクトのラス
トってそっくりよね﹂あくまで他人事の従姉妹。凄い、キレイ、ナ
マで見たいと繰り返した。
その時、ひときわ眩い光源が、北の空を駆けおりた。夜空に光芒
を残し⋮⋮。
﹁何だ? アレ⋮⋮﹂驚きと恐怖心から言葉を詰まらせた。理性で
よう
はない。人間が潜在的に持つ恐怖心。自然への畏れ。
﹁どうしたの? 耀クン﹂
﹁今⋮⋮何か、凄いモノが降りた⋮⋮﹂
﹁降りた?﹂その言葉じりを不審にとらえたミキ。聞き返した。
﹁落ちたの?﹂ ホンダは、それが消え去った北の山の稜線から目をそらせず、呟
くように答えた。
﹁分らない⋮⋮﹂山の稜線は闇に沈んでいる。
﹁UFOとか﹂
﹁まさか﹂今のは、そんなモノじゃなかった。ましてや、そんなモ
ノ信じない。
気づいたとき、流星群は消えていた。夜空にあるのは星と真っ赤
な月だけ。
﹁もう、︵家へ︶入って寝るよ﹂時刻は午前二時。由布院の冬は冷
え込む。九州とは思えないくらい。
﹁隕石が落ちたらテレビで言うだろ﹂
﹁そうね。何も無かったみたい﹂
ホンダは従姉妹におやすみを言って、携帯を切った。
16
その夜、ホンダは夢を見た。何故、そんなモノを見たのか分らな
い。夢見ながら馬鹿げていると思ったが、誰がどう言ったって、そ
アイ
れは女神の夢だった。美しく、輝く、乙女。それが彼に告げた。わ
たしの名は﹃i﹄。この宇宙の始まる以前の宇宙より在りしもの。
我を思い出せ⋮⋮。そして、なにか大事なことを言ったように思っ
たが、明け方には、そのことも、そんな夢を見たことも忘れていた。
いつもと変わらぬ朝だった。彼は、バスの時間を気にしながら朝
食をすませ、寝ぼけ眼でリビングへ出てきた小学生の弟と入れ違い
に家を出た。彼の住む街に高校はない。バスで四十分離れた別府の
高校へ通っている。
朝霧のなかに、浴衣姿の観光客の姿が目についた。あてもなく散
歩しているようだ。いつものことだ。彼は気にも留めずすれ違った。
時間通りにバスは来た。いつもの運転手だ。いつもの乗客。だが、
いつも一緒に乗る友人は来なかった。定刻どおりにバスは発車した。
由布岳の登山口を通り過ぎ、林のなかの美しい木々のトンネルの
下を抜け、バスは走る。ほどなく林は途切れ、視界がひらけ高原が
広がっている。二メートルほど下の道路わきの湿地に、転落した車
が数台。珍しいことではない。この道は、よく凍結する。ブラック
バーンになっていることが多い。冬の朝には、見慣れた光景だ。
バスはゆっくりとすべり、道路わきへ転落した。
﹁玄海原子力発電所に、運転停止要請﹂
﹁原子力発電所のみではなく、すべての火力発電所も運転停止﹂
﹁すべての鉄道も。現状では運行を許可できない﹂
﹁職員が被災するまえに、すべてを停めろ﹂
﹁ガスの供給も。ライフラインを絶つ﹂
17
奇禍
2 奇禍
彼は静かに頭を起こした。肩が痛む。夕闇のなか、さかさまにな
ったバスの天井に横たわっていた。おぼろげに思い出す。そうだ。
バスが落ちた。
何故。事故なのに⋮⋮。夕方まで⋮⋮。それに、誰もいない⋮⋮。
バスのなかは無人だった。夕闇が忍び込んでいた。
俺は、朝から今まで気を失っていたのか⋮⋮。けど、何故⋮⋮。
何故、助けがこないまま放っておかれたのか理解できない。
彼はゆっくりと、きしむ体を起こし、窓から車外へ出た。小雪が
ちらついていた。
見慣れた景色だが、何処か違和感がある。時計を見た。Gショッ
クなのに壊れている、と思った。湿地でスニーカーを濡らしながら
道路上へ這い上がった。
しばらくそこで待っていたが、車は一台も通らなかった。携帯は
使えない。この山のなかは圏外だ。
彼はあきらめ、歩いて戻ることにした。幸い、怪我はしていない。
何かがおかしい、そう思いながら、彼は山をくだっていった。由
布岳から先は、うっすらと雪が積もっていた。わだちの跡はない。
狭霧台まで戻ってきた。山の中腹の大きなカーブにあり、展望開
け、眼下に広がる街が一望できる場所。
日本有数の観光地の灯火が見えなかった。夕闇のなかに、街はひ
っそりと沈んでいた。
停電? しているのか?
何かが変だ。何か起こっている。自然と足早になる。だが、街ま
では遠い。車なら十分もかからないのに⋮⋮。
ようやく、たどり着いたときは、真っ暗闇だった。いつも、煌々
と灯りをともしているコンビニが真っ暗だ。三六五日、二四時間営
18
業のコンビニが、営業していない。それは、すなわち異常事態を意
味していた。
ほとんど駆けるように山を下ってきた彼だったが、息切れもせず、
そしてそれを不思議とも思わず、家路を急いだ。
街中の細い路地のあちこちに、たくさんの人影を見て、ほっと安
堵した。胸をなでおろした。心配していたことを馬鹿らしく感じた。
ブラブラ、散歩している、たくさんの人。なんだよ⋮⋮。いつもと
変わらないじゃないか⋮⋮。停電しているのは変だけど、この様子
なら⋮⋮。ひとりとすれ違ったとき、その顔を見てぞっとした。ど
こを見ているか解らない虚ろな目、半開きの口、まるでヒューズが
とんだような顔。その表情からは理性も知性も感じられない。
え!? ⋮⋮なんだ? すれ違う人が、皆そうだった。
なんだよ? コレ。
観光客ばかりではない。彼はそのなかに友人の顔を見つけた。朝、
バス停に来なかった友人。思わずその肩をつかまえた。
﹁おい、どうしたんだよ。どうして朝来なかったンだよ。どこ見て
るンだ。今、何しているンだ﹂矢継ぎ早に聞いたが、帰ってくる答
えはなかった。彼はホンダが誰かもわかっていないようだった。
どうなっているんだ。彼のことも気になったが、家族のことが案
じられた。ホンダは友人から離れ、家へ向かった。
家は真っ暗だった。玄関の扉には鍵がかかっていた。彼は鍵をあ
け、入った。闇のなかに、静まり返っている。
嫌な予感に、心臓がふるえている。
何かが動いて、物陰へ隠れた。
何だ? 鼓動が速くなる。今、何かが、テーブルの陰へ入った。
陰から様子をうかがい、出てきた小さな人影はこう言った。
﹁耀にいちゃん⋮⋮?﹂弟の亮太だった。
﹁どうしたんだ。お前ひとりか。親父とお袋は﹂
亮太は泣きながら首をふった。
19
﹁耀にいちゃん、今までどこにいたの⋮⋮?﹂
﹁朝⋮⋮バスが転落して﹂気を失っていたという彼に、弟は驚くべ
きことを言った。
﹁一週間も?﹂
一週間!? じゃあ⋮⋮時計は壊れていなかったンだ。俺は、一
週間も気を失っていたのか。
﹁お前、ずっとひとりでいたのか﹂聞きたいことは山ほどあるが、
何から聞いていいのかわからない。
﹁うん、だって、パパもママも帰ってこないし⋮⋮。おにいちゃん
も﹂
﹁いったい、何があったンだ﹂俺が眠っている間に。
﹁知らないの﹂弟は驚いたように問い返した。
﹁みんな、おかしくなっちゃったんだよ。頭がおかしくなっちゃっ
たんだ。変わらなかった人はみんな街を出たよ。別府や福岡の方へ
行った﹂信じられない話だが、たった今、見てきたとおりだ。
﹁テレビは﹂そうか。停電していれば無理だ。
﹁電話は﹂
﹁つながらないよ。停電していない頃、一回だけ、ミキねえちゃん
とつながったよ。逃げてって言ってた。化け物が人を襲っているっ
て⋮⋮﹂
彼は携帯を取り出した。もうバッテリーが残り少ない。しかもつ
ながらない。けど、聞かなきゃ。何なんだよ。化け物って。逃げろ
って、どこから?
情報源は? 何かないのか? そうだ。ノートパソコン。ネット
だ。彼は自分の部屋へ駆け込み、パソコンを開き電源を入れた。バ
ッテリーは充分ある。しかし、ページは開かなかった。どのサイト
も、エラーになる⋮⋮。
背中をつつかれ、ふりかえると、亮太がラジオを手ににこっと笑
っていた。
そうだ。アナログ過ぎて忘れていたが、ラジオがあった。災害時
20
に︵コレをそう呼んでよいのかどうかは判らないが︶頼りになるの
はラジオだけだ。スイッチを入れてすぐに、コレが、通常の災害の
比ではないことを知らされた。
被災地は、熊本・大分・宮崎全域。徐々に広がり、現在では福岡・
佐賀・長崎・鹿児島を巻き込み、九州全県が、その災禍に襲われて
いる。当然、ラジオ局でも異変は起こっている。喋っているのは、
ノーマル
どう聴いたってアナウンサーではない。﹁すべての空港は閉鎖され、
ルナ
九州を脱出する健常者は、関門海峡や各フェリー航路の港に押しか
ティック
ノーマル
けており⋮⋮関門トンネル人道では⋮⋮政府は現地入りしての精神
崩壊者の救済を困難と判断。自力で本州入りする健常者のみを﹂聞
き慣れない単語が続々とびこんでくる。ルナティック、ノーマル、
そしてデモニアック。どうやら精神崩壊した人々をルナティックと
呼んでいるようだった。そして健常者がノーマル。デモニアックは
? デモニアックはなんなんだ。﹁しかし、感染の怖れがあるため、
日本政府は被災者の受け入れを⋮⋮﹂感染? 感染ってなんに。﹁
しかし、当初発表されたウイルス感染説は間違いであるとの意見が
多く⋮⋮﹂
亮太が説明した。
﹁脳細胞を破壊するウイルスに感染したンじゃないかって、はじめ
言っていたんだ﹂
馬鹿げている。
﹁それが隕石にくっついていたんじゃないかって﹂
あの流星群か!? やはり、アレが原因なのか。心のどこかで、
結び付けたくなかった事柄が、強引に結ばれてしまった。ウイルス
云々はともかく、やっぱり、流星群が原因で異変が起きたんだ。そ
うだ。あの、強烈な光⋮⋮。いや、あの光は北の方角へ消えた。そ
れは福岡の方だ。異常とは関係ない。だったら、あの光はなんなん
だ。
今の時点でわかる情報はこれ以上ない。
﹁食べ物は?﹂弟に聞いた。亮太は微笑みながらチョコレートをさ
21
しだした。
﹁おにいちゃんの分、取っておいたよ﹂ホンダはそれを受け取ろう
として思い直した。
﹁いや、いい。お前が食べな。親父とお袋は?﹂
その言葉を聞いたとたん、亮太が泣きべそ顔に変わる。
﹁ずっと、帰ってこない﹂
﹁工房へは行ってみたのか﹂彼の両親は、観光客相手に陶芸の体験
教室などしている。工房の場所は、それほど遠くない。
亮太はおびえた顔で首をふった。彼の想像も同じ。そこに、皆と
同じように我を失っている両親を見つけるのが怖いのだ。虚ろな、
深淵のような、忘却の目をして。
﹁俺が見てくる。ここで待っていろ﹂ホンダは懐中電灯を取り上げ
た。たとえ、そうなっていたとしても、いや、そうなっていたなら、
首に縄をつけてでも、ここから逃げ出さなきゃいけない。
彼の心はもう決まっていた。ここを逃げだす。別府へ行けば、大
阪と四国行きのフェリーがある。なんとかしてそこまで行って、ど
ちらでもいい、それに乗る。九州から、脱出する。
工房まで五分もかからなかった。扉は半開きだった。彼はおそる
おそるなかに入った。
ろくろ
もし、暗闇でなければ、壁一面を濡らすものが見えただろう。
懐中電灯の光のなかに、父の顔が浮かび上がった。轆轤の上に乗
っている。体のほうは、その向こうの闇のなかに沈んでいる。腹を
食い破られ、手足を引き千切られ。
懐中電灯が落ちた。足の力が抜けた。立っていられなかった。現
実はたったひとつだが、頭のなかは混乱していた。探すまでもなく
答えはそこにあったが、彼は必死であがらっていた。数分間、彼は
そのまま動けなかった。実際には数分だが、永劫のごとく感じた。
クソ。しっかりしろ。はじめにその言葉が頭に浮かんだところを
見れば、精神は父を失った悲しみよりも、この現実を生き延びる努
力を選択したようだった。母を捜す。馬鹿、捜すまでもない。これ
22
以上ここにいるのは危険だ。非情な心の声を無視して、工房の奥へ
踏み込んだ。
奥の部屋で、目的のモノを見つけた。頬を涙がつたったが、駆け
寄ることはせず、ゆっくりと背を向けた。
心のなかで、何かが音をたてた。
いるんだ。何かが。ミキが言っていたモノが。
音もなく降る雪、その下に静まり返る家々のなかで、同じような
光景が広がっていることが想像された。
亮太。しまった。ひとりにするんじゃなかった。ホンダは暗闇の
なかを駆けた。闇のなかには人がたくさんいる。夜目が利くように
なったのだろうか。全力疾走しているというのに、ぶつかることは
まったくなかった。夜空に光はまったくない。厚い雪雲がくろぐろ
と重く空を覆っていた。火照った顔にあたる雪が溶ける。
亮太は息を潜めて彼の帰りを待っていた。ホンダはひとまず安堵
した。が、弟の問いは残酷だった。
﹁いた?﹂開口一番そう言った。彼は目をそらし、床を見つめ、﹁
いや、いなかった﹂努めて平静を装い答えた。正直に話す必要は何
ひとつない。
﹁用意して、ここを出よう。上着を着るんだ﹂
﹁どうして? パパとママは?﹂再度、答えられない質問。
﹁捜しようがない⋮⋮。生きていれば必ず会える﹂酷いウソを言っ
ていると感じた。
彼はトレーナーに着替え、フィールドジャケットをはおった。弟
にもダウンジャケットを着せた。持ち出すものは、ラジオ、食料、
水、けれどあまりたくさんは持てない。
武器が、欲しい。できれば銃⋮⋮。が、叶うわけもない。
外が仄白んできていた。夜が明けはじめている。丁度、いい。ま
ったく、眠くない。意識は、はっきりしている。まだ、大丈夫、だ。
亮太は眠そうだ。この一週間、ろくに眠ってなかったのだろう。俺
が戻ってきて、安心したのかも知れない。眠そうだ。だが、起きて
23
なくてはいけない。これから、由布岳を越え、城島高原を抜け、鶴
見岳をくだり別府まで徒歩でゆく。
彼は弟の手をひき、家を出た。一面の雪景色だった。新雪のうえ
へ、踏み出した。ふりかえらない、と思っていたが、ふりかえった。
十六年住んできた家。だが、昨日までの、生活はそこになかった。
昨日まで︵正確に言えば一週間前まで︶あたりまえにあって、これ
からもずっと続いていくものと、根拠もなく思っていたものが、跡
形もなく消えていた。
24
奇禍2
﹁どうして、つながらないの﹂ミキは苛立ちながら携帯のリダイヤ
ルを何度も押した。ネットで見た。本州へ逃れてきた被災者のなか
に、デモニアックが紛れこんでいた。デマかも知れない。だけど、
それが本当なら、もうすぐ九州からは出られなくなる。誰も、九州
から。
つけっ放しのテレビからは、九州関連のニュースが延々ながれて
いる。
﹁どうして救出に行かないのよ﹂腹立たしげにテレビに向かって呟
いた。
由布岳の腹を走る曲がりくねった道で、後ろから来たシングルキ
ャブトラックが真横に停まり、運転席のおじさんが驚いた声で言っ
た。
﹁おい、お前達、気は確かだな。どうして、まだこんなところにい
るんだ﹂そのセリフの気は確か、という部分は、皮肉にも言葉どお
りの意味だ。
おじさんは彼らの目的地が同じであることを知ると、荷台に乗る
といい、と言った。毛布とビニールシートを貸してくれた。
ホンダは弟を毛布にくるみ荷台に座り、シートを頭からかぶった。
ゆっくりと、四駆は発進した。身を切るような風が、隙間から入り
込んできた。だが、小一時間の辛抱だ。シートから顔を出した。大
粒の雪が、降っている。山々がかすんでいる。水墨画の景色のよう
だ⋮⋮。この雪が、別府に入ると雨に変わる。
アイコは空港で暴れていた。
﹁米軍は沖縄に行くンでしょ。だったら、乗せてってよ。わたしは
沖縄に家族がいるの﹂
25
当然、軍人の答えはにべもない。
﹁民間人の日本渡航は禁じられています﹂
﹁知ってるわよ。だから、こんな空港に来たンじゃないっ﹂
﹁ここは一般空港ではありません。米軍基地です。そもそも、通行
証はお持ちですか﹂
﹁持ってなきゃ入れるわけないでしょ﹂大嘘だ。
﹁お見せください﹂
﹁入り口で見せたわ﹂
沖縄に連れて行けと大騒ぎする彼女を、警備員はつまみ出そうと
した。じたばたする彼女のコートが破れた。
﹁どうてくれンのよ。上着はこれ一枚きりなのよ﹂
その時、そばに立ったボーイッシュな女の子が、自分の着ていた
フライトジャケットを渡しこう言った。
﹁わたしは、違うのを借りられるから。よかったら、これを着て﹂
彼女は面食らった。米軍基地にまったく不似合いな女の子。たぶ
ん、十代後半。
﹁あ、ありがと。あなたは⋮⋮日系人?﹂彼女がそう思ったもの無
理はない。女の子は金髪のショートボブだったが、東洋系の顔立ち
をしていた。二重瞼で切れ長の瞳。薄い唇。そして、白人にしては
小柄な体。けれど、違ったらしい。女の子は首をふった。それから、
わたしも沖縄に行くつもりなの、と言い、﹁軍にコネがあるの。話
してあげるから、一緒に来るといいわ﹂と言った。
渡りに船だわ。なんて幸運。
﹁わたしはアイコ。大学生よ。あなたは?﹂アメリカ人? かしら。
訛りがあるけれど。
相手は驚いた顔をしている。アイコはそんな反応には慣れていた。
やっぱり、こいつもアメリカ人だわ。東洋人の年齢がわからない。
﹁年上とは思わなかったわ⋮⋮﹂
﹁そう。ハイスクールの生徒に見えた?﹂
﹁えっと⋮⋮﹂相手は言葉を濁した。もっと下かよ。
26
﹁わたしはイリア・サロニケ・アニナ。十六歳よ﹂年齢がわからな
いのはアイコも同じだった。随分、大人っぽいじゃない。ませてい
るのね。それにしても、十六歳の少女がたったひとりで何故日本へ
行くのかしら。それに、その名前、何人。
﹁わたしは二十歳。沖縄に家族がいるの。あなたは何故日本に行く
の﹂
相手は少し考え、こう答えた。
﹁夢を見るの⋮⋮。子供の頃から﹂繰り返し、同じ夢を。
﹁どんな?﹂それが今の日本と関係あるの? 聞き返しても、うま
く言えないわ、としか答えなかった。
眼下に、湯煙たなびく、日本最大の温泉地が広がった。車は急な
坂をくだり市街地へ入った。思ったとおり、嫌な雨になった。
﹁温泉にはいりたい﹂亮太が言った。そんな呑気なことを、とは思
わなかった。冷えた体を温めたい。
放置された自動車が、いたるところで道をふさいでいた。そして、
あてどなく歩いているたくさんの人。うずくまり頭を抱えている人。
虚ろに空を見ている人。トラックは、ゆっくりとそれらをよけて進
んでいった。ホンダは、荷台の上から絶望的な気分でその光景を見
た。
十号線に出ると、車はまったく進めなくなった。見渡す限り、放
置された車でつまっている。 おじさんは車を降りると、荷台のふ
たりに言った。
﹁ここから先は無理だ。おじさんは家族が待っているから走ってい
く。お前達も急げよ。乗り遅れるぞ﹂そう言って、走っていった。
﹁行こう。亮太。一キロもない﹂
無言で見上げうなずく弟。
ホンダは、亮太の手をひき走った。前方の建物の隙間に、フェリ
ーが見える。白い船体に赤い模様。
﹁おにいちゃん。痛いよ﹂気づけば、彼は弟の手を引きずるように
27
して駆けていた。
ごめんよ。と言い、背をかがめ弟をおぶった。山を駆けくだった
ときも感じたが⋮⋮。何か変だ。イメージより遠い地点を足がとら
える。風を切る身体が、かつてないほど軽い。
フェリー埠頭には千人以上の人がいた。正気を保っている人々。
彼らの姿を目にして、ホンダは少し勇気を取り戻した。まだ、これ
だけ、いる。フェリーは、これ以上積みこめないというほど、人を
積みこみ、丁度桟橋を離れたところだった。それが波をわり、沖へ
むかっていく様を、埠頭から見送るしかなかった。
﹁おにいちゃん⋮⋮﹂亮太が不安げな顔をむける。
﹁大丈夫だ。すぐに次の便が来る。まだ、これだけ残っているンだ﹂
だが、フェリーが戻ってくることはなかった。二日たっても。
二日目の朝、埠頭に取り残された千人のうち、半数が北を目指し
て移動を始めた。そのなかに、トラックに乗せてくれた親切なおじ
さんの顔もあった。関門海峡を渡ると言っていた。人道があるから
と。だが、そこから関門まで、距離約百キロ。
二日間のうちに、親しくなった人からかなり情報を得ることがで
きた。だが、親しく話していた同世代の少女が、突如精神崩壊する
様を見て︵それは表情からすぐにうかがえた︶、人と話すことをや
めた。
埠頭でフェリーを待つ、約五百人。歯が欠けるように、その集団
から離れていく人々。正気を失い⋮⋮。いつ襲われるかわからない
狂気の恐怖に耐えながら、じっと待つだけの時間。携帯のバッテリ
ーは完全に切れた。コンビニで簡易充電器を探したが、ひとつも残
っていなかった。外界との連絡手段は一切断たれた。ラジオ局も沈
黙している。大分だけではない。福岡の放送局も。雑音が多く聞き
取り難いが、AMで山口放送と愛媛放送が入る。それだけが情報源
だったが、希望の持てるような情報は一切なかった。九州内の原子
力発電所は安全に停止された。九州を離発着する飛行機は全便欠航
で再開の見通しはない。九州内の鉄道はすべて運休。こちらも運転
28
再開は望めない。九州を脱出しようという人間にとっては、どうで
もいい話ばかりだった。福岡ドームの未知の光については、自衛隊
が処理にむかったが、まったく近寄れない状態。何だよ、光って⋮
⋮。山口県内でデモニアックが確認され、政府は対策を協議中。だ
から、何なんだよ。デモニアックって⋮⋮。
黒電話!! 田の湯旅館のフロントにあったのは黒電話だった。
以前、家族と泊まったその旅館のことを思い出した。黒電話ならつ
ながる確立は高いかも知れない。彼は立ち上がった。
﹁亮太、みんなとここで待っているんだ。電話できるかも知れない﹂
ホンダはそう言い残すと駆け出した。キーがついたままのバイク
を見つけた。一瞬、躊躇したが、またがった。ハーフメットをかぶ
った。エンジンをかけた。
29
剣
アイコはボーイングB747−400政府専用機のなかで、知り
合ったばかりの少女と並んで座っていた。イリア・サロニケ・アニ
ナというその少女は軍にコネがあると言っていた。だが、どれほど
のものなのか。この飛行機は大統領専用機のエアフォース・ワンと
同型だ。いったい何者? 大金持ちのお嬢さんかしら。そう考えて
見れば、どことなく立ち居振る舞いに気品がある︵ほんの少し︶気
もする。お金持ちのお嬢さんが、物見遊山気分で日本に行くつもり
かしら。護衛もなしに? ありえない。それに前言撤回。こんなが
さつなお嬢様はいない。物怖じしない性格らしく、大胆というか、
不敵というか、ぐうぐう眠っている。寝顔を見ていると、本当にま
だ子供だ。あどけなさが残る。
アイコは、沖縄に着いた後のことを考えた。家族が、石垣から台
湾へ渡れるよう手配しよう。石垣には台湾の貨物船がたくさん来て
いる。たぶん、法外な料金を要求されるだろうけれど。それは世の
常。問題はその後だ。漁船がチャーターできればいいけれど⋮⋮。
本土に行ってくれる漁船があるかしら⋮⋮。彼女の目的地は、沖縄
ではなく、奇禍に襲われた九州だった。
隣の少女ががばっとはね起きた。アイコのほうが吃驚した。
﹁どうしたの?﹂
﹁夢を見たの⋮⋮。さっき話した夢﹂それから少女は、彼女がよく
知る名を出した。
﹁ラ・プティエリ・ア・ナネという人知ってる?﹂
アイコは心胆でんぐり返るかと思うほど吃驚した。
﹁どうしてその名前を知っているの!?﹂
﹁その人が夢に出てくる⋮⋮。エレボスを捜せと⋮⋮﹂
その名に、再び驚かされたアイコ。これは偶然の一致なんかじゃ
ないわ。名前がふたつも出てきた。この子は、何もの?
30
彼女は自分の手荷物のなかから、一冊の本を取り出しアニナに見
せた。
﹁これ、読んだことある?﹂
古ぼけたその本の表紙には、フランス語で﹃エト・エウトクタ﹄。
﹁何⋮⋮。この本⋮⋮。グリモア︵中世の魔術文献の総称︶⋮⋮?﹂
少女はそれを手に取り、裏表紙に容易ならざるものを見つけ咎めた。
﹁ミスカトニック大学図書館蔵・閲覧禁止・持出禁止と書いてある
わ﹂
﹁そこはいいから﹂と言うアイコを呆れた顔で見るアニナ。
ページを開いた。数行読みすすめて、
﹁これは、いったい何時代の、どこの国の話なの﹂呟いた。が、そ
れはアイコも知らない。
彼女の知っているのは、少女の見る夢に出てくる人名が、その物
語のなかにあること。その物語のなかのいくつかの人名は、﹃エノ
ク書﹄にもあらわれること。サムヤサ、そしてア・ナネ。 エリゴ
ールや、エレボスも表記や訛りが加わり変化しただけで、﹃エノク
書﹄へと連続しているのかもしれない。ただし、﹃エノク書﹄では
どれも男の神、いえ、堕天使、つまり悪魔として描かれているけれ
ど。
3 剣
田の湯旅館は古い民宿だから、自動ドアなどない。玄関の扉は開
いたままになっていた。目的の黒電話も以前来たときそのままにあ
った。
ホンダは受話器をつかみ、ダイヤルをまわした。携帯に、いや、
自宅だ。
彼の心臓が波打った。呼び出し音が聞こえたのだ。機械的に連続
して告げる呼び出し。頼む。家にいてくれ。これを切れば、もう一
度ダイヤルしてもつながるとは限らない。呼び出し音が途切れた。
受話器があがった。
31
﹁もしもし⋮⋮﹂それだけ言うのがやっとで、言葉が詰まった。相
手は彼の声に気づいた。
﹁耀クン!? 耀クンなの!?﹂
﹁そうだ⋮⋮。やっとつながった⋮⋮﹂
ミキは涙声で言った。
﹁今、どこ? 大丈夫だった⋮⋮? わたし、何度も電話したけど、
全然つながらなくて⋮⋮﹂
﹁アナログ電話を見つけて、それで⋮⋮﹂
﹁みんな無事なの? 亮太クンも伯父さん達も﹂
﹁亮太は無事だ⋮⋮。今、フェリーを待っている。別府まで来たん
だ﹂両親のことは言わなかった。ミキもさとった。
﹁もう、二日も待たされている⋮⋮。フェリーが来ない﹂
﹁駄目よ⋮⋮。もう、来ないわ。関門海峡から逃げて⋮⋮。急いで。
そこも、もうすぐ封鎖されるから⋮⋮﹂
﹁どうして﹂
﹁九州から逃げてきた人達のなかに、デモニアックが紛れ込んでい
たの。だから﹂
また、だ。なんだよ。その、デモニアックって。
﹁いい。耀クン。ミキのこと馬鹿にしないで真剣に聞いてくれる﹂
ミキはあらたまった真面目な口調で言った。
﹁悪魔がいるの﹂
﹁確かに夢のなかでわたしは深い霧のなかにいる。その奥にそびえ
立つ塔のイメージも同じよ。内容はわかったけれど⋮⋮どうしてわ
たしがこの人の夢を見るのか説明できない﹂
もっともだわ、とアイコは答えた。本人がそれを知らない以上、
推理すらできない。
それよりも、と彼女は思った。数時間を一緒に過ごしての感想だ。
この子はいったい何人かしら。彼女はふたたび疑いはじめた。うう
ん。何者?
32
乾いた目に何かが滲んだ気がした。それは、言葉どおりの意味で
いいのか。それが、俺の両親を⋮⋮したのか⋮⋮。喉がつまった。
﹁それは身体を持たないの⋮⋮。人間に憑依するの。憑依された人
は化け物みたいになって人を襲うの⋮⋮。だから、早く、逃げて⋮
⋮﹂
﹁そっちは、全然無事なのか﹂東京のことを聞いた。
﹁凄い混乱しちゃってるけど⋮⋮。ニュースは全然信用できない。
確かなことは、それがどんどん広がっていること。はじめは阿蘇一
帯。今では九州全域。もし、関門海峡を渡れなかったら、韓国へ逃
げて﹂
﹁どうやって?﹂
﹁船で。ヨットでもクルーザーでもいいから﹂
﹁運転したことない﹂
﹁でも、飛行機を運転するよりはマシでしょう﹂ミキは涙声で笑っ
た。
﹁ソウルに友達がいるわ。迎えに行くように頼んでおくから﹂
﹁名前は?﹂
﹁ミョンスー。住所も教えておくわ。もし、会えなかったら訪ねて
いって。メモはある?﹂
彼は、フロントの上のメモ用紙とペンを取り、彼女の言う住所を
筆記した。これから関門海峡へむかっても何日かかるかわからない。
タイミング的に封鎖されている可能性が高い。船しかないかも知れ
ない。GPS付きのそれなら、素人でも方角を見失うことはないと
思う。希望的観測だが。SOSを打ち続けながら航行すれば、救助
が期待できる。嵐に巻き込まれたら⋮⋮それまでだ。
必ず、逃げてきて。通話の最後にミキはそう言って泣いた。彼は
受話器をおき、日本地図を頭に思い浮かべた。その作業が必要に思
われたからだ。何か、ひっかかっていた。フロントの横の壁に、ハ
33
ングル文字で﹃ようこそ。別府へ﹄と書かれたポスターがあった。
気づいた。
あの、地図オンチめ。どんどん広がっているなら、東京より先に
韓国が被災するじゃないか。
九州からは韓国のほうが近い。
34
剣2
﹁あなたはどうしてこんな本を持っているの?﹂
瞳に少し警戒の色を浮かべながら少女は聞いた。
﹁わたしは大学で神学を専攻しているわ。民族の伝承や古い信仰を
研究しているの﹂
だから日本へ向かっている。悪魔の存在を確かめるため。
﹁あなたが夢で見るア・ナネがエレボスを捜せと言っているわけで
しょ。日本にそれがいると思っているの?﹂そうでなければ、この
少女が日本へ行く理由にはならない。
﹁彼女の夢は、子供の頃から見ているけれど、いつも無言だった。
日本に異変が起きてから。自分をラ・プティエリ・ア・ナネと名乗
り、エレボスを捜しなさいと言った。根拠としては薄いかも知れな
いけれど⋮⋮﹂
その通りだわ。アイコは思った。逆に言えば、彼女が日本へ行く
理由は他にあるということ。それが何か。たぶん聞いても答えない
でしょうけど。
ともかく、日本にいるのは、オル・ヴァブ。伝承を信じるなら、
間違いない。理由はわからないけれど、目覚めた。確かに言えるこ
とはこれ一点だけ。
埠頭へ戻ろうと狭い路地へ入った。人影に驚きはしない。見慣れ
ている。が、その女は巫女姿だった。赤い鳥居の前に立ってこっち
を見ていた。艶やかな長い髪、切れ長の妖艶な瞳、赤い唇。その口
が彼に向かって開いた。咄嗟にバイクを停めた。
﹁あなたは、無事なのか⋮⋮﹂正気なのに、何故こんなところに一
人でいる?
女はふっと笑った。
﹁わたいかい? わたいは人じゃあないからねぇ﹂その返答にホン
35
ダは思わず身構えた。人じゃない? すると、コレがデモニアック
? ﹁わたいの名は媚狐郎。妖狐じゃよ。齢三千年になろうかいのぅ。
今はそこのお稲荷さんじゃえ﹂
お稲荷さん!? って狐の神様か? こんなモノまで現れるのか。
それとも喋れるルナティックなのか。いくら悪魔が跋扈していると
はいえ、お稲荷さんですと言われ、はいそうですか、とは思わない。
﹁お前さん、懐かしい男の臭いがする。キハヤと同じ血の臭いじゃ﹂
キハヤ? って誰だ。ホンダの心を見透かしたように、女は言葉
を続けた。
﹁その昔、ひとりの男がおってのぅ。駆ければ疾きこと狗のよう、
跳べばさながら天狗のよう﹂
﹁俺は⋮⋮普通の人間だ﹂親だって、普通の人間だった。先祖代々
そうだった。
女はふっと笑い、
﹁その血のものは、この刀の使い手。持っておゆき﹂一振りの日本
刀を投げてよこした。いや、日本刀に似ているが以って異なるもの。
おとはや
柄が極端に短い。片手分のグリップしかない。アンバランスな刀。
﹁音速の剣という。神器じゃよ。その刀、お前がふるえば音の速さ
を超え、雷鳴とどろくはず﹂信じられないことを言う。
ホンダは、半信半疑でその刀を抜いた。肉厚で鎬高い。火焔の波
紋。軽くふってみた。自身の腕が、ふるった太刀筋が見えなかった。
飛行機が音速を超えるときと同じ音。とどろいた。
ど胆を抜かれた。
狐はにたりと笑った。
﹁神器でもあるが妖刀じゃえ⋮⋮﹂
どっちだってクソ喰らえだ。なんだよ、コレ。こんなの⋮⋮信じ
られない。
﹁どういうことなんだ。何だ、この刀。誰がつくったんだ﹂
﹁さぁねえ。わたいが知っているより、もっとずっと昔のものじゃ
36
え﹂そう言われても、そんな昔のものには見えない。錆ひとつない。
﹁俺は⋮⋮誰なんだ﹂心のなかにわいた当然の疑問。
﹁もう、飽いた。わたいは行くぞぇ。目が覚めたらお堂の刀を持っ
ていきなさい﹂
﹁えっ﹂どういうことだ。ちょっと待ってくれ。もっと話を。そう
思ったとき、目が覚めた。彼はアスファルトのうえに倒れていた。
バイクはずっと先に横倒しになってある。夕陽に照らされている。
⋮⋮転倒したのか。それで幻覚を見た⋮⋮? だが。
彼は立ち上がった。赤い鳥居の前だった。お堂の前に、夢で見た
と同じ刀が置いてあった。幻怪⋮⋮。
彼は信じられない面持ちでその刀を手に取り、抜き、ふりおろし
た。
雷鳴とどろいた。商店の窓ガラスが振動で粉々に砕け散った。
ミキは通話を終えると、コリアの友人にメールした。彼女は私学
の付属高校に通っている。その大学に、短期留学してきたのがミョ
ンスーだ。ミキの家にホームステイし、親しくなった。帰国後もメ
ールのやり取りがある。もっとも、ミョンスーは日本語を話せるし
読めるが、書くのはあまり得意ではない。ミキは、ハングル文字は
まったく駄目だ。自然、英文でのメールが多くなるが、ミキはそっ
ちもからっきしだった。
ともかく、ひらがなを多用したメールを出した。わたしのいとこ
がそっちへいくかもしれない。コリアににげるしかないの。よろし
く。
これで大丈夫かしら? とは、当然思った。
﹁関門海峡封鎖﹂
﹁取り残された被災者は﹂
﹁やむを得ない。これ以上被害の拡大を許すわけにはいかない﹂
﹁しかし⋮⋮無理があります。たとえ橋とトンネルを封鎖したとし
37
ても⋮⋮﹂
﹁海の難所とはいえ幅数キロの海峡です。潮の停まる時間帯を見計
らって船で渡ることもできます﹂
﹁報道規制を⋮⋮。自衛隊に発砲許可を出す﹂
﹁国民に威嚇射撃を!?﹂
﹁いや⋮⋮。威嚇ではない⋮⋮﹂
突然、テレビが九州関連のニュースをやめ、通常番組に戻った。
NHKは﹃名曲アルバム﹄総集編、延々外国の風景をバックに管弦
楽を流した。
﹁なにコレ?﹂ミキは目が点になった。チャンネルをかえた。報道
一色だったテレビが、どの局も通常番組に戻っている。それも取っ
てつけたようなモノばかり。
﹁情報統制だ﹂彼女の父親が言った。
﹁情報統制?﹂
﹁都合の悪いことが起こっているんだろ﹂と言い、続けて、テレビ
朝陽はどうだ? あそこは多少反体制的だし、報道に重点を置いて
いるから、と言った。だが、目にしたのは﹃世界の車窓から﹄総集
編。どうやら、これを延々続けるらしい。地球を一周するまでか。
そう。わかったわ。国民に知られてまずいことを政府はやろうと
しているわけね。だけど、人の口に戸は立てられないわよ、だっけ。
テレビが役立たずのクズなら、ネットで調べてやるわ。
そのまえに、彼女は地図帳を開いた。九州から韓国まで、船で何
時間くらいかかるのか、地図上で推し量ってみようと思ったからだ。
夏休み、大阪からフェリーに乗って大分に行った時は、一晩かかっ
た。だったら、韓国は⋮⋮。あら、と思った。⋮⋮韓国って、遠い
のね、九州から。これを船で行くなんて無理だわ。どうしよう。
彼女の地理観はホンダの理解力を上回っていた。
38
デモニアック
4 デモニアック
亮太は兄の帰りを待っていた。喉が渇きお腹がすいたが、もう水
も食料もなくなっていた。電気のついてない自動販売機にコインを
入れたが、飲み物が出てくることはなかった。だぼだぼのズボンを
はいた、いかにも不良っぽい金髪の少年が、バールを手に言った。
﹁ボウズ。ジュース出してやろうか﹂
亮太の返事も待たず、少年は自動販売機の鍵穴に細いピンを入れ
カチャカチャとこね、カパッと開いた開閉部の隙間にバールをこじ
入れ、器用にねじり、バキッと音をたて扉を開いた。なかはジュー
スの山だった。冷えてはいないが。一本を亮太に投げて渡し、
﹁芸は身をたすく、だっけ。まさか、こんな風に役に立つとは思わ
なかったぜ﹂と笑った。亮太も笑みを返した。コワイおにいちゃん
かなと思ったが、いい人みたいだ。
あっという間に、その場は黒山の人だかりとなった。飲料を求め
る人が、押し合いへし合い。バールを手にした少年は呆れ顔で、
﹁俺は自分の分は取ったからもういい。お前ら、好きにしな﹂と吐
き捨て立ち去った。
押し合う人のなかにも入れず、遠巻きに見ている少女がいた。亮
太より少し年上。長い髪、内気そうな瞳に桜色の頬。見るからに大
人しそうなその女の子が、あの争いに入れるとは思えなかった。
﹁もう、半分しか残ってないけど⋮⋮﹂亮太は自分のジュースを差
し出した。
女の子は﹁ありがとう﹂と言い、受け取った。
﹁わたし、仲井麻奈。あなたは?﹂はにかみながら言った。
﹁ぼく、亮太。ホンダリョウタ﹂
﹁あなたのお父さんは?﹂
悪気があって聞いたわけではない。けれど、リョウタは答えられ
39
なかった。
﹁にいさんが言ってた。生きていれば、必ず会えるって。にいさん
は今、電話を探しに行っている﹂
少女は、そう⋮⋮。悪いことを聞いてごめんなさい、と言い、寂
しげな顔をした。
﹁わたしもパパとふたり。食べ物を探しに行ったわ⋮⋮。ねえ、フ
ェリー来ると思う?﹂
﹁来るさ。こんなに人が残っているんだもの﹂
ふたりは海を見た。水平線のうえは赤い夕焼け。フェリーが来る
まで、みんな無事だろうか⋮⋮。いつの間にか、消えていく人がい
る。
﹁ねえ﹂急に麻奈は明るい声で言った。﹁ゲームボーイ持ってる?﹂
唐突な問いに亮太は思わず笑顔が出た。
﹁持ってるけど充電切れだよ﹂当然そうだ。
﹁わたしも﹂と言って麻奈も笑った。
﹁もしさ⋮⋮。フェリーに乗れて、充電できたら、通信バトルしょ
う﹂
﹁いいけど。何の?﹂
﹁ポケモンは?﹂
﹁ぼくの手持ち強いよ﹂
﹁百レベル何体?﹂
五体。わたしの勝ち。え、何体なの。十二体。凄いと驚く亮太に、
﹁本当は、半分は妹のなの﹂と麻奈。言葉を詰まらせる。それだけ
で、何があったかわかってしまった。
亮太は、何も言えず、空を仰いだ。ぽつんと口から出た。
﹁ポケモンがいるといいなあ⋮⋮﹂
麻奈の顔が亮太のほうをむく。
﹁そしたら空を飛んでどこでも行けるのに⋮⋮﹂
麻奈も思わず微笑んだ。
後ろのほう、遠くで物音がした。ドラム缶が倒れるような音。ふ
40
たりはふりかえった。駆けてくる数人の人。その姿を見て麻奈が言
った。
﹁パパ⋮⋮﹂夕陽の逆光を受け、目を凝らす。その後ろにいるモノ。
たくさん⋮⋮。
蜥蜴に似た顔。大きく裂けた口に無数の牙。長い腕の先に鋭い爪。
腰から下は獣皮に覆われた毛むくじゃらの足⋮⋮。
﹁パパ!!﹂麻奈が鋭く叫んだ。その声は、父親の耳にも届いた。
﹁麻奈、逃げろ﹂そう叫ぶと、彼は娘を守ろうと向きを変えた。獣
の爪が易々とその体をとらえた。その場に引き倒される。血しぶき
があがる。獣が群がる。
﹁いや、いやあ。パパ!!﹂駆け寄ろうとする麻奈を、亮太は必死
で抑えた。どうしたらいい、どうしよう⋮⋮。化け物はいっぱいこ
っちへ来ている。おにいちゃん⋮⋮どうしたら。
声が聞こえた。
﹁早くっ!! こっちへ来るんだっ!!﹂ふりかえれば、さっきの
金髪のおにいちゃんだ。フェリー乗り場のビルの入り口で手をふっ
ている。他の大人もみんなそっちへ走っている。
亮太は泣きじゃくる麻奈の手をひき走った。たどり着くと大人た
ちに奥へ押し込まれた。﹁女子供は奥へ﹂誰かが叫んでいた。建物
は鉄筋コンクリ、だが全面硝子張り。しかも入り口は自動ドア。通
電していない今、閉じない。自然、人が盾となる。
なかには、自分だけ助かればいい、そう思う人間もいた。そいつ
らは人を押しのけ奥へ逃れた。が、大多数の大人の男達は勇敢だっ
た。己が身を盾に獣の群れに立ちむかった。手にした得物はバール
や鉄パイプ。中に自衛隊員が数人いた。別府には演習地がある。そ
こで被災して隊を離脱した者達だ。当然、自動小銃を持っている。
アサルト・ライフルだ。八九式小銃。乱射した。が、獣はよけた。
﹁クソ。弾をよけるという噂は本当だったんだ﹂ひとりが呟いた。
次の瞬間には、最初の一匹が躍りかかっていた。台尻で殴り倒し
た。が、津波のように押し寄せた。血しぶきがあがった。その、血
41
の噴水を突き破るようにして、何匹も人垣のうえに跳びこんできた。
手当たり次第に喰らいつき、その鋭い爪で人を引き裂く獣。窓ガラ
スも破られた。悲鳴があがる。
亮太は状況がまったくわからなかった。おみやげ物を売る台の上
によじ登った。周囲が見えた。地獄。身動きできない、逃げること
も叶わない人達に襲い掛かる牙と爪。飛び散る血。べっとりと血で
濡れた髪の毛。強烈な、その臭い。悲鳴と泣き声。みんな、死んじ
ゃう⋮⋮。その時。
轟音。雷が落ちたと思った。それもすぐ近くに。だけど、その音
は立て続けに響いた。建物の外で、粉々に飛び散る獣が見えた。木
端微塵に。飛び散る肉片のさなかに見たのは。
ハーフメット、黒いフィールドジャケット、そして刀を手にした
兄の耀。
その兄が、刀をふるう。手が見えない。魔物が木端微塵になる。
爆音がとどろき、周囲の魔物が転がる。
﹁おにいちゃん⋮⋮﹂
﹁あなたのお兄さん?﹂気づけば麻奈が横に立っていた。息をのみ、
涙の滲んだ目をみはっていた。
建物に入り込んでいた化け物達が退いた。いっせいに、耀の方へ
向かっている。その数、二十匹くらい。すぐに取り囲まれた。
﹁おにいちゃんが、殺されちゃう⋮⋮﹂
42
デモニアック2
ホンダは狐に貰った刀を手に、獣と対峙していた。その数、約二
十。既に五・六匹は倒した。 凄い刀だった。斬った相手が粉々の
おとはや
肉片になって飛び散る。まわりの敵が衝撃波に転がる。足元のコン
クリは割れ舞い上がり、太刀筋に沿い地から剥がれる。音速の剣と
言った。その名の通りだ。刀をふるう自分の腕が見えない。逆に、
彼の目は、俊敏な獣の動きをスローモーションのようにとらえてい
た。何故かはわからない。勝手に反応する。反射的に動く。しかも、
恐怖は、感じない。それも、また、不思議だった。たくさんの人を
殺した獣。だが、憎しみもまた感じていなかった。感じるのは闘気
のみ。弟のことさえ忘れていた。四方八方から襲い掛かる獣に、腕
をふりおろし、横に薙ぐ。とどろく轟音。増幅される衝撃波に、小
さな血の竜巻さえ起きた。
カラス
冷静だった。こいつらがデモニアック。違う。こいつらは兵隊だ。
親玉のデモニアックはあそこにいる。
人に似た身体にふたつの首、ひとつは鴉の頭、ひとつは青白い老
人の顔、背中に十四枚の翼を持ち、腰から下はこの獣達と同じ山羊
に似た足。獣の群れのむこうに、瘴気をまとって浮いている。地上
一メートル。
片目眇めて敵を見た。奴を殺す。
右手に刃、左手に鞘、頭を低くして駆けた。襲い掛かる獣は薙ぎ
払う。降り注ぐ血と肉片のなかを駆け抜けた。阻む獣。フェイント。
左に行くと見せて右へ抜けた。抜けざま隻腕ふるい斬った。とどろ
きっきょう
まなこ
く爆音。躍り出た。そのデモニアックのまえに。鴉の口が開いた。
﹁これは、喫驚。その刃、その眼。その血の者がまだおったとは﹂
口がきけるのか、こいつは。ならば、問うまで。八つ裂きにする
まえに。
﹁貴様に問う。その血とは﹂
43
﹁己を知らぬか。エレボスよ。混沌の子よ﹂
エレボス? 名を知っても、何者か説明はつかない。
﹁エレボスとは何だ﹂
悪魔はにたりと笑った。
﹁貴様にウィルオトスについて話しても理解できまい﹂
﹁ウィルオ⋮⋮﹂
﹁ウィルオトスはめんめんと受け継がれるもの。我はその完成形な
り。我においてそれはもはや変わらぬ﹂何を言ってやがる。
﹁貴様は悪魔か﹂その名の通りのモノなのか。
高らかな哄笑をもって悪魔は答えた。
﹁忘れたか。我が名はアンドレアス。干戈を交えるか。エレボスよ。
愚かな。汝に我は斬れぬ﹂ 悪魔が剣を抜いた。その足が地につい
た。刹那。瘴気渦巻き、獰猛な悪魔の刃が襲い掛かった。弾いた。
弾いただけで爆音とどろいた。悪魔が羽ばたき身を宙に躍らせた。
あわせて跳躍した。宙を斜めに跳びながら、腕をふり抜いた。轟音
と衝撃波。悪魔の身体が粉々に吹き飛んだ。
地に転がった鴉の首が、口を開いた。嘲りとともに。
﹁貴様に我は斬れぬ﹂首は人間の頭に変わった。
忘れていた。これは人間に憑依する。俺が斬ったのは、人間⋮⋮?
背後から、斬ったはずの悪魔の声が聞こえた。人垣の中から。
﹁故に言ったであろう。我は斬れぬ﹂
ふたたび、宙約一メートルのところに浮いている。その鋭い爪に
子供をつかみ。子供は女の子。悲鳴があがり人垣が割れた。たった
ひとり、悪魔の足にしがみつく少年の姿が見えた。離せ、離せよ、
小さな拳で殴っている。
﹁亮太っ!!﹂ホンダは叫んだ。亮太はふりかえった。
﹁おにいちゃん、助けてよ。麻奈ちゃんが殺されちゃう﹂その声に
覆いかぶせるように悪魔が言った。
﹁これは貴様の家族か。面白い。引き裂けば貴様は苦しむだろう。
それが人間だ。笑えるほど弱い﹂その爪を亮太の頭にかけた。
44
クソ野郎。させるか。ホンダは剣を投げようとした。その時。
﹁許せ﹂悪魔の正面に立った自衛隊員、そう言うと自動小銃を乱射
して、その頭部に銃弾をぶち込んだ。崩れ落ちる悪魔の身体。地に
倒れたときには自衛隊の服を着た人間の姿に変わっていた。頭はぐ
ちゃぐちゃに砕けていた。
悪魔は、それ以上憑依することはせず、何処か遠くへ去ったよう
だった。獣の姿も消えていた。血まみれのルナティックの姿がそこ
かしこにあった。⋮⋮そのふたつを結びつけて考えたくはない。⋮
⋮許されるなら。
ホンダは刀をふるった。轟音とどろいた。一瞬で、刀身の血は吹
き飛ばされた。一滴の血も残っていない。鞘におさめた。
既に薄暗がり。陽が残っていれば、埠頭じゅうに散らばる肉片と
コンクリを濡らす血が見えただろう。海上に赤い月。水面に映って
いる。ゆらゆらと波に揺れ⋮⋮。美しいとは思わない。禍々しい。
生き残りは、約二十人。デモニアックを撃った自衛隊員が歩み寄
り聞いた。
﹁俺の名は豊田。君は?﹂
﹁ホンダ⋮⋮﹂
﹁いや、君のことだ。その刀は? 君は何者なんだ﹂
それは、彼自身が一番知りたい。
﹁わからない⋮⋮﹂
45
海峡封鎖
5 海峡封鎖
関門海峡。建設当時、世界最大のつり橋といわれた関門橋は、本
州へ渡る人であふれていた。放置された車が道をふさぎ、通行でき
る状態ではない。強風に煽られ、時折落ちそうになる人もいる。そ
れでも、押し合いへし合い、人々は本州へ向かっていた。その本州
側に自衛隊員が控えていた。目配せをし、時計の針を確認して、う
なずきあうと、突然、通行を押しとめた。笛を吹き、人々を手で制
し、その流れを止め、自衛隊の車両が道路を封鎖した。素早く、他
の隊員が鉄条網を張りめぐらせた。罵声がとび、悲鳴があがり、怒
号飛び交った。が、銃を以って威嚇した。それが返答だった。
鉄条網で引き裂かれた親子が多数いた。本州側の親が、娘に手を
伸ばす。が、隊員に連れ去られる。娘は泣き崩れ、いつまでもその
場を離れない。一組の夫婦が、幼い我が子を鉄条網の向こうに投げ
入れた。隊員が気づいた。逃げなさいっ、夫婦は必死で叫んだ。が、
子供は金網のむこうでパパとママを呼んでいる。父親が怒った顔を
見せた。ようやく子供は駆け出した。母親が夫にすがって泣いた。
鉄条網だけでは不十分だとばかり、隊員は土嚢を積み始めた。そ
の作業中も、整然と並び、銃口をこちらに向けている隊員。取り残
された人々の顔に絶望が浮かんだ。吹き抜ける強風が、人々のすす
り泣きをさらっていった。
同時刻。関門トンネル人道出口。通常は、エレベーターで昇降す
る。が、通電していない現在、被災者達は長い非常階段をのぼって
本州へ入ってきていた。あと、少し。もう一段で本州の扉だ。突然、
扉は閉じられた。施錠された。暗闇のなかに、人々は取り残された。
叩いても、蹴っても、その扉が開くことは二度となかった。
関門トンネル入り口、門司港側。こちらもまた、現在車の通行は
なく、流れているのは人の群れである。九州各県から避難してきた
46
人々。ゲートは開け放たれ、道路公団の職員の代わりに、自衛官が
いた。彼らも、時計を確認し、いっせいにゲートを閉じた。自衛隊
の車両が道路を封鎖し、鉄条網が張りめぐらされ、警備の隊員が立
った。銃を持っている。
そこでは暴動が起きた。自衛官が威嚇射撃をしたが、押し寄せた
群集は隊員を押し倒し、ゲートをよじ登り、鉄条網を踏み越え、ト
ンネルの中になだれをうって駆け込んだ。だが、真っ暗で長いトン
ネルの最後までたどり着いた彼らが得たものは絶望。そのトンネル
には出口がなかった。 下関側は完全にふさがれていた。崩れ落ち
た天井で。
生き残りは十八人。ホンダと弟の亮太。仲井麻奈。自衛官の豊田。
金髪の少年︵川野と言った︶、妊婦とその夫。老人。数人の男女。
二十代に三十代⋮⋮。
﹁フェリーは来ない﹂彼らをまえにホンダは言った。
﹁東京と電話がつながった。確認した。フェリーはもう来ない。北
へ。関門海峡を渡るしかない。そこも、もうすぐ封鎖される﹂
﹁車は無理だな﹂豊田が言った。歩いていくしかない。全員の顔を
見回した。
彼の考えていることはわかる。着いて来れそうにない者を選別し
ている。老人、妊婦、子供⋮⋮。いや、体力のある者でも、いつル
ナティックとなるかわからない。その時は残酷な決断をしなければ
ならない。むろん、彼自身がそうなる可能性は承知のうえ。
﹁もし、海峡が封鎖されていたら、船しかない。適当なクルーザー
を盗んで﹂
﹁どこへ行く﹂
﹁韓国。ないし、瀬戸内海を東上し広島、岡山あたりを目指すか、
日本海へ出て鳥取あたりを目指すか⋮⋮﹂山口県は頭になかった。
自分達がたどり着く頃には、当然、被災しているだろうから。
﹁素人の俺達がか? この中に船舶の免許を持っている者は?﹂素
47
人ばかりで海へ出るほど危険なことはない。だが、誰ひとり、手を
上げる者はいなかった。
しかも、たとえたどり着けたとしても、そこが安住の地ではない。
これが広がっているのなら、さらに逃げなければならない。どこま
で⋮⋮?
48
沖縄
6.沖縄
﹁ふたりで二十万。それ以上は出せないわ。どうせ、向こうで客を
拾ってくるんでしょ﹂
きっぱりとアイコは言い切った。船長は、苦い笑いを浮かべ舌打
ちして答えた。
﹁しょうがねえなぁ⋮⋮。出航は明日の十時だ。それまでに用意し
て来な﹂しかし、今どき、本土へ渡ろうたぁ、酔狂な娘だ。とつけ
くわえた。
鹿児島から脱出する被災者を拾い、法外な値段で沖縄へ逃れさせ
る船があると聞き、訪ねたのだ。船長にしてみれば、往路の客など
皆無だから拒む理由はない。
これで、九州へ渡る段取りはできた。既に、家族を台湾へ密航さ
せる段取りも済んでいる。パスポートのない渡航だから、当然、彼
らは難民となる。が、それも仕方ない。
皆、考えが甘い。この奇禍を、九州を襲った局地的なものととら
えている。そうじゃない。違う。コレが、オル・ヴァブの災禍なら、
この禍いは地球規模へ広がる。
C−17Aは輸送機だ。ずんぐりしたボディが滑走路にある。ア
レに乗せてもらえれば言うことないんだけど⋮⋮。
沖縄、嘉手納基地。イリア・サロニケ・アニナは指示された人物
に会った。あらわれた人物はこう言った。
﹁残念ながら、ここまでだ。君を日本へ送ることはできない。すま
ない﹂師団長のリチャード・ネルソン。
﹁そう⋮⋮。無理を言ってごめんなさい﹂
﹁しかし、何故、君が日本へ行く?﹂この男は、そこまでは聞いて
いない。尽力してくれたのは、上からの命令だから。黙っている彼
49
女に、続けて言った。
﹁日本へ行けば、遅かれ早かれ正気を失う。昨日はパイロットがや
られた。搭乗者は全員死亡。部下を失った﹂
ネルソンは大きくため息をつき、
﹁なにが起こっているのかわからない。どう作戦を展開すべきかも、
敵がなにかも、わからない。被災者の救出も止められている。何も
できない⋮⋮﹂最後は呟くような嘆きだった。
ポケットからコインロッカーの鍵を取り出した。
﹁頼まれたモノを入れておいた。那覇空港西口のコインロッカーだ。
私にできるのはここまでだ﹂
﹁ありがとう﹂礼を言い、立ち去ろうとした彼女に、ネルソンは言
った。
﹁もう、会うことはないのだろうな⋮⋮﹂
ふりかえり、笑みを浮かべた。
﹁たぶん⋮⋮﹂
那覇空港のコインロッカーから、彼女は大きな鞄を引きずり出し
た。女性用トイレの個室に入って中を確かめた。
9mmオートを二丁取り出した。フレームがオリーブ色のスプリ
ングフィールドXDピストル。五インチ、タクティカルモデルだ。
それからオーストリア製ステアーTMP二丁。これはサブマシン
ガンだが、そのコンパクトさから、マシンピストルとも分類される。
ホルスターに収めるためフォアグリップを切り落としている。
そして、銃身が短く、銃床がないピストルグリップのショットガ
ン、モスバーグ。これのみ、海兵隊のおさがりらしい。年季が入っ
ていて、所々傷が目立つ。
他にはグロック18Cが一丁。これはフル・オートで撃てるピス
トル。
四五口径のガバメント・カスタムが一丁。これは、ちりめん状に
なった金属製グリップ︵エルゴ・グリップ︶が特徴的な、シグ・ア
50
ームズ社製レヴォリュウションXO。そのブラック。
最後に史上最強のハンドガンと呼ばれるスミス&ウェッソンM5
00リホルバー一丁。その4インチ、スナブノーズ。専用のコーボ
ン社製440gr弾は、44マグナム三発分、9mmパラベラム弾
六発分の破壊力がある。熊を倒しコンクリートの塊を粉々に砕く。
うまく撃てるかしら。拳銃の腕にはかなり自信がある彼女だが、
その拳銃は未知だ。それより、これが必要な状況になるかどうか、
だ。
ステアー二丁を腰の大型ホルスターに収めた。ガンベルトを付け、
右利き用のホルスターを左腰に付け、左利き用のホルスターを右の
腰につけている。左右とも銃のグリップが前を向くかたちになる。
こうしておけば、腕を交差させて素早く抜ける。スプリングフィー
ルド二丁も身につけ、コートのジッパーをあげた。外観からは銃器
を身に付けているとはわからなくなった。ちょっと太めに見えるの
は不本意だけど。
グロック18と四五口径、M500、そしてショットガンはカバ
ンに入れた。その大きなカバンの中は銃弾であふれている。ずしり
と肩に食い込んだ。
携帯に着信。アイコからだった。まだ、何か用かしら。
﹁これ以上、進むのは無理だ。そこのコンビニで夜明けを待とう﹂
豊田が言った。別府の市街地を離れ、少し北上したところ。道は、
まだ、別府湾に面している。
コンビニの中は荒らされていて、食料となるものはほとんどなか
った。空のダンボールばかりふんだんにあった。床にダンボールを
敷き、人々は横になった。
ホンダは、眠れず、駐車場に出て、海に向かって座った。ひとり
で考えたかった。
俺は人を斬った。たぶん、それは間違いない⋮⋮。この刀は、い
ったい何だ。血の意味は。デモニアックは、ウィルオトスと言って
51
いた。まったく意味がわからない。
恐怖を感じなかった。だけじゃない。一切の感情が麻痺していた。
今も、その感覚は残る。
月が赤い光を放っている。ルナティック︵狂人︶とは言いえて妙。
ルナは月の意味だ。月は、人を狂気へと導く美しさと恐ろしさを孕
んでいる。古来、人は月を見て、そこに狂気を、畏れを感じたのか。
兎が餅を、などと夢想したのは日本人だけかも知れない。西洋では
魔女の横顔。
﹁耀にいちゃん⋮⋮﹂ふりかえると亮太がいた。月明かりのなか、
その瞳の奥に怯えが見える。そこにいるのが、本当に兄なのか、そ
れともまったく知らない恐ろしい何かなのか、懐疑の目。
﹁耀にいちゃん。どうしたの⋮⋮?﹂質問の意味はよくわかる。し
かし、彼にも答えようがない。
﹁心配ない⋮⋮﹂
ホンダは歳の離れたその弟を横に座らせた。
思いついて、刀をふらせてみた。
﹁えいっ﹂亮太はふってみたが音はしない。では、何故だ。彼と亮
太は正真正銘の兄弟だ。では、妖狐の言った血の意味は何だ。それ
は血縁を指していない。
何もかも、わからないことだらけだ。
ひじ
翌朝。日の出前から、一行は歩き始めた。妊婦もいれば老人もい
る。ゆっくりとした行軍だった。日出まではおおむね平坦な道路。
が、その先は峠。右手にサンリオのテーマパークが見える。お城の
ような建造物が木立の向こうで静まりかえっている。そこはまだ峠
の入り口。
一行の中に、旅館の息子がいた。息子といっても四十代だ。妻を
従え、足早に歩いている。威張って妻を怒鳴る。のろのろするな、
とか、水を寄こせ、さっさとしろ、とか。
その様子を見て、不愉快そうに唾を吐いたのは、例の金髪の少年。
彼は知っていた。化け物が襲ってきたとき、その男が人垣の奥へ逃
52
げ込んだことを。
ホンダは列の最後尾にいた。メンバーの中には妊婦もいる。妊娠
七ヶ月だそうだ。彼女の夫は、妻を気づかいゆっくり歩く。その後
ろを、ホンダは、亮太と麻奈を連れて歩いていた。その前方には、
老人が数人いる。自分達の歩みも遅いのだが、さらに遅い人間は許
せないようだ。時折、妊娠している女性を迷惑そうにふりかえり、
ブツブツ言っている。
集団の先頭にいるのは豊田だ。自然、彼がこのメンバーのリーダ
ー的存在となっている。実際、卓抜した判断力があり、サバイバル
では一番頼りになると思われた。
ただ、歩く。黙々と。傾斜を。山の中の曲がりくねった道。
一台のトラックに豊田が気づいた。コンビニの配達用トラック。
荷台を開けると、飲料に食料が満載してあった。数人が人を押しの
け乗り込み、我先にと奪いあった。豊田が空に向けて拳銃を撃った。
﹁女性と子供が先だ﹂その口調の強さに、男達は不承不承従った。
亮太と麻奈が品物を取ろうとすると、鋭い視線が矢のように集ま
る。臆してしまい、のばしかけた手が止まる。ホンダはおかまいな
しに、ふたりのリュックにチョコレートやカップラーメンをどさど
さ入れてやった。ペットボトルは自分の荷物の中に入れた。飲料は、
何本もあるとかなりの重量になる。子供には重荷だ。
妊婦さんにはなにがいいのか判らない。スナックやカップめんは
あまり摂らないほうがいいそうだ。彼女の夫が、パン類にカロリー
メイトや、栄養補助食品を、自分のリュックに詰めた。
荷台を降りたホンダに、豊田が言った。
﹁自分の分は取ったのか﹂
いや、と彼は答えた。
﹁俺は、腹が減ってない﹂
﹁無理してでも食べておいてくれ。また、デモニアックに襲われた
ら、お前だけが頼りだ﹂
目を交わした。互いが信頼できる。この、まとまりのない集団で、
53
女性と子供を優先させた。
﹁自分の順番は?﹂ホンダは逆に問い返した。
﹁俺は、一番後だ﹂自衛官らしい、厳しい口調でさえある。ホンダ
は苦笑した。
﹁じゃあ、俺も最後だ﹂
54
沖縄2
﹁⋮⋮もう、封鎖しちゃったんだわ﹂ミキはネットの掲示板でその
情報を見た。関門海峡が封鎖されたらしいという書き込みがあった。
橋も、トンネルも。そして、信じられない書き込みもあった。
関門海峡は潮の流れが速い。それでもその流れが止まる時間帯が
ある。九州を脱出する被災者達は漁船や小型船舶で海峡を渡ろうと
しているらしい。が、山口に上陸しようとする船は、片っ端から銃
撃されている。自衛隊に。勿論、デモニアックの本州上陸を阻むた
めに。
﹁マジ?﹂写真もあった。波打ち際に打ち寄せられた幾つもの死体。
捏造⋮⋮? 本物⋮⋮?
どうしよう。
﹁鹿児島に渡る手配をしたわ。お金も払っておいた﹂開口一番、ア
イコは言った。
アニナは面食らった。何故あなたが? そこまで親切にしてくれ
るの。
﹁沖縄まで連れてきてくれたお礼よ﹂
そういうこと。彼女はお礼を言った。日本人は義理堅いというけ
れど本当ね。実際、この先どうやって九州へ行くか、苦慮していた
ところだし、素直に感謝した。彼女は、そのチケットがふたり分だ
とは夢にも思っていない。
﹁それから、うちのお祖父ちゃんが言っていたの。本土へ渡るのな
ら、自分の知っている鍛冶屋の刀を買って行きなさいって﹂
﹁刀って、日本刀?﹂日本刀の魅力は知っているけれど、自分には
必要ない。
﹁魔除けの刀らしいの﹂アイコはアイコで、それは必要ないと思っ
ているようだ。けれど、行かないと祖父がうるさいらしい。
55
尋ねた場所は、随分山奥の刀鍛冶の家だった。刀鍛冶は若く、三
十そこそこに見えた。まるで、ふたりが来るのを知っていたかのよ
うに迎えた。
﹁こんな山奥へ、ようこそおいでくださいました﹂と、片言の英語
で言い、奥座敷へ通した。待つほどもなく、古びた桐箱を持ってあ
らわれ、座卓の上においた。
﹁私どもの家系では、代々なまくら刀を打ってまいりました。人は
斬れぬが、魔を斬る刀です。皆様には、家の魔除けに使っていただ
いています﹂しかし、刀を見せる様子はない。
﹁昨夜、夢枕に、美しい女性があらわれ、﹃預けおいた物を、明日
訪れる者に渡せ﹄と、こうおっしゃるわけで﹂
両名、ピンときた。顔を見合わせ、
﹁その夢は、ひょっとして、深い霧のなか?﹂アニナが聞いた。
刀鍛冶は驚いた顔をみせ、
﹁おっしゃるとおりです。やはり、あなた方で間違いないようだ⋮
⋮。しかし、﹃預けおいた物﹄と言われても、さっぱり見当がつき
ません。父か祖父が生きておれば、何か知っていたのかも知れませ
んが⋮⋮。思い当たるもの、と言えば﹂卓上の桐箱を引き寄せ、蓋
を開けた。
﹁これしかありません。鉄でも鋼でもない。いつの時代のモノなの
か、誰が作ったモノなのか、何のための道具なのか、皆目見当もつ
きませんが、我が家に代々伝わる品です﹂
そういって、綺麗な布に包まれた﹃棒﹄を取り出した。
なに? コレ? ふたりは目が点になった。何の役に立つの?
それは金属の﹃棒﹄だった。長さ三十センチほどの。全体に流麗
な浮き彫りがほどこしてある。一方の端が牙をむいた獅子の彫刻で
飾られている。反対の端は石突⋮⋮みたい。
なに? コレ? いくらながめても、穴が開くほど見つめても、
そんな感想しか出てこない。
﹁誰が名付けたか﹃日子の瓊矛︵瓊矛とは玉飾りのついた矛︶﹄と
56
呼ばれております﹂
矛? 矛って槍? 全然、槍じゃない。
﹁ヒコノヌボコ⋮⋮?﹂聞き返すアニナに、アイコは英語に置き換
えて話してあげた。
﹁ランス・オブ・サン⋮⋮。でいいのかしら?﹂
バリ島のバロンに似ている、アニナは彫刻の感想を言った。沖縄
のシーサーにも似る。
﹁さわってみても、いいですか﹂
﹁どうぞ﹂
アニナは手をのばし、それを手に取ってみた。握った感触は悪く
ない。手にしっくり来る。それよりも。驚いた。一瞬、血が逆巻い
た。この感覚は何⋮⋮?
﹁これを貰っても?﹂いいのですか、彼女は聞いた。
﹁ええ、どうぞ﹂刀鍛冶は頭をさげた。
翌朝、アニナはホテルを出た。タクシーの運転手にアイコの書い
てくれたメモを渡した。埠頭の場所が書いてある。そこへ、行って
頂戴。英語で言った。運転手は了解したようだ。
埠頭に着いた。船がある。アイコの姿も見えた。見送りに来てく
れたのか。日本人の義理堅さに頭が下がるおもいだった。タクシー
を降りたアニナにアイコは言った。
﹁じゃあ、行きましょうか﹂
アニナは目が点になった。聞きまちがいかしら。ではなかった。
﹁九州は寒いからね﹂ダウンジャケットを着込んでいる。手には大
きな鞄。
﹁何を言っているの!?﹂
﹁あら。一緒に行くのよ﹂
﹁危険だわ!!﹂
﹁あなただって﹂
﹁若い女の子の行く場所じゃないわ﹂
57
﹁あなたはわたしより若いわ﹂
﹁わたしは違うの。第一あなた素人じゃない﹂
﹁あら、あなたは何のプロなの?﹂
ぐ、言葉に詰まった。できれば知られたくない事柄だ。
﹁わたしの準備が万端かどうか、行ってみなければわからないけれ
ど、わたし抜きで行くほうが危険だわ。だいたい、あなたソロモン
の七十二霊も知らないでしょ﹂
﹁知っているわ。レメゲトンくらい読んだもの﹂言ってからしまっ
たと思った。
アイコはほくそ笑んだ。どんどんボロがでるじゃない。やっぱり、
この子の目的もわたしと同じ⋮⋮と、一人ごちた。
﹁エト・エウトクタにあったでしょ。これがクリソレトゥス﹂アイ
コは石のついたペンダントを取り出した。
﹁エト・エウトクタだけじゃない。多くのグリモアにその名を残す
﹃悪魔のもたらす狂気と幻覚を防ぐ﹄効果のある石﹂
﹁何処で、そんなモノを﹂目をみはるアニナに、
﹁苦労したわ。けど、いっぱいあるからひとつ貸してあげる。これ
で、精神崩壊からは身を護れる。それから、これがアナキティドゥ
ス。悪魔を召喚するときに使う石よ。これがシノキティス。召喚し
た悪魔を従わせる力がある石。そして、これがポンティカ。悪魔に
返答を強いることができる﹂次々とペンダントを取り出して見せた。
開いた口がふさがらないといった表情のアニナ。
﹁悪魔を召喚するつもり⋮⋮なの?﹂そう受け取っていいの?
﹁あら、違うの?﹂アイコは意外な顔をして見せた。﹁この先に本
物がウジャウジャいるのに?﹂と、デモニアスト。
この人⋮⋮。勘違いしているわ。
﹁人間に悪魔は召還できないわ﹂
﹁あら、今は状況が違うわ。だって、そこにいるんですもの﹂
58
ミョンスーは、ずっとパソコンと向き合っていた。掲示板で見た
のだ。隕石衝突の瞬間の月面写真を撮影したアマチュア天文家のホ
ームページがあると。が、どの検索エンジンを使っても、その男の
ホームページはヒットしない。既にサーバーから削除されたのかし
ら⋮⋮。
日本の友人から、二通目のメールを受け取っていた。彼女は平仮
名ならすべて読めるし、日本語にも精通しているつもりだったが、
二通目のそのメールは難解だった。混乱していることだけはよく伝
わった。大意もなんとか理解できた。つまり、九州は封鎖されたら
しい。船で本州へ上陸しようとすると射殺される︵信じ難いけど︶。
本当に韓国へ逃げるほか道はない、ということらしい。﹃けど、コ
リアってちずでみたら、ちょうとおくって、いけっこないよ。やま
ぐちにははいれないし、しゃしんもみたの、ころされたひと。どう
しよう﹄難しい口語体で、難解な文脈が続いていた。うまく翻訳で
きない。
ただ、その計画は無謀に思えた。迎えに行くにも何処へ漂着する
かわからない。そもそも、船舶の免許もない者が、日本海を越える
など無茶だ。対馬まで行くのも難しいだろう。流されればだだっ広
い東シナ海に出る。
運良く、この国に来たって⋮⋮。
そう。それがどんどん広がっているなら、もし、ここまで被災し
た時、この国には逃げ道がない。北へ逃れることなどできない。地
雷原と十万ボルトの鉄条網が逃げ道をふさいでいる。たとえ北が、
わたし達を受け入れると言っても、短時間でそれらを撤去するのは
不可能だ。
59
十号線
7 十号線
重い飲料を持ち歩く必要はないことに気づいた。この国は、異常
に自動販売機が多い。自動販売機を見つければ、川野という少年が
片っ端から開けてくれた。勿論、開けられない自販機もあるが、飲
料で困ることはなかった。
﹁凄いな。公衆電話もできる?﹂ホンダが話しかけると、金髪の少
年は得意気に応えた。
﹁ああ? 黄色だったら大丈夫だ。まぁ、開けてもたいした儲けに
ならないし、滅多にお目にかかれないけどね﹂
﹁もし、この先、黄色い公衆電話があったら頼む﹂
﹁まかせろ﹂川野は嬉しそうに笑った。
﹁アレは、コツがあるんだ。電話機の下の隙間にバールを突っ込ん
でさぐると手ごたえがあるから⋮⋮﹂少し話すと同じ歳だとわかっ
た。
﹁煙草、吸うか?﹂
﹁ああ⋮⋮﹂何の抵抗もなく、吸ってみようと思った。投げて寄こ
した箱の中から一本抜き取り、火をつけた。
﹁なんだ、そりゃ。金魚じゃねえか﹂煙を口に含んだだけの彼を見
て、少年が笑った。
﹁こうやるんじゃないのか?﹂
﹁ちゃんと吸い込むんだよ﹂言われて不用意に吸い込んだ。途端に
むせた。ふたたび、少年が笑った。苦しかったが、自分でも笑いが
でた。
翌朝、目覚めると、数人の老人が消えていた。豊田とホンダ、そ
して川野と数人が周囲を捜した。無駄だと思ったが⋮⋮。戻ると、
旅館の息子が苛立っていた。
﹁捜したって無駄なんだ。もし、見つかっても呆けた奴を連れて行
60
くつもりか。ただでさえ、遅い奴がいるというのに。グズグズして
いる時間がないことくらいわかってるだろう﹂
川野が唾を吐いた。
豊田は表情を変えず言った。
﹁あんたの家族が消えても同じセリフを言えるか﹂
相手は豊田をにらみつけた。その顔を見れば、言えそうだ。
﹁お前は俺たちから離れるな﹂ホンダにむかって言った。
﹁もし、化け物が襲ってきたら誰が俺たちを護るんだ﹂
思わず目をむいた。何のつもりだ。いや、何様のつもりでいる。
くそ野郎はクソッタレなセリフしか吐かない。亮太や麻奈の方がよ
っぽど大人だ。辛いだろうに、我慢して歩いている。
﹁今後は⋮⋮できるだけそうしてくれ﹂豊田の言葉に驚き、思わず
反発の眼をむけた。
﹁奴の言葉に従うわけじゃない。護るべきものの大多数はここにい
る。子供や、女性。妊娠している女性も。襲撃を受ければ立ちむか
えない﹂わかるだろ。目で言った。
﹁さあ、出発だ﹂豊田は全員を促した。
川野がすれ違いざま、旅館経営者をにらみつけた。相手は、不良
が、と吐き捨てた。
その夜、一行は宇佐に到着した。山岳地帯を抜けた。これから先
は市街地が続く。だが、真っ暗だ。月だけが煌々と夜空にあった。
禍々しく。
その夜、またふたりいなくなった。
61
船中
﹁初期キリスト教会の歴史は排他の歴史ね。それまで人々が崇拝し
ていた神々をすべて邪神とし偶像崇拝を禁じた。その流れのなかで、
多くの神々が悪魔のレッテルを貼られていったわ。有名なバールが
そう。それは古代セム人の豊穣の神だった。アシュタルテもそう。
セム人の豊穣の女神。バビロニアではイシュタル。ギリシャ名はア
フロディーテ。あの、アフロディーテよ。アフロディーテが、まわ
りまわって悪魔になっちゃってるわけ。極端な例をあげたけど。だ
から、ソロモンの七十二霊というけれど、実際には何霊いるのか、
はっきりしたことは言えない。もっと少ないと思う。あきらかに捏
造された霊もある。マモンはシリア語で﹃富﹄や﹃金﹄を意味し、
聖書の中で非難されている。そこから、マモンという名の金銭欲の
悪魔が創造されたの。有名な蝿の王ベルゼブブの語源はバールゼブ
ブ。前述のバールにその名の由来がある。これから見ると虚構っぽ
いけど、蝿の王の存在は古代から伝わり、生贄がささげられていた。
名称の正否はともかく、いるかも知れない。どう? 愉快じゃない。
真贋のほどをこの目で確かめられるの。もうすぐよ﹂九州へ向かう
船の中だ。
﹁召喚に成功したことは? あるの﹂アニナの問いに、アイコは何
を馬鹿なことを、という顔で応えた。
﹁あるわけないじゃん。居もしないモノを呼ぼうとしていたの。け
ど、今は違う。確実にいるの。この先に﹂彼女のつかんだ情報では、
少なくとも十以上のデモニアックの群れがある。群れとはつまり、
ひとつの霊が率いる軍団である。例えばアガレスというソロモン七
十二霊の悪魔は、三十一の悪霊を従えると思われている。ソロモン
七十二霊とは、中世のグリモア﹃ソロモンの小さな鍵﹄通称﹃レメ
ゲトン﹄に列記されている悪魔達である。これらは第二の﹃エノク
書﹄にある悪魔のリストから多大な影響を受けている。第二の﹃エ
62
ノク書﹄とは、真の﹃エノク書﹄が知られていない頃創出された悪
魔のリストとその技の書である。そしてのその堕天の物語である。
真の﹃エノク書﹄は、断片としてしか残っていない。紀元前の黙示
文学。人類に文明をもたらすため、地に降りた天使たちの物語。そ
こにサムヤサの名がある。
その﹃エノク書﹄が、﹃エト・エウトクタ﹄の物語の続きである
ならば、彼らは人間である。何故、﹃エノク書﹄では堕天使として
描かれているのか。そこはわからない。
﹁少し整理して考えましょう。エト・エウトクタを信じるなら﹂ア
イコの言葉を、アニナがさえぎった。
﹁あの陳腐なRPGのシナリオみたいな物語を信じるの﹂
﹁あら。現にあなたの夢に出てくるのは、その登場人物でしょう﹂
ラ・プティエリ・ア・ナネ。
﹁わたしの夢は⋮⋮そうだけど⋮⋮﹂
﹁この先にいるのは、オル・ヴァブ。災禍の現状を見れば、完全に
一致する。でしょ。アスルーもいるかも知れない。エト・エウトク
タの悪魔のリストには、ソロモン七十二霊と似た名前を持つものも
多い。オノボスはオロバス︵Orobas︶。セレはセーレ︵Se
ere︶。サバックはサブナク︵Sabnak︶。わたしはこう考
えているの。これらの悪魔は本当にいる。そしてエリゴール。ソロ
モン七十二霊にエリゴル︵Eligor︶という悪魔がいる。民間
の伝承の中にアビゴール︵Abigor︶と言う悪魔がいる。共通
点が多い。静謐な騎士の姿で現れる。これがエト・エウトクタのエ
リゴールと同一かも知れない。﹃エノク書﹄でサムヤサとともに地
上に下った堕天使のリストにアキビール︵Akibeel︶そして
アジビール︵Azibeel︶と言う名前がある。このどちらかが
エリゴールの訛った名前で、後にアビゴールそしてエリゴルへと、
召喚が試みられるなかで徐々に正しい名に近づいていったのだとし
たら。面白いじゃない﹂まあ、行って見ればわかるわ。それに、彼
を召還できれば、他の悪魔から護ってもらえるかも。
63
﹁エレボスは⋮⋮? エレボスは何なの? 捜せばどうなるという
の﹂
﹁さあ⋮⋮﹂それは、アイコもわからない。オル・ヴァブを倒せる
とか? うーん⋮⋮。エト・エウトクタでは、エレボスはアスルー
を倒したとある。悪魔は封印する他なかったとも。だったら、エレ
ボスには倒せない。ア・ナネを捜すべき。理屈ではそうなるわ。そ
れを捜し出してどうしろというのかしら。そもそも、この子、なん
だってそんな夢見るの? 64
ショッピングモール
7 ショッピングモール
一行は椎田道路に向かい国道十号を北上している。相変わらず、
道路状況は悪い。放置された車が道をふさいでいる。下り車線も上
り車線も立錐の余地がないほど車が詰まっている。北を向いて停ま
っている。ドライバーの姿は何処にもない。いや、あてもなく佇ん
でいる人々がかつてはそうだったのかも知れない。
メンバーは既に八人に減った。豊田。旅館経営者の大田。川野。
妊婦さんの幾田圭子。その夫の幾田哲郎。ホンダ兄弟。仲井麻奈。
大田の妻が消えたとき、彼は自身の言葉どおり捜そうともしなか
った。役立たずが、と呟いた。誰も非難しなかった。こんな男と連
れ添った女性に同情しただけ。
対照的なのが幾田夫婦だった。まだ若い。ふたりとも髪を染めて
いる。夫の哲郎は板金工だと言った。つねに妻に寄り添い、お腹の
子供を気遣っている。これだけ歩くことが胎児に良いわけがない。
悪くすれば早産。この現状では助からない。七ヶ月の未熟児は。
くたびれはて、ただ歩く一行。スーパーのカートが荷物を運ぶた
め役に立った。コロコロとカートを押し、ただ歩く。一歩ずつ近づ
いている。海峡へ。それだけが希望だった。
中津競馬場を過ぎると、左側に大きなショッピングモールとホー
ムセンターが見えた。一行は道をそれて立ち寄った。目的は物資の
補給と、家具コーナーのベッド。誰もがゆっくり眠りたい。ダンボ
ールのうえで薄い毛布をかぶり、身を縮めて寝るのはなく、ふかふ
かのベッドのうえで暖かい布団をかぶり、身体をのばして眠りたい。
誰もがそうだ。特に妊婦さんは休ませる必要がある。
店内は真っ暗だった。無人ではない。暗闇のなかを動き回る人影
がある。不気味だが、もう慣れた。懐中電灯の光を頼りに食料を探
した。店内は荒らされていたが、バックルームにはインスタント食
65
品の箱が山積みになって残っていた。
﹁当分、困ることはないな﹂川野が言った。大型のカートに投げこ
みながら。
﹁別れて探そう。電池は必ず欲しい。それから木炭とコンロがあれ
ば調理が出来る﹂暖かい食事にありつける。売り場の肉は腐ってい
たが、野菜は大丈夫だった。
﹁野菜鍋は寂しいな。カレーがいい﹂川野が言った。
﹁亮太、麻奈。俺たちは木炭とコンロを探そう﹂ホンダはふたりの
子供に言った。
豊田が幾田夫婦に言った。
﹁家具コーナーへ行って、奥さんを休ませてやってくれ。食事の支
度ができれば呼びに行く。大田さんは俺と一緒に来てくれ。川野君
は電池を探してくれ﹂この時の人選が、生死を分けた。
動いていないエスカレーターの段差を懐中電灯でてらした。足元
ばかり見て昇っていくとめまいがした。家具売り場の場所は知って
いる。幾田夫婦は、何度もここへ買い物に来たことがある。こんな
ベッドが欲しいね。いつかふたりで話した、そのベッドへ妻を横た
えた。枕元に懐中電灯をおいた。暗闇のなかはふたりきりではない。
うごめく人影がある。気味が悪いけど仕方ない。
﹁俺達は運が良い﹂夫の哲郎が言った。
﹁ふたり揃って、まだ、大丈夫だ﹂妻の圭子が笑みをかえし、お腹
をさした。
﹁そうだった。三人だ﹂彼も笑った。少し間をあけて彼は続けた。
﹁こんなこと、普通じゃ恥ずかしくて言えないけど⋮⋮、俺は今で
は信じている。俺たちは、この子に会うために生まれてきた。必ず、
元気に生まれる。きっと、強い子になる。必ず、三人そろって生き
延びよう﹂
彼女は笑みを浮かべ、夫を見つめた。背後の巨大な影に息をのん
だ。
66
無数の鋭い牙のある巨大な口が、夫の上半身を食いちぎった。残
りは枕元に腰かけたままだった。悲鳴も出なかった。たとえ、声を
出せたとしても、そのいとますらなかった。
川野は電池を探していて、かすかにその音を聞いた。それは埠頭
で聞いた音と同じ。耳について忘れられない音。人間の骨が噛み砕
かれる音。
懐中電灯を消した。暗闇に身を潜め、目が慣れるのを待った。周
囲の様子が朧に見えてきた。うごめいている、無数の人影。だが、
こいつらじゃない。どこにいる。
家電売り場から、家具売り場へ、音のほうへ向かった。物陰から
様子をうかがった。
闇のなかに、巨大な輪郭が見えた。サイのようだ。背中に人が乗
っている。勿論、わかっている。人じゃない。サイのようだが、頭
部は、いや、口は蛙のように巨大だった。細かく鋭い無数の牙が、
血塗れて懐中電灯の光にてらてらとぬめり輝いている。その口が動
くたびに、ばりばりと、血の凍るような音をたてた。
どうする。俺の運は何処まである。ここまでか? アレから、逃
げられるのか。あの懐中電灯はあの夫婦のだ。やられたのか。人間
が食いたきゃいくらでもいるじゃないか。クソ野郎。
彼はじりじりと後退を始めた。足元さえおぼつかない暗闇のなか
だ。人にぶつかる。群れが現れたらそれまでだ。焦った。エスカレ
ーターの方角はわかっている。が、彼が探したのは、従業員通用口。
バックヤード。
微かな光の漏れる四角い枠を闇のなかに見つけた。そこだ。一気
に希望がわいた。もつれる足で駆けた。暗闇でぶつかった。何にぶ
つかったのかわからない。けど、倒れていられない。巨大な獣の足
音が響いた。気づかれた。こっちに来る。
通用口は引いて開くドアだった。ラッキー。奴には手がない。彼
は薄暗がりのバックルームにとびこんだ。そこには窓がある。太陽
67
の光がさしこんでいる。暗いけれど。入荷した商品が未整理のまま
山積みされている。足音はもの凄い勢いでこっちへ来る。
窓から飛び降りるか、何処かへ隠れるか。待て。エレベーターの
横に小さな扉を見つけた。アレはたぶんシューター。扉を開け、中
を覗き込んだ。資源ごみのシューターだ。下のほうの薄暗がりのな
かにダンボールが見えた。飛び降りた。イテェ。ダンボールはたた
まずに捨ててくれ。その瞬間、獣が通用口のドアをぶち壊した。顔
を突っ込み、様子をさぐる。川野は息を殺した。一秒が長い。立ち
去る足音が響いた。助かった⋮⋮。
が、出口もなかった⋮⋮。
68
ショッピングモール2
豊田と大田は、頭上で響くその足音を耳にした。何だ? この音
は? 訝しげに眉をひそめる豊田。拳銃を抜いたその時。
エスカレーターを破壊して巨大な獣が駆けおりてきた。サイのよ
うな巨体に平たく大きな口。無数の牙。その牙が、腰を抜かした大
田をとらえた。断末魔の叫び声。骨の砕ける音。
豊田は左手の懐中電灯で目標を捉え、立て続けに引き金を引いた。
何発も頭にぶち込んだ。が、効かない。違う。上に乗っている奴だ。
少年。背に黒い翼がある。残忍な眼。
狙いを変えた。
が、そいつは銃弾を剣で弾いた。愉快そうに笑った。
ホンダは亮太と麻奈を連れ、隣接するホームセンターの方へ来て
いた。木炭やコンロがあると思ったからだ。
チキンラーメンを袋のうえから叩いて中を粉々にし、子供ふたり
に投げて渡した。
﹁特大のベビースターラーメンだ﹂
﹁普通のベビースターの方がうまいや﹂店の出口だ。目的の品は容
易に見つかった。木炭にバーベキューグリル、大きな鍋をカートに
満載していた。
﹁亮太君とお兄ちゃん、仲が良いのね﹂麻奈が言った。
﹁そんなことは⋮⋮﹂と言いかけてやめた。そんなことはなかった。
確かに、こんな状況になってからは大事なたった一人の弟だ。けれ
ど、それ以前は、弟なんて邪魔なだけだった。いつだったか、小学
生の頃、友達と野球をしに出かけようとしたとき、連れて行ってく
れと言ってきかなかったことがある。亮太はまだ幼稚園児だった。
邪魔だと思った彼は、亮太を公園に連れて行き、ここで試合がある
から待ってろと言って、グラウンドに向かった。夕暮れ、家に帰る
69
途中で公園をのぞいて見たら、まだそこにいた。亮太は彼を見つけ
るや泣きべそ顔で言った。おにいちゃん、だれも来ないよ。とっく
に、家に帰っていると思っていた。まだ、待っているとは思っても
いなかった。
アレは、ホントにひどいことをしたと今も心が痛んでいる。良い
兄とは思えない。
﹁麻奈の妹ね、香奈って言うんだけど、朝起きたらいなくなってい
たの。パパが捜したけど全然見つからなかった。ベッドのうえにゲ
ームボーイだけあったの。麻奈ね、香奈のお気に入りのポケモンを
麻奈のポケモンと交換したの。スイッチを入れたらあの子絶対気づ
くと思うの。そしたら、わたしが生きているって、わかるでしょう
⋮⋮﹂
﹁僕のポケモンもあげる。バンギラスあげる。一番強いンだ﹂亮太
が言った。
三人はパーキングにいた。ホームセンターを背に、ショッピング
モールに向かって。そのショッピングモールの正面入り口を壁ごと
破壊して怪獣が躍りでた。
サイのように巨大な蜥蜴。体横にがにまた気味に突き出た太い足
は、それが恐竜の類ではなく、蜥蜴であることを示していた。低く
かまえた頭は山椒魚のよう。もっとも、ぬめぬめした皮膚ではなく、
銀色のうろこで覆われている。パックリと割れた大きな口から滴る
血。その口にくわえた人間。
﹁⋮⋮にげろ﹂息も絶え絶えのその人間が言った。手にはしっかり
拳銃を握り締めている。豊田。
ホンダは子供たちを背後にかばい、カートに乗せていた刀を取っ
た。抜いた。
途端に感じる。まただ。血が逆巻く。闘気の奔流が恐怖を凌駕す
る。化け物をまえに恐れがない。まったく人間的ではない。
﹁エレボス在りと聞きしが、真のようだ﹂甲高い声にを耳にしては
じめて気づいた。蜥蜴の背に乗る少年の姿に。こいつが、デモニア
70
ック、本体。
﹁だが、まだ、小童だ﹂そう言うデモニアックに、力ない腕をあげ、
引き金をひいた豊田。だが、銃弾はまたしても剣に弾かれた。少年
が高々と嗤う。大蜥蜴が口を閉じた。噛み千切られた豊田の身体が
地に落ちた。血が滝のように零れ落ちるなかをどうっと沈んだ人の
上半身。臓腑がアスファルトに流れでる。
﹁見るな﹂背後の子供ふたりに言った。だが、遅かった。息をのみ、
瞠目している。悲鳴すらあがらない。
蜥蜴は豊田の脚を吐き出して、猛然と牙をむき襲いかかった。糸
を引く血の混じった唾液まではっきり見える。が、一撃で粉砕した。
とどろく轟音。飛び散る肉片。瀑布のごとき血の雨を全身に浴びた。
蜥蜴は頭を吹っ飛ばされて、横倒しに転がった。次の瞬間には、頭
のない馬に姿を変えていた。多少驚いた。馬を化け物に変えていた
のか?
デモニアックは宙約一メートルのところを浮いている。愉快そう
に笑った。
﹁汝に余等を滅すること叶わず。たとえ、ア・ナネ在りとても﹂
また、わけのわからないことを言ってやがる。
﹁貴様は?﹂聞くまでもない気がした。知っている。彼の記憶では
ない。刀の記憶⋮⋮?
﹁ウラク﹂
そう。その名だ。なぜかわからぬが知っている。こいつは恐るに
足らない。もっと恐ろしい名も知っている気がする。思い出せない
が。これは刀の記憶か⋮⋮? それとも血の奥底に眠る記憶⋮⋮。
﹁俺は⋮⋮だれだ﹂再びわいた当然の疑念。悪魔に問うて答えると
は思わないが。
﹁エレボス﹂嘲るように、愉快そうに笑った。
﹁己が何者か知る人間などいるものか。ここにある現実は明瞭。貴
様に我らは斬れぬが、貴様は肉体を滅ぼされればそれまで﹂
そうだ。こいつらは人間に憑依しているだけだ。いくら斬っても
71
実体は斬れない。
﹁どうした。我を斬ってみよ﹂禍々しい笑みを浮かべた。クソ野郎
が。余裕だ。どういう意図だ。斬ってみろとは。厭な感じだ。その
手に乗ってはいけない気がした。斬ってもこいつは違う人間に憑依
するだけ⋮⋮。悪魔の邪な意図に気づいた。ここに人影はない。亮
太と麻奈以外。
なるほど。クソ恐ろしいことを考えやがる。どうする⋮⋮。いち
かばちか。
﹁走れ。亮太っ、麻奈っ。建物の中だ﹂なかへ逃げ込め。叫んだ。
弾かれたように子供ふたりが駆け出した。
﹁あがらうか。小賢しい﹂
途端に悪魔がその姿を消し、大地に崩れ落ちたのは憑依されてい
た人間。
クソ野郎っ。ホンダは駆けた。またも不思議な感覚。目に映るも
のすべてがスローモーションの如く感じる。遅い⋮⋮。子供ふたり
は既にショッピングモールの入り口に入っている。間に合え。
入り口に飛びこみ、子供ふたりの前に躍り出た。亮太と麻奈は⋮
⋮。変化ない。大丈夫だ。
闇の奥から、悪魔がその姿をあらわした。間に合った。思ったと
おりだ。
﹁やっぱりそうか。貴様らは、健常者には憑依できない。ルナティ
ックにしか憑依できない。ルナティックが貴様らの入れ物だ。この
災禍をひき起こし、入れ物を用意し暴れまわっているが、その力の
及ぶ範囲は災禍の圏内だけだ。違うか﹂
愉快そうに悪魔は哂った。
﹁違うな﹂そう。それは埠頭で目にしていた。健常者の自衛官が憑
依された。そして、この災禍の圏外に出たデモニアックもいる。ミ
キから聞いていた。
だが、ノーマルとルナティック、入れ物がふたつあれば、憑依し
やすいのはルナティックのほうだ。それは間違いない。亮太たちを
72
ここへ駆け込ませたのは正解だった。奴はルナティックに憑依した。
もう、亮太と麻奈は心配ない。奴がどれほど憑依を繰り返そうが、
斬るだけだ。斬ってこの場から退ける。
睨みすえた。敵は少年の姿。禍々しい眸子。歪んだ笑みを浮かべ
た口もと。漂う邪気。
五感が高まる。全方位だ。刃の先まで血が通っているかのごとく
感じる。一気に踏み込み横に薙ぎ払った。が、彼が踏み込んだとき
には、悪魔は跳躍し、彼の背後を取った。空を斬った刃が轟音放ち、
ウインドーが粉々に吹き飛んだ。二刃叩き込むべくふりかえった。
目に飛び込んだのは敵の剣先。咄嗟に刀で弾く。再びとどろく爆音。
衝撃波に悪魔の体は外まで転がった。
敵は背中の羽ではばたき立ちあがり、高らかに嗤った。
﹁後ろを見ろ。エレボス。我が群れを﹂
ふりかえった。子供ふたりが立ちすくんでいる。その店舗奥の暗
がりに、無数の何か。唸っている。人間大の恐竜に似た化け物。二
足歩行で長い尾。頭でっかちで大きく裂けた口。手はない。吼えた。
畜生っ。麻奈に跳びかかってきたそれを叩き斬った。子供ふたり
を左手で引き寄せた。隻腕続け様に活塞のごとくふり抜く。轟きわ
たる轟音。土砂降りのように降り注ぐ、血と肉片。店舗のタイルが、
壁紙が裂け、コンクリに亀裂が走る。が、いくら斬っても、奥から
次々現れる。キリがない。地響きをともなう足音にふりかえると、
斬り倒したはずの大蜥蜴が再び現れていた。新たに召喚したのか。
悪魔がヒラリとその背に乗った。
﹁また、遊べ。エレボス﹂高らかな哄笑を残すと、まるで見えない
階段でもあるかのように、空を駆け昇って行った。同時に、忽然と
恐竜の姿は消えた。替わりに、血まみれのルナティックの姿。ホン
ダは悪夢を見ているような気持ちで、空駆けるデモニアックを見送
った。
73
ショッピングモール3
遠く聞こえた呼び声に、川野はあらん限りの声をふりしぼって叫
んだ。コンクリの壁を叩いた。が、その声は届かなかったようだ。
何の物音も聞こえなくなった。静寂。真っ暗闇のなか、ひとり取り
残された。
絶望的だ。ここは資源ごみ用のシューター。出口である小部屋は
ダンボールが詰まっている。縦坑はんばまで塞いでいる。そして、
登れない壁。
クソ。こんなところで飢え死にするのか。ポケットになにか食い
物は? チョコレートがあるだけだ。多少は高カロリーだ。いや、
そんなことを喜んでもしょうがない。冷静に考えろ。
わけわかんなくなって化け物に食われるよりはマシか⋮⋮。いや、
冷静になってない。状況は? 整理してみろ。わかりきったことで
いい。
普通、シューターのしたには小部屋があるはずだ。そして、資源
ゴミの搬出口がある。店舗外に面した扉があるはずだ。今、その小
部屋は天井までダンボールが詰まり、シューター半ばまで埋もれた
状態なんだ。冷静に考えても結論は同じ。やっぱり、それじゃ、外
に出れねえのかよ。
クソ野郎。何もかもクソ喰らえだ。腹立ちまぎれにダンボールの
床を蹴った。
しばらく蹴り続け、無駄に体力を消費するだけだと気づきやめた。
しゃがみこんだ。クソ。小さく呟いた。クソだ。繰り返した。しか
し。
無駄かも知れない。無駄だとわかっていても、生き延びるための
努力を最後まで続ける。足掻く。
足元のダンボールをめくり始めた。片っ端からめくっていく。背
後に積み上げていった。思ったより早く、小部屋の天井に到達した。
74
ここだ。ここが天井だ。希望がわいた。助かる、かも知れない。
えっ、と思った。差し込んだ手が空洞をつかんだから。何もない。
もしかしたら。
まさぐる手に触れたダンボールを思い切り押した。ズン。身体が
沈んだ。ダンボールが雪崩うって流れ落ちた。どわっ、思わず叫ん
だ次の瞬間には、真っ暗な空間に放り出されていた。
ダンボールは小部屋いっぱいに詰まっていたのではなく、シュー
ター真下の空間だけを埋め尽くして塞いでいたのだ。
どうだっ。誰にともなく自慢した。俺にはまだ運がある。闇のな
か、手さぐりで扉を探しあてた。絶望し、あきらめかけていた戸外。
凍てつく星空が満天に広がっていた。
﹁どうだ。先公も、親父もお袋も、人のこと頭空っぽみたいに言い
やがって。俺にだってこのくらいできらあ。俺はまだ生きてるぞ、
この野郎﹂言ってから、ふいに景色が滲んだ。彼らが多分もういな
いだろうことを思い出したからだ。
吐息が白い。耳を澄ましても、人の声は聞こえない。歩いて正面
にまわった。
月明かりで見えた。白い壁に飛び散った黒い飛沫模様。黒く見え
るけれど、血だ。足元がずるずるぬかるんでいる。肉の塊を踏んだ。
﹁あいつ。また、やったんだ﹂⋮⋮見たかった、かな。
や
黒々とした塊に気づいた。人間にしては短い。近づいて見た。人
間だった。
﹁豊田⋮⋮?﹂死んだのか。みんな、死んだのか。幾田夫婦は殺ら
れた。この目で見た。あいつと子供は多分無事だ。死ぬはずがない。
かすかに俺を捜す声も聞いた。後は大田だけだけど、奴を捜すつも
りはない。
豊田の手から拳銃を取った。脚をそばで見つけた。その腰のベル
トから弾倉を取った。平気じゃない。歯をくいしばりながら手をの
ばしそれらを取った。コレは必要だ。生き延びるために。使い方は、
やって見ればわかるだろう。エア・ガンとそんなに違うとは思わな
75
い。
ひとりになった。
だったら、バイクだ。バイクで関門海峡まで一直線だ。明け方に
は着くだろう。途中であいつらに会ったら、それはそれで良いし。
﹁近づいたわね﹂漁船の甲板だ。
﹁感想はどう?﹂
アニナは日本のガイドブックらしきものを見ながら不服そうに言
った。
﹁サクラジマは何処? 見えないわ﹂
﹁ここは鹿児島湾を包み込む薩摩半島と大隈半島の南端。その薩摩
半島側。桜島はもっと奥よ。この先に山川港という小さな港がある
の。そこで降ろしてくれるらしいわ﹂
﹁そんな港、載ってないわ﹂と言うアニナのガイドブックを覗き込
み、
﹁でしょうね﹂とアイコ。表紙の写真は、床の間に仏像︵大仏のよ
うな︶が鎮座していて﹃神風﹄と書かれた書の掛け軸がかかってい
た。忍者が座布団に座っている。照明器具は天井からぶら下がった
提灯。何処の国の写真かしら。それは絶対日本じゃない。とっても
興味深いけど、後でじっくり見せてもらおう。
船が大きく旋回する。埠頭が見えた。黒山の人だかり。遠くから
でも、わかる。
厳密に言えば、このふたつの半島の南端はまだ被災していない。
そのわずかなスペースに逃れてきた避難民、十万人以上。と、噂さ
れている。数えようがない。
海上保安庁や、自衛艦の監視をすり抜けて、救出に向かっている
のはこの船だけではない。定期航路のフェリーも勝手にやっている。
そちらは通常料金。だが、数が少ないうえ、監視する側も見て見ぬ
ふりができない。自然、値段は高いが、漁船が多くなる。漁船乗船
のルールは簡単。子供最優先。料金は志し。大抵の親は、我が子を
76
逃すために有り金のすべてを払う。
船が近づくと、人々から歓声と落胆の声があがる。喜びの声をあ
げたのは、桟橋の行列にいた人々。嘆きの声はその後ろのほうの人
々。やってきた船が小さな漁船だったから。自分たちまで順番はま
わってこない⋮⋮。
﹁カメラを持ってる人がいないわ⋮⋮﹂不思議そうに言うアニナを、
アイコは無視した。もし、生きて九州を出れたら、彼女の持つガイ
ドブックの著者を呪い殺そう。
船が接岸すると、はしけが渡されるより先に人々が押し寄せた。
船長の怒鳴り声が響いた。
﹁降りる客が先だっ﹂
気おされて人垣が割れる。大きな荷物を抱えたふたりの若い女性
を驚嘆の顔で見る。
﹁じゃあ、船長。ありがと﹂
﹁チャオ﹂ふたりはそれぞれに礼を言い、船をおりた。
﹁帰りはどうするんだ?﹂そのふたりの背中に向かって、船長は言
った。
﹁考えてないわ﹂ふりかえってアイコは言った。
﹁十日後にまた来るが。それが最後だ﹂船長の言葉に笑みをかえし、
ふたりは人垣の中を進んだ。もう、ふりかえることはなかった。背
後から、人々の声が聞こえる。この子をお願いします。うちの子を
乗せて。そして、親が子に言い聞かせる今生の別れの言葉。
とても聞いていられない。アイコは足早にそこを離れた。言葉は
わからなくてもアニナにも雰囲気で通じた。とても、辛い、現実。
彼らは難民と同じ。古今東西の難民につきまとう悲劇。彼らを保護
する政府は既に存在しない。
沈痛な雰囲気漂う埠頭を後にして、ふたりは幹線道路に出た。大
渋滞。というよりも、どの車も乗り捨てられている。ドライバーの
姿はない。
﹁どうするの?﹂
77
﹁よく見て。詰まっているのは、下り車線だけ。上り車線はガラガ
ラよ。つまり、人々の避難経路である南へ向かう道は通行不可だけ
ど、逆はフリーウエイ。多分、熊本近辺まで﹂楽に行けるわ。
﹁車を手に入れましょ。腐るほどあるわ。有料道路から、九州自動
車道へ﹂
78
脱出不可
8 脱出不可
川野は、はじめ駐車場で見つけたスクーターで出発したが、ほど
なく路肩に後輪の太いスズキのグラスホッパーを見つけた。キーも
ついたまま。ガソリンは満タン。神様、ありがとと言い、乗り換え
た。途中、どうにも進めない事故現場などは迂回して裏道を通り、
北上した。実際、横転したトレーラーが道をふさいでいることが多
かった。多分、運転中に被災したのだろう。
俺は、何故まだ無事なんだ? 被災した人間と、そうでない人間
に何か違いはあるのか。いや。ありはしないだろう。多分、時間の
問題だけだ。遅かれ早かれ、正気を失う。俺に出来ることは、全速
力で、この地域を抜けることだけ。関門海峡くらい、泳いででも渡
ってやる。
ヘッドライトのなかに、一軒の古い商店がうかび、彼は急ブレー
キをかけた。商店の前には黄色い公衆電話。約束を思い出した。
彼はリュックからバールを二本取り出した。電話機の下の隙間に
バールの先を突っ込み、さぐる。ここだ。ガコン、という音をたて
て、電話機が台ごとすべりでた。コインケースは後ろにある。この
タイプは、南蛮錠ばかりだ。二本のバールでねじ切った。ジャラ、
と音をたててコインのたっぷり詰まったケースが開いた。中は百円
玉でいっぱい。多分、携帯の通じない状況で、皆こぞってアナログ
電話で連絡を取り合ったのだろう。その人達は、既に関門海峡を渡
ったか、どこかをあてどなくうろついているか、どちらかだ。
俺も、どこか電話してみるか。誰かいたっけ? 親戚。そうだ。
北海道に叔母さんがいた。通じるか⋮⋮。おお! やった。コール
してるじゃん。
﹁もしもし﹂
﹁おお。俺たい。叔母ちゃん。わかるか﹂
79
電話の相手は吃驚した。
﹁あんた!! 郁ちゃん!? 無事だったの⋮⋮﹂涙声にかわった。
父母の消息を聞かれたが、川野はうまく答えられなかった。
﹁とにかく。今は、俺ひとりだ。仲間がいたけど⋮⋮。はぐれた。
もう、切らなきゃ。この電話は仲間も使うんだ。百円玉残しとかな
いと⋮⋮﹂
﹁そっちは? そっちはどんな様子なの? 本当に化け物がいるの
?﹂
﹁ああ。二回襲われたよ。けど、逃げ切った。スゲェ奴がいるんだ。
狐から貰った刀で化け物を木端微塵に叩き斬るんだ。スゲェ奴だっ
た。奴のおかげで助かった。本当にスゲェ奴だぞ﹂得意気に話して
聞かせた。大粒の雪が頬にあたった。闇のなかに無数の白い粒が舞
っていた。
﹁異常な寒波が大陸から日本海側へ進んでいます。上空の気温はマ
イナス五十度。前例のない寒気団です。今夜半には、北海道から東
北、北陸、山陰、九州北部までの日本海沿岸部は大雪に見舞われる
でしょう。積雪は、多いところで⋮⋮﹂
今さら、なに言ってンの。ミキはテレビ画面を睨んだ。
異常気象がニュースになるの。だったら九州は? どうなってい
るの? どうして教えてくれないの?
唇をかんだ。見捨てたの⋮⋮。
隕石衝突で、何かがずれたのか。地球規模で、海流の流れに変化
が見られ、異常気象が起こっていた。
亮太は、先刻から眩暈におそわれていた。それは断続的に彼にお
とずれた。寒さのせいだ。身を切るような風が吹いている。背筋を
悪寒がはしる。前を歩く兄の背中が遠い⋮⋮。それでも重い足を運
ぶ。全身に、何度も悪寒がはしる。いや、コレは悪寒ではない。言
いようのないモノ⋮⋮。何かが、彼に訪れていた。気づけば風はや
80
んでいた。
闇のなかに舞い始めた雪のように、静かに、それは、彼に降りて
きた。彼は気づいた。足元が崩れた。心の中で、何かが割れた。必
死ですがるものをさがした。が、彼がすがることのできる﹃確かな
もの﹄は何ひとつ無かった。
そうだ。僕は、﹃何も知らない﹄。
﹃確かなこと﹄なんて何ひとつ無い。
﹃言葉﹄は何ひとつ真実じゃない。
なのに、﹃心は、言葉でいっぱい﹄だった。途切れることなく⋮
⋮。
僕は、世界に、触れることはできない。僕の知っている世界は嘘
だった。本当の世界は、今、目の前にある。﹃荒々しい野生の宇宙﹄
。
自分と結びついていたすべてのものが、ちりぢりばらばらになっ
た。頭のなかに声が響いた。
︱︱﹁お前は今、落雷のあった家の中にいるようだ。お前の周囲は
落雷のあった家のように崩れる。そしてその雷光がお前を貫通する﹂
自身が風に溶け込んだかのように感じた。空が近かった。何処か
らか、綺麗なメロディが聞こえてくる気がした。足もとの薄いガラ
ス板が割れたように感じた。不思議だった。こんな薄いガラスのう
えを、どうして平気で歩いてこれたのか。誰も、どうしてコレを不
思議に思わないの⋮⋮。僕は空気⋮⋮。風と同じ⋮⋮。
だんだん、心が静かになる⋮⋮。言葉が消えていく。彼の変化に
気づいた兄が、彼の肩をゆすり彼の名を呼ぶ。おにいちゃん⋮⋮。
おにいちゃんてなに⋮⋮? この人は、だれ⋮⋮? 僕は⋮⋮? 本当はいったいなに⋮⋮。
そして彼の心は沈黙した。
黄色い公衆電話に気づいた。前方へ飛び出し、百円玉のつまった
後ろのコインケースも開いていた。誰が開けてくれたのか、すぐに
81
わかった。マジックでメモがあった。﹃バイクで、関門へ向かって
いる。けど、なしか。この雪スゴ過ぎ﹄。彼が生きていたことを少
し喜んだ。陰鬱な顔の口元に笑みが漏れた。
受話器を上げた。神はそこまで無慈悲ではないようだ。通じた。
﹁耀くん!? 耀くんなの!? 無事だったの!?﹂
﹁ああ⋮⋮﹂簡単な、受け答えしかできない。今の彼は、冗舌では
ない。
﹁良かったあ⋮⋮﹂ミキは涙で声を詰まらせた。安堵する彼女に静
かに伝えた。
﹁亮太が⋮⋮﹂直接的な表現はできなかった。﹁被災した﹂と言っ
た。電話の向こうで、息を呑む声が聞こえた。彼は唇をかんだ。し
ゃくりあげる声が聞こえてきた。次々と、百円玉が、ただ落ちるだ
け。
長い沈黙の後、口に出たのは、自分ですら予想していなかった絶
望的な望みだった。
﹁ここから、連れ出せば、もとに戻るよな⋮⋮﹂
﹁うん⋮⋮。うん。きっと﹂彼女は答えたが、そんな話は聞いたこ
とがない。
﹁必ず、連れて、九州を出る﹂
﹁うん⋮⋮。うん⋮⋮﹂そうとしか言えない。涙で声にならない。
泣いている従姉妹にホンダは静かに告げた。
﹁俺は、悪魔の間では有名人らしい。狐に刀を貰ったンだ。そいつ
で奴らを斬った﹂
﹁耀くん⋮⋮?﹂疑わずにはいられない。
﹁何を言っているの⋮⋮﹂
﹁大丈夫だ。俺は正気だ。俺はエレボスというらしい。奴らが俺を
そう呼んだ﹂
﹁どういうこと?﹂それは何⋮⋮?
﹁奴らは俺を知っていた。多分、狙われている。俺は奴らの仇敵ら
しい﹂
82
﹁狙われ⋮⋮﹂ミキは、絶句した。彼女に話の意味はよくわからな
い。どう判断してよいかも。けれど、それがどんなに恐ろしい事態
かは、容易に想像できた。
﹁けど、大丈夫だ。片っ端から叩き斬って、必ずここを抜け出して
やる﹂力強い口調ではない。押し殺した涙まじりの憤怒の声。
受話器の向こうの従兄弟の声が遠く聞こえた。それは、彼女の知
らない誰か、なのかも知れない。
83
脱出不可2
まったく、クソダサい。家族と一緒で、しかもハワイだなんて⋮
⋮。浮かれている亮太をよそに、彼は羽田空港でぶうたれていた。
春休み、親戚の家族と彼の家族でハワイへ旅行することになったの
だ。ここでバックレて、東京で遊んでいたい、などと思ったりして
いたとき。あらわれたミキの姿を見て驚いた。小学生の時の記憶し
かなかった、男の子みたいだったひとつ違いの従姉妹が、美しく成
長していた。
すげぇ⋮⋮。東京の高校生だ。素直に感心した。化粧もしている
のか。
﹁全然、変わってないじゃん﹂彼女は、開口一番そう言った。﹁小
学生のときとおんなじ顔﹂嬉しそうに、彼を見た感想を言った。あ
まり愉快な評価ではなかった。
﹁変わったよ﹂無愛想に言う彼に、
﹁何処が?﹂と聞き返した。
﹁一目でわかったよ。耀クンだって﹂
彼は、わからなかった。記憶のなかの少女と、目の前の少女がう
まく重ならなかった。
﹁自分じゃわかんないよ﹂
﹁じゃあ、変わってないってことじゃん﹂愉快げに言った。
﹁バスケがうまくなった﹂彼は必死にさがしてそう言った。
﹁昔からうまかったじゃん﹂由布院小学校の校庭にゴールネットが
あった。よく遊んだ。そのことを彼女は憶えていた。
﹁ダンクができるようになった﹂
﹁へえ⋮⋮﹂彼女の瞳に尊敬の色が浮かんだ。視線が眩しくおもえ
て、思わず目をそらした。
ハワイまで、七時間のフライト。亮太を挟んでふたりは座った。
親達は後ろの座席にいる。彼女はよく眠っていた。彼は、眠れなか
84
った。はじめて、飛行機に乗ったのだ。ずっと、雲海を見ていた。
両親同行だから、まったくマリンスポーツはなし。海に入ること
すらなかった。マウイ島でハレアカラに登って、カウアイ島でプレ
スリーが映画の中でギターを弾いた山を見にいって、オアフ島でダ
イヤモンドヘッドに登った。ハワイへ行ったというのに、山ばかり
登っていた。後は、アラモアナでショッピング。彼は、ナイキのシ
ューズを買った。
﹁どうして、ハワイでナイキを買うの﹂従姉妹にからかわれたが、
﹁安いし、コレ、大分じゃ売ってなかったから﹂と反論した。
﹁へぇ。東京だったらあるのに。でも、確かにこっちのほうが安い
かも﹂と言われて、素直に東京が羨ましく感じた。
オアフ島にいる間は、コンドミニアム滞在だったから、マックと、
ABCのおにぎりをよく食べた。さすがに何しに来たのかわからな
いので、時々、朝早く起きて適当なホテルのモーニングを食べて、
ふたりで海岸を散歩した。ワイキキから、ダイヤモンドヘッドを見
ていると、何だか、昔から知っている場所のような気がした。
そのダイヤモンドヘッドをあとにホノルル空港を発つとき、とて
も寂しく感じた。たった九日の滞在だったが、離れたくなかった。
﹁ハワイに住みたい﹂飛行機が飛び立つまで、ミキは言っていた。
帰りの飛行機の中で、ふたりは並んで座り、眠った。
次の夏休み、彼女はひとりで由布院に遊びに来た。お金がないか
ら、大阪からフェリーで来たと言った。彼は、すっかり変わった由
布院の町を案内した。硝子作りを見学して、猛烈な勢いの鯉に餌を
やった。金燐湖を散歩したしたとき、下ン湯に入るというミキをお
しとどめた。下ン湯は、混浴で脱衣所もなく、浴槽の横にすのこと、
脱衣棚があるだけだ。しかも、申し訳程度の木立に覆われた露天は、
観光客からほぼ丸見えだ。よほど豪傑でない限り女性ははいらない。
日の暮れかけた金燐湖の橋のうえで、いろんなことを話した。
﹁アニメーターになりたいの﹂ミキは言った。彼は感心した。自分
は将来なりたいものなど特に無かったから。何をやっていいのか、
85
わからない。けれど、思ったことを言った。
﹁東京に行きたい﹂
﹁ホントに?﹂嬉しそうな瞳をむけ彼女は言った。湖面に映る民宿
の灯りが背景。フィルムのワンショットのように記憶に残った。
受話器を置いて、ホンダは思った。
韓国経由でも、何でもかまわない。東京へ行く。亮太をもとに戻
す。ミキに会う。生きていれば、必ず会える。
﹁行こう﹂かじかむ手に吐息を吹きかけている麻奈に言った。既に、
雪が積もっていた。
受話器を置いて、彼女は思った。
東京に来るって、言ったでしょう。今、来て。
86
脱出不可3
北九州までたどり着いたとき、既にバイクで走れる積雪ではなか
った。川野は路肩に軽の四駆を見つけた。針金でドアを開け、直結
でエンジンをかけた。ホイールハブをまわし、四駆にギアを入れた。
歩道を走った。十号線をそれ、裏道へ入った。海岸に沿う防波堤横
の、道とは呼べない道。干潟は猛烈な勢いで雪が舞い、視界をさえ
ぎっていた。雪が深い。滑れば堤防を転がり落ち農業用水路に転落
だ。その道を北上できるだけ北上し、十号線に再び向かった。旧北
九州空港跡地横を走り、門司へ向かう幹線道路に入った。後は一本
道だ。だが、それ以上進むのは無理だった。積雪がバンパーまでと
どいている。立ち往生してエンストすれば、凍死だ。真っ暗闇のな
かに看板を見つけた。アウトドアショップ。中には冬山登山用のシ
ェルフなどもあるはず。
雪の中に降りた。膝上まで埋まった。脚を引っこ抜きながら、前
進する。歩道に、うずくまっている人がたくさん。
﹁お前ら。凍え死ぬぞ﹂声をかけたが、当然返事はない。ホントに、
みんな死んじまう。
﹁知らないからな﹂吐き捨てたが、それは良心への言いわけだった。
彼ひとりで、これらの人々を助けることなど不可能だ。自分が生き
残れるかどうかも微妙な状況だ。
ショウウインドウを破った。吹雪とともになかへ踏み込んだ。マ
ネキンの後ろに扉を見つけて開いた。そこは店内だった。闇のなか
に足を踏み入れ、吹き込む風と雪を後ろ手にさえぎった。静寂に耳
鳴りがする。暗闇を懐中電灯で探った。
店舗奥に設営展示してあるドーム型のテントを見つけた。そのな
かに目的の品々を次々放り込んだ。濡れた服を脱ぎ、保温性の高い
衣服に着替えた。電池も見つけた。そしてランタン。周囲が穏やか
な光に包まれると、気持ちが多少明るくなった。ダッヂ・オーブン
87
のなかに木炭をいれ火をおこした。テントの中が暖まった。一酸化
炭素中毒には気をつけないとナ。二酸化炭素だったっけ? まあ、
いいや。シンナーみたいなモンだろ。ちょっとラリったほうがマシ
かも知れない。自分にいきがって見せたが、シンナーに手を出した
ことはない。マリファナはあるが。彼の感覚では、マリファナを吸
うのはカッコいいことで、シンナーを吸うのは馬鹿のやること、だ
った。
葉っぱ吸いてぇな。もう、何日切れてンだ? 家を出たのが十日
前で、その時持ってた十グラムは三日で吸っちゃったから、かれこ
れ一週間禁煙してる。スゲェ。煙草を吹かしながら感心した。
彼の地元は門司だった。
学校はくだらなかった。友達も。くだらない。悪ぶってるくせに、
だらだらつるみやがって、いきがっていても、女の腐ったような奴
らどもだ。と言ったら女の子に失礼だ。集まるたび、いない奴の悪
口ばっか。
友人の妹をふって、総すかんを喰らった。本当だ。けれど別に嫌
いだったわけじゃない。逆だ。かわいい子だなと好意を持っていた。
けれど、中学生だった。まあ、歳はいっこしか違わないけど。数度、
デートもした。普通に。まあ、メシを食ったり、お茶を飲んだり、
彼にしては健康的なデートだ。だけど、相手の気持ちはわからない。
彼のことを好きなのか、どうか。一度、良いムードになって、キス
しようとしたら拒まれた。なるほど、と思った。脈なしだ、と。彼
にとってキスを拒まれることは、ふられたことと同義だった。
その夜、行きつけの店で、中学校の同級生とばったり会った。中
学のときはほとんど話したこともない女の子だったが、話してみる
と、コレが途轍もなく気が合った。おまけに綺麗になっていたし。
で、ふたりで大盛り上がりしているところへ、友人が妹を連れてや
ってきたのだ。
自身の置かれた状況には気づかず、彼はその偶然を喜んだ。満面
の笑みで驚きの声をあげ迎えたが、一瞬の後、解きようのない誤解
88
が生じていることに気づいた。彼女は、好きな人に裏切られた女性
の顔、をしていた。何でだよ、と思った。そうだったのかよ。ソン
ならサクッと言ってくれればいいじゃねえか。けれど、時既に遅し。
この場をどう言い繕うとも、とりなす術はない。
彼は右手をあげ、指をふって、サヨナラをした。それから、向き
直り、前以上の勢いで話し始めた。半分以上やけくそだった。腹も
立っていた。中学生がこんな店に来るんじゃねぇよ。それから、友
人だ。いつも人のことをスケこましみたいに言いやがって。だから、
こんな些細な誤解も取りかえしようがなくなンだよ。
取りかえしのつかなくなったものは、それだけじゃなかった。翌
日から、総シカトされた。友人全員。そうかよ。テメエら。こっち
には何の事情聴取も無しで、一方的にハバかよ。文句があるなら、
口がついてるだろう。言えよ。腹が立つなら、手があるだろう。殴
って来いよ。ソン時ぁ、こっちも手も口もついている。殴り返して
やる、彼はそう思ったが、実際、その機会があれば、互いの気持ち
もわかるだろうし、和解だってできただろう。が、誰一人として、
彼にチャンスを与えなかった。彼も、意地になって原因には心当た
りがないふうをよそおっていた。
今日まで。
もう、誰一人、残っていない。多分。
あの娘は門司にいただろうから、早いうちに本州へ渡っただろう。
無事だといい。他の奴らも。両親は、多分駄目だ。熊本へ行くと言
っていた。旅行だ。彼は、その留守中に家を出て宮崎へ向かう途中
だった。年に一回あるライブ・イベントは、前から観に行きたかっ
た奴だ。もし、あの日、列車に乗らなければ、今頃は本州にいただ
ろう。列車は脱線した。いや、追突だった。死体の山の中で、彼は
意識を取り戻した。東別府駅だった。停車していたとき、後発の特
急ソニックが突っ込んできたのだ。だが、状況がわかったのは、し
ばらくその駅前で呆然と座り込んでいて、それからだ。ようやく衝
突事故だと理解できた。同時に、街の異様な雰囲気にも気づいた。
89
まだ、停電していなかったから、街頭のテレビで、状況把握に努め
た。だが、はっきりわかることは何ひとつなかった。誰もがそうだ
った。誰一人として、なにが起きているのかわかっている者はいな
かった。だが、なにか起きている。尋常でないことが。徒歩で別府
へ向かい、ネット喫茶で情報収集した。それも無駄だった。携帯は
はなからまったく使えなかった。その夜、停電した。いっせいに、
街の灯が消えた。
90
脱出不可4
片っ端から民家を探し回って、ようやく、石油ストーブのある家
を見つけた。何処も石油ファンヒーターばかりだった。停電してい
ては無用の長物。
家人の姿はない。リビングのラグの上に、おぶっていた亮太をお
ろした。まったくの無反応。そのままそこに座る。麻奈と顔を見合
わせる。麻奈が瞳をふせた。それで、自分がひどい顔をしていると
わかった。多分、暗然たる面持ち。
真っ暗な部屋を石油ストーブの赤い灯りが仄かに照らし出す。冷
えきっていた部屋がわずかに暖かくなる。
雪が激しくてこれ以上進めない。今夜はここでしのぐ。朝になれ
ば、出発する。たとえ、横殴りの雪が吹きつけ、腰まで積雪に埋も
れながらでも、進まなければならない。時間がない。今、思ってい
る次の瞬間にはそれが訪れるかも知れない。自分にも。
亮太の虚ろな眸子を見て思う。痴ほう、ではない。ショック状態。
極度の。それがずっと続いている。ショックの度合いが大きすぎて、
灰のようになっている。実存、という言葉が頭に浮かぶ。小難しい
ことは大嫌いだ。だけど、弟の精神の中で、何かが起こったのは確
かだ。それも劇的な変化が。本来あった彼の自我は、その激変に耐
えられず粉々に砕かれた。今あるのは燃えのこり。けれど内面的な
変化は推測でしかない。対外的なことのみを言えば、彼は現実から
引き裂かれ、そこに存在しないかのようだ。彼自身もまた現実を認
識していない。以上のことを鑑みれば、コレは重度の統合失調症⋮
⋮? なのかも知れない。あるいは自閉、失語⋮⋮。だとしたら、
直る。時間はかかっても。医者に診せれば。しかし、コレは希望的
観測かもしれない。もっと、完璧な完膚なき人格破壊かもしれない。
くずお
ただひとつ、はっきり言えること。早く、ここを脱出すること。
打ちひしがれている時ではない。思い屈しても、頽れそうになって
91
も、暗澹たる現実ふりはらい、ここを脱出しなければならない。
麻奈の顔を見る。あれ以来、一言も話さない。悲しんでいる。怯
えている。その両方。
自分と一緒にいることが、この子にとって安全なのか危険なのか
わからない。ミキに話したとおり、自分は狙われていると考えて間
違いない。エレボスとは、奴らと敵対していた者の名だ。それが、
何者か知らない。だが、そいつはこの刀の持ち主だったはず。何故、
自分に使えるのか。狐の言った血の意味は何なのか。思いがそこに
及ぶたび、彼は混乱する。
ただ、これだけははっきり感じている。狐はこれを妖刀と言った。
そのとおりだ。ふるうたび、自分がまったく違う何かへ変貌してい
く感じがする。怖ろしい何かへ。はじめて手にしたときからそうだ
った。あの獣の群れに怖れなく挑んだ。しかも冷静だった。普通じ
ゃない。あんなことありえない。けれど、この刀を抜くたび、その
感覚はどんどん強くなる。
違う。刀のせいじゃない。あの日から、そもそものはじまりから、
違っていた!!
彼はほとんど眠っていない。あの日、転落したバスの中で目覚め
てから、ずっと。時折、立ったまま、五分ほどまどろむ。それだけ
で足りた。かつてないほど、意識は研ぎ澄まされている。この身体
の変化は説明できない。身体だけじゃない。考えてみればおかしす
ぎる。両親を見つけたとき、泣かなかった。いや、泣きはしたが、
あの程度だ。驚きはしたが、冷静だった。普通だったらPTSDっ
てやつになってもおかしくない。ふりはらえない悪夢の如く、あの
光景が脳裏に甦ってきて当然なンだ。俺は、どうなっちまったンだ
!?
だけど、いい。俺がどうなったっていい。
彼は唇をかむ。亮太とこの子を必ずここから連れ出す。九州を脱
出する。奴らは微塵にしてやる。
92
気づかないうちに、少し眠っていた。五分と経っていない。目を
開いた。何も変わっていない。亮太も麻奈もそこに座っている。け
れど、彼女の瞳を見て、既にそこに彼女がいないことに気づいた。
薄暗がりのなかで、何度も目をさました。暑いのか寒いのかわか
らないテントのなか。息苦しくて外へ転がり出た。途端に芯まで冷
えてテントのなかにもぐりこむ。朦朧とした意識のなかで何度もそ
んなことを繰り返した。目を覚まそうとして煙草に火をつける。が、
三分と持たない。そのまま寝入ってしまう。起きているのか眠って
いるのかわからない。その浅い眠りのなかで夢ばかり見た。悪夢で
はなかった。友達の夢。以前と同じように悪さをして夜中に遊んで
いる夢。
突然、はっきりした意識を持って目覚めた。暗がりのなかで身を
起す。夢の中の友人たちと、今ここにいる現実がつながらなくて、
戸惑った。
夜は明けているようだった。煙草に火をつけ大きく煙を吸いこん
だ。吐いた。ニ・三度大きく繰り返すと、立ちあがり怒鳴った。
畜生!! マネキンを蹴り倒した。うつろな音をたててそれは転
がっていった。
ショーウインドウから外をのぞいた。積雪は腰くらい。雪は少し
小降りになっている。
彼は装備に取りかかった。スノーボードの上に、可能な限り荷物
を積み上げ固定した。引っ張っていくつもりだった。防寒対策は完
全だ。冬山登山用のブーツ、ズボン、ジャケット。完全防水の物ば
かり。上着のポケットに拳銃を入れた。腰のベルトにバールをさし
た。
歩いていく。海峡まで。
割れたショーウインドウから外へ出た。積雪は予想以上だった。
胸元近くまで雪に埋まった。
﹁クソ畜生!﹂ぶつける相手のいない苛立ちを呟きにかえ、雪を掻
93
き分けて進みはじめた。ロープで腰に結わえたスノボは、雪のうえ
をするする滑った。
94
脱出不可5
同じ頃、ホンダもまた北上をはじめていた。ふたりの子供を乗せ
た大きなショッピングカートで雪をおしわけながら⋮⋮。
天候はこちらの方が悪い。横殴りの雪が吹き付けている。子供た
ちを覆っているシートがはためく。が、濡れても、お腹がすいても、
この子達が声を発することはない。風邪をひき肺炎になっても、苦
しいとも言わず、息絶えていくだろう。そんなこと、させない。早
く、北九州へ。
渾身の力でカートを押した。雪が激しい。前が見えない。ビニー
ルのフードで、半分以上視界が遮られている。
雪の下で何かを踏んづける。凍った人間の体。多分⋮⋮。迂回し
て進む。
自身が今来た道をふりかえり、絶望に近い気持ちにとらわれる。
たった⋮⋮これだけ。まだ、たった、これだけしか進んでいない。
だが、歯を食いしばる。吹きつける雪の中、うつむき気味に進む。
海峡へ。
フードの向こうに、透けて見えたモノがある。彼を待っていたか
のように。
それは降り積もった雪の上に座っている。その身体は沈まない。
それはよく見たことがある。尤も、本の挿絵でだ。ヤギの頭と二本
の角、身体は人間に似ているが腰から下は獣、背中に黒い翼。今ま
で見てきた奴等に比べれば、ずっと人間っぽい。けれど、なんだ。
背筋の凍るようなこの感覚は⋮⋮。今までよりもずっと恐ろしい敵。
刀を手に取った。
そうだ。やつだ。
静かに口を開いたのは、悪魔が先だった。
﹁我が名はバティン。久しぶりよの。エレボス﹂
そうだ。その名だ。気をつけろ。こいつは狡獪だ。何故⋮⋮俺は
95
? 思い出せ。姿が違う。そうだ。こいつの本当の姿はもっとおぞ
ましいモノだった⋮⋮。何故、俺は知っている。だが、もう、迷わ
ない。
﹁貴様の本当の姿は違うはずだ。何故、偽りの姿を装う﹂
悪魔が山羊の口を開く。邪悪な笑みの端から、ちらちらと炎がの
ぞく。
﹁らしくなったものだ。わずか十日のうちに⋮⋮。だが、まだまだ
弱い﹂
吹きつける雪のなか、ホンダは雨具を脱ぎ捨てた。剣を抜いた。
﹁我を斬るか? 弱き人間よ。笑止。斬りたくば斬るが良い﹂
距離、約三メートル。飛びかかって斬れる距離ではない。雪が邪
魔だ。
相変わらず、悪魔は積もった雪のうえに座っている。微動だにし
ない。
﹁尤も、貴様が斬るのは我にあらず﹂悪魔の笑みが大きくなる。
﹁エレボスよ。貴様をなぶるのは楽しい。簡単には斬るな。泣き叫
びわめけ﹂
静かにそう言い残すと、悪魔は雪に沈んだ。違う。沈んだのは、
憑依を解かれた人間の身体︱︱。
静寂、最悪の予感。
背後でカートが裂ける音。そして悪魔の哂い声。
ごかい
取り返しがつかないこと。それが起きた。瞬時に悟り、ホンダは
ふりかえった。
チューブのような三本の長い首。うち二本の先端は沙蚕の口のよ
うに鋭い牙が管状に覗いている。中央の一本の先に獣の頭。長い顎
鬚をゆらし、首をのたうたせ、勝ち誇った笑みを浮かべている。そ
の口から、毒々しい炎の瘴気が漏れている。
腕につかんでいる。麻奈を。なら、その体は︱︱。
﹁てめえ!! 誰に憑依してんだっ!! 糞やろおっ!! 離れろ
!! 離れやがれっ!!﹂ホンダは雪を掻き分けつかみかかろうと
96
した。その身体を蛇のような尻尾が撃った。吹っ飛ばされた。
が、再び、雪の中から躍りかかる。離れろっ!! 離れやがれっ
!! 尻尾に撃たれる。
悪魔が哄笑する。
﹁あわれなほどに弱い。すでにそのザマか。ブザマだ﹂
ホンダは雪にまみれ、まだ、悪魔につかみかかろうと試みる。亮
太っ。亮太っ、とわめきながら。
﹁貴様は我等になぶられる存在にすぎぬ。灰になるがよい。エレボ
ス﹂
悪魔が麻奈の首をひねろうとしている。
﹁止めろおおおっ!!﹂ホンダが叫ぶ。
﹁止めぬ﹂悪魔の嘲笑。
次ぎの瞬間。ホンダの意思ではなかった。それは刀の意思。
轟音とどろき、悪魔の身体は木っ端微塵になった。放射状に雪が
吹き飛ばされ、血と肉片とともに舞った。どさり、と麻奈の体が落
ちた。
刀を放り出し、ホンダは半狂乱になって、散らばった肉片をかき
集めた。元に戻れ、元に戻ってくれ。そうせずにはいられなかった。
﹁どうかの⋮⋮?﹂
血だらけの顔を向けると、そこに麻奈の姿は無く、バティンがい
た。
﹁どうかの? 肉親を殺めた感想は。斬った感触は良かったか?﹂
もう⋮⋮、もう⋮⋮勘弁してくれ。うずくまるホンダ。
﹁貴様の⋮⋮、目的はなんだ?﹂何故、俺に亮太を斬らせた。そん
なことをして何の意味があるというのだ。このうえ、彼女も斬らせ
ようというのか。
﹁言ったであろう。貴様を灰にしてやると。生ける屍となるがいい﹂
相変わらず、悪魔は哂っている。かき集めた肉片を胸に抱き、ホン
ダは叫んだ。
﹁いったい、俺が何をしたっ!? 俺が何をしたと言うンだ。何故、
97
俺を狙いやがる!? 俺にこんな真似をさせていったい何の得があ
るンだ!?﹂
悪魔は静かに答えた。嘲笑いながら。
﹁知る前に死ぬ。我が手を下さずとも﹂そう言うと、背中の黒い翼
を羽ばたかせた。雪が舞いあがり何も見えなくなった。視界ゼロ。
雪が消え去った時、悪魔の姿は消えていた。後に残っているもの
は、投げ出された刀、こなごなの肉片、血にまみれ放心して空ろな
目をしてるホンダだけだった。
関門トンネルは水没していた。入り口から五十メートルの地点で、
くるぶしが水に浸かり、真っ黒い水面がヒタヒタと静かに波打って
いた。暗い水面に浮かんでいるのは、水没した車のなかから流れ出
た日用品など、か。
川野は舌打ちして踵を返した。意識しなくとも足早になる。腹は
立っている、疲労困憊している、しかし、闇は恐ろしい。
ほとんど駈けるようにしてトンネルを出て、橋のたもとへ向かっ
た。雪の中、荷物を引っ張りながらそこへついたときは、すでに夕
刻近かった。
橋のたもとには、関門トンネル人道入り口がある。
川野は施錠されている非常口の扉をこじ開け、なかを覗いた。暗
くて下は見えない。懐中電灯で照らすと水が見えた気がした。石こ
ろを落としてみた。ポチャンという音が返ってきた。
﹁クソ畜生がっ!!﹂腹立ち紛れにでかい石を投げつけた。ドボン
と音がして飛沫がかえってきた。
立ち止まってはいられない。もう日が暮れかけている。急ごう。
彼は、めかり山を登りはじめた。ズルズルと荷物を引っ張りなが
ら、急な勾配を雪かき分けて登っていく。このジグザグの山道が、
金網ひとつで高速道路と隣接する場所が一箇所だけある。そこから、
橋の上ヘ出る。
どこもかしこも雪に埋もれていて、見落す所だった。ここだ。
98
そしてそこは、橋の上が一望にできる。
何百台という車が雪の中に埋まっている。吹きすさぶ強風を受け
て、ルーフと風上の方のウインドーが少し覗いている。強風が橋の
上の雪をさらい、海峡ヘ散らしている。
自衛隊の張った鉄条網と土嚢が雪の上に頭を出している。
川野の血がざわめいた。向こうは山口県、本州だ⋮⋮。
99
脱出不可6
俺は⋮⋮ルナティックになったのか? いや、⋮⋮違う。力が抜
けているだけだ。考える力が⋮⋮。
血の塊を抱きしめたまま、ホンダは我を忘れ、心凍りつかせて、
ただ、涙が滂沱とめどなく頬を伝っていた。
瞋恚激しく燃えることなく、憎しみの標的さえ失い、ただ、手の
中の肉塊が、自身の弟であるという現実から目を背けていた。思考
は言語の体をなしていない。断片的な映像の切れ切れが、亮太の姿
が、眼中に浮かんでは消えていった。
﹁やれやれ⋮⋮よのぅ﹂背後から女の声がした。
いつのまにか、雪は小降りだ。唇に落ちた雪をちろりと舐めて媚
狐朗は言った。
﹁呆けてしまう気かえ﹂ホンダは言葉を返さない。ふりかえりもし
ない。
﹁教えに来たのじゃえ。最悪の相手が近づいてきているとのぅ﹂
これ以上まだ最悪の奴がいると⋮⋮? ホンダは無言のままふり
かえり空ろな目を向けた。
﹁ここで、ずっと、うつむいているつもりかぇ﹂
あんたは⋮⋮﹁あんたは、奴等の仲間なのか?﹂あいつ等と同じ
なのか⋮⋮?
﹁わたいかぇ?﹂媚狐朗はさも愉快そうに答えた。
﹁わたいは、まったく違うぞえ。似ておるかも知れぬがの﹂艶やか
な髪に降りかかる小雪をはらりと払い、妖狐は続けた。
﹁奴等はわたいよりもずっと古い。齢数万年、いや、数億年かも知
れぬ。わたいと違い、奴等は他所で生まれた。もっと、知りたいか
ぇ?﹂
﹁他所ってどこだ⋮⋮?﹂
﹁さあて、そこまではわたいも知らぬぞぇ﹂
100
﹁隕石に乗って来たンだ⋮⋮﹂確信していた。
﹁さあてねぇ﹂媚狐朗は明言を避けた。
﹁俺は⋮⋮、奴等のなんなんだ。何故、俺は狙われる﹂
﹁それものぅ、知っておれば教えてやりたいが、わたいが生まれる
よりずっと前の、奴等との因縁じゃ。わたいは知らぬ﹂
﹁俺は、エレボス﹂
﹁それも、知らぬなぁ﹂わたいが知っておることはひとつだけ。
﹁汝にしかその太刀使えぬ。奴等を斬れるのは汝のみじゃ﹂ホンダ
の双眸がくわっと開かれた。
﹁いくら斬っても、奴等を倒せない。俺が殺しているのは人間だっ。
それでも、奴等を斬ることに、意味があるのか﹂
媚狐朗はあくまで冷淡に語る。
﹁奴等は、お前と戦っても負ける。必ず。故に姑息な手段を用いる
⋮⋮。わかろう? 奴等にとって一番の邪魔者なのじゃよ⋮⋮。戦
うても負けるゆえ、卑怯な手段で潰しにかかる。奴等の思惑通り、
ここで呆けておるかぇ? いずれにしても、今から来る者の相手を
せねばなるまいのぉ。お前にとっては最悪の相手ぞぇ﹂
何が来るンだ。
﹁奴等の仲間には違いないが、奴等とは、また、一風違った奴じゃ
⋮⋮。その太刀の天敵﹂
媚狐朗の最後の言葉が終わるより先に、目が覚めた。彼は雪の中
に横たわっていた。寝ている彼を見下ろす少年の姿が目に映った。
金色の髪の少年。一瞬、川野と見間違うが、もっと華奢で、中学
生くらい。
﹁エレボスにとどめをさせと言われて来たが、このザマか﹂
夢の続きのように聞こえたが、ホンダにも解っていた。目睫に迫
る危機が。こいつの名が喉まで出かかっている。姿を変えているが
こいつは⋮⋮こいつの名は。
﹁今の貴様を倒しても意味が無い﹂
﹁だったら⋮⋮﹂ホンダが、かすれた声で言った。
101
﹁だったら、失せろ﹂アスルー。そうだ。こいつはアスルー。
﹁我が名を思い出したか。エレボス。いかにも、我が名はアスルー。
だが、お前に教えてやろう。我を﹂我を思い出すが良い。金色の髪
に雪がのっている。
ホンダはよろめきながら立ちあがり、刀を探した。すぐそばに、
それは転がっていた。
﹁刀を使うな﹂少年が言った。
﹁使えば貴様を殺さねばならぬ﹂
﹁何故、刀を使えば俺を殺さなきゃイケナイ?﹂それはどういう意
味だ。
﹁されば、我も本来の姿で戦わねばならぬ故。いくら、ひよっこと
はいえ、貴様はエレボス。我も刀もて戦わねばならぬ。素手で勝負
は、我が情け。身をもって我を、そして自分を思い出すが良い﹂
素手で⋮⋮素手で勝負しろと? 腕にはからきし自信がない。今
まで、まがりなりにも奴等と戦ってこれたのは、刀のおかげだ。刀
の持つ妖力︵かどうかは知らないが︶奴等を前に畏れなく戦えたの
は刀の力だ。今の精神状態で、刀抜きで、こいつと戦えるのか?
風が吹いた。雪が舞いあがる。
ホンダは刀を拾い上げると、一振りした。どんっ、胆にこたえる
音を立て、雪は吹き飛び、コロシアムのように円形のくぼみができ
た。その中には、ホンダと少年。刀を雪につき立て、アスルーの方
を向いた。夕暮れの雪の中を、不気味な静けさが支配し、風に飛ば
され舞う雪が落陽を受けてきらきらと光った。
ドンッ。アスルーが動くと空気が鳴った。神速。次ぎの瞬間、顎
に食らった。立て続けにわき腹、テンプル。速すぎて見えないが、
全部パンチだ。フック。ことごとく食らう一方だった。みぞおち、
鼻っ柱に強烈な拳底を食らい、雪の中に吹っ飛ばされた。
速すぎる。鼻血が口元をぬるっと伝う。見えない。とても避けら
れない。人間の動きじゃない。否、違う。人間はあそこまで速く動
ける。奴はその能力を限界まで引き出しているだけだ。
102
素手で勝負とはそういう意味か。奴は俺と、人間として勝負しよ
うとしているんだ。悪魔らしくない野郎だ。
俺に見えるのか。奴のパンチが⋮⋮。見える。心の奥底が答えた。
理由はわからない。そして次ぎの瞬間、奇妙な感覚が彼を捉えた。
異様なタイム感。一秒間を百七十分割に感じた。彼自身の体も、そ
のタイム感のなかを自在に動けた。イケル。
反撃!!
空気を割って襲いかかった。正拳、逆突き、左中段蹴り、そのま
ま体を回転させ右の後ろまわし蹴り。正面を向くと腹部を狙った鉤
突きから、再び正拳の連打。アスルーはその攻撃のすべてを見事に
見切りブロックした。有効打は一発もない。ガードした手をばっと
開いて、ホンダの両手を弾き飛ばした。瞬間、ホンダがノーガード
になる。みぞおちに渾身の拳底。再びホンダは雪の中に倒れた。み
ぞおちを強打され息ができない。が、そこを狙ってくる様子はない。
待っている。ホンダを。
立て。無言のアスルー。
なるほど⋮⋮。ホンダは雪に埋もれたまま息を調えた。
スポーツマンか、テメェは。
ホンダは立ちあがると、遠い間合いから、跳躍し後ろまわし蹴り
をぶち込んだ。敵は腕をクロスさせガードした。が、ぐらついた。
着地で足を滑らせホンダは転んだ。跳ね起きて躍りかかる。右拳を
敵の顔面に叩き込もうとした。その直前、敵の顔が消えた。拳は宙
をきった。次の瞬間、敵の靴底が彼の顔面を強打した。鼻血が飛沫、
口の中が切れた。ぬるっとした血が口中にあふれた。ごぼっ、溜ま
った血を吐き出した。やられた。胴回し回転蹴りだ。前方に宙返り
しながら敵を撫で斬る蹴り技だ。まともに食らった。ことごとく、
上をいきやがる。駄目だ。勝負にならない。
ホンダは地にまみれた。口から伝い落ちる血が、冷たい雪を溶か
した。これまでだ。敵わない。殺すなら殺すが良い。そうだ、もう
俺には失うものも、護るべき者もいないンだ。
103
アスルーが見下ろす。憐れみの目を向ける。
﹁これまでか? 何故、自分の力量を自分で決める。お前の力はそ
こまでで、それを決めるのはお前なのか﹂
ホンダは片肘ついて身を起し、息を調えた。俺が決めている? 俺が自分の限界を、自ら決めているって。ふざけるな。化け物相手
にこれ以上何ができると言うンだ。いや。
再び、あの不思議なタイム感に自身の波長をあわせた。一秒間は
百七十の瞬間。そうだ。もっとやれる。彼は自分のダメージを冷静
にはかった。顔面を何度も打たれた。みぞおちも、強打された。瞬
間的なダメージは大きい。が、蓄積されたダメージはない。両手も、
両足も思うまま動く。打てるか? 百七十分の一のスピードのパン
チを。
彼は立ち上がった。敵を見据えた。百七十分の一である必要はな
い。
神速再び襲い来た。敵のパンチは百七十分の五。見切った。二発。
拳が空をきった。敵の体が泳いだ。わずかな軸のブレを見逃さなか
った。ボディに深々とアッパーカット。次の百七十分の一の瞬間、
足をふりあげた。敵の頭上高くに。
かかと落し。はじめてクリーンヒットした。距離を取り敵のダメ
ージをはかった。俺の力は奴に通用するのか。
炯眼鋭くアスルーが彼を見た。唇のはしに笑みが見える。
﹁認めてやる。貴様を。もう、手加減はしない﹂
104
召還
中国自動車道を、川野郁夫は歩いていた。深い雪を掻き分け、雪
の中にうずもれた車両を避けながら。眠らず歩くつもりだった。も
っとも意識は朦朧としていた。高速道路の街灯もない。真っ暗闇の
山の中だ。雪だけが仄白く、眼前どこまでも広がっていた。
9 召喚
車は九州自動車道を驀進している。車種はワールド・ラリー・レ
ースで常連優勝している車だ。路上の障害物を急ハンドルで華麗に
避け、時にドリフトしながらまっしぐらに北上していた。
ハンドルを握っているのはアイコだ。巧みなハンドリングとアク
セルワークで放置車両を右に左にかわし走る。多少、接触しても気
にすることはない。そしてまた、この状況下でも、その口が閉ざさ
れることはない。女が二人いておしゃべりしないということはあり
得ない。
ここに来るまでに、数々の仮説を立てた。エレボスのこと。奴ら
のこと。エト・エウトクタのこと。ラ・プティエリ・ア・ナネのこ
と。
アニナ自身の素性を彼女はまだ知らない。あえて聞かない。そこ
を除けば、意見はだいたいの一致をみた。
まず、エレボスだが、はじめは転生者、生まれ変わりか、といっ
たところから推論は始まった。が、DNA、つまり競走馬の理論を
アイコが持ち出し、それが一番道理にかなっているとアニナも認め
た。勿論、現時点で知りえる情報から判断して、である。
アイコが持ち出したのはこんな理屈だ。
例えば、Aというとても優れた馬がいたとする。が、その子供が
必ずしも優秀であるとは限らない。逆であるケースも多い。ところ
がである。何世代も交配を重ねるうちに、オリジナルのAとまった
105
くそっくりな、あるはそれを凌駕する名馬が誕生することがある。
これが競走馬の理論である。
つまり、現実にこの話を当てはめてみると、
﹁エト・エウトクタでさらわれた男女。その男の方。それがオリジ
ナルね。エト・エウトクタ後半でウイルオトスという機械だか装置
らしきものが登場するでしょ。おそらくその男はその装置で、自身
の体を魔物と一体化させた。恐ろしい能力を身につけ、それゆえ、
塔からの脱出に成功した。そのDNAが数世代毎に顕著に現れる。
見た目は人間。けれど中身は魔物とのあいの子。その内面に闇を秘
めている。混沌の子。魔術用語でエレボスと言えば、闇の人格名詞、
混沌の子、と言った解釈だけれども、ギリシャ神話でのエレボスは
闇の王、と呼ばれている。その原初のイメージは、宇宙開闢の混沌
から来ている。そう考えると、オリジナルの男がいったい何と同化
したのか? 一概には言い切れないわね。ただ単に魔物の能力を手
に入れた、だけじゃなさそう﹂
﹁要は、わたしの捜している男は、簡単なほうの解釈でデビルマン。
複雑なほうの解釈でそれ以上の存在、と言うことね⋮⋮﹂
﹁あら、デビルマン知ってるの﹂
﹁日本に来る前、日本のアニメを数本見たわ﹂
アニメじゃ駄目よ、デビルマンはコミックを見てよ、とアイコは
薦めた。付け加えて映画は絶対に見ないほうがいい、と言い切った。
ところどころ、話はそれながらも、解釈は続く。
﹁で、その血脈が現在のこの地球上に存在している、ということは、
間違いなくエト・エウトクタはエノク書の前編ね。エト・エウトク
タの世界の住人はこの地球上へ、降り立ったはず。思い出して。エ
ト・エウトクタの最後の一文。﹃そこで、彼らは船を見つけた﹄。
宇宙船と考えるのが馬鹿げているけど一番自然﹂
続くエノク書では、その彼らを、天界から降りてきた天使と捉え
ている。つまり、堕天使という概念である。そして、彼らは地上の
女達と交わったとあるが、事実だとしても、そうして生まれた巨人
106
族が神に滅ぼされた云々というくだりは、捏造と思われる。何らか
の理由で、生まれた子供達が殺された事件があったことは推測でき
るが、通常考えても人間は巨人を生めない。
﹁でしょ?﹂
﹁まあ、そうだけど⋮⋮﹂そんなに簡単に片付けていいのかしら。
﹁だったら、人類の始祖はサムヤサ達、ないし、彼らの影響を受け
たもの達、ということになるわ﹂
﹁そうね。なにか不都合でも?﹂
いえ⋮⋮。けれど引っかかる。両書のあまりにも大きな違いが。
﹁エノク書と比べて、エト・エウトクタは話がきれい過ぎるわ。思
わない。話ができすぎてる。創作の臭いを感じるンだけど⋮⋮気の
せいかしら﹂
アイコは大きく息をついた。確かにそれは彼女も感じるところ。
しかし。
﹁まず、二つの書物の性格を考えると、受ける印象の大きな違いに
も納得がいくわ。エノク書は紛れもなく宗教の書。神と人間の契約
の書よ。対してエト・エウトクタは太古の壮大な英雄伝。書かれた
時代も違うわ。エノク書は紀元前。紀元前の人間の価値観で書かれ
ている。エト・エウトクタは意外かもしれないけれど十六世紀半ば。
それ以前には断片すら、これに類似する書物はない。勿論、書いた
人間もわからない。おそらく﹃口承でごく限られた人々の間に細々
と伝えられてきた物語﹄、それが十六世紀に始めて書物となり人の
知るところとなった。そうとしか考えられないわ﹂
少なくとも、今現在彼女達が持ちえている情報から推理すれば、
これ以外の回答はない。
﹁ともかく。情報が少ないわね﹂とアニナ。
﹁情報が少ない以上、いくら議論しても結論は出ないわ﹂推測しか
出ない。
﹁そうでしょ﹂とアイコ。なにやら意味ありげに微笑んだ。
﹁わからないなら聞けばいいのよ﹂
107
アニナは嫌な予感がした。誰に? 聞くの。
108
召還2
雪のなかで目を覚ました。死んではいない。大の字で倒れている。
顔が赤黒く腫れている。触れてみる。手は動いた。触れると痛かっ
た。口の中が切れて、唇が乾いた血ではりついていた。開くとベリ
ッと音がした。息を吸い込む。冷たい空気が口中の傷に心地よかっ
た。雪をすくい、顔に押し当てた。
敵わなかった。まったく⋮⋮。
意識を失う前の、立ち去り際の奴のセリフを憶えている。
﹁強くなれ﹂俺は北西のドーム状の建造物にいる。
憐れむような目で、人を見ながら。
雪に突き立てた刀が目に入る。あの刀を使っても、多分負けた。
敵わないンだ。ふざけてやがる。刀で勝負すれば、命はなかった。
奴の言うとおり。
けれど、ひとつだけハッキリしている。俺は強くなれる。奴の言
うとおりなら、奴と互角に戦えるくらい。強くなれる。互角でも不
十分だ。圧倒しなければ、ならない。
戦いたい。もう一度。
その時、湧き上がるように噴出して、彼の心を支配した感情をど
う説明すればよいだろうか。強いて言うならば、冷たい闘志。
彼は立ち上がった。刀を手に取る。鞘へ収めた。
北西のドーム状の建造物、福岡ドームだ。それ以外考えようがな
い。彼は雪を掻き分け歩き始めた。
目的地は、もはや海峡ではない。目的も避難ではない。
両親の死、難民行、悪夢のように殺される人々、弟の被災、そし
てこの手で殺めた、すべてが彼を呑み込んでいた。怨念ではない。
研ぎ澄まされた冷たい魂。心の奥底まで冷えわたるような⋮⋮。人
間以外のモノに彼はなったのかも知れない。
それは、エレボス。
109
行く手は真っ暗だ。灯りひとつない。空にも星ひとつない。ただ
ただ、広がる暗闇。その闇の底が仄白い。
もう、何日歩いたのか記憶にない。何度夜が来て、何度朝が来た
か、朦朧とした意識で数えようとしても無駄だった。
すでに雪は姿を消していた。ただひたすらにまっすぐなアスファ
ルトの上を一歩一歩、歩いてゆく。一台の車もない。九州とはずい
ぶん様子が違う。
次のインターに着いたら、高速道路を降りてみよう。彼はそう思
っていた。まだ、被災地の中かもしれないが、どうでもいい。人は
いるだろう。まともな⋮⋮。
その時、前から道路公団の黄色いパトロールカーが走ってきた。
幻覚のように見えた。彼に気づき、スピードを上げ近づいて来てい
る。
やったぞ⋮⋮ちくしょうめ。⋮⋮俺は生きのびた。
川野郁夫は保護された。九州封鎖以来、初めての、そしてたった
一人の脱出者だった。
アイコは高速道路を降り、ホームセンターの駐車場に車を止めた。
ここはもう、被災地の中心部に近い。ルナティックの姿がまばらに
見える。北部九州では、寒波により数万人ないし数十万人の死者が
出たが、それは知る由もない。
二手に分かれて必要な物資をかき集めた。アニナはポリタンクを
五本トランクに押し込んだ。ここに来る前にトラックに会ったのだ。
ガソリン運搬用の。給油したことは言うまでもないが、ポリタンク
があればもっと恩恵に預かれた。今度、出会ったら、チャンスは逃
さない。
アイコがコンクリートの上に、黒スプレーで何か描いている。何
を描いているのかしら。アニナはルーフ越しに覗き込んだ。そこに
110
描かれているものはすぐにわかったが、あまり好ましいものではな
かった。
魔法円。
視線に気づいたアイコは、身を起こすと、スプレー缶をカチャカ
チャ鳴らし、にやりと笑った。
その足元には、大きな円。内側に奇妙な書体のアルファベット。
そしてまた円。中心には、数字の入った桝目。その数字は、縦横斜
め、どの方向に加算しても同じ数字になる。それがこれから呼ぶ悪
魔の数字。
﹁ショータイムよ﹂軽口を言う相手に、笑顔は出なかった。
﹁ちょっと、手を貸して。あそこで寝ているルナティックをここま
で担いで来るの﹂
﹁何故?﹂返答しだいでは断る。
﹁生贄じゃないわ。円の中に置いて憑依の対象にするの﹂
﹁⋮⋮そう﹂予想とは違ったが、あまり好ましい答えではなかった。
111
召還3
すでに日は暮れている。魔法円の横にオイル缶の焚き火が四つ。
アイコは火の中にマグネシュウムの粉を放り込んだ。閃光。
瞬きするアニナに、
﹁四つの星﹂意味ありげに微笑んだ。その手には、刀身にA・G・
L・Aと刻まれた短刀。左手にペンダントをジャラジャラ。
﹁これから呼ぶのは、オロバス。エト・エウトクタではオノボスと
記述されている悪魔。色々考えたンだけど、エト・エウトクタの記
述を信じるわ。そこには﹃中庸の道を行く者﹄とある。つまり、悪
魔にも人間にも味方しないってこと。じゃない? だったら、﹂
﹁わたし達にも味方してくれないわ﹂ポケットに手を突っ込んだま
まのアニナ。
﹁まあ、見ていて﹂含み笑いを残して、アイコは円に向き直った。
﹁Athah gabor leolam,Adonai﹂ヘブラ
イ語の呪文、召還の際、または祓う際、唱えられる決まり文句。だ
が、続く言葉はアニナの知らない言語だった。叩きつけるように唱
えたあと、語気鋭く、
﹁オロバス!!﹂その名を呼んだ。
アニナは訝しがった。オロバス? 魔術師にとって一番重要なこ
とは悪魔の名を知ることだ。極端に言えば、名前さえあっていれば
悪魔は召還できると言われている。勿論彼女は信じていないが。魔
法円や短剣は、己が身を護る為、悪魔をそこに閉じ込めておくため
のものに過ぎない。エト・エウトクタを信じるのならオノボスと呼
ぶべき。
アニナの戸惑いに薄笑いで答え、アイコは再びはじめの呪文から
唱え始めた。そしてその最後に、
﹁オノボス﹂今度はこう呼んだ。しかし、何事も起こらない。
それからあとは、その繰り返しだった。召還する悪魔の名を、微
112
妙に発音を変えて呼ぶ。
オウノボス、オロバイス、オノボイス、オノブス⋮⋮。
どう表記すればよいだろう。Onobouss、そう呼んだとき
だった。
重く立ち込めた曇天から、ゆっくりと一筋の雲が降りてきた。稲
光をまとい。
アイコは確信した。ビンゴ。
今の発音を繰り返す。オノボゥス。
真っ黒い雲の塊が稲光を発しながら、魔法円のうえをゆっくりと
まわっている。下に横たえられた男の体が、ゆっくりと持ち上がり
雲に吸い込まれていった。
﹁オノボゥス。偉大なる地獄の大公にしてソロモン七十二霊に名を
連ねる賢者よ。我は求め訴えり。我はいかなる契約にも応じぬ。そ
のうえで求める。オノボゥスよ。我が願い聞き届け、汝の偉大なる
知恵を我が前に示せ﹂アイコの言葉に呼応するように雲が切れた。
切れ間に馬の頭が見えた。しかし異様に血走った目をぎろりと剥き、
口からは瘴気吐き出している。一目で地獄の者であることが分かる。
アイコの瞳が喜びに輝く。出現したものの恐ろしさなど意に介さ
ぬ風。
だって、こんなの、初めてじゃない。
喜びに震える声を抑えながら、繰り返した。
﹁オノボゥスよ。我はいかなる契約にも応じぬ者なり。汝に命ずる。
その勇姿を我らが前に現せ。我が願い聞き届け、その深遠なる知恵
を我に示せ﹂
どう、ごぅふ、ごぅふ、ごぅふ、まるで地の底からわきいずる様
な悪魔の笑い声。
﹁我を呼びし、魔女は貴様か﹂心胆寒からしめる割れがねの様な悪
魔の声。
その時には、雲を切り裂き、悪魔がその全身を彼女らの前に現し
ていた。
113
馬の頭、長い首、その下は人に似た肌。逞しい胸板と太い腕。そ
して腹から下は再び獣の足、剛毛に覆われた。瘴気吐き出す口から
は牙がのぞく。鋭く尖っていて、黄色い。瘴気がまつげに刺さる。
冷気が頬を撫でる。
アニナは思わず、コートの下の銃に手を伸ばした。少しでも危険
が及ぶようなら撃つ。
﹁我を呼びし、魔女は貴様か﹂再び悪魔が問う。
﹁然り﹂凛と響き渡る声でアイコは答える。この恐ろしい姿を前に、
少しも臆するところがない。既に薄暗がり。陽は落ちた。
﹁再度断りおく。我はいかなる契約にも応じぬ﹂
﹁されば、語ることなどない﹂アイコの声を悪魔の言葉がさえぎる。
アイコは意味ありげに含み笑いをし、その手のペンダントの一つ
をかかげる。
﹁汝は答える﹂そのペンダントの石は、ポンティカ。悪魔に返答を
強要する力がある。術にかかったように悪魔が復唱する。
﹁我は答える﹂
そう。思った以上の効き目だわ。全ては彼女の思惑通りに進んで
いた。ここで主導権を握るのは、魔女。悪魔ではない。シノキティ
スのペンダントも併せてかかげる。
﹁汝に、問う﹂いよいよ交渉だ。
﹁地上にある全ての霊の名を教えよ﹂
ごぅ、ごぅ、ごっ、悪魔が哄笑する。
﹁汝、そを知りて、何をなすつもりか﹂
﹁試みる。交渉を﹂
﹁何を交渉する? 魔女よ﹂
﹁汝、知るところではない﹂
ごふっ、ごふっ、ごふっ、愉快そうに悪魔は笑った。
﹁よかろう。豪胆な魔女よ。貴様に免じて教えてやろう。今、地上
にある霊は、ブーネ、ビフロンス、セレ、バティン、アンドレアス、
ゴモリ、オッセ、ウラク⋮⋮﹂ソロモン七十二霊にある名が、続々
114
と出てくる。しかし意外と少ない。全部で十八霊。ただし正しい発
音ゲットだ。テープレコーダーは回してある。たとえ、回してなく
とも、アイコは全て暗記するつもりだった。全ての霊を思いのまま
召還できる。
だが、知りたい情報はそれだけではない。アイコはオノボゥスの
あげたリストにエリゴールが含まれていないことに気づいた。他に
も名前の出てこなかった霊はたくさんいるが、エリゴールは別だ。
﹁エリゴールはここに在らずか?﹂彼女の問いに、悪魔はあからさ
まな嫌悪の表情を浮かべた。
﹁エリゴールは我らの種族に在らず。我らの仇敵なり。汝、知らぬ
や﹂やっぱり。
﹁予想はしていた。礼を言うオノボゥス。今ひとつ聞きたい。我ら
はエレボスを捜している。汝、その所在を知っているか﹂
﹁知っておるが教えると思うか。何故我らが仇敵の邂逅に力を貸さ
ねばならぬ。道理はない﹂
アイコはポンティカをかざした。
﹁汝の知識は世界の隅々まで及んでいる。畏敬の念を持って請う。
エレボスはいずこ﹂
﹁北へ行け。もっと北だ。北の雪の中を流離っておる﹂
もう、そろそろ潮時だ。聞きたい事は山ほどあるが、自分の稚拙
な魔方陣ではもたない。あと一分もしないうちに、悪魔は黒字の封
ルナティック
印を破り、自分達に襲い掛かってくるだろう。せずとも、ちらほら
人影はある。悪魔はそれらを自分の軍団に変化させることもできる。
アイコは凛とした声で再び唱えた。
﹁Athah gabor leolam,Adonai もはや
我が望みは叶った。礼を言う。オノボゥスよ。汝のもといた場所へ
戻るがよい﹂
名前を得た。悪魔のリストを。ソロモン七十二霊のエリゴルがエ
ト・エウトクタのエリゴールであることもわかった。エレボスは北
だ。これ以上は望みようがない結果だ。
115
﹁Athah gabor leolam,Adonai 礼を言
う。オノボゥスよ。すみやかに立ち去れ﹂A・G・L・Aと刻まれ
た短刀を突きつけ、切っ先でペンタグラムを刻む。
オノボゥスは高らかに哄笑し、言った。
﹁我が望むまいと、貴様達のことは我が種族の知るところとなった。
エレボスを捜す魔女がいると﹂
どういうこと? 同一意識? 意識を共有しているのか。
﹁違うな。魔女よ。我は語らぬ。が、知りたいものは我が見たこと
を知る﹂
チンプンカンプン。
﹁既にセレが知った。覚悟はしておけ﹂ひときわ大きな笑い声を残
すと、悪魔は憑依を解き消えた。どさっとアスファルトに倒れる男。
意識はない。死んでいるかもしれない。何しろ悪魔に憑依されたの
だから。
暗闇に取り残された二人は、黙って顔を見合わせた。セレが知っ
たって⋮⋮。覚悟しておけって⋮⋮。どゆこと? アニナが静かに
口を開いた。
﹁翻訳してくれない﹂そうだ。悪魔は日本語でしゃべった。
116
召還4
﹁つまりこういうことかしら。奴らはローカルエリアネットワーク
でつながれたコンピュータみたいなもので、ひとつの単体が他の単
体のデータを任意に参照できる⋮⋮ってこと﹂
アニナが言った。だから、オノボゥスが仲間に語らずとも、既に
セレという悪魔が知ることとなった。そしてそれは時間とともに増
えるだろう。
﹁セレね。⋮⋮長髪のたくましい戦士で、好戦的でとっても残虐﹂
アイコがソロモン七十二霊からの知識を言った。﹁やっぱり私たち
を狙ってくるのかしら﹂
﹁と考えるのが自然ね﹂
アニナは車に戻りバッグからモスバーグを出した。
﹁あなたにこれを渡しておくわ﹂
﹁えっ、ちょっと何コレ? ショットガンじゃない!? どうして
こんな物⋮⋮﹂
手渡され驚くアイコに、アニナはコートの前をはだけて見せた。
腹にオートマティック、腰にサブマシンガン。
た、逮捕されるわよ⋮⋮いや、ってか、あんた何者?
﹁わたしはルーマニアのトランシルバニア山脈にある小国、シルバ
ニア公国の古い貴族の家柄の生まれ。わたしの家系は先祖代々、悪
魔崇拝者やバンパイアを始末してきた。わたしが日本に来たのはロ
ーマ法王の依頼よ﹂︵﹃イリア・サロニケ﹄エト・エウトクタ外伝
ご参照ください︶
シルバニア公国って、ちょっと聞いたことあるわ。何だったかし
ら。違う、アレはウサギの人形シリーズよ。それより悪魔崇拝者?
ってちょっと待ってよ。
﹁わたしは悪魔﹃崇拝者﹄じゃないわ﹂極めて近いとは言えるが。
117
﹁安心して。あなたを殺したりしないわ。一緒にいると助かるし﹂
殺されるとこだったの?
﹁てか、バンパイアっているの??﹂悪魔がいるこの状況で、それ
ほど驚くことでは無い。
﹁ええ。本来の意味でのバンパイアだけど。それは映画の吸血鬼な
んかじゃなくて、悪魔崇拝者の手により不当な方法で蘇った死者よ。
けっこういるわよ﹂ そう。やっぱり、ルーマニアってとんでもない所なんだわ。
﹁あら。日本にもいたわよ﹂
へっ? 相手の意外な言葉に驚いていると
﹁わたしが日本に来たのは実は二度目。三年前、渕上というバンパ
イアを追って日本に来たわ﹂と、さらに驚くことを言った。
いやなリピーターだわ。観光で来て頂戴。
尤も、それはいいとして、いくら銃を持っていても、
﹁奴らは弾を避けるわ。聞いているでしょう?﹂無駄よ。
アニナは薄く微笑んでこともなげに言った。
﹁大丈夫。弾を避けた先を狙うから。わたし、集中すると敵のコン
マ5秒後の動きが見えるの。だから敵が一発目をどう避けるかわか
っているから、そこを狙って二発めを撃つの。そしたら絶対当たる
わ。でしょ?﹂
驚いた。エスパー少女だ。一瞬後の未来が見えるなんて。
﹁瞬間的に見えるだけだけどね﹂
その能力は、彼女の家系に隔世遺伝のように現れるらしい。事実、
彼女の父親は普通の人間だったそうだ。
﹁それでも、家業は家業。父はバンパイアと戦って死んだわ﹂
どんなあいづちをうつのが適当なのだろう。
﹁わたしは幸運なのか不幸なのか、千年にひとりの逸材らしいわ。
父が言っていた・・・﹂
頼もしい限り、とは思わなかった。
彼女の正体はわかった。が、それは逆に新たな謎をもたらしてい
118
る。彼女は気付いていない。
何故、彼女の家系にはそんな能力者が存在するのか。そして、何
故、ア・ナネの夢を見るのか。エレボスに会えばどうなるというの
か。謎が鮮明になり答えを導きつつある。
そして﹁日子の瓊矛﹂。アレは彼女を待っていた。少なくとも千
年。いや、エト・エウトクタの時代から。何千年も。ア・ナネがア
ニナに⋮⋮託した。ほぼ、間違いない。
そして最大の謎。奴らは何処から来たのか。サムヤサたちは何処
から地球に降り立ったのか。エト・エウトクタの世界は何処なのか。
119
福岡ドーム
10 福岡ドーム
福岡ドームは眩い光で包まれている。ドームから放たれた光が漆
黒の闇のなかを射抜いている。ドーム内に強い光源があるのだ。そ
の光を直視することは出来ない。直視すれば目を焼かれてしまう。
既に何人もの自衛官が目を焼かれ視力を失った。
ドーム警戒には第八・第四師団があたったが既に壊滅状態にある。
生き残りは二十数名。雪のなかに取り残されている。
不思議なことに、光は熱を伴っていない。この光源であれば、絶
対温度十の二十乗K以上あることが予測される。が、周辺の雪が溶
けることはない。近づいた人間が焼け死ぬこともない。不思議な光。
しかし生き残った自衛官達にとって、その光は既に問題ではない。
寒さのほうが脅威だ。この雪で凍死した隊員数知れず。ほぼ全員が
精神崩壊の犠牲者だ。なんら身を護る手立てもせず、死んでいく。
生き残った隊員たちは一箇所に集まり、火を焚き暖をとり、次の瞬
間には己に訪れるかも知れぬ狂気の恐怖に怯えている。
﹁後藤隊士長、平山一等陸士被災しました﹂
部下の報告をうけ長は唇を噛んだ。被災したとはつまり精神崩壊
したということだ。
これで生き残りは十九名。いや、二十数名だが、今また一人、生
きる屍と化した。狭いテントのなかで絶望に囚われている。退却命
令など出てなくても、できるものならば退却したい。しかし身動き
が取れない。応援は来るのか。
何も期待できない。
一人の隊員が、雪の上を歩く少年に気付いた。金色の髪の少年。
積雪は一メートル強、その上を歩いている。仄白い闇の底を、光に
向かって。
﹁デモニアックだ﹂間違いない。
120
全員がライフルを構える。八九式小銃。セレクトレバーを﹁レ﹂
にあわせる。﹁レ﹂はフル・オート。連射。奴らが弾を避けること
は、数度に及ぶ経験からわかっている。それを踏まえて奴を捉える
には連射モードで一斉射撃、しかない。
﹁撃て﹂命令でいっせいに火を噴くアサルト・ライフル。弾幕。少
年には逃げ場がないように思われた。が、次の瞬間、全員が目を疑
った。
鋭く響き渡る甲高い金属音。その連続。少年は手のひらで銃弾を
受け止めた。そして目にもとまらぬ敏捷さで他の弾丸を避けた。5.
56mm弾は、少年の手のひらでぺしゃんこになっていた。弾を避
けながら少年はそれを投げ返した。一人の隊員のヘルメットを砕き、
額を陥没させた。ズン。少年の体が雪に沈んだ。
﹁撃ち方止めっ!!﹂倒したのか? いや、違う!! 雪のなかか
ら襲ってくる。構えろっ、隊士長が号令を出す前に、テント前の積
雪を破り少年が飛び出してきた。ライフルの銃身を押さえ、飛び上
がり回し蹴り。顎をぶち抜く。銃口を上げた隊員に中段後ろ蹴りで
踵を叩き込む。隊員たちは撃てない。同士討ちになる。少年の体が
躍る。顎を砕かれ頚椎を折られる隊員たち。
掌低であばらを砕き心臓を握りつぶし呟く。屈強な自衛官達に向
かい。
﹁エレボスに比すれば脆いな。お前達﹂
打ち下ろされた銃の台尻をとらえ、得物を奪って言う。
﹁それからコレ﹂八九式小銃を差し、
﹁面白い武器だが、エレボスの刃に比べれば生ぬるい﹂
ガチャン。地面に投げ捨てた。
再び、旋風のような蹴り技。ヘルメットを割り頭蓋を砕く。誰に
も止める術がない。一人残らず殺されるまで。
121
病院
11 広島市内の総合病院
川野少年は意識を取り戻した。横になったまま周りを見回す。清
潔なカーテン、白い壁、医療器具、そして自身の横たわっているベ
ッド。
助かったンだ⋮⋮。
カーテンが、白い壁が、彼を護ってくれている。護られているよ
うに感じる。例えようのない安堵感。ここは安全な場所だ⋮⋮。
看護婦の姿が見えた。聞いてみた。
﹁ここは?﹂
看護婦は笑みを浮かべ応じた。
﹁ここは集中治療室ですよ﹂
彼は起き上がろうとして、押しとどめられた。腕に点滴が、鼻に
酸素吸入のチューブが取り付けられている。
﹁まだ、無理ですよ﹂看護婦が優しく言い添える。
﹁俺、重病人?﹂冗談交じりに聞いてみる。
﹁まだ体力が戻っていないンですよ。衰弱がひどかったですから⋮
⋮﹂
なるほど。
﹁ここは?﹂再び同じ質問をした。ここは、山口? それとも広島?
﹁広島市ですよ﹂
それを聞いて再び安堵した。九州から少しだが離れている。
﹁ここに居てもいいのか?﹂
﹁勿論ですよ﹂
いいとは言われたが病院だ。金はかかるだろう。保険を使っても
集中治療室の相場は一泊約3万円∼。
﹁俺、何日寝てた?﹂
﹁三日ですよ﹂
122
げ、もう十万。どうやってバックレよう。
﹁まだまだあと一週間はゆっくりしないと﹂
げ、一週間だと!?
﹁普通病棟に移りたいンだけど﹂
そう言うと看護婦の笑顔が少し曇った。
﹁回復すれば警察の事情聴取が待っています。あなたはデモニアッ
クの嫌疑をかけられているの。普通病棟に移れば留置所か、特例で、
医療刑務所で経過を見ながら尋問⋮⋮ということになるらしいわ﹂
﹁わぃゃ﹂思わず方言が出た。
123
合流
12 合流
青年は十九歳になる。三年前に比べると大人の顔になった。眼は
鷹の眼、鼻筋高く、一文字の口を持つ。日蓮宗系の異端の寺で修行
をしている僧侶である。それ以前は修験道を修めていた。たった今、
下山して僧衣を脱いだばかり。蓬髪を束ね、Tシャツに袖を通しフ
ライトジャケットをはおる。
身支度が出来ると自分の部屋を出て階下へ降りた。
﹁九州へ行ってくる﹂父に告げた。
﹁そうか⋮⋮﹂酒の用意をしていた父は顔を曇らせそう言っただけ。
何故お前が行かなければならん。言いたいことは山ほどあるが、﹁
生きて戻ってこいよ﹂とだけ言った。
﹁勿論だ﹂彼の母親は既に他界している。別れを言うべき人間は父
一人だけ。
玄関を出た。
自分の車、七〇系の白いランドクルーザーに乗り込む。ハンドル
を握り向かった先はネット喫茶。
﹃エレボス﹄をキーワードに検索する。一万件以上のヒットがあ
った。ひとつずつ丁寧に見ていく。内容は大体共通している。
エレボスと呼ばれる少年が九州にいる。彼は悪魔を斬り殺すこと
が出来る。その刀を振るうと爆音轟き竜巻がおきる。コンクリート
が、その太刀筋に沿い、割れ舞い上がる。
その少年についての様々な噂や憶測で、掲示板は溢れている。ネ
ットはエレボスの不確かな情報で澎湃としている。
魔術用語的に、エレボスは﹃混沌の子﹄であり﹃闇の人格化﹄し
たものである。ギリシャ神話では、宇宙原初の混沌を神格化したも
のであり、地下の暗黒の神でもある。
面白い記事もあった。噂の域を過ぎないが、山口と広島の県境で
124
九州脱出者が保護されたらしい。海峡封鎖後たった一人の脱出者だ。
エレボスと行動をともにしていたともっぱらの噂だ。
ひとつの掲示板のスレに目がとまった。スレタイトルは﹃エレボ
スを助けて﹄。その内容は、こんな書き込みだった。
わたしのいとこがエレボスです。本人から電話でそう呼ばれてい
ることを聞きました。それから悪魔に狙われているということも。
どうか、お願いです。わたしと九州へ行って彼を助けてください。
その青年、野原祐二は携帯を取り出し、簡単に作成できる携帯用
ホームページを作り、再びパソコンに向かった。
﹃俺はBIS。一緒に行ってやる。連絡方法は下記のURLを開き、
そこにあるホムペから管理人宛にメールを送れ。俺のホムペだ。そ
の後折り返し連絡する﹄
125
合流2
一刻も早く北へ向かうべきか、それとも今しばらくこの近辺にと
どまり捜索を行うべきか、アイコとアニナのふたりは迷っていた。
微かに聞こえるラジオでは北部九州が大雪だと言っていた。おそ
らく、その雪の中の何処かにエレボスはいる。しかし一方、ここは
災禍の中心地である。オル・ヴァブはこの付近にいるはず。ただ、
﹁オル・ヴァブを見つけられたとしても、何ができるの?﹂
﹁確かにその通りだけど﹂たとえ倒したとしても他のルナティック
に憑依する。銃で倒せるのかどうかもわからない。
﹁じゃあ、北へ行く?﹂
うーん。ふたりは黙り込んだ。たとえ倒せないにしても、オル・
ヴァブに対して何らかのアクションを取るべきではないのか。この
災禍の元凶だ。みすみす通り過ぎるのは間違っている気がする。だ
が、いったい何ができる。結論は出ない。
一夜明けた、きのうと同じホームセンターの駐車場だ。天候は曇
り。曇天一面に広がっている。静穏、風はない。
駐車場にルナティックの姿が多い。昨日より増えている。が、ふ
たりは気付いていない。低い空に稲光。ゴロゴロと音をたて、徐々
に近づいてくる。
﹁出来るかどうかわからないけど、召還⋮⋮してみようかしら。オ
ル・ヴァブ﹂アイコがそう言った時だった。
突然の大音響。雷の直撃のような、ミサイルの着弾のような、凄
まじい爆音にふたりは縮み上がった。
目をやれば、真紅の大火球が地にある。真っ赤に燃える火の玉。
それが音をたて落ちたのだ。天から。
﹁なに!?﹂両手でスプリングフィールドXDを抜きアニナ。アイ
コは一言も口をきけず固まっている。ホームセンターのパーキング
の半分を埋め尽くしている巨大な火球。それがふたりの見ている前
126
で収縮し炎の竜巻へと姿を変えた。その中に人に似た姿が見え隠れ
する。やがて、炎の竜巻は散った。なかから現れたのは、十四枚の
翼を持つ長髪の騎士。きらめく鎧をまとい、巨大な剣を携え不敵な
笑みを浮かべている。炎の形に似た煌めく剣。
﹁ねぇ。もしかしてこれが⋮⋮﹂アニナの問いに、
﹁セレ⋮⋮﹂ようやく口のきけるようになったアイコ。いくら相手
が悪魔でも、言いたいことは言いたい。なんて派手な登場なの。
﹁これは怪異。エレボスを捜す魔女ありと聞いたが、あの男の血を
引く者がいるとは﹂
誰のことを言ってるの? 顔を見合わせる二人。
﹁だがまだ牙も使えぬようだ。今のうちに殺しておこう﹂
牙? 何のことなの?
﹁ねぇ⋮⋮﹂アニナがアイコに聞いた。
﹁撃ってもいいのかしら?﹂
﹁た、多分⋮⋮﹂
﹁あなたの石は使えないの?﹂
﹁魔方陣の外にいる悪魔は調伏できないわ⋮⋮でも、ちょっと話し
かけてみようかしら﹂
﹁え!?﹂まじまじとアイコの顔を見るアニナ。けれどアイコは至
極真面目な表情。悪魔に向かって一歩進み出た。
﹁その翼、その髪、美しきその太刀、汝、⋮⋮セレか?﹂英語で問
いかけた。すると敵は英語で返した。
﹁然り。我が名を知るとは貴様が魔女か﹂翻訳の手間が省ける。
﹁汝に問う。牙とは何のことであるか?﹂
蔑みの表情を浮かべ悪魔は答える。
﹁お前が持っている。だが宝の持ち腐れだ﹂アニナに言った。
﹁今ひとつ問う。あの男とは? 誰が誰の血を引いている?﹂
﹁それを知ってどうする。死ぬ身なれば知っても仕方ないこと﹂
嘲りの笑みとともに、その手の太刀をかかげ言った。
﹁だが、我が太刀を汚すまでもあるまい﹂
127
太刀を振るった。周囲にいたルナティックの姿が変わった。ジャ
ッカルの頭、人の体、獣の足。
﹁死ね﹂冷たく呟くと再び爆音とともに赤い大火球に包まれ、炎と
ともに消えた。軍勢を残し。
アイコとアニナは顔を見合わせた。周囲には犬の頭の怪人が数十
体。悪魔はアニナが牙を持っていると言った。だが、そんなことは
後回しだ。どうやってこの場を切り抜ける?
アニナは思った。こいつらは弾を避けるらしい。けれどそれは今
まで相手にしてきたバンパイアも同じ。自分には弾を避ける敵のア
クションが見える。避けた先を狙って撃ってやる。
﹁離れないで﹂アイコに言った。頬が染まり、目がつりあがる。
こんな世界の果ての国の何処とも知れぬ片田舎で⋮⋮。母国語で
呟いた。
処女のまま死んでたまるかっ。吐き捨てた。
撃った。両腕を交差させ狙い定めて。ほとんど同時に発射された
二発の銃弾の一発目を獣が避け、その避けた頭に二発目が命中した。
もんどりうって倒れる獣。倒れたときには人間の姿に戻っていた。
襲い掛かってくる獣を立て続けに撃つ。面白いように命中した。次
々と地に転がる獣。
﹁凄い⋮⋮﹂アイコは感心した。しかし感心してばかりもいられな
い。自分も何かしなきゃ。
渡されていたショットガンを撃った。銃を撃つのははじめてでは
ない。アメリカで何度かピストルを撃った。しかし反動はその比で
はない。めげじと立て続けに撃ったが、いっこうに当たらない。
﹁駄目だわ﹂
﹁そのまま撃ち続けて。こっちに余裕があるときはわたしが拾うわ﹂
アニナの言葉に、要領を得ないままもショットガンを放つアイコ。
アイコの銃弾を避けた獣の頭にアニナの放った銃弾が命中した。
なるほど。そういうことか。アニナが横目で小さく笑みを見せた。
余裕があるなぁ。この状況で。アイコは感心すると同時に少し落
128
ち着いた。落ち着いてみれば、自分がどれほどパニくっていたかわ
かった。
しかし冷静に見ても獣の数が多い。徐々に間合いを詰められてい
る。躍りかかってきた敵の顎を蹴り上げて銃弾叩き込むアニナ。既
にスプリングフィールドXDは空だ。ステアーTMPに持ち替えて
いる。二体の獣の下をかいくぐりながら上にめくら撃ち。弾は喉か
ら入って頭蓋を砕いて抜けた。周囲に転がる人間の亡骸。踏み越え
ながら四方の獣を撃ち続ける。
今ならいけそうだ。アイコは咄嗟に思った。
車を取りにいける。彼女と車の間に獣はいない。駆け出した。一
匹の獣が横から襲いかかってきた。鋭い牙を避け地面に転がる。転
がりながら銃口を敵に押し当て撃った。倒れた獣の下敷きになった。
いや、もう既に人間の姿だ。半狂乱になって死体を押しどけ跳ね上
がると、ようやく車の中に飛び込んだ。差しっぱなしのキーをまわ
す。エンジンがかかった。焦っている。ギアをローに入れるとエン
ストした。唇を噛み、再び試みる。今度は大丈夫だ。彼女はアニナ
の姿を捜した。獣がかたまっている。あそこか。手遅れなの?
かたまっている獣の合間をすり抜けるようにしてアニナが姿をあ
らわした。勿論、その引き金は引きっぱなし。TMPは火を噴きっ
放し。
アイコはアクセルを思い切り踏み込み、獣の群れに突っ込んだ。
人を轢くのはこんな感触なのかと思った。八匹くらいぶち当てた。
けれど車に撥ねられるくらいでは致命傷とならないらしい。ボンネ
ットの上にのぼってきた。振り落とそうとノーズを左右に振った。
倒れている人間に乗り上げた。車は四駆だ。難なく乗り越えたが、
嫌な感触がボディ下から伝わってくる。ボンネットの獣、ドアに張
り付いている獣、撃ち倒して、アニナが躍りこむように乗り込んだ。
﹁オーケィ、ゴー﹂とだけ言った。アイコはアクセルをめいっぱい
踏み込んだ。
129
130
合流3
ミキは、とりあえず一番いいワンピースを着て、待ち合わせ場所
へ向かった。何故一番いいワンピースを選んだのかは、自分でもわ
からない。十分も早く待ち合わせ場所に着いた。沢山の人がまわり
にいる。そこは待ち合わせ場所のメッカのひとつ。こんな状況下で
も、いや、だからこそかもしれない。人々は恋人と待ち合わせ、大
切な時間を過ごす。
彼は自分に気付いてくれるだろうか。彼とはBISと名乗る男。
アメコミのスパイダーマンのレア本を持って現れると言っていた。
そんなもの持ち歩く人はいないだろうから、すぐわかるはず。自分
のことは、ワンピースの上に革ジャンをはおっていくと伝えてある。
一人の男が現れてすぐにわかった。手にはスパイダーマンのコミ
ック。八十年代ならこんな格好の男がゴロゴロいただろうか。オリ
ーブ色のMA−1、白いTシャツにジーンズ。ごついブーツを履い
ている。茶髪の長い髪を後ろで束ねている。鋭い眉に鷹に似た眼。
風貌精悍。背は高く、鍛え抜かれた逞しい体がTシャツの上からで
もわかる。
﹁あなたがBIS?﹂
﹁俺の名は野原祐二、エクソシスト︵悪魔祓い師︶だ。これを渡し
ておく。貴橄欖石という石を埋めこんだペンダントだ。悪魔の狂気
を防いでくれる。これで精神崩壊からは身を護れる。俺は﹃死者の
石﹄というのを持っている。同じような効果があるものだ。それか
ら、その革ジャンはいいが、ワンピースは着替えて来い。靴も丈夫
なブーツか動きやすいスニーカーに履き替えろ。俺は修験道で一年、
日蓮宗系の変わり者の和尚のしたで二年修業した。俺の法力が悪魔
に通じるかどうかわからないが、一緒に九州へ行こう。﹂
﹁あ⋮⋮ありがと⋮⋮﹂圧倒された。
﹁広島市内の総合病院に、川野郁夫という少年が保護されている。
131
彼に同行してもらう。君のいとこ﹃エレボス﹄と一緒にいたらしい﹂
﹁そ、その人も一緒に行ってくれるの?﹂
BISこと野原祐二はにやりと笑って言った。
﹁連絡など取れるわけがない。病院に忍び込みさらって行く。勿論、
本人の意思を尊重するが﹂
﹁とりあえず、銃が効くことがわかっただけでも収穫だわ﹂オート
マティックに弾倉を装填しながらアニナ。
疾走する車の中。既に獣はふりきった。
﹁バンパイアでさえ銃弾の効かない奴がいる。悪魔だからさらに上
を行くかと思っていたけれど⋮⋮﹂
﹁兵隊だったから、かも知れない。結論を出すには早計よ﹂ようや
く冷静になったアイコ。
﹁かもね。⋮⋮だとしたらわたし達にはお手上げよ。はやくエレボ
スを見つけて助けてもらわなきゃ﹂冗談めいた口調でアニナが言い、
﹁初戦は敗退だったわ﹂と肩をすくめた。
アイコは至極真面目な口調で前方を睨み、
﹁セレは、あなたが牙を持っていると言っていた﹂と言った。
それを聞いてアニナも口ごもる。
﹁抽象的な意味でかしら?﹂思い当たるものはまったくないのだ。
﹁とにかく、やるわ。わたし、もう決めたの﹂断固とした口調でア
イコが言った。
﹁オル・ヴァブを召還するわ﹂
え!! オル・ヴァブを召還するの!? 本気?
﹁このステージにおいてのみ、わたし達は悪魔より優位に立てる。
そうでない場合は追い立てられ殺される対象に過ぎない。だから、
先手を打ってできるだけ情報を集めておくの。それも大ボスのね。
言っとくけど、これも賭けよ﹂
賭け、と言った意味は、大ボスをうまくコントロールできるかど
うか、といったところだろうか。
132
﹁この辺が丁度良さそう﹂アイコは車を停めた。
そこはどう見ても低所得者向けの老朽化した住宅地。平屋の長屋
が軒を連ねている。家屋と家屋の間に広いスペースがあり寂しい公
園がある。その公園の真ん中にアイコはスプレー缶で円を書いた。
﹁オル・ヴァブを呼ぶ召還円を知らないから、凡庸な円を書くわ。
つづりはOll・Babuuでいいはず。だけど、記号と数字がわ
からない﹂
アイコは魔法円の中心にペンタグラム五芒星を書き込み、円の内
側に独特の書体で悪魔の名を書いた。
﹁強みは正しい発音だけはわかっていることかしら﹂それはオノボ
ゥスから得ている。オル・ヴァブ。ヴァブの前に小さくゼ音かズ音
が入る。オル・ズヴァブ。オル・ゼヴァブ。名前があっていれば悪
魔は現れるはず。後はこの魔法円が悪魔を有効に封じることを祈る
だけだ。
うつろな目をしたルナティックを一人連れてきて円の中に立たせ
た。
﹁Athah gabor leolam,Adonai﹂
呪文に続け、
﹁オル・ゼヴァブ﹂名前を叫んだ。
一発目から反応があった。召還円の中を小さな黒い飛行体がブン
ブン渦巻いて飛んでいる。
﹁オル・ゼヴァブ﹂再び叫んだ。飛行体の数が増えた。よく見れば
それは太った蝿だ。普通の蝿の二倍くらいある。召還円から出るこ
とはない。召還円の中をぐるぐる回って飛んでいる。
﹁オル・ゼヴァブ﹂次の瞬間、大地が揺れた。
召還円の中に巨大な真っ黒い物体がある。いや、違う。黒いのは
全て蝿だ。もぞもぞ動き回っている。物体が身動きした。とたん、
いっせいに蝿は飛び立ち、円の中ぐるぐる渦を巻いて飛びはじめた。
蝿が邪魔でその者の姿がよく見えない。身長は二メートルくらい。
でっぷり太っていて極端に短い足。さらに目を凝らしてみれば、皮
133
膚の下は無数の何かが蠢いている。その何か。すぐにわかった。熟
れたいちぢくのように破れた皮膚から、蛆が大量にこぼれているの
だ。頭の一部が欠損し中の脳とのたうつウジが見える。鼻と口から
もウジがこぼれている。灰色の巨大な眼球の奥にも蠢く蛆がのぞく。
﹁汝、オル・ゼヴァブか?﹂
巨人は質問には答えず逆に問うた。
﹁我を呼びし魔女は貴様か﹂
﹁然り。我はいかなる契約にも応じぬものなり。いかなる代償も払
うつもりはない。そのうえで汝に聞きたいことあり。我が求めに応
じ問いに答えよ﹂
がごぅ、ごふ、ごふ。腹を揺らして悪魔は嘲笑った。
﹁我に聞きたいことがあるとはこれは笑殺なり。我に何を聞く﹂
聞くだけ無駄だといいたいのか? 戸惑う。この悪魔のこの対応
はどう判断してよいかわからない。威圧感がないのだ。これまで見
てきた悪魔に比べ。勿論、誠実さなど感じないが。どこか超然とし
ている。地上にこれほどの災禍をもたらした者だというのに、面と
向かえば︵気持ち悪さはともかく︶害意を感じない。
﹁まず汝に問う。セレの言う牙とは何のことであるか﹂
答えが得られるとは思っていなかった。が、次の瞬間、悪魔は思
いもよらぬ秘密を明かした。
﹁セレが何を言ったか知らぬが、我らにとって牙といえばサムヤサ
の牙だ﹂
﹁サムヤサの牙っ!?﹂
ごぅ、ごふ、ごふ。笑い言った。﹁汝知らぬとみえる﹂
牙!? アニナは閃いた。もしや。あの彫刻には牙がついていた。
まさかアレがサムヤサのモノだったの?? でも小さすぎる。だけ
ど。アニナはカバンの中から﹃日子の瓊矛﹄を持ち出した。アイコ
に目配せする。アイコも彼女の推測に吃驚している。が、悪魔との
交渉中に動揺は表せない。
﹁サムヤサの牙とはアレであるか?﹂日子の瓊矛を差し聞いた。
134
﹁然り﹂そう言ってまた笑った。
﹁どうやれば使えるのだ?﹂
さらに笑い言った。
﹁持ち主ですらわからぬものを、何故俺が知りえようか﹂
使い方はわからない。だが、この瞬間より以降、アイコはアニナ
=サムヤサだと固く信じるようになる。エレボスがそうであるよう
に。アニナはサムヤサのコピーに近い存在。だから、その娘である
ラ・プティエリ・ア・ナネが夢に現れる。
﹁汝の災禍で地上は荒れ、人は少なくなった。汝この地球全てに災
いをもたらすつもりか﹂
﹁違うな。魔女よ。人間がいなくなってしまえば困るのは我らだ。
ゆえに我が災禍はあと四十八日の間続き、それ以降、わたしは眠る
こととなる﹂
﹁四十八日⋮⋮﹂
灰色のぎょろ目を動かし悪魔は続けた。
﹁だが、バティンらに気をつけろ。奴らが画策していることは宇宙
を覆す災いだ。奴らの技に比すれば我が災禍など甘いものだ。気を
つけろ。バティンが封印を解こうとしている。おそらくアスルーが
護っている﹂
しばらく押し黙ったままのアイコ。頭の中で様々な符号がはまっ
たり外れたりを繰り返していて、言葉が出てこない。
﹁何故そこまで教えてくれるの﹂混乱させるための嘘の場合もある。
﹁我は孤独の王。バティンらの小賢しい遊戯に付き合う気はない﹂
そう。そうね。あなたは孤独の王にして、⋮⋮蝿の王。
﹁聞きたいことは済んだか? 魔女よ﹂
灰色の濁った目でアイコを見る悪魔。
アイコは大きくうなずき礼を言った。
﹁充分である。礼を言う。オル・ゼヴァブ。もはや我が望みは叶っ
た。元いた場所へ戻るがよい。Athah gabor leol
am,Adonai﹂
135
悪魔が蛆だらけの口でにやりと笑った。
﹁我は孤独の王だ。我が則に従い我は生きる。千年に一度蘇り。そ
れもあと四十八日となった。魔女よ。我を恨み恐れるか﹂
﹁いいえ。礼を言うわ。もっと深刻な脅威が迫ってきていることを
教えてくれて﹂
悪魔は地を揺るがし笑い、ゆっくりと大地の中へ堕ちていった。
不思議なことに描いていた魔法円が消え、奈落の底のような穴が口
をあけている。
完全に姿が消えると公園は元に戻った。地面に書いた魔法円も。
﹁礼を言う。蝿の王、⋮⋮ベルゼブブ﹂アイコは小さな声で呟いた。
136
合流4
ミキはカーキ色の厚手の面素材のカッターシャツを着た。そして
少し緩めのジーンズをはき、革ジャンをはおった。貰った貴橄欖石
のペンダントをシャツの内側にかけた。
置手紙を残すか、随分悩み、何も残さず部屋を出た。﹃九州へ行
く﹄などと残して行けば、大阪あたりで警察に保護されそうだ。
玄関を出ようとしたとき、奥から母親が
﹁こんな時間に何処に行くの?﹂と声をかけた。
﹁ジュースを買いに行く﹂と言って出た。それが最後の会話。
マンションの外に出た彼女は、ふりかえり自分の家を見上げた。
もう、帰ってこられないかもしれない。⋮⋮だけど、後悔しない。
待っていた車に乗り込んだ。白いランドクルーザー七〇。
雪解けの街。どこもかしこも濡れている。動くものは何も無い。
ひとりの少年以外。
その少年はエレボスと呼ばれている。狼の目を持つ少年。自分が
日本中で噂になっていることなど知らない。日本ばかりでなく韓国
でも。しかし、知ったところで気にもとめないだろう。
眸に強い光が宿っている。炯眼鋭く、ただ前を見据え歩を進める。
ぬかるむ足元も気にせず。あれから、三体のデモニアックと遭遇し
た。ウラク、サバック、ビフロンス。ウラクとは二度目である。ル
ナティックは雪の下だ。悪魔は軍勢を呼べなかった。いずれも一撃
で粉砕した。容易かった。しかし、憎むべきバティンとはいまだ会
いまみえず、また、宿敵アスルーとも然り。
まったく音のない街。溶けた雪のなかから大量に現れたものがあ
る。凍死者である。何百人もいる。北部九州全土では何十万という
数字になるのだろう。
今、その一人が微かに動いたような気がして、彼は歩を止めた。
137
しかし、何事も起こらない。ただ、座り込んだ姿勢の自身の重みで
動いただけだ。気にせず再び歩き始める。だが、感じている。尋常
でない殺気を。
やがて、前方に、紫色に顔を腫らした凍死者が立ち上がり歩いて
くるさまを見て、彼は刀を抜いた。
﹁古代シリアで蝿の神が崇拝されていた。多分、オル・ゼヴァブ。
人々はその災いを忘れず畏れ生贄をささげていた。時が経ち中世に
なって、蝿の神はベルゼブブという名を与えられた。すごいわ。ベ
ルゼブブは実在の悪魔だった﹂疾走する車の中、ハンドルを握りな
がらひとりで悦に入っているアイコ。
﹁けれどこの災いは、あと四十八日で終わる。それよりもっと恐ろ
しい災いを﹃バティンらが画策している﹄。何かをバティンが中心
になってやろうとしている。本当の脅威。それが﹃眩く輝くもの﹄。
オル・ゼヴァブの話とエト・エウトクタの内容が一致しているの。
思い出して。エト・エウトクタのリストでバティンは﹃眩く輝くも
のの創造に携わった﹄とあるわ。そしてその﹃眩く輝くもの﹄はラ・
プティエリ・ア・ナネによって封印された、とある。そして、オル・
ゼヴァブは、その﹃封印をバティンが解こうとしている﹄と言った。
その災いは﹃宇宙を覆すもの﹄。いったい、何がどうなるのかはさ
っぱりだけど、それを護っているのがアスルー。ここも共通してい
るの。﹃アスルーが護っている﹄とオル・ゼヴァブは言った。エト・
エウトクタでアスルーは﹃眩く輝くものを守護する﹄とある。そし
てアスルーはエレボスにしか倒せない。どう? つながったわ。だ
から、ラ・プティエリ・ア・ナネはあなたの夢の中でエレボスを捜
せと言ったの。違う?﹂アイコは饒舌だ。
﹁アスルーをエレボスに倒してもらい、バティンがやろうとしてい
ることを止めなければならない﹂
アニナは無言だ。自説をさらに展開するアイコ。
﹁間違いなく、あなたはサムヤサの血を引いている。サムヤサイコ
138
ールないしそれ以上の存在、ということよ﹂反論を許さない口調で、
アイコは言った。
﹁わたしは、そんな大それた者じゃない﹂助手席で、日本のガイド
ブックを開きながらアニナ。いとも容易く反論した。
﹁じゃあ何故ラ・プティエリ・ア・ナネの夢を見るの? あなたが
その血脈だからよ。違う?﹂
﹁わからない﹂肩をすくめて答えるアニナ。
﹁オノボゥスは言ったわ。憶えてる? エレボスは何処か聞いたと
き。﹃何故、我らが仇敵の邂逅に手を貸さねばならぬ﹄。仇敵の邂
逅よ。邂逅とは少なくとも古い知り合いが再び出会うことよ。彼ら
の仇敵、つまりサムヤサとエレボス⋮⋮﹂
肩をすくめるばかりのアニナ。
﹁日子の瓊矛はどう? あなたなら使えるはず﹂
﹁もっとお手上げ。何をどうすれば﹃使える﹄のかさっぱりわから
ない﹂
﹁使おうとしてみたこともないでしょ﹂
アニナは少しムッとしてオートマティックを抜いた。
﹁こっちのほうがよっぽど確実。何をどうすればどうなるかわかり
きってるから﹂
﹁現実主義もいいけれど、この先生き残りたいでしょ。それには、
あなたが日子の瓊矛を使えるかどうかが重要な鍵かもしれないんだ
から。勿論エレボスが見つかるかどうかも﹂
車は北へ向かっている。
139
合流5
﹁﹃九字﹄を使えるようになるには、まず、﹃心﹄と﹃言葉﹄を切
り離さなければならない。根源を異にする別のものとして﹂
西へ下る車内で、祐二はミキに法力の説明をしている。
﹁もともとまったく何も無い状態で生まれてくるのに、いつの間に
か﹃言葉﹄は﹃心﹄の全てとなっている。試しに、心の中に﹃あ﹄
の字も浮かべないでいられるか、やってみてごらん﹂
そう言われて、素直に試みるミキ。あの字も浮かべなければいい
んだわ、あ、駄目。﹃あの字も浮かべなければいい﹄と考えている。
駄目だわ、あ、﹃駄目だ﹄と考えている。ぼうっとすればいいのか
しら。駄目だわ。絶対何か考えてしまう⋮⋮。
笑みを浮かべ祐二は言った。
﹁無理だろ? これが出来れば仏陀になれる。そういうものだ。釈
迦の瞑想法は、何も考えない代わりに﹃マントラ︵呪文︶﹄を唱え
させる。取りとめもなく考えているよりマシだからだ。南無阿弥陀
仏でも南無妙法蓮華経でもオームナーマシバーヤでもガティガティ
パーラガティパーラソゥガーティボディスヴァーハでもなんでもい
いから、心の中をその言葉だけにしてしまうンだ。それが出来るよ
うになれば、一段階上の、呼吸に意識を集中させる瞑想法へ移行す
る。自分の体が呼吸している様をただじっと観察するンだ。話がそ
れたね。これらは仏陀になるための瞑想法だ。悟りを得るための瞑
想。﹃九字﹄を切って悪魔と対峙するために、僕がはじめにやった
のはジベリッシュという瞑想法だ。これは簡単。自分の中にある感
情やたまっている物全てを、﹃自分が知らない言葉﹄で吐き出すン
だ。例えば、僕はフランス語を知らないけど、耳にしたことはある。
で、全然フランス語になってなくていいから、フランス語のつもり
で喋りまくる。﹃でたらめな言葉﹄で自分のなかにあるもの全てを
吐き出す。約二十分間。これが、心と、言葉を、ぐちゃぐちゃに乖
140
離させてくれる。これまで単一だった心の言語を粉砕してくれる。
心はすぐに言葉に頼ろうとする、それにストップをかける。約二十
分間喋りまくった後は、床にうつぶせ、大地に溶け込むイメージで
穏やかに呼吸に集中する。これが、ヒーリング効果が高い。この瞑
想法は心と言葉を切り離すだけじゃなくて、浄化作用も高いンだ。
これがはじめの一歩。その後、もっと高度でデリケートな瞑想法を
いくつかクリアして、﹃言葉のない心﹄を得ることが出来る。そう
してはじめて﹃九字﹄を習得する準備が出来るンだ。いったん﹃言
葉を失った心﹄に九つの文字を刻み込む。それが﹃臨﹄﹃兵﹄﹃闘﹄
﹃者﹄﹃皆﹄﹃陳﹄﹃列﹄﹃在﹄﹃前﹄。これが悪魔から術者を護
る護身法であるとともに悪魔を調伏させると言う﹃九字﹄だ﹂
﹁それで本当に悪魔が倒せるの?﹂
﹁さぁ、どうだろう﹂笑みを見せ祐二は続けた。
﹁祈祷で悪魔憑きを退治するときなんかは効果あったよ。だいたい
うちの和尚はそれが専門だ。ただ、九州にいるデモニアックにどこ
まで効果があるかは疑問だ。でも大丈夫だ。もっと強力な﹃九字﹄
もある。﹃九字﹄はひとつではない。まったく無力だ、ということ
はあり得ない。それに﹂と、意味ありげに笑うと、シートの横から
ショットガンを取り出して見せた。
﹁三年前、バンパイア退治に来た外国人少女から貰ったものだ。弾
を避けられたらお手上げだけど。射撃の練習は充分すぎるほどして
きた。銃弾は散弾だけでなく熊撃ち用のスラッグ弾も用意してある。
我流だが武術も鍛えてきた。蹴り技を中心に。山中独りで。全ては、
エクソシストとして悪魔と対峙するためにね﹂
ミキは、なんだか例えようのない安心感に包まれた。耀を助けた
い一心だったが、冷静に考えれば九州行きなど、とても恐ろしくて
出来ないことだった。けれど、この人と一緒なら大丈夫かもしれな
い。はじめの印象と違い、とても優しい人だとわかったし。後はラ
ジオを耀クンが聞いてくれれば。
ミキは話を変えた。
141
﹁祐二さんはどうして九州へ行くの?﹂修行? それともその成果
を試したいから?
野原祐二は少し遠い目をして自嘲気味に笑った。
﹁三年前にあった少女。彼女が九州にいるンじゃないかと思って。
彼女はローマ法王庁の依頼で動いているバンパイア・スレイヤーだ。
この状況下の九州に入っている可能性は高い﹂
﹁祐二さんはその人のこと・・・・・・﹂ミキの言葉をさえぎって、
祐二は早口で言った。
﹁一匹狼の仕事人で、とにかくやることなすことハチャメチャな奴
なンだ。たった一人で悪魔崇拝者の一派を壊滅させたり、暴力団を
壊滅させたり。勿論俺も一緒にいたけれど、その頃の俺なんて、何
の役にも立たないからね。最後のバンパイアとの一騎打ちも、倉庫
中火の海の中だ。銃弾の効かない敵を、炸裂弾で見事討ち取ったよ。
その時バンパイアから奪い取ったのが、今俺のつけている﹃死者の
石﹄。本来はバンパイアが自身の能力を高めるため使うものだけど、
まったく逆に、導師がつけてもその法力を高めてくれる。おまけに
悪魔のもたらす狂気や精神崩壊から身を護ってくれる。エクソシス
ト︵悪魔祓い師︶になると言ったら、くれたンだ﹂
祐二は、コンビニの駐車場に車を停めた。
﹁冷たい飲み物とか、飲みたかったら今のうちに飲んでおくといい。
アイスクリームとかも。向こうじゃ絶対手に入らないし、意外と無
いと欲しいからな﹂
ミキは素直にうなずいた。確かにその通りだと思った。
ところで今現在、彼女が一番困っていることは、この車の乗り降
りだった。70系のランクルで車高を上げている。勿論タラップは
ついているが、乗るときはまだしも、降りるときはまさに恐怖だっ
た。彼女にとっては。﹁えいっ﹂と言っても﹁やっ﹂と言っても、
言ったからといって降りられるものではない。
142
合流6
川野郁夫は普通病棟に移った。明日から警察署で事情聴取がある。
どういう段取りになるのか知らない。知ったこっちゃない。警察署
で一日過ごし夜になれば病院に帰ってくるのか、それとも、そのま
ま留置所で寝泊りすることになるのか。
事情聴取なんて聞こえはいいが、どうせ尋問、取調べとなんら変
わらないだろう。ひょっとしたら十字架を突きつけて正体を現せ!
! とか、言われるかも知れない。だとしたらちょっと変わってら
ぁ。
ともあれ、自由に病院内をうろつけるのも今日が最後かもな。そ
う思い、ぶらぶら病棟内を散歩してみた。院内散歩の許可は得てあ
る。まぁ、許可なくったって、じっとしちゃいないが。ところが病
院内なんて、散歩してみて全然楽しいものではない。ああ、床屋が
あるなぁ、へぇ、珍しい、その程度である。幾分華やかで心和むの
は小児科病棟である。壁の絵、折り紙、鮮やかな色彩がその場所に
だけある。彼は足を止めかけたが、そこに居る子供達を見て、やり
きれなさを感じ足早に去った。
最後に彼がたどり着いたのはディケァルームだった。なんだ? この爺婆の大群は? とも思ったが、喫茶コーナーもあった。彼は
珈琲を注文し、久しぶりにその香りを楽しんだ。香りだけで目が回
りそうだった。珈琲でぶっ飛ぶなんてあり得ねぇ。一人で笑った。
目の端に見えた。部屋の隅のパソコンが。誰が使ってもいいみたい
だ。
彼は珈琲片手にそのパソコンを起動した。
何を見てみよう。愚問だ。勿論、九州だ。デモニアックだ。被災
地の現状だ。情報に飢えていた。
が、一分と経たぬうちに驚愕することとなる。
143
検索して引っ張ってきた一覧のそこかしこに、﹃エレボス﹄の文
字があるのだ。
彼はキーワードを﹃エレボス﹄に換え検索した。一万件以上のヒ
ット。ありとあらゆる掲示板がエレボスの噂であふれていた。
デモニアックを木っ端微塵に斬り吹っ飛ばす。その太刀筋に沿い
コンクリが砕け散る。身長二メートル以上⋮⋮?? 腕がゴムのよ
うに伸びる⋮⋮??
﹁なんだよ、コレ。デマばかりだな﹂笑うような内容のものが多か
ったが。
あいつ、スーパーヒーローだぜ。なんとなく鼻が高かった。気分
がいい。
上機嫌で自分の病室に戻ると来客がいた。ふたり。
﹁病院から患者を連れ出すには、夜中より日中昼日中のほうがいい。
目撃されることが問題でなければ﹂男が言った。
﹁お願い。わたし達と一緒に九州へ行って﹂手を合わせて少女が言
った。
﹁俺たちはこれからエレボスを救出に行く。君の案内が必要だ﹂
はじめ耳を疑った。約一秒間、川野少年の思考は停止し、その後
思ったことは以下だった。
げっ!? 九州へ戻れってか? どれだけ苦労して出てきたと思
ってンだ? 第一お前は何者だ?
﹁あんたはいったい誰なんだ﹂
男は余裕の笑みを見せ言った。
﹁エクソシストだ﹂その返答に驚く相手のリアクションを楽しんで
いるように見える。
事実、川野郁夫は驚いた。エクソシストだと? 悪魔祓い師とい
うことか。だったら、こっちの女の子は?
川野の視線に、照れたように瞳をふせその子は言った。
﹁じょ⋮⋮女子高生⋮⋮﹂
ある意味、それも驚きだった。
144
それはともかく。
﹁お前ら、勘違いしてるぞ。確かに俺はエレボス⋮⋮ホンダのこと
だろ?⋮⋮奴と一緒だったけど、中津あたりで別れてそれっきりだ。
今、あいつが何処にいるかなんて知らない﹂
﹁それでもいいンだ﹂祐二は笑みを浮かべた。
﹁君の土地勘、九州から生き延びてきたサバイバル能力、俺たちに
とって欲しい戦力だ。かいかぶりでなく、俺は、君の力を高く評価
する。利巧で精神力が強く判断力あり危険を避ける勘がなければ、
生き延びられない筈だ﹂
川野郁夫はしばらく答えなかった。
彼は考えていた。これからはじまる警察の取調べ。あるかもしれ
ない留置所生活。最悪の予想は、デモニアックの烙印を押され⋮⋮
檻の中か、はたまた火あぶりの刑か、予測のつかない最後。それに
対して、ここに提案されているのは、生きるか死ぬかの決死行、精
神崩壊するか死ぬかの二者択一。
﹁かったりぃよ﹂彼は答えた。
﹁ただ条件がある。マシな服を買ってくれ﹂手持ちの服はアウトド
アショップで手に入れたモノばかりで、彼の好みとはあわなかった。
北へ向かう車の中、驚愕のラジオ放送を聴いた。アイコとアニナ
だ。
はじめ、ハンドルを握りながらアイコがチューニングしていた。
FMは全滅。AMで愛媛の放送を聴いていたのだが受信状態が悪く
なって。皮肉なことによく入る電波は韓国からのものばかりだった。
明瞭に聞こえる放送を無視してチューニングを続けるアイコに、﹁
今のは? よく聞こえたじゃないか﹂とアニナが言ったが、コリア
からの電波だと説明すると納得した。
が、突然、そのコリアの電波が、ハッキリした日本語を発信した
のだ。
﹁わたしは、コリアのミョンスー。三十分おきに、このメッセージ
145
を流しています。エレボス、ことホンダヨウ。あなたのいとこのミ
キが、あなたを救出に向かっています。この放送を聴いたら、関門
海峡へ、向かってください。関門ブリッジであなたと落ち合うつも
りです。繰り返します。わたしはコリアのミョンスー。エレボス。
あなたの、いとこの、ミキの、友人です。関門ブリッジへ向かって
ください⋮⋮﹂
エレボスが見つかるかも知れない!! いや、見つかったも同然。
それより、その存在を確かめられた!! アイコは口早に英訳して
聞かせた。アニナも驚いた。思いは同じ。
まっすぐ海峡へ向かいたい。現在地は阿蘇。地図を見た。日田を
抜け小石原を通って北九州へ入る。一直線に北へ。迷うことなくコ
ースは決まった。目指すは海峡だ。
おんた
自分のガイドブックを見ていたアニナが言った。
﹁小石原は焼き物で有名らしいが、日田の奥地に子鹿田焼きという
のがあるそうだな﹂
どうしてそんなことに詳しいのよ? そのガイドブックは。日本
人でさえ普通に知らないわ。そんなこと。
﹁立ち寄る暇ないわよ﹂釘を刺した。
﹁いや、ちょっと興味があっただけだ⋮⋮﹂若干残念そうな答えが
返ってきた。
146
合流7
だぼだぼのラガーシャツと、だぼだぼのジーンズに着替えて、川
野郁夫は試着室から出てきた。ラガーシャツはミキが見立ててくれ
たものだ。広島郊外の大型衣料品店。それから着替え用に何点か揃
え、同じく商品のダウンジャケットをはおり、そのままレジへ行っ
て﹁コレください﹂と言った。店員は困った末、客の首根っこ押さ
えつけるようにしてタグをスキャンした。約束どおり、野原祐二が
精算した。勿論、払えと言われても川野には一円の持ち合わせもな
い。
店の外に出ると、祐二はペンダントを彼にわたし言った。
﹁これを首にかけているといい。貴橄欖石といって悪魔のもたらす
狂気や精神崩壊から君を護ってくれる石だ﹂
﹁へぇ。それはありがたい⋮⋮けど、ほんとに効果あんの?﹂もし
そうなら、びくつかずに堂々と九州入りできるが。
﹁うちの和尚の保証付きだ﹂信用度の計りようのない答えが返って
きた。
うん、まぁ、しょうがない。
ランクルの後席に乗り込んだ。タグを襟や腰につけたままだ。そ
のうち取ればいい。面倒くさいし。なにしろ九州へ行くって時にこ
んなもの気にしてられない。
けれど着替え用に買った服のタグはむしりとっている。
そんな川野の様子にミキは笑いながらはさみを取り出した。
﹁ちょっとじっとしてて﹂と言うと、襟のタグをはさみで切り取っ
た。
﹁あ、サンキュ⋮⋮﹂顔が近い。いい匂いがする。川野は照れ隠し
に、ことさら無愛想に返事をした。実は東京の女子高生というもの
にはじめて遭遇して困惑している。こっちは田舎のヤンキーだ。ど
う考えても引け目を感じる。
147
運転席に乗り込んだ祐二が言った。
﹁これから先は、高速を使わずに一般道で行く。封鎖されている道
もある。迂回しながら西へ向かう。橋の直前で高速へ上がる。その
辺はもう無人の筈だ﹂
アイコとアニナのふたりは地図を見ている。
﹁これはアレだわね﹂とアイコ。
﹁あなたの言った子鹿田を抜けたほうが速いかも﹂
このまま進めば日田に着く。日田インターチェンジからハイウェ
イを使えばどうだ? とアニナは言ったが、それでは大きく鳥栖ジ
ャンクションから福岡へと迂回して北九州入りすることになる。そ
のうえ、放置車両の状況も予測がつかない。
地図を見れば日田ICからさほど離れてないところに、小野川と
いう川がある。この川沿いに北上すれば子鹿田がある。十軒ほどの
窯元があるだけの寒村である。道はそこで途絶えているが、地図に
は林道が載っている。その林道の先には、日田彦山線線路沿いの県
道五十二号線がある。後は線路に沿ってまっすぐ北上すれば添田を
経て田川へ。田川まで出れば北九州には着いたも同然。
道は決まった。
アニナは心のなかでにんまりとした。三年前、日本に来て以来、
日本は好きな国のひとつ。故国では自称日本通である。日本の焼き
物の特に﹁MINGEI︵民藝︶﹂と呼ばれるものに非常に興味を
引かれている。海外でのほうが、人気があるのではないかと思われ
る。子鹿田はその﹁MINGEI﹂の中でも王様的な存在である。
一方、アイコは、助手席の女がそんな呑気モードに入っていると
はつゆ知らず、エト・エウトクタの推理に没頭していた。ハンドル
を握りながら。
オル・ゼヴァブ召還は彼女にとって事件だった。核心にドンとつ
き迫れた。
エト・エウトクタの世界、それが何処かはまだわからない。地球
148
から程よい近さの惑星か、考えてもその程度の答えしか出てこない。
だが、サムヤサを筆頭に人類は、いや、この場合は異星人だが、こ
の地球上へ降り立った。それは確かと言っていいだろう。そして先
住民である人類に様々な科学をもたらした。おそらく地上の女と交
わり子供をつくったことも事実だろう。そうして、その子供らが殺
されてしまった事件もあった筈。だが、現在もその血の系譜は息づ
いている。エレボスがそうだ。アニナも間違いなくサムヤサだ。本
人に自覚がないだけだ。﹃日子の瓊矛﹄は間違いなくア・ナネから
アニナに託されたものだ。それが﹃サムヤサの牙﹄であるならば、
彼女はその血の継承者である。
だが今はまだ、その使い方もわからない。
対して悪魔側はどうだ。何処まで推理できる? 地上にある悪魔
は十八霊。奴らの意識はコンピュータのローカルエリアネットワー
ク的なつながりを持ち、他の単体のデータを任意に参照できる。デ
ータとは、つまり知識、経験、情報などだ。故にテレパシーで会話
などしなくても知りたいことを知れる。
だが、共通した目的に向かって動いている様子はない。今まで会
ったオノボゥス、セレ、オル・ゼヴァブ、どれも個性的な悪魔だが、
統率が取れている印象はない。どの個体も他の個体のことには無関
心。地球に来て勝手気ままにやっている印象を受けた。
だが、オル・ゼヴァブが教えてくれたように、バティンという悪
魔の一派だけは別だと考えたほうがいい。﹃眩く輝くもの﹄の封印
を解こうとしているらしい。それは絶対阻止すべき事柄に属するよ
うだ。アスルーは、バティンの傘下なのか、それとも自らの意思な
のか、そこは知れぬが﹃眩く輝くもの﹄を守護している。アスルー
が護っている以上、自分達には手が出せないと考えたほうがいい。
エレボス抜きでは無理だ。さらに。
エレボスがアスルーを排除して、バティンらも倒せたとしても、
﹃眩く輝くもの﹄をどう処理すればいいのかは、皆目見当もつかな
い。ア・ナネもヒントすら与えてない。そもそも彼女はどうやって
149
封印したのか。彼女にしか封印できないのであれば、わたし達には
お手上げだ。それを聞く相手は⋮⋮。ア・ナネ本人が一番いい。が、
召還できない。アニナが夢を見るまで待たなければいけない。そし
て夢を見たからといって情報が得られるとは考え辛い。それを聞く
相手は、⋮⋮エリゴール。彼しかいない。
うん。頭のなかが随分整理できた。とにかく今はエレボスと会う。
そのことだけを考えて北上しよう。このチャンスを逃したら、もう
二度と捜し出せないかもしれないのだから。
150
合流8
小川せせらぐ山間の村。わずか十数棟の古い民家。時折響き渡る
杵が土をつく音。川の流れを利用して、土をつく大きな杵が沢山あ
るのだ。マニアックな観光地でもあったのだろう。だが、今は誰も
いない。無人の村。
あまりにものどかなその風景に、アイコも思わず車を止めた。子
鹿田である。
つくりかけの陶器が庭先に並べて干してある。が、それも、人が
いなくなって時間が経ったことを示していて、幾つかは地面に落ち
ている。
どの窯元の軒先にも安普請の展示場があり、素朴で野太い陶器が
山積みになっている。
もう、かなり長距離走ったので、ここでしばらく休憩することに
して、ふたりは車外に出た。
これが﹃ONTA﹄か。素っ気ないふりを装いながらも、アニナ
の目が輝いている。まるでアフリカの器みたいだ。いや、勿論両者
は明らかに違う。だが、器からただようイメージがアフリカの大地
を思い起こさせた。素敵、この中皿は我が家で使ってみたい。アニ
ナが古城のインテリアと器をイメージで重ね合わせていたとき、ア
イコは心安らぐ思いで川面を眺めていた。誰もいなくなっても土を
つく巨大な杵。変わらぬ川の流れ。もし、観光で来たのであれば、
本当に心癒される場所だ。こんな、無人の里でなく、人の姿も温も
りもあるのなら。
だが、休息は長くは続かなかった。
突然の地を揺るがす大音響。一軒の民家の庭先に赤い炎の大火球。
何も考える必要はない。アイコは走って車に飛び込んだ。アニナ
の姿を捜した。いた。XDピストルを構えている。銃口は出現した
悪魔に向けられている。長い髪、輝く鎧、十四枚の翼、煌く巨大な
151
太刀、セレに。
なにやってンの。早く逃げなさいよ。FUCK! 車で突っ込ん
だら悪魔はどうするかしら。なんだか、あの剣なら車ごと真っ二つ
にされそう。
一方、悪魔と対峙したアニナは、必死で次策を考えていた。銃口
を敵に向けている。引き金を弾いた場合のコンマ五秒後が見えてい
た。あの太刀で弾き返される。だが、それは一弾目。二弾目はどう
かしら。多分当たる。でも、平気そう。バンパイアでも銃弾の効か
ない奴がいた。悪魔ならさらに、だろう。銃口向けられて余裕でい
られるのがその証拠⋮⋮。
﹁ここにいたか。捜したぞ﹂悪魔がおぞましい笑みとともに言った。
﹁わたし達に何の用?﹂聞くだけ野暮だわ。
﹁用?﹂悪魔は哄笑した。
﹁死んでもらうことだ﹂
やっぱりねぇ。
アイコの運転する車が突っ込んできた。セレはひらりと舞い上が
りかわした。アニナは立て続けに撃った。予想通り太刀で弾かれる。
が、数発当たった。血が飛沫いた。しかし、何のダメージもなさそ
うだ。アニナは撃ち続けながら車に飛び乗った。車は勢いよくバッ
クして庭先から出た。
悪魔の太刀が一閃した。ボンネットを切り裂かれた。バンパーは
奇麗に真っ二つになった。アイコは急ハンドルをきり、アクセルを
目いっぱい踏み込んだ。タイヤが白煙上げた。おかまいなしの急発
進。アニナが銃を両手に身を乗り出した。アイコはバックミラーを
見たが悪魔の姿は見えない。アニナの狙いを見て、それが後方上空
にいることがわかった。道はジグザグ。すぐに行き止まり。そんな
! おかしいわ。林道があるはず。
資料館らしき建物の駐車場に突っ込んでユーターンした。悪魔が
前方上空にある。立て続けに撃つアニナの弾を笑いながら弾き返し
ている。
152
アイコはパーキングを飛び出した。ハンドルを切る。見つけた、
道の先に。林道の入り口。タイヤを泣かせながら林道に突っ込んだ。
予想以上に、いや、想像もし得なかったくらい狭い道だ。車一台通
るのがぎりぎり。もし放置車両があれば逃げおおせない。いや、ハ
ンドル操作を少しでも誤れば、タイヤを道横に落とし身動き取れな
くなる。下手にコンクリで舗装なんてしてなきゃいいのだ。
森のなかを疾駆するWRX。身を乗り出して銃を乱射するアニナ。
からかうように後を追う悪魔。戯れに太刀を一閃する。トランクを
切り裂かれた。
くそ。トランクでもルーフでも切り裂けばいいわ。でもエンジン
だけは勘弁して頂戴。
タイヤは奇麗に路面をとらえている。道幅ぎりぎりを疾駆する。
細かくハンドルをきりギア・チェンジする。後ろのストーカーは、
もうアニナに任せた。ただ一秒でも早く走ることだけ考えてハンド
ルとアクセルを操作した。
アニナはステアーTMPサブマシンガンに持ち替えた。彼女のス
プリングフィールドXDは十五プラス一発入り。十六かける二、撃
ちつくした。マガジンを変える暇はない。左手でルーフ内側の取っ
手をつかみ、右手でTMPを乱射する。左右に散らし弾幕を張る。
しかし、悪魔は見事に避けた。舌打ちする。TMPの性能は申し分
ない。オープンボルトでもローラーロッキングでもない、フルロッ
キング︵完全閉鎖式︶の心臓は反動も少なく集弾性に優れる。だが、
それを超える悪魔の能力。
細かく引き金を切る。指切りして四ないし三弾発射の連続攻撃。
手の中で暴れる銃身コントロールし、細かく銃口動かし、頭、肩、
腹、足、狙い撃つ。が、悪魔は見事に見切る。
マガジンキャッチを押した。空のマガジンがするりと抜け落ち路
面に当たり、あっと言う間に視界から消えた。新しいロングマガジ
ンをグリップにぶち込んだ。
﹁止めてっ!!﹂アイコに叫んだ。急ブレーキを踏むアイコ。悪魔
153
との距離が一気に縮まった。いや、目の前だ。腹にフル・オートで
叩き込んだ。血飛沫が煙る。悪魔がその太刀振り上げた。
﹁出してっ!!﹂再び叫ぶ、と同時に首を引っ込めた。急発進する
車。太刀が空を斬った。
どうだっ。敵のダメージを計る。うーん。どうもダメージはなさ
そうだ。まだ追ってきている。
林道からダンと一般道に出た。県道五十二号線だ。さらにフルス
ロットルでスピードを上げるWRX。アニナはマガジン入れ替え再
び窓から身を乗り出した。後方を向く。悪魔の姿が遠く見える。追
ってくる様子はない。さらに遠くなり、カーブを曲がると見えなく
なった。もう、追ってこないのか。理由はわからないが。
﹁なんだろう。もう追ってこないのか⋮⋮﹂車内に身を戻しアニナ
は言った。
﹁何故かしら⋮⋮﹂アイコも訝しげ。
﹁今のは軽い挨拶だったとか﹂
﹁随分しつこい性格ね。ナンパし慣れてないンだわ。きっと﹂
﹁気をつけよう。この先でも現れるかもしれない﹂
アニナの言葉に、そうねと同意し、多分、とアイコは言った。
﹁多分⋮⋮。あなたが牙を使えるかどうか、試しに来たのよ﹂その
推測で間違いなさそうだと、アイコは思った。
﹁そうか⋮⋮﹂アニナは複雑な表情で返事をした。
154
合流9
いたるところに、自衛官の遺体が横たわっている。
なるほど。と川野は思った。あの時は雪の下でわからなかったが、
こうなっていたのか。
海峡山口県側、全滅した自衛隊の部隊である。
祐二は土嚢の前で、これを排除するか、それともランクルで乗り
越えるか、思案しているようだ。
ミキはといえば、土嚢の向こう側で、橋をバックに携帯で写真を
撮っている。
いまだに携帯持っていたのか。川野は呆れた。行動はともかく、
既に携帯の使えないエリアだ。災禍から一ヶ月以上経っている。携
帯が何故復旧しないのか理由はわからない。携帯電波の周波数は0.
8GHzから2.0GHz。その電波を妨害する何かがあるのか。
それが災禍の圏内と一致するのか、わからない。
川野は道に転がっていた八九式小銃を手に取った。これは必要だ。
九州へ入るなら。野原祐二もショットガンを持っている。俺も何か
持っていたほうがいい。以前持っていた豊田の拳銃は、保護された
とき押収されたようだ。なにしろその時の記憶がない。
倒れている自衛官の荷物をあさり、集められるだけマガジンを集
めた。これだけあれば戦争だってできる。
八九式小銃は日本で製造されている、いわゆるアサルト・ライフ
ルだ。アサルト・ライフルとは、邦訳すると突撃銃である。名付け
親はヒトラーだ。第二次大戦中、自国で開発された銃にスチューム
ゲヴェアーと名付けた。英訳するとアサルト・ライフル。歩兵が持
ち、動く標的を狙い、セミ・オートとフル・オートの切り替えので
きるライフル。それがアサルト・ライフルである。
スリング︵負い紐︶を肩にかけた。セレクターレバーを見てみる。
﹃ア﹄と﹃レ﹄と﹃3﹄と﹃タ﹄。今は﹃ア﹄になっている。
155
かなりの衝撃を覚悟して、道の彼方めがけて引き金を引いてみた。
引き金がびくともしない。何も起こらない。﹃ア﹄は、ひょっとし
て安全装置の﹃ア﹄かもしれない。まさかな、と思いつつ。
その次の﹃レ﹄にあわせて再び試みた。轟音轟き銃口が立て続け
に火を噴いた。銃弾はあさっての方角に飛んでゆく。衝撃に驚きあ
わてて引き金から指を離した。
﹃レ﹄はフル・オートだ。なるほど。⋮⋮連射の﹃レ﹄??
じゃあ、﹃3﹄は? 引き金を引いた。銃弾が三発だけ飛び出し
た。三点バーストだ。フル・オートはすぐにマガジンが空になる。
あまり実用的じゃない。使うならセミ・オートか、この三点バース
トだ。
﹃タ﹄はもうわかる。単射の﹃タ﹄だ。思ったとおり間違いなか
った。
川野はセレクターをセミ・オートにあわせ、何発も撃ってみた。
なかなか厄介な代物だ。思うところに飛ばない。衝撃も激しい。銃
自体が壊れちゃうンじゃないかと思うくらい。しかし、三十分も経
つ頃にはなんとかコツをつかんでいた。コツをつかんだというより
も、銃というものに多少慣れた。
そばで見ていたミキに持たせてみた。彼女も覚えておいたほうが
いいと思ったから。しかし、引き金を引いたまま反動で仰向けに倒
れた。撃つ前にしっかり握っていろ、と言ったから銃自体はしっか
り握っていたが、その代わり倒れてしまったようだ。これはあきら
めるほかない。
﹁これを乗り越えられるとしたら、ジープかジムニーだな﹂祐二が
肩をすくめて言った。﹁俺のランクルはでかすぎる。荷物も満載し
てる。頂上の土嚢を下に突き崩してもう少し緩やかな斜面にしてや
れば行けるかもしれない﹂土嚢の先に進む方法を考えている。
﹁エレボスが来るのを待たなければならない。それは三日後か一週
間後か、まったく見当がつかない。それまで、この辺で遊んでいる
しかない。しかも、それは彼がラジオを聴いたと想定しての話だ。
156
仮にここで十日以上待っていても彼が来なかった場合。九州へ入る﹂
山間部はまだ雪が残っていた。どうやら北部九州で大雪というの
は本当だったようだ。それは添田に入ってもそうだった。そしてい
たるところに人間の亡骸が横たわっていた。溶けかけた雪のなかか
ら、体の一部をのぞかせていた。
田川に入るとさらに遺体の数は増えた。しかも、既に雪は消えて
しまっている。余計に悪かった。隠されることなく人間の死体がご
ろごろ転がっていた。アスファルトの上を泥土が覆っている。放置
車両の数も増えていた。いたるところで道をふさいでいた。
もっとも、ここまで来れば、北九州まではあと少しだ。この先、
放置車両はもっと増えるだろう。北九州に入れば死体の数も半端で
はないはず。これくらいで音を上げるわけにはいかない。アイコは
地図を見てルートを決めた。峠を越え小倉南区に入る。心配なのは
ガソリン残量。なんとか北九州まで持てばいいけれど⋮⋮。
だが、甘かった。場所はまだ、田川と北九州の間にある山中。ガ
ソリンが切れた。既に夜の闇のなか。
﹁どうする?﹂どうしようもない。
﹁夜明けを待って、歩いて峠を下るしか﹂
灯りひとつない山の中。アイコはヘッドライトを消した。バッテ
リーはまだある。アニナはルームライトをつけて銃の手入れを始め
た。
アイコは毛布を頭から引っかぶった。他にすることはない。
﹁先に寝るから﹂
アニナはなんだか嫌な予感がしていた。それが何なのか自分でも
わからない。
とは言え、ダッシュボードの上でできる銃の手入れなど限られて
いる。そうそうに片付けて自分も寝ることにした。毛布をかぶった
が、闇のなかに何かの気配を感じている。跳ね起きてヘッドライト
を付けてみた。何もない。鬱蒼と茂る木々が闇に浮かび上がるだけ。
157
気のせい? ﹁なに? ⋮⋮どうかしたの?﹂アイコが目を覚ました。寝ぼけ眼
で問う。
﹁いや⋮⋮なんでもない⋮⋮﹂アニナは答えた。気のせいだと思い、
寝ることにした。翌朝。
158
合流10
ざわめきとカラスの鳴き声で目を覚ました。ざわめき? とは違
う。夢の中でずっと聞こえていた。悲痛なうめき声。一人や二人で
はない。数百人、いや、それ以上の人間の。
地獄? 夢の中と現実の区別がつかない。朝靄に包まれ眼前に広
がる光景が、悪夢の中のものなのか、それとも現実なのか区別がつ
かずしばらくぼんやりとそれを見た。夢?
跳ね起きた。夢じゃない!!
気配にアイコが目を覚ました。彼女は悲鳴を上げた。車のなかで
逃げ場を求め、身を縮め叫び続けた。朝靄のなかに浮かび上がった
その光景を見て。
クリスマスの飾りのように木にぶら下がっている。行く手の道を
埋め尽くすように転がっている。老若男女。人間の生首。それが口
を開いている。苦痛のうめき声をあげている。呪いの言葉を吐いて
いる。すすり泣いている。しゃくりあげている。カラスが群がって
いる。その目玉をついばんでいる。
視界の全て、見える範囲全てがそうだった。木に鈴なりの人の首。
アニナは背後をふり返った。同じ光景がひろがっていた。戻れな
い。まずい。アイコがパニックだ。アニナは彼女を落ち着かせよう
とした。肩をつかみ、幻聴だと言った。しかし。
﹁クリソレトゥスをつけているのよ! わたし達。悪魔のもたらす
幻覚だけじゃなくて幻聴も当然防げるわ!﹂泣きながら答えた。
﹁そうだとしても死んでいる。首だけになって生きている筈がない﹂
﹁いえ。魔力で正気に戻っているのよ。ルナティックだった人たち
よ、きっと。正気に戻って意識があるンだわ﹂
狭い車のなか。言い合っても仕方がない。車は動かないのだ。こ
こを歩いていくほかない。とにかく、アイコには落ち着いてもらわ
なければならない。一体どんな悪魔の業なのか? またセレなのか
159
? それとも知らない何者なのか、アイコの知識が必要だ。
アニナは外へ出ようとした。その背中をアイコがつかんだ。
﹁駄目。出て行かないで⋮⋮﹂泣きながら懇願した。
﹁落ち着いて﹂と言った。
﹁少し様子を見てくるだけだ﹂車のなかにずっといても仕方がない。
ドアを開けた。自分は言葉がわからないだけマシなのかもしれない。
日本語がわかれば、アイコのように取り乱すのかもしれない。一歩
足を踏み出した、そのブーツのすぐそばに首があり、苦痛に顔をゆ
がめ、何か喋っている。無視した。
歩いてゆけないほどではない。道を埋め尽くしているわけではな
い。それを避けながら進んでいくことはできる。蹴っ飛ばしたくは
ないから⋮⋮。
すぐ脇の木にぶら下がっていたひとつのそれが、アニナの姿を見
てこう言った。
﹁お願い。助けて。苦しいの⋮⋮﹂
アニナは唇を噛んだ。意識がある。この女性の首は、わたしを外
国人だと判断して英語で話しかけてきた。いったいどんな悪魔の仕
業なんだ。
﹁もう、楽にして⋮⋮﹂
XDピストルを抜き、その額を撃ちぬいた。苦悶の表情が消えた。
それは目を閉じた。
どうする? 自問自答する。ここにある全てを、救えない。楽に
してやることすら出来ない。弾の続く限りそれをしても意味がない。
アニナは車に戻り自分の荷物を取った。
﹁行こう。アイコ。こうしていても仕方がない。残念だがどうしよ
うもできない﹂
このなかを進んでいくしかない。何処まで行けば、これが終わる
のか、それもわからないが。
目を見れば、少し落ち着いたことはわかる。だが、アイコは首を
ふり、外へ出ることを嫌がった。このなかを歩いてゆくなんて考え
160
られないことのようだった。
﹁他に道はないわ。アイコ。あなたなら、これがどの悪魔の仕業か
わかるかもしれない。そうしたら、この人たちを⋮⋮救うこともで
きるかもしれない﹂
アニナの説得に、アイコは不承不承自分の荷物を手に取った。促
され外に出たが、そこから一歩も動けなくなった。四方にそれがあ
る。そこから進むこともさがることも出来ない。しゃがむことも出
来ない。それに触れる。
それが口々に何かを言っている。まずい。こいつらはアイコに話
しかけている。訴えている。苦しみを。
﹁アイコ。無視して﹂それが出来れば泣くこともない。パニックに
なることも。
かろうじて、アイコはパニックにならなかった。泣き顔でアニナ
に聞いた。
﹁どうすればいいの⋮⋮﹂
アニナは、足元に注意してアイコのそばまで行った。
﹁考えて。これをやれそうな悪魔はいる?﹂彼女が落ち着いて考え
られるように、そばにあるそれらを蹴って転がした。
﹁悪魔なら⋮⋮﹂どの悪魔でもこれくらいやってのけるのか。
﹁でも、これほど陰惨なことをする霊は幾つか﹂地上にあるのは十
八霊だけ。限られている。
﹁バティンかパイモン⋮⋮でも、セレかもしれないし、わからない﹂
バティン、パイモン、アニナの頼りないグリモアの知識では、両
者ともルシファーの忠実な家来だった⋮⋮。そう、それにバティン
はエト・エウトクタにもその名があった。
﹁バティンを召還できる?﹂
アイコは首をふった。
﹁エト・エウトクタには﹃破滅を求めざれば召還するべからず﹄と
あるわ。それに召還してどうするの? これをもとに戻させるの?
そんな求めに悪魔が応じる筈ないわ﹂
161
やはり無理だ。アニナは思った。耐え難い精神力を要求されるが、
ここを歩いてゆくしかないのだ。わたし達は無力だ。心配なのはア
イコのほうだ。自分は言葉が解らないからまだいい。アイコは彼ら
の言葉全て理解できる。
﹁⋮⋮リゴール⋮⋮﹂アイコが小さな声で呟いた。アニナはふり返
った。
﹁え?﹂
﹁⋮⋮エリゴール﹂アイコの眸にほんの少し光が戻っていた。
162
合流11
川野は随分腕前をあげた。八九式小銃だ。既に自分の分身のよう
に感じている。公募された八九式小銃のニックネームはバディだか
ら、まさにその通りだ。ただ、そのニックネームはかなりダサいと
感じてる。
ミキに銃を持たせるのはあきらめた。手ぶらというのもかなり心
配だが、どうしようもない。彼女が危機に瀕しないよう、戦える俺
たちが気を使うしかない。
彼なりに、戦い方を想定している。距離があれば、敵は弾を避け
る。肉弾戦でないと駄目だ。ほとんど体当たり気味に、銃口突きつ
け撃ちまくる。勿論、五メートル離れたところで決着がつくのなら、
そちらを選択する。三八口径以上の銃弾の初速は大抵音速を超える。
5.56mm弾︵二二口径︶の八九式は音速を超えないだろう。多
分。しかしあいつ、ホンダの持っていた刀とほぼ同じ理屈になる。
悪魔は避けきれず弾は当たる筈。
自衛官達は拳銃も持っていた。ホルスターごと三丁頂いて腰につ
けている。﹃九ミリ拳銃﹄だ。それが正式名称だから味も素っ気も
ないが、これはスイスのシグザウアーP220というモデルである
︵それを日本でライセンス生産したものだ︶。九ミリというのは所
謂三八口径。三八口径のオートマティックということになる。この
九ミリ拳銃は、野原祐二も二丁頂いて腰につけている。ふたりで練
習をしたが、共通の感想は、拳銃よりも長物の方がいい、というこ
とだった。
今日は、ミキを連れて関門パーキング・エリアまで足をのばした。
彼女がジュースを飲みたいと言ったからだ。任せろ、と豪語して連
れてきた。バールは広島で二本手ごろなのを手に入れている。人目
を気にせず、かなり荒っぽく壊してもいい、となると開けられない
自販機はないに等しい。もっとも、頑丈な錠をつけているものもあ
163
ったが。これはどうかと彼は思う。自販機ドロの立場で言えたこと
じゃないが、災害時に自販機は大事な飲料備蓄庫となる。素人でも
開けられるようにしておくべきだと思う。
とりあえず、ミキにジュースを渡し、自分も一本飲み、入るだけ
バッグに入れた。ミキがジュースを飲んでいる間、煙草くゆらしな
がら、海峡を見た。ここからは橋がよく見える。見上げる橋は、災
禍の前となんら変わりないように思えた。
﹁エリゴールを召還するわ﹂
活路が見出せると、ようやく普段の自分を少し取り戻せた気がし
た。アイコは涙を拭いた。
﹁聞いて。他の悪魔と違い、エリゴールはサムヤサとともに地上に
降りた可能性が高いわ。つまり、太古から地球にいるということ。
そしてサムヤサとともに戦ったときも、霊として居た筈。﹃エト・
エウトクタ﹄を信じる。﹃地の底から戦ひ人の影が立ちのぼり口を
開いた﹄という。その時、媒体はなかった。それでも姿をあらわし
た。人間の目に見える形で。でしょ。今まで召還した霊には、媒体
として人間の体が必要だったけれど、エリゴールには必要ない筈。
不可視ではない霊の姿で現れてくれると思うの。だからルナティッ
クなしでも召還できると思う。召還円と記号や数字はレメゲトンの
召還法を信用していいと思う。所謂ソロモン七十二霊の﹃エリゴル﹄
の召還法を用いる。これが悪魔のなした業ならエリゴールに救って
もらう。レメゲトンの記述を信じるわ。静謐な騎士の姿で現れると
言う。人間もそうだけど、霊だって内面が見た目にあらわれるのよ。
きっと、救ってくれると思う﹂
息もつかず喋った。話すことで落ち着いた。頭のなかが整理でき
た。まったく自信はなかったが、話しているうち、必ず召還できる
と思い始めていた。
アニナはうなずき、
﹁任せる﹂と短く一言だけ。そしてスペースの確保に取り掛かった。
164
首を足で蹴って場所を空ける。召還に必要な円を描くスペース。そ
して自分達の立ち位置を確保する。この作業はアイコには出来ない
だろう。ショック状態から抜けたばかりだ。
アイコがスプレー缶を取り出し、カチャカチャと振る。うつむき、
無心でそれを地面に描いていく。十分ほどでそれは描きあがった。
﹁作法も手順もでたらめだけど、多分大丈夫。ある程度破っても現
れてくれると思う﹂それを願った。準備にはここでは用意できない
ものも多数ある。だが、名前さえ知っていれば悪魔は召還できる。
そしてその名前を知っている。オノボゥスが﹃エリゴール﹄と言っ
たとき、その発音もアクセントも彼女は記憶していた。
早くしなきゃ。彼女は必要ないのに焦っていた。プレッシャーを
感じていた。その原因は周囲の全て、そのうめき声。泣き声。
﹁分かってるわよっ!!﹂彼女は苛立ち呟いた。お願いだからしば
らく黙ってて!!
アニナがアイコの肩に手をのせ言った。眸から彼女を気遣う心が
伺えた。
﹁何も急ぐことはないわ。これは既にどうしようもないこと。周り
が何を言っても、あなたがすることに何の影響も及ぼさない。これ
はあなたとエリゴールの﹃出会い﹄よ。集中して﹂
言われなくても分かっている。エリゴールを召還するその意味を。
その成否が、今後の自分達の運命を大きく左右することが。だから
⋮⋮躊躇する⋮⋮心が震える。
﹁Athah gabor leolam,Adonai﹂涙声の
呪文。
﹁エリゴール﹂彼女は呼んだ。か細い声で。再び、
﹁エリゴール﹂懇願する声で。
﹁我、涙もて訴えり⋮⋮エリゴール﹂短剣をかざした。﹃A・G・
L・A﹄と刻まれた短剣。
﹁汝に、騎士の心あらば、我が願い聞きとどけ⋮⋮﹂短剣のうえに
涙がこぼれる。そして短剣をつたった雫が、円の中にはらりと落ち
165
た。我が前にその勇姿を現せ。
﹁エリゴール!!﹂
異変起こった。円の中のアスファルトが割れて高く浮き上がった。
その下から現れるは清涼な光。大地に光の穴が現れ、その光のなか
にゆっくりと槍と笏を手にした騎士の姿が浮かびあがった。その顔
は鎧で覆われわからない。静謐としてしかも堂々たるその姿。浮い
ていたアスファルトの欠片がばらばらと落ちた。光の穴は既に消え
ている。
﹁魔女よ﹂エリゴールが口を開いた。
﹁数千年のときを経て、再びめぐり合えたに、その秘密明かせぬと
は﹂
わたし?? わたしなの?? アニナじゃないの⋮⋮。突然の霊
の言葉に驚くアイコ。
﹁エリゴールよ。それはわたしのこと?﹂
﹁然り﹂
わたしは⋮⋮、わたしはただの人間だ。言われるならアニナだ。
彼女はサムヤサなんだから⋮⋮。
﹁彼女は!?﹂アニナを指した。
﹁サムヤサじゃないの?﹂
鎧の奥でエリゴールが微笑んだように思えた。
﹁然り。サムヤサの血を濃く引いておる﹂
やっぱり。思ったとおり⋮⋮。
だが、これにはアニナが閉口して口を挟んだ。
﹁わたしはそんなたいそうな者じゃない。第一、サムヤサの牙と呼
ばれているこの日子の瓊矛だって、どうやって使ったらいいかさっ
ぱり分からない﹂
エリゴールは静かにアニナに向き直り答えた。
﹁いずれ、使える。それよりも問題なのは、その時、自分が槍を伸
ばしている、形を変えていると考えないことだ。お前は、それを﹃
創っている﹄のだ﹂
166
アニナは、余計混乱させられた。
アイコははじめの話に戻した。
﹁じゃあ、わたしはなんなの? 明かせぬ秘密っていったい﹂
鎧の奥の目が少し見えた気がした。慈愛に満ちた目とは言わない。
それは強き眼。しかし悪魔の持つ残虐な目ではない。娘を護る父親
に似た目。
﹁明かせぬ。汝死するとき、必ずや我現れ、秘密解き明かそう。そ
の時なれば、一瞬にして理解できよう﹂
わかったわ。死ぬときのお楽しみね。それが遠い先であることを
祈るけど。まずは、頼まなきゃ。この惨劇を終わりにしてもらう。
アイコは周囲を指差し言った。
﹁エリゴール。我畏敬の念を持って汝に問う。この悪魔の業は何者
のなせるものか?﹂
ふむ、と鼻をならしエリゴールは答えた。
﹁バティンなり﹂
﹁されば、汝にこの業を解くことは可なりや?﹂
﹁一度離れた首を元に戻すことはできぬ。死んだ人間を生き返らせ
ることも﹂
アイコは唇を噛んだ。緊張の糸が切れたのかもしれない。涙がこ
ぼれた。
﹁違うの⋮⋮。この人たちに、せめて安らかな死を⋮⋮﹂
その様子にエリゴールは静かに言った。
﹁叶えよう。汝の涙に﹂そして槍をふりあげるとこう言った。
﹁悪しき霊バティンの業に苦しむこの者たちに安らかな死を﹂
途端に声が消えた。静まり返っている。それは相変わらずそこに
ある。到る所にある。だが、口を開いているものは一人もいない。
静寂が山に戻ってきた。
﹁ありがとう⋮⋮エリゴールよ⋮⋮﹂言いながら、アイコはまた泣
いた。
ずっと捜していた。古い信仰や神を調べながら、自ずとそれを捜
167
していた。己が身も心も捧げ崇拝することができる神を。
﹁汝の業は悪魔を凌駕し善為す力あり⋮⋮我信服し﹂
もう良いと思った。この霊の力を信じ、この霊の業により己を、
いや、信仰というものはそういうものではない。ただ、今、感じて
いることは、己の魂をこの霊に預けて後悔しないということ。
﹁我が魂を契約により﹂
彼女の言葉をエリゴールはさえぎった。
﹁魔女よ。そなたの魂は孤高のもの。そなたのみのものにして霊に
明け渡すこと適わず。己を大事にするがよい﹂
アイコは涙を拭いて言った。
﹁わかったわ⋮⋮﹂
いずる
﹁この後も我が力必要ならば呼べ。大地のうえであればいずこでも
我は出﹂
﹁ありがとう⋮⋮エリゴール⋮⋮﹂
アイコの言葉が終わらないうちに、再び地から清涼な光立ち昇っ
た。
﹁待って、まだ聞きたいことが⋮⋮﹂
﹁立ち向かひて難事あらば呼べ﹂
そう言い残すと、霊は静かに光とともに消えた
168
合流12
﹁もし、彼ら︵オル・ゼヴァブやエリゴール︶の言う通りわたしが
サムヤサであるならば、わたしはこの災禍から人類を救わないとい
けない﹂
アニナがポツリともらした。
﹁けれど、わたしには何をしていいのかわからない﹂
アニナの苦悩はそこにあった。考えたくないから、その問題と向
き合わなかった。
﹁あと、四十七日でオル・ゼヴァブの災禍は終焉となる。けれども、
本当の脅威は別にある⋮⋮。バティンが策動していると言う。何を
どうしたらいい⋮⋮? わたしには分からない﹂
アイコも答える言葉を持たない。無言のアイコに彼女は言った。
﹁あなたは何者なの?﹂そう。エリゴールはそう言った。
﹁わからない﹂としか言えない。
﹁エト・エウトクタの登場人物なのか、それとも登場していない誰
かなのか⋮⋮。どちらにしても、あなたやエレボスと違い血の意味
ではないみたい。真実はわたしが死ぬとき、わたしだけ知ることが
できる。それしかわからない。少なくとも、血の意味でわたしが何
者かでないのなら、今ある脅威に対して何の力にもなれない。あな
たやエレボスとは違って﹂
﹁わたしに何ができる?﹂再びアニナが問う。会話は堂々巡りを繰
り返す。
静寂が訪れたとは言え、場所は違わない。景色は同じ、地獄の有
様。ふたりは立ち上がった。
先へ、進むしかない。エレボスに必ず会う。しかし、そこがゴー
ルではない。そこで答えは見つからないだろう。さらに、先へ。
ミキは小高い丘の上から海峡を見下ろしている。大きな橋、流れ
169
の早い海峡、そして対岸の建物が小さな粒のように見える。
この先は九州だ。
ほんとに九州に着たんだ。ここに居る自分が信じられなかった。
ほんとに来れるとは思っていなかった。いや、勿論自分ひとりじゃ
来られなかっただろう。
橋の上で作業している男二人を見た。土嚢を突き崩しなだらかな
丘にして、ランクルで乗り越えるそうだ。自分に手伝えることはな
い。橋の上の放置車両もほぼ片付いている。運良くクレーンつきの
レッカー車があった。それで片っ端から海に落としていった。時間
はかかったが、時間は問題にはならない。
その先、トンネルがある。そのなかも勿論放置車両で詰まってい
る。
だから、トンネル手前の丘を駆け上がり、フェンスをウィンチで
引き倒して、隣接する一般道に抜ける。そこは川野郁夫が脱出して
きたルート。
あの人たちならきっとやれる。彼らに任せておけば大丈夫だろう。
きっと九州へいける。
そして、わたしは、必ず耀に会う。会える。きっと生きている。
170
合流12︵後書き︶
拙作読んでくださいまして本当にありがとうございます。
大変申し訳ありませんが、諸事情によりしばらく連載休止させてい
ただきます。
しばらくお休みを頂き、最後まで書き上げたら、連載再開したいと
思っています。
大変申し訳ありません。
今後の展開、謎解き、そして結末にご期待ください。
この物語における以下の事柄以外はフィクションです。
﹃エレボス﹄混沌の子。闇の人格代名詞。ギリシャ神話においては
宇宙創造時のカオス的な意味合いをもち、闇の国の王の名である。
﹃サムヤサとその一族﹄天界から偉大なるサムヤサらが地上に降り
立ち、人類に文明をもたらした。というエノク書の伝聞。さらに、
﹃エノク書﹄とその内容。
﹃ソロモン七十二霊﹄の悪魔の名と召還した際の姿、その業。召還
の際唱える言葉、用いる短剣、そして石。
171
合流13︵前書き︶
拙作読んでいただきありがとうございます。
長らく休筆して申し訳ありませんでした。
まだ、完結しておりませんが、連載再開したいと思います。どうぞ
よろしくお願いします。
172
合流13
北九州市小倉市街地。街並みは災禍前となんら変わりない。しか
し、以前そこを満たしていた音の数々、行きかう車の喧騒も人々の
ざわめきもない。
代わりにあるのは地獄のような千の亡者のうめき声。慟哭。そし
て空を突き破るような轟音。立て続けに。
道にあふれた亡者たちは、泣き叫びわめきながら自分の服をひき
むしり他人の服をかき破り、半裸となって蠢き腹這いで進み、放置
車両があればその上を這って乗り越え、ひとりの少年に群がる。そ
の少年の前まで来ると跳ね上がり襲いかかる。しかし少年の刀に血
の塊となって消える。
鳥瞰すれば、重い曇天の下、濁流のようにうねる死者の流れ︵そ
の様は大量に湧いた蛆虫を思い起こさせる︶の中心に、ひとりの少
年があり刀をふり続けている。
エレボスと呼ばれる少年。
耀だ。体を回転させる。周囲に血の柱が立つ。亡者の只中にあっ
て刀をふり続ける。爆音続けざまにとどろく。
身体の変異は隠しようがない。その肌は見た目では普通の人間と
なんら変わりないが触ってみると鮫の皮のように硬い。骨が変質し
たことも感じている。腕が音の速さを超えても、その骨は折れるこ
とも、その筋が違えることもない。
拳にボクシングのバンテージを巻いている。既に血にまみれかた
まり黒く染まったそれがさらに血に染まる。その拳を亡者の顔に叩
き込む。拳もまた音の速さを超える。轟音。亡者の顔が吹き飛ぶ。
足が地を蹴る。上段回し蹴り。蹴りもまた音の速さを超える。爆音
とともに吹き飛ぶ亡者の頭。
狼の目で敵を見据え、その殺戮の手を一瞬も休めない。
これが悪魔どもの仕業であることは推測がついている。全てのル
173
ナティックが凍死したここにあっては、奴らは自分の軍団を形成で
きない。ゆえに死者を蘇らせ俺の行く手を阻む。ここまで三昼夜、
ぶっとうしで斬り続けた。睡眠は既に必要なくなっていた。食べ物
も。何も食べなくとも空腹を感じない。俺はおかしくなった。知っ
ている。エレボスになった。
それが何者か知らない。だが、今、ここにいる、俺がエレボスだ。
右手にバスターミナルがある。左手には観覧車のあるショッピン
グモールだ。ここが砂津、門司まであと数キロ。
ラジオ放送を聴いた。ミキが関門海峡まで来ているという。追い
返さなければいけない。俺にはやることがある。ここから逃げ出す
気などさらさらない。
自身の放つ轟音で、自分の耳がおかしくなったかと思った。音の
奥に、亡者達のわめき声の奥に、ありえない音が聞こえたのだ。し
かも次第に大きくなる。
動いている車の音。
交差点、中津方面からそれは来た。黒いボクシーなフェイスのス
ティションワゴン。
北九州ナンバーのその車の車高は、元の持ち主がなにを考えてい
たかわからないが地を這うほど低い。亡者の群れに突っ込むと、ま
るでラッセル車のように奴らをかき分けながら目の前に止まった。
助手席のドアが開き、金髪の少女がとびだした。英語で何か叫び、
巨大な銀色のリホルバーをかまえると、続けざま撃った。ホンダの
左右の亡者が胸から上を吹き飛ばされ倒れた。運転席のウィンドウ
が開いた。日本人の若い女が顔を出し叫んだ。
﹁乗って!! 早く!!﹂
状況が理解できない。しかし、従わない理由はない。刀を納め、
目前の敵を蹴り倒すと、這っている亡者の上を駆けた。後席のドア
を開き飛び込んだ。同時に少女も助手席に戻った。
﹁いくわよ﹂若い女が言い車は急発進した。門司方面に向かって。
﹁あなたが、エレボスことホンダヨウね。やっと見つけたわ﹂女が
174
ふり返る。
﹁あんたは? いや、あんた達は? 何故俺を知っている﹂
﹁あなたをずっと捜していた﹂
﹁俺を? あんた達は?﹂
車は濁流の如き亡者をかき分けて力強く進む。四輪駆動。ギアを
三速キープのスノードライブモードに入れ、女はアクセルを吹かし
言った。
﹁わたしはアイコ。大学で神学を専攻している。民族の古い信仰や
神を研究しているの。簡単に言えばオカルティスト。デモニアスト
︵悪魔を召還し取引する者︶と呼んでもらってもいいわ。こっちは
アニナ。ルーマニアの山中奥深くにあるシルバニア公国の古い貴族
の子。その家業はバンパイア・スレイヤーよ。わたしは自分の研究
のため、彼女はローマ法王の依頼で九州に来たの﹂
かなり、驚かされる内容だった。輪をかけるように、理解できな
いことを言われた。
﹁しかも、彼女はサムヤサの末裔でもある﹂
﹁サムヤサ?﹂
﹁そう。あなたがエレボスの末裔であるように﹂
ホンダは軽い衝撃を受けた。瞠目した。この女は、エレボスが何
者か知っている。
175
合流14
やった。やっと見つけた。音を聞いた時、間違いないと思った。
雷のような音。それが立て続けに。やっぱりそうだった。彼がエレ
ボス、エレボスことホンダヨウだ。
呆気にとられているエレボスに、アイコはエト・エウトクタの話
を聞かせてやった。彼にとっては驚倒の連続だったに違いない。
﹁その話は、何処の世界の何時代の話なんだ?﹂途中口を挟んでき
たが、
﹁それがわかれば苦労しないわ﹂と皮肉っぽく答えた。
﹁とにかく﹂アイコは続けた。
﹁あなたが言ったとおり、アスルーが福岡ドームにいるのなら、福
岡ドームの謎の光源が間違いなく﹃眩く輝くもの﹄。あなたにアス
ルーを倒してもらい、それを封印しなければならない﹂
﹁封印しなければどうなる?﹂
﹁わからないわ。現時点でわかっていることは全て話したわ。この
現状も何者の成した業か、だいたい見当はついている。多分、ブー
ネかビフロンス。どちらも死者を操る記述がレメゲトンにあるわ。
そしてどちらも今現在地上にいる﹂
﹁奴らは⋮⋮倒せないのか﹂それは彼にとってもっとも欲しい情報
だったろう。しかし、彼の欲しい回答は持ち合わせない。
﹁倒せないわ。他の人間に憑依するだけ。もっとも、今、この地に
生きている人間はいないから、倒せばどこか遠方へ行くと思うけど﹂
生きている人間はわたし達だけ。そしてわたし達は石をつけてい
る。憑依できない。
﹁あなたに必要かどうかわからないけれど、渡しておくわ。クリソ
レトゥスというの。精神崩壊から身を護れるわ﹂
渡されたペンダントをエレボスは黙ってつけた。
﹁海峡へ行くところだったんでしょう。わたし達も韓国からのラジ
176
オ放送を聴いたの。あなたのいとこが来ているそうね﹂
エレボスはうなずくと怫然とした顔つきで
﹁追い返す﹂と吐きすてた。
﹁俺は福岡ドームに用がある。避難するつもりはまったくない。お
そらくあんたの言うとおり、アスルーを倒すのが俺の役目なのかも
しれない。とにかく、今の俺にはアスルーを倒すこと以外考えられ
ない。ミキには悪いが邪魔だ﹂
アイコには頼もしい言葉だった。アニナも、彼も、人類をこの災
禍から救うため戦わなければならない。何をどうすればいいかは、
まだ皆目見当もつかない。だが、この地にとどまり真の災いである
﹃眩く輝くもの﹄に対し何らかのアクションをとらねばならない。
﹁媚孤朗という妖孤は? あんたの物語には出てこないのか?﹂
ホンダが唐突に聞いた。
おとはや
﹁媚孤朗?﹂首を傾げるしかなかった。
﹁俺に、この刀をくれた。音速の剣と言った⋮⋮﹂
﹁おとはや⋮⋮音速を超えるのね。多分、その刀はサムヤサととも
にエレボス・シ・ルカヤルが地上に持って降りた物。太古から現在
に到るまで、様々な因縁があってもおかしくはないわ﹂
そう答えると、アイコは今までの話の内容を助手席のアニナに簡
単に通訳して聞かせた。
アニナはリホルバーに馬鹿でかい弾を込めながら話を聞いた。
亡者達は弾を避けない。彼女の知るバンパイアのように敏捷では
ない。彼女の定義によれば蘇った死者は全てバンパイアだ。だがこ
いつらはゾンビと呼んだほうがアメリカ文化圏では通りがいいよう
だ。しかし困ったことにこいつらは九ミリ弾では倒せない。お気に
入りだったオリーブ色のXDピストルはお蔵入りだ。替わりにスミ
ス&ウェッソンM500リホルバーの登場だ。コンクリートの塊で
さえ粉々に吹き飛ばせる。しかし装弾数が少ない。すぐに弾切れに
なる。後、つかえるのはシグアームズのレボリューションXO。4
5口径だと二発で敵は止まる。それでも装弾数は九発×二丁。この
177
大河のような亡者の群れにどう立ち向かう。一分経たないうちに弾
切れだ。アイコの話も上の空でアニナは前途に暗い暗雲感じていた。
戦えるのはエレボスひとりじゃないのか。先刻の凄まじい戦いぷ
りが目に蘇る。亡者の群れ只中にあり、襲い来る亡者を片っ端から
斬り伏せ蹴り倒していた。あんな真似はできない。わたしはなんの
役にも立たないのかもしれない。
178
邂逅
祐二はランクルのハンドルを握った。土嚢は突き崩した。この傾
斜なら登れる。唯一の不安点は天辺で腹がつっかえないかどうか。
できる限り斜めにアプローチしなければ。
川野少年が土嚢の上で誘導している。祐二はなんとなく彼が気に
入っていた。昔の自分を思い出す。三年前、アニナに会う前までは、
ただのジャンキー少年だった。
ごっと音をたて前輪が土嚢に乗り上げた。続いて後輪。タイヤが
力強く土嚢をとらえる。ノーズが天を仰ぎ視界が空ばかりになった。
誘導する川野少年の手がかろうじて見える。もっと右へ寄れと言っ
ている。
車重を少しでも減らすため、満載していた荷物はいったん降ろし
ている。軽油の入ったポリタンクなど。土嚢を乗り越えた後、再び
積み込む。
川野の合図で思い切りハンドルを左にきった。天辺だ。次の瞬間、
右前輪が宙に浮き車体がかしいだ。そして着地、今度は左後輪が宙
をかいている。乗り越えた。
あとはエンジンブレーキを効かせながら降りるだけだ。いや、降
りるというより落ちている。もっとエンジンブレーキを効かせない
と。しかし。
アスファルトでバンパーを少しこすったが、ランクルは無事土嚢
を乗り越えた。
よし。あとは九州だ。
運転席を降りると、土嚢の上にいたミキが橋のほうを指差し、
﹁あっ﹂と言った。
﹁人が沢山、こっちに来てますよ﹂這ってます、と付け加えた。
見れば橋の向こうから、濁流のような人の群れが、ゆっくりと這
って近づいて来ている。
179
側にいた川野が言った。
﹁なんだか、背筋が⋮⋮あれ、生きてるのかな⋮⋮﹂
祐二にはわかった。
﹁いや。死んでいる﹂おそらく、寒波で死んだルナティックたちだ。
それが何故、とも思う。 が、何をしに来たかは明白だ。
﹁急いで荷物を積んでくれ。俺が足止めする﹂
川野は八十九式小銃を肩にかけ、撥ねるように土嚢の向こうに消
えた。
﹁重い荷物は俺が運ぶ。お前は軽い奴を積んでくれ﹂川野がミキに
言っている。ミキは無言で従った。鞄を手に勢い良く土嚢を駆け上
がったが、そのまま転んだ。
どういうことかわけがわからないが、これも悪魔の仕業なんだろ
う。俺の術が通じるか? この地に来てはじめての試み。
凛とした声で祐二は印を切った。
﹁臨﹂唱えて独鈷印を結ぶ。
﹁兵﹂指を組み替え大金剛輪印。
﹁闘﹂さらに組み替え外獅子印。
﹁者﹂内獅子印。
﹁皆﹂下縛印。
﹁陳﹂内縛印。
﹁列﹂智拳印。
﹁在﹂日輪印。
﹁前﹂隠形印。
調伏発動。
続けて空中に﹁王﹂の字を書いて唱えた。
たちどころに変化あった。死者の群れの半数が動きを止めている。
呪縛した。
ここまでは修験道の呪術。
あのくたらさんみゃくさんぼだい
さらに唱える。日蓮宗系呪法。
﹁阿耨多羅三藐三菩提﹂
180
死霊に切りかかり成仏させる九字。刀印を結び空中に﹃妙﹄の
字を書きながら、一角ごとに唱える。﹃妙﹄は九画ではない。九画
に崩して宙に刻む。そして続けて唱える。
﹁阿・耨・多・羅・三・藐・三・菩・提ゝゝ﹂
亡者の群れのほとんどが動きを止めた。しかし成仏させるには到
っていない。呪縛しただけだ。それは、この呪をかけた者の力がよ
ほど強いことを意味する。
﹁川野っ!!﹂鋭く叫んだ。三体近づいて来ている。今は一瞬も手
を休められない。
意味は伝わったようだ。川野が土嚢の上から八十九式小銃で狙い
撃った。三発とも命中したが、奴らは止まらない。川野はフルオー
トに切り替えて再び撃った。ライフル弾が人間の体を破壊する。肉
の塊になって、はじめてそれは動かなくなった。
これは思ったより手ごわい。呪文と九字切る手を休めず祐二は感
じた。
川野はもう荷物運びを止め、呪縛を破って近づいてくる敵を撃つ
のに必死だ。代わりにミキが重いポリタンクを運んでいたが土嚢の
上から転がり落ちた。
もう限界に近い。距離約二十メートル。
﹁あと幾つ残っている?﹂起き上がったミキに聞いた。
﹁三缶です﹂
﹁もういい。捨てて行こう。二人ともはやく車に乗るンだ﹂呪文の
合間に早口で言った。もの凄く素早く二人は車に乗り込んだ。ミキ
などはいつも﹁シートが高すぎて乗れません。ミキ、どうしよう﹂
などと言っていたのに、まるでカウボーイのようにひらりと飛び乗
った。
二人が乗ったのを確認して印を解いた。瞬間、防波堤を突き破った
濁流のようにあふれ来る死者の群れ。自分も運転席に躍りこんだ。
ハンドルを握る。ゆっくりと死者の群れに向かい進む。
慎重にそれの上に乗り上げた。太いタイヤが死者を噛む。車は左
181
右に上下に揺れた。ミキが半分泣いている。それも道理。車は今、
亡者の川の上を進んでいる。窓を閉めていてもいやおうなしに聞こ
える地獄の咆哮。しかもハンドルをきり損なえば海へ落ちる。ゴツ
ゴツと人間の体を轢く感触がタイヤからハンドルに伝わる。握る手
が汗ばむ。ハンドルをとられそうだ。一気に駆け抜けたいがそれは
できない。ゆっくり一輪ずつ、タイヤで死体を捉えながら進むしか
ない。時々跳ね上がってウィンドウにぶち当たる奴がいる。ボンネ
ットの上に乗った奴が視界を邪魔する。助手席の川野が九mm拳銃
を抜いて窓を開けようとしたが押しとめた。九mm弾では始末でき
ない。それは車がバウンドすると自然に下に落ちた。
永劫とも思える瞬間を幾千も重ねて、車は海峡を渡りきった。
だがまだ安堵できない。トンネル手前の丘を登らなければならな
い。
祐二はノーズを土手に向けた。本当はここも荷物を降ろして登る
予定だった。今は荷物を満載している上、人間が三人も乗っている。
だが仕方ない。
エンジンが咆哮をあげランクルは斜面を登り始めた。もっとアク
セルをふかしたい。しかし過度に踏み込めばタイヤは空転をはじめ
スタックしてしまう。あくまで適度に、土を捉える感触を確かめな
がら登っていくしかない。スタックしたら最後だ。
そしてフェンス。フェンスがある。それをどうする? このまま
突き破れるのならいいが⋮⋮。
思案のまとまらないうちに、ランクルは見事に土手を登りきりフ
ェンス手前まで来た。その向こうは一般道だ。
祐二はアクセル踏む足を緩めずフェンスに突っ込んだ。スピード
が足りない。フェンスは軟らかくランクルを受け止めた。さらにア
クセルを踏み込むとタイヤが空転を始めた。まずい。破れない。ス
タックしてしまう。ウィンチを使うしかない。
祐二は車を少しバックさせ、サイドブレーキを引くとエンジンも
止めギアをローにいれ川野に言った。
182
﹁ウィンチで引き倒す。援護してくれ﹂言うやいなや運転席から飛
び降りた。
見れば土手を登り始めている亡者の群れがある。背後に回った川
野がめくら撃ちに弾を叩き込んだ。
﹁なんでこいつら立って歩かないンだ?﹂見当はずれなことを言っ
ている。
祐二はウィンチを引っ張り出しフェンスにフックをかけた。巻き
取る。フェンスがかしぐ。
﹁川野、頼む。時間稼ぎしてくれ﹂
もう奴らはかなり登ってきている。
祐二は自分もショットガンを取り出した。運転席のドアを開ける
と、後席で身を硬くしていたミキが涙声で、
﹁どうしてエンジン止めちゃうンですかぁ?﹂と言ったが、今それ
に答えている暇はない。
川野に並んでショットガンをかまえ、這いよる亡者に銃口をむけ
た。狙い定めるは頭部。ショットシェルではなく熊撃ち用のスラッ
グ弾。馬鹿でかい鉛玉が屍の頭吹き飛ばした。
化け物を撃つことは仮想していた。しかし人間を撃つことは想定
外。いやな感触だ。全弾撃ちつくしショットシェルを装填する。今
度はバックショット︵散弾にはバックショットとバードショットが
ある。バックショットは鹿撃ち用。バードショットは鳥撃ち・クレ
ー射撃用︶そのトリプルオー。ペレット︵散弾一粒︶の大きさは9.
14ミリだ。九ミリの鉛玉のシャワーを浴びてみろ。
川野がコツを飲み込んだらしく三点バーストに切り替えて撃ちは
じめた。頭を狙えば三発で敵は動かなくなった。
﹁激ヤバ。ゾンビ映画だ﹂川野が言った。群れて這いよる様は映画
よりおぞましい。
ふたりは確実に敵をしとめていたがいかんせん数が多い。徐々に
這い登ってくる。
背後でめりめりと音がした。ふり返ればフェンスが根こそぎ引き
183
倒されていた。オーケィだ。
﹁援護頼む!!﹂川野にそう言い残すと、ウィンチの回収に取り掛
かった。フックを外しあまったワイヤーを巻き取る。あとは撤収だ。
そこへ。派手なタイヤの音を響かせてフェンスの向こうに止まった
のは黒いスティションワゴン。
飛び出してきたのは三人。若い女がひとり、刀を持った少年がひ
とり、そしてアニナ。
祐二は、瞬間、時間が止まったように感じた。亡者達の唸り声も
聞こえない。
﹁アニナッ!!!!﹂一目でわかった。三年前と何も変わっていな
い。いや、背が伸びている。スレンダーになった。彼女は俺を憶え
ているだろうか?
﹁祐二⋮⋮?﹂信じられないと言った面持ち。かまえていた拳銃が
下を向く。
﹁どうしてここに⋮⋮?﹂
﹁お前に会えるかな、と思って﹂そう言って笑みを浮かべた。
アニナも笑みを返した。いや、そう思ったのは一瞬、次の瞬間飛
び掛るように抱きつかれた。弾みで草むらのなかに倒れた。手荒い
抱擁を持って歓迎された。この場には似つかわしくない再会シーン。
﹁信じられない⋮⋮まさか会えるとは思わなかった﹂胸のうえで興
奮気味にアニナが言った。
﹁俺もだ﹂と言い、一番伝えたかったことを言った。
﹁俺、エクソシストになったンだぜ﹂
﹁本当?﹂
﹁約束したからな﹂
﹁凄い⋮⋮本当になったンだ⋮⋮﹂
それから祐二は思い出しくすりと笑って続けた。
﹁ほら、三年前、空港前で別れたじゃん﹂
頷くアニナ。
﹁なんでメルアドくらい聞かなかったのかなと思って﹂
184
アニナは噴出し、確かにそうだ、と言った。古城だからといって
パソコンがないわけではない。
アニナは祐二を促し、ひとりの少年を目で追った。既に幽鬼の群
れに飛び込んでいる。そして立て続けにとどろく爆音。拳を、蹴り
を、刀を亡者に叩き込む。
﹁アレは⋮⋮。ひょっとして彼がエレボス?﹂
﹁そう。わたしも手伝わなきゃ﹂
アニナは身を起こし、銃をかまえた。祐二に会い弛んでいた表情
が引き締まる。眸がつりあがる。丘の下に銃口を向けた。祐二もシ
ョットガンをかまえた。
ランクルからミキが飛び出した。勿論耀を見つけて。
﹁耀っ!!﹂叫ぶがふりむかない。
﹁耀っ!!﹂全くふりむかない。
﹁耀っ!!﹂聞こえているはずなのにふりむかない。
一匹の邪鬼が彼女に近づいて来ている。彼女は気付いていない。
祐二はそれを撃った。散弾は亡者の体に無数の穴を空けたが、止ま
らない。まずい。亡者はミキに飛び掛る。
その時、一足飛びに大地えぐって降り立ったエレボスがその太刀
で亡者を粉砕した。そしてミキに言った。
﹁すぐにこいつら全部片付けてやる。だからとっとと東京へ帰れ﹂
その言葉にカチンと来たようだ。眉を吊り上げた。
﹁ちょっと!! それがはるばる九州までやってきたわたしに言う
言葉!!﹂
口喧嘩がはじまった。
﹁これが俺だ。俺の姿だ。そして俺にはやることがある。ここを離
れる気は全くない﹂
﹁いったい何をやるって言うのよ!!﹂
﹁男には倒さなければならない相手がいるンだ﹂
芝居のように陳腐な台詞だと思った。本人も気付いたようで顔を
赤らめ言い直した。
185
﹁と、とにかく。喧嘩を売られたんだ。奴は待っている。行かなき
ゃいけない﹂
﹁喧嘩? いったい誰が喧嘩を売ったって言うの? その相手は人
間? 違うでしょ。馬鹿じゃないの。化け物相手に勝てるわけない
じゃない﹂
﹁その位にしとけ﹂
ショットガンぶっ放す手を休め、祐二は割って入った。
﹁とにかく車に乗るンだ。ここを離れよう﹂
ミキはまだ言い足りない顔をしていたが、踵を返すとランクルの
後席に乗り込んだ。
エレボスもいきりたって顔色を変えたままワゴンに乗った。
祐二が運転席に乗り込むと、アニナが助手席のドアを開いた。
﹁乗っていいか?﹂と聞いた。
﹁勿論﹂と答えた。
二台の車は出発した。ランクルは一般道へでた。
﹁もう一人いた女性は?﹂祐二はアニナに聞いた。
﹁アイコ。大学生であなたよりひとつ上よ。悪魔を召還できるの﹂
なるほど。それは凄い。
しかし、会話ができたのはここまで。祐二もアニナも積もる話が
あったのだが、後席のミキの様子におののくこととなった。憤懣や
るかたない様子でぶつぶつぶつぶつ言っている。
﹁なんて奴﹂
﹁あの冷血人間﹂
﹁いとことは思えないわ﹂
ぷりぷり腹を立てているミキに、隣りの川野が困った顔でお手上
げ状態。
日本語のわからないアニナも遠慮して口を閉ざした。
祐二は苦笑いしてハンドルを握るしかなかった。
186
邂逅2
エレボスとミキの戦いは続いていた。
場所はディスカウントショップのパーキング。ここに死者の姿は
ない。
アニナは、日本語はわからないが、大体言い争いの内容は想像つ
いた。
戦い続けるエレボスとミキをよそに四人はそれぞれの情報を教え
あった。アイコが主になってその推論を展開した。日本語で話して
いるからアニナには祐二が通訳してくれている。
﹁わかっていることはこれでほぼ全部ね。この推論で間違いないと
思う﹂締めくくってアイコが言った。
会談が決裂した様子でホンダが座に加わる。ミキは腹を立て離れ
たところでジュースを飲んでいる。その場に加わりはじめてホンダ
は川野に気づき﹁あれ?﹂と言った。
川野はにやりと笑い、
﹁よう﹂と答えた。何故? というホンダの視線に、
﹁戻ってきた﹂自分でも呆れているよ、という表情。
﹁とにかく、これでパーティが揃った。RPGならそんなトコね﹂
とアイコ。
﹁戦士が二人﹂と言ってホンダとアニナを見た。
﹁ビショップがひとり﹂と野原祐二を見て言った。
﹁わたしは魔女かしら。そして﹂泥棒と言いかけて止めて、
﹁シーフ﹂と川野を見た。離れたところにいるミキに目をやり、
﹁彼女は⋮⋮﹂と言いよどんだ。
﹁マスコットガールかしら﹂
﹁頼みがある﹂ホンダが川野に言った。
﹁車の運転はできるか?﹂
﹁あ? まぁ、できるけど﹂
187
﹁もう一度海峡を渡ってミキを東京へ連れ帰って欲しい﹂
﹁え?﹂
全員がホンダの顔を見た。
﹁俺たちは残る。四人なら車一台でいい。ワゴンでミキを連れ帰っ
て欲しい﹂
﹁あぁ、まぁ⋮⋮﹂川野は返事を渋った。この地が天国でないこと
は知っている。しかし彼ら抜きで、自分ひとりで、少女を護りなが
ら東京まで行けるかというと、それは別問題だ。襲撃されたらどう
すれば良い。それに橋の上は死人だらけだ。今逃げてきたばかりだ。
﹁海峡に死者の群れがまだいたら、俺が全部片付ける﹂
アニナはやり取りを見守った。通訳は祐二がしている。短い時間
だが、アニナは川野のキャラクターが少しわかっていた。多分、頼
まれるといやとはいえない性格。
﹁まぁ、いいけど⋮⋮﹂川野は答えた。
ホンダは安堵した表情を見せた。
﹁とにかく。もう一回、海峡に行ってみてからだな⋮⋮。通れるよ
うなら東京に行ってやるよ﹂煙草をふかしながら川野が言った。し
かし、
﹁彼女を連れてきたのは俺だ。俺に責任がある﹂祐二が口を挟んだ。
﹁俺たちと一緒にいるほうが安全じゃないのか?﹂川野の射撃の腕
は認めている。それ以外の才能も。しかし災禍の圏外にたどり着く
までに、奴らに襲われたら、たった一人でどう立ち向かう? 俺た
ちはこれから福岡ドームへ向かう。一緒にいて、戦える自分達が護
ってやったほうがいいのではないか。
﹁いや⋮⋮﹂ホンダは目をそらした。ここにいれば必ず死ぬ。目が
そう語っていた。
188
邂逅3
橋の上の亡者の群れは影も形もなくなっていた。いったい何処へ、
と誰もが思った。
﹁どちらにしても、土嚢を排除しないとな⋮⋮﹂祐二が言った。ス
ティションワゴンでアレを乗り越えられるわけがない。手ごろなジ
ープかジムニーがキー付であるばいいが。それ以前にこの傾斜を下
れるのか。ついさっきランクルで乗り越えた丘である。
ぎー、という異音を発しながら、ミキがワゴンの助手席から降り
てきた。凄まじく不機嫌だ。
﹁もう、いいから﹂ホンダに言った。
﹁ミキ、川野郁夫君と仲良くなっちゃうから。叔父さんになるかも
知れないから覚悟しといて﹂と川野の腕を取った。
ホンダは仏頂面で何も言わなかった。正確に言えばいとこに子供
ができても叔父ではない。
祐二が﹁川野と仲良くなる﹂という部分を﹁川野とメイクラブす
る﹂と訳したから、アニナは思わず頬が染まった。大胆に公言して
からするのか。日本人は。加えて、自分よりどう見ても幼い感じの
少女が自分より進んでいることがショックだった。祐二の訳がアバ
ウトすぎるのもいけない。もともとガンジャの売人をして習得した
英語だからである。
その時。空を揺るがす大音響。
見れば橋のうえに巨大な火球、燃え盛っている。
アニナとアイコには、何者が現れたかすぐわかった。
﹁逃げよう﹂アニナが言って、
﹁はやく、車に乗って!!﹂アイコが全員を促した。
﹁いったいナンダ? アレ﹂呑気にかまえた川野の頭をアイコが車
内に押し込んだ。
アニナはふり返った。既に炎の中からセレが姿を現わしている。
189
煌く巨大な剣をふるった。太いワイヤーを断ち切った。左右。
関門大橋はつり橋である。大変な重量を支えていたワイヤーは、
その張力に従い跳ね上がり門司側の山肌をえぐり宙に躍った。支え
を失った巨大な橋はバランスを失いかしいだ。
まずい。橋が崩れる。アニナは思った。
﹁知ってるのか?﹂出現したセレを指し祐二が言った。
﹁ストーカー﹂と、答えた。
﹁最悪だな﹂祐二はランクルに乗った。
セレはまっすぐこっちへ進んできている。アニナは祐二の隣に乗
った。全員二台の車に乗り込んだ。ワゴンのタイヤが白煙をあげ横
滑りし、ガードレールにテイルをぶつけ、猛スピードで走り出した。
祐二のランクルがあとを追った。
アニナは背後をふり返った。ピタリと後を追って来る。距離が縮
まっている。川野少年が後席の窓を開け八十九式小銃で狙い撃った。
アニナも助手席から身を乗り出し、レヴォリューションXOで撃っ
た。数発当たり血が飛び散ったが、何のダメージもないようだ。
大音響が響き渡った。木立に隠れて見えないが、橋が崩落したの
だろう。水しぶきと粉塵が車を襲った。
﹁この先はっ? 山道を下ると何処へ出る?﹂祐二に聞いた。
﹁海岸線だ。そうだ、まずい。高潮が来る⋮⋮﹂
言っている間にそれは来た。津波のように襲い来るのではなく、
駸駸と恐ろしい速さで渦巻く水面が盛り上がってきた。山道の行く
手を閉ざす暗緑色の水。急ブレーキを踏むワゴンとランクル。が、
先頭のワゴンは既にフロントタイヤを水に取られている。ノーズが
流される。もっていかれる。
﹁川野、ウインチで固定しろ。俺は後ろの奴を⋮⋮﹂運転席のドア
を開けながら祐二が言った。
﹁どうするの?﹂アニナは聞いた。
﹁俺はエクソシストだぜ﹂そう言ってにやりと笑うと駆け出した。
一方、川野はたったアレだけの指示でやるべきことを理解してい
190
た。ランクルからウィンチを引っ張り出すと、もう完全に水に浮い
たワゴンのリアバンパー下部のU字型の金具にフックを引っ掛けた。
ワイヤーをぴんと張る。これで潮に飲み込まれない。
背後へ駆けた祐二はまっすぐこちらへ向かってくる悪魔セレに真
っ向から挑んだ。
空中を縦横に刻み、
﹃臨﹄﹃兵﹄﹃闘﹄﹃者﹄﹃皆﹄﹃陳﹄﹃列﹄﹃在﹄﹃前﹄。早九
字を唱えた。
悪魔のスピードが若干落ちた。
続けて唱えるは、日蓮宗系最高呪術﹁頭破七分﹂。雑魚に唱える
呪文を唱えても時間の無駄だ。これを破られれば一巻の終わりだが。
賭けだ。
宙に﹃妙﹄の字を九画で刻みながら、
﹃妙﹄﹃法﹄﹃蓮﹄﹃華﹄﹃経﹄﹃頭﹄﹃破﹄﹃七﹄﹃分﹄唱えた。
教義では、その瞬間鬼子母神が発動して、敵を摧破し尽くすと言う。
その信憑性はともかくとして、唱えた瞬間異変は起きた。
セレが止まった。
頭髪、顔面が白く染まっている。いや、無数のひびに覆われてい
るのだ。
次の瞬間、ひびは全身を覆いつくしボロボロと崩れ去った。あと
にルナティック、人間がどさりと地に落ちた。
祐二は大きく息をした。
アニナは祐二のそばに駆け寄ると感嘆の声をあげた。その顔に祐
二が微笑んだ。
ワゴンから降りてきたエレボスが言った。
﹁その男を殺そう。早く﹂憑依されていたルナティックだ。倒れて
いる。意識はない。
﹁すぐにそいつに憑依する。このあたりに入れ物はない﹂
アニナもそれは同感だった。この場にいる生きている人間、全て
石の力で護られている。セレを完全に退けるには、ルナティックの
191
処分は必須。しかしおおかたの日本人は罪のない無辜の人間を殺す
ことにためらいを見せた。当然だ。この男は憑依されていただけ。
何の罪もない。
エレボスは続けた。
﹁次の瞬間殺されるのは俺たちだ﹂
刀を抜きかけたエレボスを制し、アニナが銃を抜いた。躊躇する
日本人を尻目に、額を撃ちぬいた。
﹁これで、セレは遠方へ行くしかない。憑依できる体を求めて﹂
できるだけ遠くへ行ってくれる事を望む。しかし、それも災禍の
圏内。悪魔なら数時間で飛んでこれるだろう。
そしてもうひとつ。セレが知った。私たちの邂逅を。つまり、彼
らの種族全員が知ったと同じこと。
192
かさなった符号
オイル缶で焚き火をした周りに、全員が車座になった。ショッピ
ングモールの屋上駐車場だ。ここに動く凍死者の姿はない。パーキ
ングの登り口は放置車両でふさいだ。しかし、だからと言って油断
はできない。悪魔であれば天から降りてくるだろう。店舗入り口で
あるエスカレーターを死者がよじ登ってこないとも限らない。だが、
一夜を明かすには現時点でこれ以上の場所はない。
アイコはこの出会いを奇跡的なものと捉えていた。アニナは三年
前、日本に来たときの友人に会った。その彼はエレボスのいとこを
連れてきていた。
アニナとその祐二は仲良く話している。祐二は精悍な感じの青年
だ。このなかで唯一大人の男の背中をしている。その祐二が話す。
﹁核融合の条件は決まっているけれど、呪術の条件というのは実は
不明確だ。比較的発動しやすいと思われるアクションを取り呪文を
唱えるが、常に同じ結果がでるとは限らない。残念だけど。だから
全ての悪魔に対してさっきのような効果は期待できない﹂アニナが
ふむふむと頷いている。英語で喋っているから他の人間は会話に入
れない。
エレボスとそのいとこの少女は相変わらずだ。冷戦状態。
エレボスは確かに人間離れしている。獣? 漂う雰囲気に獣の匂
いがする。ううん。それ以外の何か。虚無? 狼に似たその眸の奥
が見えない。
川野という少年は若いが達観したところがある。不良少年でも群
れるタイプじゃない。好感が持てた。
﹁とにかく、もう、九州からは出られない﹂アイコは全員に言った。
橋は落ちた。トンネルはつぶれている。一艘の小船も残っていない。
全員がその事実を認識していた。
﹁わたし達にやれることをやりましょう﹂アイコは福岡ドームへ行
193
く気だった。
頷く目を見てわかった。他の全員の意志も同じ。
アスルーを倒し﹃眩く輝くもの﹄を封印する。封印の方法はわか
らない。だけど行かなければ。それは全ての破局となる。﹁宇宙を
覆す策略﹂オル・ゼヴァブの言葉が耳に蘇る。
わたし達にはエレボスとサムヤサがいる。まったく無力ではあり
得ない筈。この災いのときに、エレボスとサムヤサの血を濃く引く
ものが同時代に生きていて出会った。この日本の。その災禍の中心
地で。それは奇跡と言うよりも運命。
わたしは? 不意に心に疑問が浮かんだ。わたしは何のためにこ
こにいるのだろう? 学徒として? 宗教史の? はじめはそうだ
った。だけど⋮⋮。
わたしは⋮⋮。エリゴールの知り合いであるらしい。しかし、そ
れは教えてもらえない。死の瞬間まで。現状では、悪魔を召還し情
報を得る以外、能力はない。バティンらの策略に対しては無力だ。
動く凍死者達に対しても。
彼女は輪から離れた。一人歩いた。上を見上げて。澄んだ空気の
奥に星空が広がっていた。その星々を見ながら夢想した。あのなか
のどれかからサムヤサたちはやってきた。
あのなかの︱︱!!
どれ︱︱!!
サムヤサたちがやってきたのは、どれでもない︱︱!!
その瞬間、全ての符号が彼女の頭のなかでつながった。
﹃霧に閉ざされた星﹄﹃千年毎に歴史を失う人々﹄﹃魔物﹄﹃悪
魔﹄﹃塔﹄﹃ウィルオトス﹄﹃地平は霞たち空へとのぼり﹄﹃サム
ヤサたちは船を見つけた﹄﹃眩く輝くもの﹄﹃全てのはじまりとな
るもの﹄﹃宇宙を覆す災い﹄
彼女はその推論を頭のなかで繰り返した。
194
長い長い物語
彼女は愕然として、自分の推理を頭のなかでくり返した。
こんな馬鹿な想像はない、と思った。三度くり返したとき、よう
やく冷静になれた。
彼女は頭上の月を睨みあげた。
月。
誰もが当たり前に思って不思議とも思わない天体。一番身近にあ
って実は一番謎に満ちた天体。
その謎の第一。月はその大きさに比べて非常に軽い天体。
その謎の第二。地球規模の惑星が持つにしては非常に大きな衛星。
そして、この第二の謎は、生命の進化に計り知れない恩恵を与え
ている。太陽系の中で、地球と火星は、木星の引力を非常に強く受
けている。木星は太陽になり損ねたと言われるくらい巨大な星。地
球と火星は太陽だけでなく木星の引力も強く受けている。そのため、
火星では、地軸の移動が頻繁に起こる。地軸の移動とはつまり、今
現在北極点だったところが次の瞬間には赤道にまで移動する、極端
な例えをするとそういうこと。そんなことが一度でも起これば、生
命にとってとんでもない悲劇だ。けれど、それは火星にしか起こら
ない。地球は巨大な衛星がその地軸を安定させている。
そして第三の謎。その起源。
その起源は、現在ではジャイアントインパクト説が主流になって
いる。地球誕生間もないころ、火星クラスの天体が衝突し、飛び散
った破片が衛星軌道上で固まったという説。
が、けれど、と彼女は思う。もし、そうなったら、それらの破片
は、土星の輪のようになって衛星軌道上を飛び、永遠に固まること
などない。たとえ固まったとしても、地球の年齢を考えたとき、時
間的にそれは可能なのか疑ってしまう。
それ以前に主流だった説は、飛来説。つまり、太陽系外からやっ
195
て来た天体が、地球の引力に捉えられ、衛星となった、という。
しかしこの説には致命的な欠点があった。計算してみれば、月ほ
どの巨大な天体の運動エネルギーなら、それは地球ごとき小さな星
の引力では捉えられない、という。
けれど。
もし、太陽系外から地球を目指してやってきて、その衛星軌道上
に自ら乗ったのなら?
彼女は遠い昔に思いをはせた。
地球から遠く離れた星。進んだ文明。母星の危機。建設される巨
大なスペースコロニー。その、豊かな森と草原が広がり、快適な街
をそなえた内部。その、隕石の衝突から守るため分厚い地殻で蔽わ
れた外殻。そのなかには母星そっくりの生態系が復元されていたは
ず。そして始まった地球への航海。おそらく、数億年かかる⋮⋮。
さらに地球へ到着しても、地球が快適な状態になるまで、数億年待
たなければならない。
そして、そこにあったはずのもの。ウィルオトス。名称は何でも
いい。家畜や農作物の改良ため持ちこまれた遺伝子操作の技術、そ
の機械。
歴史が失われたのが先か、機械により、遺伝子操作が弄ばれたの
が先か、それはわからない。けれどもその機械により魔物が生まれ、
終には肉体さえ必要としない悪魔たちが生まれた。その一霊、オル・
ゼヴァブ誕生により、人々は繰り返し、完全に歴史を失うようにな
った。天候をコントロールする機械は壊れ、コロニー内は霧に包ま
れた⋮⋮。コロニーがあらかじめ設定されていた航路をたどり地球
に到着しても、彼らは気づかないまま、ずっと時を過ごした⋮⋮。
サムヤサらが、霧を晴らし、世界に光を取り戻したとき、﹃地平
は霞たち空へと立ち昇っていた﹄、と記述がある。それはSFでみ
るスペースコロニーの内部にそっくり。
﹃幾本もの、聳え立つ塔﹄は、コロニーの支柱であると同時にコ
ントロールタワー。
196
サムヤサの見つけた﹃船﹄とは、地球上陸用艇。
サムヤサらの去ったあと、悪魔たちは封印されたままだった。け
れど隕石衝突でそのうち十八霊の封印がとけ、地球へやって来た⋮
⋮。それが、今回の災禍⋮⋮。
彼女は夢想から、我に返った。地球空洞説なら、聞いたことがあ
るけれど、月が空洞??
こんな話は誰にも聞かせられない。
﹁どうしたの? 顔が真っ青じゃないか﹂
気づくとアニナが横に来て、顔をのぞきこんでいた。
﹁ううん。なんでもない﹂彼女は首をふった。
﹁でも、みんなにニュースがあるの。とっても悪いニュースよ﹂
今の推論を話すつもりはなかった。その推論の先にあった答えの
み、話した。
﹁眩く輝くもの、の正体﹂
197
ルーシファー
アイコは車座になった仲間のそばに立った。立ったまま話した。
﹁ただの根拠のない、推論だけど﹂
川野少年が薄笑いを浮かべた。
﹁悪いニュースって?﹂この状況で聞かされるさらに悪いニュース
なんてあるのか? そう言いたいようだった。
アニナへの通訳は祐二に頼み、彼女は日本語で話した。
﹁登場してない、大物がいるわ。勿論、悪魔なんて五萬といて、登
場していないほうが多いけれど﹂
﹁だったらわかんねぇよ。あんたと違って、詳しくないんだから﹂
川野が肩をすくめた。
﹁誰でも知ってる大物よ。その名前を知らない人なんて、いないく
らい﹂
祐二の通訳を聞いたアニナが答えた。
﹁サタン?﹂
﹁残念、違うわ。サタンは、光じゃない﹂
その日本語を通訳してもらったアニナが、眉をひそめて言った。
﹁まさか、ルーシファー??﹂
﹁正解﹂
川野少年が、ちょっと吃驚した顔をして言った。
﹁今、ルーシファーって言ったんだろ? ルーシファーって、サタ
ンのことじゃないのか?﹂
秘教家であるアイコは、皆にわかるように説明した。
﹁昔から続くルーシファーとサタンの混同は、哀しいくらい。ルー
シファーの名は一度きり﹃イザヤ書﹄に出てきただけで﹃光を広げ
る﹄という意味のヘブライ語。それが黙示録では、旧約の蛇や、サ
タン、ドラゴン、それらと混合されてしまったの。しかもサタンが
堕天する前の天界での名前、なんて言われたりもしてる。けれど現
198
在の神智学や人智学では、ルーシファーはゾロアスター教のアフラ・
マズダー、サタンはアーリマンのことだと言われている。つまり、
まったく別個の対立する者、光の神と、闇の神。わたしも、おおむ
ねその考え方に賛成よ﹂
﹁神様なのか??﹂川野が素っ頓狂な声をあげて目を丸くした。
﹁神様だからって、善い存在とは限らないわ。危険な神もいる。わ
たしは昔からこう考えていたの。アフラ・マズダーと同一視はしな
い。けれども同等の存在。その対極にあるもの。それは、まだ生ま
れていない、創造神。現在の宇宙の対極となる宇宙の創造主﹂
祐二の通訳を聞いたアニナが目を輝かせた。
﹁おもしろい考え方だ﹂
アイコはありがとう、と言って、続けた。
﹁つまり、バティンを中心とする悪魔たちがそれを創ったの。﹃す
べての始まりとなるもの﹄。今はアスルーに守られている。それは、
おそらく直径一ミリ以下。その大きさなのにあれだけの光源となっ
ている。なかにあるのは、にえたぎるクォークとレプトン。温度は
十の二十七乗度以上あるはず。その状態で封印されているけれど、
もし封印が解かれたら、一瞬でそれは膨張し、今ある宇宙をのみ込
む﹃宇宙を覆す災い﹄︱︱﹂
﹁ちょっと待って、ちょっと待って﹂祐二の通訳をさえぎり、アニ
ナが言った。
﹁あなたの言っていることが、わたしにはビッグバンにしか聞こえ
ないんだけど﹂
アイコはつかの間押し黙り、答えた。
﹁その通りよ﹂
川野とミキ以外は、目を丸くした。
川野が不審な顔をして言った。
﹁今、ビッグバンって聞こえたんだけど、そうなのか??﹂
アイコはうなずいた。
川野とミキの目も丸くなった。
199
﹁今あるこの宇宙はどうなるんだ??﹂
﹁のみこまれるわ。福岡ドームがビッグバン特異点となり、そこか
ら百億分の一秒で数万光年広がり膨張を続け、いずれ全てのみこま
れる。
邪悪な新しい宇宙の創造、それが奴らの目的。そのなかに生まれ
なおひのみたま
る命は互いに殺し合い奪い合う。その意識の根源にあるのは危険な
神、ルーシファー。つまり神道で言う直日霊、仏教で言うブッダフ
ッド、真我、それがルーシファーとすりかわる。ルーシファーの光
となる﹂
誰も口が聞けなかった。しばらくして祐二が言った。
﹁おもしろい考えだと、俺も思う。だが、推論に過ぎない。という
よりも、そうであって欲しいと、思う﹂
アイコはうなずいた。推論であることを認めた。
けれど川野がポツリと言った。
﹁宇宙が始まる前はなにがあったんだろうって、昔よく考えたけど
⋮⋮、宇宙があったのかもな⋮⋮﹂
しかもそれは、悪魔の業とはいえ、作為的に生み出されることに
なる。
﹁それが可能なら、この宇宙はその歴史のくり返しかもしれない⋮
⋮﹂ずっと黙っていたホンダが言った。人間はなにひとつ創造でき
ない。けれどもしなにか創造できるとしたら、ビッグバンほどシン
プルなモノはないのかもしれない、と。
が。
﹁推論にしても真実にしても、俺たちがこれからやることに何も変
わりはない﹂冷たい目で吐きすてた。
200
遊戯
﹁とにかく、今夜はもう寝よう﹂祐二が言った。
男三人で、交替で見張ろうと言う祐二にホンダが言った。
﹁交替する必要はない。俺は眠らない。俺が見張っておく﹂
男女二台の車に別れて眠ることにした。ランクルもスティション
ワゴンも、リアシートを倒せば充分人が寝られる空間ができる。車
に乗り込む前、祐二はホンダの肩を叩き、ミキのほうを見て言った。
﹁心配するな。彼女は俺たちで護ればいい﹂
ホンダは吐き捨てた。
﹁無理だ。ここはそんな甘いところじゃない﹂
祐二は苦笑した。苦笑したがその意味するところは痛切に理解で
きたようだ。
﹁わかった。最大限の努力をしよう。約束する。俺の命に代えても
彼女を、彼女だけじゃない、このなかの誰一人死なせない﹂
無理な約束だ、と思ったがホンダは何も言わなかった。
﹁俺たちはひとりじゃない﹂そう言い残し祐二はランクルの荷台に
乗った。
夜のパーキングにホンダは一人残された。冷たい空気に体の芯か
ら冷える。冬空が鳴っている。深い空気の層の底にいることを思い
知らされる。
俺たちはひとりじゃない。確かにそうだ。出会えた。神話の中の
血が重なった。俺と、アニナという少女。そしてサポートしてくれ
る人材も揃った。
パーキングの端まで歩いていって闇に沈む街並みを見た。ここは
既に人間界じゃない。集まったとは言え、ほんの数人だ。それだけ
の人数でなにができる。俺は⋮⋮。
俺がやるべきことをやるだけ。アスルーを倒す。バティンを葬り
201
去る。そのことだけを。
ひらひらと白い花びらが舞った。
﹁ぬしに会うのはこれが最後となるやも知れぬのぅ﹂背後からその
声は聞こえた。
ふり返った。媚孤朗。艶やかな着物姿でそこにいた。風のない空
気のなかを白い花びらがわずかに舞う。幻怪。またもや。
﹁ぬしに教えに来た。じゃが手遅れじゃった。ぬしらはばらばらに
された。奴らの遊戯よ﹂
﹁どういう意味だ?﹂
﹁言葉どおりの意味じゃぇ﹂
ばらばらにされた? 意味がわからない。
﹁はよう目を覚ませ。命があぶない﹂
﹁何を言っている?﹂
﹁ここは既に違う土地じゃ。二人ずつばらばらにされた。皆眠って
おる。おぬしは目くらましにあっておる﹂
それから切ない目でホンダを見つめた。
﹁ぬしにその太刀渡したこと悔いておる。ぬしを死なせとうない⋮
⋮﹂
ホンダは聞き返した。
﹁俺は⋮⋮死ぬのか?﹂
媚孤朗はその質問には答えず、珍しく語気強く言った。
﹁敵が近づいておるわ。はよう目を覚ませ﹂
ホンダは目を開いた。軽い眩暈をおぼえた。まったく見知らぬ風
景のなかにいた。そして眼前に迫り来る凍死者。反射的に拳を叩き
込んだ。轟音とどろき死体が転がった。いったいここは何処だ? 仲間達は何処だ? 考えるいとまなく凍死者の群れ襲い来た。刀を
抜き片っ端から切り倒した。一振りで一体を粉々にすると、ソニッ
クブームが周囲にいる亡者をまとめて吹き飛ばす。頭上に都市高速
道路がある。前方に上り口も。呉服町とある。福岡か?
背後で銃声響き渡った。ふり返ればアニナがいた。英語でなにか
202
叫んでいる。多分、何が起こったか俺に聞いているのだろう。わか
らない。一瞬でこうなった。これが媚孤朗の言った悪魔達の遊戯か。
彼女以外、他の仲間の姿はない。死者の群れ只中にたった二人で
放り込まれた。しかも、言葉が通じない。
203
遊戯2
荷室は広いが三人並んで寝るのは窮屈だ。アニナは助手席の背も
たれを少しさげてダッシュボードに足を投げ出して寝ることにした。
﹁あなたにこれを渡しておくわ﹂グロック18Cを取り出してミキ
に渡した。グロックシリーズはオーストリアの名銃。その登場は全
てのピストルの歴史を塗り替えた。その18Cはマシンピストル、
フル・オート。装弾数は31発。グリップからダブルカラムマガジ
ンがど派手に飛び出している。ピストルのフルオートだから当然集
弾性は良くない。彼女のことは勿論自分達で護るけれど、何事も万
全とは行かない。もし彼女が危機に瀕するとしたら、敵は至近距離
にいるはず。その状況でこの銃なら、めくら撃ちで撃っても数発は
当たる。
﹁この銃に安全装置はないわ。正確に言えばあるけれど、トリガー
の部分にあるの。つまり引き金を引けば弾は飛び出す。引かない限
り発射しない。暴発することはない。もしもピンチの時はこれを使
って。予備のマガジンも渡しておくわ﹂アイコが通訳した。ミキは
恐々と拳銃を受け取りその重さに驚いている。﹁むぎゅぅぅ﹂と言
った。その日本語の意味はわからない。
ホントに撃てるかしら? 多少心配になった。もともと心配だっ
たのだが。
﹁明日少し練習をしよう﹂と言うと、
﹁イエス﹂とはにかみながら答えた。
それから女三人で少しお喋りをした。こんな時になんだが、要は
男の品定めだ。川野がキュートだとか、祐二が逞しいとか、ホンダ
がワイルドだとか。アニナが、三年前の祐二は今と正反対でもっと
華奢だったと言うと二人は驚いた。ミキが耀はあんなじゃなかった。
人が変わったみたいだと寂しげに言った。慰める言葉はない。彼が
エレボスである以上。
204
それから他愛無い話をしばらく続けるうちに、他の二人は眠りに
ついた。アニナだけがなかなか眠れなかった。まどろみかけては目
が覚める。数度そんなことを繰り返したあと、彼女は霧に包まれた
世界の中にいた。
目の前に現れた。ラ・プティエリ・ア・ナネ。淡い光をまとう妖
精のような乙女。その口がこう告げた。
﹁エレボスの音速の剣も、そなたの日子の瓊矛も、わたしが念を込
めた物。そのふたつであればあるいは災いを取り除くことできるや
も知れぬ﹂
アニナは次の言葉を待った。日子の瓊矛、どうすれば使えるよう
になる? だが、彼女は消えていく。
﹁待て。まだ話が⋮⋮﹂と言ったとき、轟音とどろき、夢は引き裂
かれた。
目覚めれば硬いアスファルトの上に寝ていた。何故?? 考える
いとまもない。亡者が彼女に覆いかぶさってきていた。腰のTMP
を抜くと全弾撃ち込んで跳ね起きた。爆音続けざまにとどろいてい
る。見ればエレボスがいて刀を振るっている。彼以外仲間の姿はな
い。一体何が起きた。空のTMPを投げ捨て、レヴォリューション
XOで近づく亡者を撃ち倒した。
﹁どうなっている!! 他のみんなは? ここは何処だ?﹂聞いた。
日本語がかえって来た。わからない!! 駄目だ、コミュニケーシ
ョンがとれない。
アイコは冷たいフロアの上で目を覚ました。暗闇のなかだ。何処
で目覚めたのかわからなかった。ぼぅっとする頭を持ち上げたとき、
眠る前の記憶が戻り異常に気付いた。そばに人の気配がする。一瞬
で眠気がとんだ。
﹁誰? アニナ?﹂
懐中電灯で顔を照らされた。
205
﹁しー﹂とその人物は言った。
﹁ここ何処だかわからない。誰もいなくなった。気をつけて。奴ら
がいるかも﹂小声で言われた。
﹁川野君?﹂
川野は懐中電灯を消した。カチャッと音をさせてアサルトライフ
ルにマガジンを装填した。
﹁何がどうなったのかわからない。目が覚めたらここにいた。何処
かのショッピングビルの中みたい﹂
どうなっているのだろう? 戦慄に似た身震いが彼女を襲った。
心臓がざわざわと鳴り、全身を冷たいものが走った。これは悪魔の
業か? 人を一瞬にして移動させることができる悪魔もいる。複数
いる。オノボスから聞いた十八霊のなかにもいる。しかしそれなら
わたし達を殺すことも容易だったはず。それはしなかったのか? ならばその理由は? そして他の仲間は何処にいるのか? そもそ
もホンダはどうして気付かなかったのだろう。オセ? オセなら可
能かも。ホンダを幻界に導きその間にわたし達を引き離した。わか
らない。全て仮定だ。
現状を把握すべきだわ。今、ここにいるのはわたしと川野君だけ。
ここは? 暗闇に慣れた目で周囲を見回す。彼の言ったとおりショ
ッピングビルの中みたい。わずかに朝の光が入ってきている。腕時
計を見た。六時AM。冬の夜が明ける頃。九州の日の出は遅い。よ
うやく空が白み始める頃だ。
そばに自分のショットガンがあった。アニナに借りたモスバーグ。
﹁明かりのほうに進もう﹂川野が言って、アイコは腰を上げた。シ
ョットガンを手にした。店舗は大型のスポーツ用品店のようだ。テ
ニスラケットやシューズやマウンテンバイクなどがおぼろに見える。
﹁ここ、もしかして⋮⋮かな?﹂川野が呟いた。
そのエリアを抜けると雑多な小店舗が隣接する場所へでた。雑貨
屋、時計屋、アクセサリーショップ⋮⋮。そこは既にかなり明るい。
同時に聞こえてくる。
206
﹁聞こえる?﹂と、川野。
﹁奴らだ﹂
遠く地鳴りのようにかすかに聞こえるその音は、亡者達のうめき
声。
やっぱりいる。アイコは身を硬くしてショットガンをコッキング
した。角を曲がった。一面ガラス張り。外が見えた。この建造物の
構造がわかった。そこは吹き抜けの中庭に面した場所。
﹁やっぱりここリバーウォークだ﹂川野が言った。
﹁え?﹂何処なのそれは。
﹁小倉だよ。俺たち小倉にいるンだ。ここ、友達と何回か来た﹂
ガラスは自動ドアだった。通電していない今開かない。だが、鍵
はかかっていない。川野がバールを差込こじ開けた。途端に猛烈に
鼓膜に届く亡者のうめき声。警戒しながら吹き抜けの端に行き下を
見下ろした。
びっしりと地を覆う亡者の大群。蛆虫のようにのたうっている。
ここからどうやって出ればいい?
向こうにお堀と石垣が見える。
﹁小倉城だよ、あれ﹂川野が教えてくれた。
お城とその建造物の間は遊歩道のようになっているらしい。今は
亡者で埋め尽くされている。
﹁教えて。どうすればここから出られるの﹂
川野は頭を抱え込んだ。金髪をくしゃくしゃに乱し、
﹁俺が聞きてぇよ﹂と言った。
他の仲間はどうなった? ここを出て何処へ向かえばいい? ま
ず、どうやってここを出る? 207
遊戯3
祐二は硬いアスファルトの上で目を覚ました。朝靄に包まれてい
る。何故だか見たことのある風景。九州自動車道だろうか? 高速
道路の上であることには間違いない。
何故⋮⋮こんなところに⋮⋮?
寝起きのハッキリしない頭で考える。が、混乱するばかりだ。俺
ひとりなのだろうか?
足元に自分のショットガンがあった。手に取りいつでも撃てる姿
勢で周囲を歩いてみる。
これは悪魔の仕業か? バラバラにされたのか、俺たちは。それ
なら殺すことだってできただろうに。何故?
十メートルと行かないうちに人影が目に入った。朝靄のなか、身
を起こしている。人影が声を発した。
﹁あ、祐二さん﹂ミキだった。
﹁一体どうなったンですか? みんなは? ここは何処ですか?﹂
どの質問も自分が聞きたいことばかりだった。
﹁わからない。何も﹂
その三点。何が起きたのか、ここは何処なのか、他の仲間は何処
にいるのか、全て、まったくわからない状況下にいる。
ただ、ここは何処なのか、という点については、歩いていけばわ
かりそうだ。
祐二はミキを促し歩き始めた。進めば進むほど、見知った風景だ
という気がする。
﹁ここ、ひょっとして⋮⋮﹂と、ミキが呟いた。祐二も同じ気持ち
だ。
数分たたないうちにそこにたどり着いた。
朝靄のなか、行く手さえぎる土嚢。
﹁ここは中国自動車道だ。関門海峡の下関側だ﹂
208
その先には崩落した橋があるだけ。四面楚歌だ。九州に戻る術は
ない。と、同時に気付いた。
ここは袋のネズミだ。悪魔の意図が知れた。バラバラにして始末
するつもりだ。
レヴォリューションXOは既に弾切れだ。マガジンを交換する暇
もない。アニナはスミス&ウェッソンM500スナブノーズを抜い
た。這いよる亡者を粉砕する。頭に当たれば頭を、胸に当たれば胸
から上を吹き飛ばした。まるでミニグレネードランチャーだ。しか
し五体倒したところで弾は尽きた。リホルバーに弾を込める時間な
ど当然ない。エレボスのほうを見た。駄目だ。彼は彼で手一杯だ。
こっちの窮状には気付いていない。
素手で殴り倒してやる。こんな世界の果ての何処とも知れぬ片田
舎で。母国語で呟いたとき、お尻のポケットに無造作に突っ込んで
ある日子の瓊矛を思い出した。
コレでぶん殴ってやる。こいつらの腐った頭くらいカチ割ってや
る。
飛び掛ってきた亡者に向かいそれをふりおろした。その瞬間起き
た出来事を彼女は視認できなかった。バチンという音だけが耳に残
った。
見れば足元に肉塊が転がり、眼前で腰から上を失った足がパタリ
と倒れた。
!!?? なに?? 手の中の棒を見た。変わりない。
今のはなんだ?? しかし考えている暇はない。奴らは次々襲い掛かってくる。新た
な敵に向かい日子の瓊矛ふり上げた時、コンマ五秒後が見えた。棒
の先端の彫刻の獅子が、大きく膨れ上がり巨大なその牙で敵を噛み
砕き、元に戻る。自分の見たものに驚きながら棒ふりおろしたが、
その通りのことが起こった。またもや、腰から上を失った足がそこ
に倒れている。
209
再び手の中の棒を見た。スーパーウェポン?? マジカル? オ
カルティック?
スーパーマジカルオカルティックウェポンだ。
たったコレだけで良かったの? 彼女は襲い来る敵次々倒しなが
ら思った。もっと早く使ってみればよかった。とは言え、今がその
時だったのかもしれない。華麗に敵をかわし獅子の牙で倒しながら
思った。
さらに気付いた。棒の反対側は石突のように尖っている。こっち
ももしかしたら⋮⋮。
離れた場所にいる立っている敵めがけてふりおろした。が、ふり
おろす前に結果は見えていた。先端の尖った棒が宙に弧をえがいて
伸び、鋭く目標物を貫いた。
凄い。どっちも使える。サムヤサは巨猿の背に乗り戦ったそうだ
から、槍として使うことが多かったのかしら。どっちにしてもこん
な便利な武器は見たことがない。まさに無敵だ。彼女は、この亡者
の群れが十倍になって襲い掛かってきても生き延びられると思った。
エレボスが何か叫んでいる。わずかに聞き取れたのはグッドとい
う言葉。武器が使えるようになって良かった、って言ってくれてい
るのか。
サンキューと答えておいた。
良いコミュニケーションが取れている。とは、思わないが。
そのエレボスがじりじりと敵を退け、あるいは一足飛びに敵の頭
上を飛び越え、都市高速入り口に向かっている。しきりと前方を指
差しアニナに何か言っている。
上へあがろうと言っているのか。確かにここよりはマシかもしれ
ない。アニナは死者の上を駆けた。飛び掛ってくる奴を素早く避け
獅子の牙で倒した。
合流するとホンダは日本語で何か言った。
彼女も英語で話した。
﹁ア・ナネが夢に現れたの。この棒と、あんたの刀なら、災い取り
210
除くことできるやも知れぬと言われたわ﹂とても重大なことだが残
念なことに伝わらない。
ホンダはコミュニケーションを諦めた様子で、ただ﹃モモチ﹄﹃
モモチ﹄と繰り返した。指差すほうを見れば都市高速道の看板、中
国語の地名の下にアルファベットでMOMOTIと書いてある。彼
女にも理解できた。そこが福岡ドームのある場所。それにしても発
音しにくい地名だ。この地名ばかりではない。日本人はどうしてカ
タコトカタコトカスタネットのように発音できるのだろう。
既に背後の死者の群れはふりはらった。高速道路上にいる。転が
っている凍死者の数は少ない。道路は二層構造。都市の上をワイン
ディングして伸びている。この道をずっと歩いてゆけば福岡ドーム
に着くのか。他の仲間も、生きていれば福岡ドームを目指すに違い
ない。会えると信じたい。
211
滅びへ
どうやったらここを出られるのか聞かれて川野は頭を抱えた。思
案に余る。そんなことは俺が聞きてぇ。ただ、俺たちの現状はとも
かく、全員がバラバラになったわけだけど、全員の目的地は同じだ
よな。福岡ドーム。何とかしてここを出て向かわなければいけない。
どうすればいい? 窮した。名案なんかない。
アイコが黒い缶スプレーを出した。目が合うとにやっと笑みを浮
かべたが、その笑みの端は唇を噛んでいる。
﹁エリゴールを召還してみる。立ち向かいて難事あらば呼べ、と言
っていたわ。きっと助けてくれるはず﹂
﹁エリゴールって確か良い奴だったよな?﹂
﹁唯一のわたし達の味方よ﹂
﹁神様、仏様だな⋮⋮﹂この際悪魔でもかまわない。助けてくれ。
アイコは既に床に魔法円書き始めている。記号や数字はレメゲト
ンの召還法から。ただ、それが既に必要ないだろうことを予測して
いる。霊は名前さえ正確に発音すれば呼べる。魔法円は呼び出した
霊を封じ込めるためのもの。エリゴールのことは信頼している。彼
にそれは必要ない。
﹁俺、表側を見てくるよ﹂八十九式小銃肩にかけ言った。この亡者
の群れが建物をぐるりと取り囲んでいるのか確認したい。
﹁気をつけて。なるべく早く戻ってきて﹂
﹁わかった﹂言い残し店舗奥へ走った。
彼女がエリゴール召還に成功して、エリゴールがここから連れ出
してくれたら、ついでに言えば福岡ドームまで運んでくれたら、万
々歳だな。
川野は店舗内のエスカレーターを駆けおりた。一階まで降りてみ
るつもりだった。このブースは分厚いガラスで仕切られているはず
だから。心配なのは中庭に面したエスカレーター。アレは、さっき
212
自分達がいた回廊に直結している。さえぎるものは何もない。登っ
てこられたらアウトだ。
ここはかなりへんてこな格好をした商業施設だ。官民共同で市営
劇場や美術館、公共放送局や新聞社も入っている。大きく分けて三
つのブースに分けられる。自分達がいるのは映画館やショップが並
んだ商業ブース。
一階まで降りてまず中庭側を確認した。ガラスの向こうを死者の
群れが蠢いている。反対側へ踵を返した。大通り側。同じだ。わか
ってはいたが軽い絶望感に囚われる。唇を噛みしばらくその場にた
たずんだが、いつまでもそうしてはいられない。情報は収集した。
すみやかに戻るべきだ。川野はほとんど暗がりのエスカレーターを
駆け上った。
戻ってみると、魔方陣を前にアイコが当惑の表情を浮かべていた。
﹁召還できないの⋮⋮﹂弱りきった口調で彼女は言った。
﹁何故かしら⋮⋮?﹂
しばらく考えていたが、思い当たったらしく、
﹁わかったわ﹂と言った。
﹁彼は﹃大地の上であればいずこでも我はいずる﹄と言ったわ。こ
こはビルの三階。大地の上じゃない。だから駄目なのよ﹂
﹁なるほど﹂そいつは無理な相談だ。大地の上は亡者であふれかえ
っている。
﹁じゃあ、どうすればいいんだ?﹂
﹁わたしが聞きたいわ﹂
川野は苦笑した。どうしてもこういう問答になるようだ。その時
ふと思いついた。ビルの一階ならどうなんだ?
﹁一階で試してみたら?﹂ここを下った一階は無理だが、さっき俺
が行ってきた場所なら? 外とは仕切られている。
アイコは眸を輝かせて答えた。
﹁それならうまくいくかも!!﹂
その時、遠くでガラスの割れる音が聞こえた。二人は嫌な予感に
213
顔を見合わせた。
店舗内に入り中央のエスカレーターを駆け下る。一階まで降りる
必要もなかった。ガラスが割れ入り込んできている。死者の群れが。
這って。
﹁戻ろう。いや、塞いでいこう﹂
二人は手近にあった棚や椅子でエスカレーターに障害物を築いた。
完全に塞がった状態にした。
﹁戻ろう﹂こうなると回廊側のエスカレーターも心配だ。
﹁上に逃げるしかないの?﹂その問いかけは川野にしたものではな
い。川野だってわかっている。自分も同じことを問いたい。神様に。
朝靄のなかにその化け物は姿をあらわした。両生類のように四つ
んばいで、亀のように長い首を持っていて、大きく裂けた口には鋭
い牙が並んでいる。
はじめは一匹だけかと思った。だが、朝靄の奥に影が蠢いている。
無数の。
来たか。しかも話しに聞く獣の群れだ。祐二は覚悟を決めた。エ
レボスと約束した。俺の命に代えてもこの子だけは守り通す。
﹁土嚢の向こうへ行くんだ﹂ミキに言った。ミキは駆け出し土嚢を
越えた。祐二はあの時置いてきたポリタンク三缶の軽油を土嚢にぶ
ちまけ火をつけた。巨大な炎が立ち昇る。炎を背後に背水の陣。
ショットガンで撃った。が、獣は一瞬立ち止まっただけ。ゆっく
りとこっちに進んでくる。
無駄だ。祐二は印を切った。
﹃臨﹄﹃兵﹄﹃闘﹄﹃者﹄﹃皆﹄﹃陳﹄﹃列﹄﹃在﹄﹃前﹄。
呪縛した。動きを止めている。繰り返す。
﹃阿耨多羅三藐三菩提﹄効果はある。が、動きを止めているだけだ。
強い風が吹き、朝靄を飛ばした。その切れ目に奴らの親玉が姿を
あらわした。
蝙蝠のような翼が背にあり、人の姿に似ているが、ぬめぬめした
214
灰色の肌。額に二本の曲がった角。大きく裂けた口。
こいつを倒せば群れはルナティックに戻る。祐二は印を切りなお
した。そして唱えるは﹃頭破七分﹄。
﹃妙﹄﹃法﹄﹃蓮﹄﹃華﹄﹃経﹄﹃頭﹄﹃破﹄﹃七﹄﹃分﹄。
しかし効かない。悪魔がそのおぞましい口を開いた。
﹁その術、セレから聞いておる。同じ術が通じると思ったのか﹂
祐二は不敵な笑みを浮かべ聞いた。
﹁貴様の名は﹂
﹁名乗らぬ﹂通常悪魔は名前を知られることを嫌う。
﹁貴様らはここで死ぬ。何も知る必要はない﹂
﹃頭破七分﹄が効かぬとしても、まだ手段はある。九字十字があ
る。しかしそれは最終手段。安易な利用は厳に禁じられている。も
し敵に打ち破られれば、その呪力は本人にはね返って来る。命を落
ふいぐんじんちゅうしゅうおんしつたいさん
とすと思っていい。祐二は思った。今がその時。
﹃怖畏軍陣中衆怨悉退散﹄。
何事も起こらない。
次の瞬間。
祐二の全身の毛穴から血が噴出した。
破られたっ。
がっくりと膝をつく。駄目だ。約束を守れない⋮⋮。目のなかに
血が入っている。ぬぐった。もう一度唱えられるか⋮⋮。アニナの
顔が脳裏に浮かんだ。三年前新宿の雑踏で出会ったときの。
ふいぐんじんちゅうしゅうおんしつたいさん
黒煙吹き上げる炎背後に、かろうじて立ち上がり、
﹃怖畏軍陣中衆怨悉退散﹄。血飛沫とともに倒れた。
悪魔の高らかな哄笑響き渡った。
中庭にいた亡者の群れがエスカレーターを登りはじめた。アイコ
と川野はめくら滅法銃弾をぶち込んだ。しかし次々動かなくなった
死体の上を乗り越えて這ってくる。音に反応してさらに集まってく
る。きりがなかった。二人は手近にあった店舗の立て看板や棚でエ
215
スカレーターを塞いだ。
﹁撤退しよう﹂篭城が最良の作戦だとは思えない。だが、現時点で
は他にどうしようもない。
ミキは崩落した橋の突端まで行った。下を見る。はるか眼下に、
いてつく冬の海が見えた。逆巻いている。足がすくんだ。ふりかえ
って炎を見た。今にも炎を突き破って出てくる獣を想像した。
死にたくない。でも、死ぬより怖い。
アニナに貰ったグロック18を両手で握り締めている。右手でグ
リップを、左手でグリップから飛び出たマガジンを鷲掴みしている。
祐二さん、大丈夫かしら。お願い神様、わたし達を助けて。
だが、炎の向こうからあらわれたのは絶望だった。火を割って獣
がゆっくりと土嚢を下ってきた。そしてもっとおぞましい者の姿も。
彼女は夢中で引き金を引いた。スライドが激しくブローバックを
繰り返し、三十一発全弾を一瞬で撃ち尽くした。当たったのか当た
ってないのかわからない。彼女は急いでマガジンを交換しようとし
たがマガジンキャッチボタンが何処かわからない。何処なの? グ
リップのボタンにようやく気付き押してみる。空のマガジンがカラ
リとアスファルトの上に落ちた。貰った予備マガジンを押し込んだ。
再び引き金を引く。もう、獣は目前に迫っている。弾は当たってい
る。だが、彼女は再び絶望にとらわれた。拳銃が効かない。
耀。せっかく会えたのに。喧嘩しかしてない。何も話してない。
耀。助けてよ。
景色が涙で滲んだ。
彼女は海へ身を躍らせた。ひらひらと風に舞う花びらのように落
ちていった。
216
滅びへ2
既に都市高速は降りた。居住区を二人は突っ走っている。同じ形
のマンションが何棟も並んでいる。凍死者は影すらない。そのこと
を不審に思いながらもアニナは全速力で駆けた。ホンダに追いつけ
ない。おいていかれる。それほどホンダの足は速い。
居住区を抜け小さな橋を渡りきると、右手奥に福岡ドームの巨大
な姿が垣間見えた。左手にパーキングビル︵ホークスタウン︶。ド
ームへと向かうその道は、おびただしい数の亡者で埋め尽くされて
いる。幾重にも折り重なって這っている屍。
ホンダは既にその只中へ斬り込んでいる。次々と跳ね上がる亡者
を血の塊へと変える。アニナは追いつき、ホンダの援護にまわった。
斬り込む彼の左右背後の亡者を退けた。復路はない。ただ進むだけ。
既に﹃日子の瓊矛﹄は己の分身の如く使いこなせる。エリゴール
の言葉を思い出す。﹃槍を伸ばしているのではない。創っているの
だ﹄と。その言葉の意味はわからない。使えればいい。
もしかしたらエレボスの刀とこの槍で同時に貫けば﹃眩い光﹄を
封印できるのかもしれない。消滅できるとは考えづらい。もしでき
るのなら、数千年前にサムヤサとエレボスが災い滅したはずだ。け
れど、もし、わたし達の力がオリジナルを超えていたら?
だが、今、そんな話はできない。言葉が通じない。
パーキングビルの陰から巨大な福岡ドームの全景が見えた。窓と
いう窓から眩い光があふれでている。建物自体が光に包まれている
と言っていい。
そして、そこへ向かう巨大な階段。が、階段自体は隙間も見えな
い。まるで滝のように、うねりながら、折り重なって、這い、降り
てくる、亡者の群れ。
アニナは一瞬ひるんだが、ホンダは迷うことなく突っ込んでいっ
た。
217
﹁仲間を待たないのか?﹂
聞いたが通じない。わからない日本語が返ってきた。もっとも、
仲間がいたとしても、この状況に対処できるのはホンダとわたしく
らいだ。祐二の呪縛があれば助かるが。彼は今何処だろう。遠い空
を見上げた。この空の下のどこかに彼がいる。生きていると信じた
い。
二人は既に階段半ばまで登ってきている。日本画で見たことがあ
る。滝をのぼる黒い魚。アレに似ている。跳ね上がる亡者をホンダ
は超人的な動体視力で捉え粉砕する。自分は真似ができないと思っ
た。わたしが敵を捉えられるのは、コンマ五秒後が見えるから。ど
の死体が襲ってくるか見えるからだ。対してホンダは、五体同時に
襲い掛かられても、爆音五回轟かせ斬り抜ける。人間とは思えない。
刀だけじゃない。拳も蹴りも、視認できない。敵を粉砕する。これ
がエレボスか。凄まじい。
階段登りきった。ドーム全体が見えた。目前に五番ゲート。目を
射る光。幾重にも折り重なってうねる亡者。そして、その只中に一
体の悪魔。
﹁バティン﹂ホンダが言った。通じた。奴がバティン。
川野とアイコは四階エスカレーターに陣取り、登って来る亡者の
群れに銃弾をぶち込んでいた。そこは映画館のあるフロア。待合室
から持ってきたソファなどでエスカレーターは完全に塞いである。
が、そこを突破されればさらに上に逃げるしかない。それは死へ向
かう悪循環。
川野はエスカレーター脇へ行き、そこから身を乗り出して、ライ
フル弾を屍に叩き込んだ。マガジンがもう残り少ない。弾が切れれ
ば三丁の九ミリ拳銃があるだけだ。役に立たない。どうすればいい
? どうすればここから生きて出られるっていうンだ。
その時、階上のエスカレーターから死者の群れが固まりになって
なだれ落ちてきて、彼は完全に下敷きになった。
218
川野は何が起こったかまったくわからなかった。気付けば亡者ど
もにおしつぶされている。八十九式小銃が手から離れた。あっと言
う間にそれは何処かへ消えた。
糞、離れろ、噛み付くな、糞野郎ども、もみくちゃにされながら
腰の九ミリ拳銃を二丁抜いた。両手でめくら滅法撃つ。当たっても
蚊が刺した程度かよ、畜生。身動き取れない。一体俺が何をした。
神様に聞いた。生きたまま化け物に食い殺される最後なんて、そこ
まで悪いことをしたおぼえはない。空になった。最後の一丁を抜い
た。不敵に笑い言った。
﹁脳みそなしの糞野郎ども。拳銃にはこういう使い方もあるンだ﹂
額に押し当てた。歯を食いしばった。引き金を引いた。
アイコは亡者の塊にショットガンをぶち込み続けた。しかし幾重
にも折り重なっていて助けられない。動かなくなった屍を手で押し
のけてショットガンぶち込んだ。待ってて、必ず助けてあげるから。
なかから聞こえていた銃声が聞こえなくなった。まずい。焦った。
その時。
亡者が飛び掛ってきて押し倒された。頭に鈍い衝撃を受けた。夢
中でショットガンを撃った。動かなくなった屍がずるりと落ちた。
跳ね起きた。が、眩暈がする。立つのがやっと。左目に血が入って
きた。額に触れてみた。齧り取られている。手に血と脳漿がべっと
りついた。
糞畜生。噛み付いた死体を蹴っ飛ばした。
まずい。わたしはもう死ぬ。川野君も死んだ。駄目だ。ここでは
死ねない。何処へ行けばいいの。上の階も死人でいっぱい。
彼女は回廊の先へよろめきながら歩いていった。違うエスカレー
ターを見つけた。死人の姿はない。彼女はそれを上りはじめた。意
識が遠くなる。駄目だ。倒れたら。
219
滅びへ3∼誕生
﹁バティン。姿を偽らずに来たか。すぐに八つ裂きにしてやる﹂ホ
ンダは言った。
﹁ひよこのうちに殺しておけば我が手を汚すこともなかったろうに。
だが、もう手遅れだ。我らが業はあまねく宇宙を覆うだろう。貴様
にその瞬間を見せてやれないことが残念だ﹂そう言って高らかに笑
った。
﹁俺が死ぬと? 笑止。死ぬのはお前だ。バティン。五秒で片付け
てやる﹂ホンダは返した。そばのアニナに言った。
﹁こいつは俺が倒す﹂意味が通じたかどうか分からない。
ホンダのそばの凍死者を立て続けにアニナが倒した。目を見れば
分かった。奴をぶっとばせ、そう言っていた。
ホンダは片目眇めて敵を見た。自然体で立った。バティンは長い
三本の首を持つ。両脇の二本はワームのような口を持ち、その口の
なかには鋭い牙が並んでいる。真ん中の一本は長い顎鬚を生やした
山羊の顔で口から青い瘴気吐いている。
左右の首が襲い来た。一瞬だった。ホンダは姿勢すら変わってい
ない。が、轟音二発とどろき首が落ちた。落ちた首はのたうってい
る。にやりと笑むと瞬時に間合いをつめ、その胴を薙ぎ払った。爆
音とともにバティンの巨体が沈んだ。
﹁我を退けたとてもはや運命は変えられぬ。エレボスよ。死するま
で戦うがいい﹂笑った。その言葉を最後に、バティンは人間の姿に
変わった。予想はしていた。宿主を変えていることを願っていたが。
そこに転がるのは少女の遺体。両腕を失い腰から下を失い、横たわ
っている。麻奈。
ホンダはポケットから黒ずんだ布キレを出して彼女の胸の上にお
いた。血に染まり固くなった亮太のシャツの切れ端。
身を起こし、憤怒の表情でホンダは言った。
220
﹁行こう。⋮⋮光のなかへ﹂
あのなかにはアスルーがいる。血が躍る。もはや一刻も待てない。
光へ向かった。躍りかかる死者は薙ぎ払った。
アニナが英語で何か言った。よくはわからないが、死者の群れは
自分に任せてなかへ行けと言っているのか。
ホンダは頷き刀をふるった。ゲートのガラスは粉々に吹き飛ばさ
れた。炯眼光らせ光のなかへと飛び込んだ。
自分が何処を彷徨っているのかわからなかった。何も確かなこと
はない。全てが不確かだ。ここは劇場だろうか。そのホール。ガラ
スの向こうに庭園が見える。いや、よくよく見れば庭園とは大袈裟
だ。ルーフバルコニーだ。電飾が張り巡らされている。夜間はイル
ミネーションが奇麗だろう。アイコは迷わず押し戸を開いてそこへ
逃れた。背後からは死者の群れゆっくりと迫り来ている。
柵を乗り越えビルの端へと向かった。下を覗く。気の遠くなるよ
うな高さだ。
この方法で後悔はしない? 自分に言い聞かせた。後悔はしない
かって? ほかの選択肢があれば教えて欲しい。
彼を召喚するに、魔法円は不要だ。優れた召喚士なら、名前を呼
びさえすれば悪魔は現れる。賭けだ。
彼女は身を投げ出した。宙を落下してゆく。
駄目だ。恐怖で引きつり声が出ない。喉を振り絞った。
﹁エリゴール!!﹂
地面に激突する寸前、優しく逞しい腕が、彼女を受け止めた。周
囲には清涼な光立ち込めている。亡者どもは光に焼かれている。
﹁魔女よ。約束のときは来た。そなたが何者であるか。そなたの前
世を。だが、わたしの口から伝えずとも、既にそなたは知っている
ようだ。我が姪ラ・プティエリよ﹂
エリゴールの腕の中で、アイコは既に自分の前世を思い出してい
た。
221
霧に包まれた世界を。塔を。魔物を。夫サムヤサを。娘ア・ナネ
を。
﹁であらざれば、いかにして人間に悪魔が召喚できようか。穢れな
きラ・プティエリの魂なればこそ﹂
そう。そうね。そうだったわ⋮⋮。じゃあ、教えて。これからど
うすれば良いの。わたしはもう駄目だけれど、他の仲間たちは? ルーシファーを止められるの?
﹁エレボスとサムヤサが眩い光のもとへたどり着いた。今、アスル
ーと戦っている﹂
目を射る光。だが、目が焼かれてしまうことはないようだ。
あたりを見回した。全てがホワイトアウトしたような世界。
スタジアム入り口にあの少年。以前と同じ少年姿だ。
ホンダは刀を突きつけた。
﹁俺は刀で闘う﹂
アスルーは静かに答えた。
﹁いいだろう。されば余も本来の姿で闘う﹂
ホンダは待った。一瞬でアスルーは姿を変えた。
三面六臂の美しい神の姿に。光さえ発している。これがアスルー
か。まるで神様だ。上等じゃねぇか。例え神であろうとも倒す。
左右の腰に三本ずつの剣、六本の手がその全てを抜いた。
神速。再び。襲い来た。しかも以前の比ではない。六本の刃が次
々打ち下ろされる。ホンダはその全てを一本の剣で弾き返した。立
て続けに轟く爆音。アスルーの体が傾ぐ。剣が鈍る。以前のホンダ
とは違う。彼にはアスルーの隙が見えていた。間隙縫って左拳をそ
の横っ面に叩き込んだ。アスルーの顔色が変わった。打ち下ろされ
る刃が激しさを増した。この勝負、貰った、彼は思った。雨の如く
降る刃をことごとく弾きながらその瞬間を待った。
その瞬間、わき腹ががら空きになった。間髪いれずまわし蹴りを
叩き込んだ。あばらの折れる感触を捉えた。アスルーの剣が乱れた。
222
貰った。
渾身の一撃。
光り輝く神を粉砕した。
ホンダは大きく肩で息をした。勝った。
しかし、刀を納めることはしなかった。左手に持った鞘を捨てた。
﹁お前らは一人じゃねぇだろう。姿をあらわせ﹂そう言った。
﹁見事だ、エレボス﹂返事が返ってきた。そして、スタジアム入り
口からアスルー神があらわれた。次々と、幾体も。
﹁エレボス・ヨウ・ホンダよ。過去にも問うた。今また問う。争い
をやめ我らとともに偉大なる瞬間を迎えようではないか﹂
﹁それが闘神の台詞か。答えは簡単だ。お前らの最後の一人をしと
めるまで、闘いはやめない。この刀はこの瞬間を何千年も待ってい
た。刀の意志に従うのみ﹂
﹁さればエレボスよ。我らが剣の餌食となれ﹂
﹁逆だ、アスルー。この太刀にひれ伏せ﹂
ホンダは一直線にアスルーの群れに突っ込んだ。飛び上がり後ろ
まわし蹴り。スニーカーの踵が神の頬を捉えた。着地と同時に都合
十八本の剣が打ち下ろされた。三体のアスルーに囲まれている。全
てかわし、弾き返した。紙一重で体を掠める刃。増幅されるソニッ
クブーム。都合十発の衝撃波にアスルーの腕は止まり体は傾いだ。
そこだ。刀を叩き込んだ。バターを切るナイフのように、その体
を薙いだ。一瞬の後、粉々になった。一体倒した。が、倒した瞬間
が最大のピンチでもあった。刀はふり抜いている。左半身に十二本
の剣が襲い掛かる。かろうじて弾き返した。
アスルーの数が増えた。五体に囲まれている。打ち下ろされる三
十本の剣。無心で反応した。神速は彼だった。左右背後からの攻撃
も全て見切りかわし、弾いた。己が剣を叩き込む瞬間を待った。六
本全ての剣を弾かれたアスルーの腕が上がった。胴ががら空きだ。
薙いだ。続けざま二体。が、すぐさま、二体のアスルーが新たに加
わる。既に床は血と肉片で覆われている。ずぶりと靴が沈む。足を
223
踏ん張り剣を交わす。体が勝手に反射している。無心だった。その
瞬間、スローモーションのように感じていた。
左まわし蹴りを放った。がら空きになった横腹に叩き込んだ。が、
飛んできた剣が左足を斬りおとした。同時に左から飛んできた剣を、
咄嗟に左手で庇った。左腕が飛んだ。剣はそのまま彼の頭蓋を薙い
だ。左目まで刺さった剣をアスルーが抜いた。次の瞬間、三十本の
剣が、彼を八つ裂きにした。
倒れながら、最後に脳裏に浮かんだのは、金鱗湖を背景に微笑む
ミキの顔だった。
五体のアスルーが、その全ての剣をおさめた。ひとりが重々しく
鎮魂の言葉を吐いた。
﹁エレボス。見事なり﹂
﹁そなたはこれから我とともに冥界に入る。そこなれば、これより
起こることの影響は受けぬ。そうして難を逃れ、そなたは、新しい
宇宙に生まれ来る命に警鐘を鳴らさねばならぬ。それがそなたの使
命だ﹂
アイコはエリゴールの言葉を子守唄のように聞きながら絶命した。
大地から清涼な光立ち昇り二人を包んだ。光が消えたとき、二人
の姿も消えていた。
絶え間なく轟く爆音を背後に、アニナは襲い来る亡者を薙ぎ払っ
ていた。ゲートを護る。日子の瓊矛をふるう。死者を次々と肉隗へ
変える。が、キリがなかった。亡者は大地を埋め尽くしている。目
の届くかぎりどこまでも。それがすべてこちらへむかっている。
必死で薙ぎ払いながらエリゴールの言葉を再び思い出した。﹁そ
れを創っているのだ﹂。
創っている? こういうことかしら? アニナは瓊矛の槍のほうを敵へ向け、振
224
り下ろしながらイメージした。瓊矛はそのイメージどおりに枝分か
れした。枝分かれしてそれぞれ亡者に突き刺さり体内で無数に細か
く分岐し、まるで毛細血管のように亡者の体内を駆け巡り、飛び出
すと次の亡者を貫く、同じように枝分かれして。貫かれた亡者はブ
シュッと言う音をたてて血の塊となって大地を染める。分岐は果て
しなく続き、瓊矛は手で支えきれないほど重くなった。もういい、
戻れ、アニナが念じた時には、福岡ドームのゲート入り口、目に見
える範囲の全ての亡者を討っていた。血に染まったステージ。
驚愕とともに、今、自分がしたことと、手の中の棒を見た。棒は
彼女の思うとおりに伸び枝分かれし、そしてもとに戻った。
頭の中でまだ説明がついていない。驚いていた。しかし、気付い
た。
音が聞こえなくなっていた。絶え間なく轟いていた爆音。ピタ
リと止んでいる。アニナはホンダの身を案じた。勝ったのか、それ
とも⋮⋮。アニナは意を決し光のなかへと飛び込んだ。
目が利かない。真っ白い光のなか。徐々に目が慣れる。足元がず
るずるぬかるんでいる。血だ。足が何かを蹴った。見覚えのある腕。
まさか。その先に、血と肉塊のなかに沈んでいる、ホンダの体を見
つけた。既に息はない。同時に、そこに立つ無数のアスルーの姿に
気付いた。アニナはホンダの手から音速の剣を取った。立ち上がっ
た。
アスルーが口を開いた。
﹁間もなく、封印はとかれ偉大なる瞬間がおとずれる。汝サムヤサ
よ。無駄な闘いは止めその瞬間を迎えるがよい﹂
﹁間もなくとはどのくらいだ﹂
﹁数十秒後だ﹂
数十秒!? たった数十秒でこいつらを排除して⋮⋮。
アニナの考えを見透かしたようにアスルーは言った。
﹁なかには数百の我らの一族がいる。抵抗は無駄だ﹂
進退窮まった。
225
ルーシファーは誕生する。
ふざけるなっ。ここで指をくわえてみていろと。
上等だ。
右手に日子の瓊矛、左手に音速の剣握り締め、彼女は言った。
﹁最後の一秒まで闘い抜いてやる﹂
言うと同時に駆けた。二体のアスルーが行く手をふさいだ。合計
十二本の剣のコンマ五秒後が見える。槍を先に日子の瓊矛ふるう。
十二本に枝分かれした槍が刃を弾く。スタジアムなかに躍りこんだ。
真っ白い閃光のなか、中央に球体の光あり、それを取り巻くように
数百のアスルーがいた。
五体のアスルーに背後から切り刻まれながら、球体のコンマ五秒
後を見た。貫く日子の瓊矛、そして球体のなかに生じる黒い影。
まさか、防げるのか、誕生を。
薄れゆく意識の最後の力振り絞り日子の瓊矛ふるった。一直線に
伸び光を貫く槍。が、その瞬間封印が解けたのだ。彼女の見たモノ
は逆だった。
球体のなかに生じた黒い闇は、百億分の一秒のさらに百億分の一
秒、そのさらに百億分の一秒で、銀河と同じ大きさにひろがった。
そして闇が熱エネルギーに変わり、超高温の火の玉が生まれた。
ビッグバンだ。温度は十の二十七乗度、その百億分の一秒後煮えた
ぎるクオークとレプトンの光のスープとなった。そしてウィークボ
ソンの分離が始まり、開闢から一秒後にはじめての原子核が誕生し
た。
そして三十万年後、宇宙は光の塊から真空の宇宙へと晴れ上がる。
温度が三千度まで下がり、光子が陽子や電子との相互作用を断ち切
り透明な宇宙へと晴れ上がったのだ。
そして七億年後、星が誕生し初期の銀河が形成され始める。銀河
は銀河群を形成し、銀河群は銀河団を形成する。
そして開闢から百三十七億年後。
226
227
エンドロール/旧宇宙の残渣
︱︱百三十七億年後。
アイコは静かに意識を取り戻した。
わたしは、誰だ︱︱。
ほとんどすべての記憶を失っていた。そこが旧宇宙から存在する
冥界の片隅であることはわかった。が、自身のことも、旧宇宙で起
こったことも忘れ去っていた。
目の前に、おとはやの剣と日子の瓊矛があった。それはエリゴー
ルが、自身の命と引きかえにこの冥界に再生した物だった。すでに
冥界の物であり、冥界の力を授けられていた。が、エリゴールが誰
であったか、もう思い出せなかった。
ただひとつ、それを届けなければいけないこと、それだけはわか
った。
けれど、誰に⋮⋮?
かろうじて思い出した。
そうだ。エレ、ボス⋮⋮。そして、サ⋮⋮ヤサ⋮⋮。
新宇宙﹃リスト﹄
228
アドラメレク
︱︱悪魔の名︱︱
アイニ
レス
アグラス
アロケン
アエシュマ
アミー
アガ
アマイ
Aini ・Adramelech ・Aeshma ・Agar
モン
アンドラス
アスモデウス
アスタロト
es ・Aglas ・Allocen ・Amy ・Amaim
アザゼル
バール
バティン
バラム
on ・Andras ・Asmodeus ・Astaroth
バルバトス
バルファス
ベレト
ベリ
・Azazel ・Baal ・Bathin ・Balam ・
アル
ベリト
ビフロンス
ブネ
カイ
Barbatos ・Barfas ・Beleth ・Beli
ム
ダンタリアン
デカラビア
デモゴ
al ・Berith ・Bifrons ・Bune ・Cai
ルゴーン
フォカロル
フォラス
フォルネウス
m ・Dantalian ・Decarabia ・Demog
フラウロス
フルカス
フルフル
ガー
orgon ・Focalor ・Foras ・Forneus
プ
ガミュギュン
グシオン
グラシャラ
・Flauros ・Furcas ・Furfur ・Gaa
ボラス
ゴモリ
ハゲンティ
ハルパス
p ・Gamygyn ・Gusion ・Glasyalabo
イポス
レライエ
ルキフゲロフォカ
las ・Gomory ・Hagenti ・Halpas ・
レ
マルコシアス
マルバス
マルパス
Ipos ・Lerajie ・Lucifugerofocal
メリジム
モレク
モラクス
ムルムル
e ・Marchosias ・Marbas ・Malpas ・
ナベリウス
オセ
オルゼブブ
オリア
Merizim ・Molech ・Morax ・Murmur
ス オロバス
パイモン
ファルズフ
・Naberius ・Ose ・Ollzebub ・Ori
プロケル
プルソン
ラウム
ロノウェ
as・Orobas ・Paimon ・Pharzuph ・P
サブナク
サレオス
セレ
シャクス
シ
rocel ・Purson ・Raum ・Ronowe ・S
ュトリ
ストラス
ウァサゴ
ウァプラ
abnak ・Saleos ・Seere ・Shax ・Sy
ウァラク
ウアル
ウァレフォル
ウィネ
ウ
try ・Stolas ・Vassago ・Vapula ・
ェパル
ザガン
ゼパル
Valac ・Valu ・Valefor ・Vine ・Ve
par ・Zagan ・Zepar 他、一万。
ルシファー
創造神、Lucifer。
アスラ
ルシファー守護神、Asura︵旧宇宙におけるアスルー︶。
229
︱︱対立する者︱︱
天使、無し。
神、無し。︵正確に記するならばこの宇宙における神は、ルシファ
ー︶。
旧宇宙の残渣、サムヤサ、エレボス。
︱︱中立者︱︱
ルシファーの子であり、覚醒していない人間六十五億。
︵覚醒した者。過去にキリストとその弟子、釈迦とその弟子、など、
神の子︵悪魔の子︶ら︶。
230
PDF小説ネット発足にあたって
http://ncode.syosetu.com/n9491a/
エト・エウトクタ
2012年9月6日06時05分発行
ット発の縦書き小説を思う存分、堪能してください。
たんのう
公開できるようにしたのがこのPDF小説ネットです。インターネ
うとしています。そんな中、誰もが簡単にPDF形式の小説を作成、
など一部を除きインターネット関連=横書きという考えが定着しよ
行し、最近では横書きの書籍も誕生しており、既存書籍の電子出版
小説家になろうの子サイトとして誕生しました。ケータイ小説が流
ビ対応の縦書き小説をインターネット上で配布するという目的の基、
PDF小説ネット︵現、タテ書き小説ネット︶は2007年、ル
この小説の詳細については以下のURLをご覧ください。
231
Document
カテゴリー
SOFTWARE AND INTERNET
本日のアクセス数
109
ファイルサイズ
308 KB
タグ
1/--ページ
報告