close

ログイン

パスワードの再発行?

OpenIDでログイン

5.ヘルペスウイルス感染症の克服 - 日本ウイルス学会

エンベッドダウンロード
〔ウイルス 第5
3巻 第1号,pp.8
1―8
5,2
0
0
3〕
第50回日本ウイルス学会学術集会シンポジウム
特集4 「ウイルス病の克服に向けた展望」
5.ヘルペスウイルス感染症の克服
西 山
幸 廣
るウイルス蛋白質は?3)予防:単純ヘルペスウイルス感
はじめに
染症に対して有効なワクチンは開発できるのか?また,最
“ある病気が克服された”とは,病因が明らかにされ,
近では病原ウイルスやその遺伝子産物をベクターや癌の治
治療法が開発され,かつ予防ができるという状態をさすの
療に利用しようとする試みも盛んに模索されている.ヘル
だろう.現在,数あるウイルス感染症の中で克服されたと
ペスウイルス感染症の克服を越えた今後の展望についても
いいうるのは,恐らく,ワクチンによって根絶にまで至っ
触れてみたい.
た天然痘だけであろう.しかし,この克服も思わぬ方向か
らの挑戦にさらされてはいる.では,ヘルペスウイルス感
単純ヘルペスウイルスによる疾病
染症はどの程度まで克服されたのだろうか?この四半世紀
HSV―1による初感染は,ほとんどが症状をあらわすこ
を振り返ってみると,いずれの点でも確かに大きな進展が
となく不顕性感染に終わるが,時に歯肉口内炎などを起こ
あったといえる.抗ヘルペス剤アシクロビアの開発とその
す.いずれにしても感染したウイルスは,
感染部位の皮膚,
臨床応用,新たなヒトヘルペスウイルス(HHV―6,HHV
粘膜を支配する知覚神経節の神経細胞内に,その個体の生
―7,HHV―8)の発見,水痘ワクチンの有効性の確立な
涯にわたって潜伏感染し,様々なストレス(紫外線,外傷,
どが直ちに想起される.胃癌と EBV,カポジ肉腫と HHV
風邪など)
によって再活性化し,回帰発症を起こす(表1)
.
―8などヒトの悪性腫瘍と γ―ヘルペスウイルスとの関係,
よく知られ,頻度的にも高い口唇ヘルペスは回帰発症の代
また易感染性宿主における β―ヘルペスウイルス感染症の
表的なものだが,臨床的な重要性には乏しい.一方,稀で
病態についての理解も大いに進み,予防や治療に有用な情
はあるが致命的なヘルペス脳炎なども,成人のケースでは
報が提供されつつある.2
5年前と比べると,ヒトヘルペス
ほとんどが回帰発症の一形態であると考えられる.また,
ウイルス8種の間で差はあるものの総体的には,克服され
ヘルペス性角膜炎では再発を繰り返すうちに細胞性免疫を
つつあるとの印象をもつ.
主体とする宿主反応が加わり,いわゆる実質型角膜ヘルペ
私達の研究室では,現在,単純ヘルペスウイルスの遺伝
スとなり失明の原因ともなる.その他,眼科領域の HSV
子機能の解明を中心課題としており,ウイルス感染症の克
感染症としてはぶどう膜炎,網膜炎も存在し,視力障害な
服に対してはいわば側面援護の形だが,ワクチンや抗ウイ
どの後遺症を残す.顔面神経麻痺と第8脳神経症状(めま
ルス剤の開発に参考となる知見も得られている .シンポ
い,難聴,耳鳴)を伴う Ramsay Hunt 症候群が同じ α ヘ
ジウムを機会に下記の3点について考察してみたい.1)
ルペスウイルスに属する VZV によって起こることは古く
病因:単純ヘルペスウイルスと疾患との関連はすべて明ら
から知られているが,原因不明の末梢性顔面神経麻痺,す
かになっているのだろうか?2)治療:現在使用されてい
なわち Bell 麻痺が HSV―1の再活性化によって生ずるこ
る薬を上回る抗ヘルペス剤の開発は可能か?標的となりう
とが明らかになったのは比較的最近のことである5,19).Bell
2
1)
麻痺は人口1
0万人当たり2
0人∼3
0人の発症率で稀な疾患と
は言えない.
名古屋大学大学院医学系研究科・ウイルス学
(〒4
6
6―8
5
5
0 名古屋市昭和区鶴舞町6
5)
Toward the control of herpes simplex virus infections
Yukihiro Nishiyama
Department of Virology, Graduate School of Medicine,
Nagoya University
6
5Tsurumai―cho, Showa―ku, Nagoya4
6
6―8
5
5
0, JAPAN
電 話:0
5
2―7
4
4―2
4
5
0
4
4―2
4
5
2
FAX:05
2―7
e―mail:ynishiya@med.nagoya―u.ac.jp
本邦成人における HSV―1抗体の保有率は下降しつつあ
るとはいえ6
0∼8
0%を維持している.一方,HSV―2抗体
の保有率は上昇しつつあるもののまだ1
0%以下であり,欧
米(米国では3
0∼7
0%)と比べるとかなり低い7).HSV―
2は,主に性行為による接触感染によって伝播し,性器ヘ
ルペスを起こす.性器ヘルペスは HSV―1でも多く,本邦
では初感染の約半数が1型だが,再発するもののほとんど
は2型である.HSV―1による初感染が急速に思春期以降
8
2
〔ウイルス 第5
3巻 第1号,
表1 単純ヘルペスウイルスによって生ずる病気
ウイルス
軽症・中等症
重症
HSV―1
ヘルペス性歯肉口内炎
口唇ヘルペス
顔面神経麻痺(Bell 麻痺)
カポジ水痘様発疹症
性器ヘルペス(急性型>再発型)
角膜ヘルペス
ヘルペス性ひょう疽
網膜炎
ヘルペス脳炎
髄膜炎
新生児ヘルペス
汎発性ヘルペス
HSV―2
性器ヘルペス(再発型>急性型)
殿部ヘルペス
ヘルペス性ひょう疽
網膜炎
新生児ヘルペス
髄膜炎(2型>1型)
壊死性脊髄炎
VZV
新生児水痘
水痘
髄膜炎
帯状痘疹
顔面神経麻痺(Ramsay Hunt 症候群)
にシフトしている現状を考えると,本邦でも2型による初
態にはならずにすんでいる.しかし,ヘルペス脳炎や新生
感染を性器ヘルペスとして経験する例が増加し,HSV―2
児ヘルペスのような致命的疾患に対する治療薬としては,
の臨床的重要性が今後増すものと予想される.女性性器の
効力の点でまだ不十分であることも認識されており,ACV
HSV 感染は,新生児ヘルペスの感染源としても重要であ
を上回る抗ヘルペス剤の開発が望まれている24).
る.無症候性に HSV を排出している女性が感染源となる
ACV が開発されて以来,様々なヌクレオチドアナログ
ことも多い.HSV―2による新生児ヘルペスは HSV―1に
が合成され動物モデルを用いて抗ウイルス療法が比較検討
起因するものより,中枢神経系をまきこむことが多く,重
されてきた.その中には治療係数において ACV を1
0倍以
症になりやすいことが知られている.また,最近,網膜炎
上上回る化合物も少なからず存在する.3員環の糖部をも
の一部が HSV―2感染に起因することが明らかになった
つグアノシンアナログ A―5
0
2
1もその一つで,培養細胞,
が,どのような伝播経路で網膜に至ったのか,興味ある問
動物モデルにおいて ACV を上回る成績を示す11,12,22).これ
9)
題といえる .
らの化合物がヒトのヘルペス脳炎などに対して実際に
以上のように,HSV―1,―2による感染は,小児科,
ACV より優れた作用を示しうる可能性は高いと思われる
皮膚科,産婦人科,眼科,耳鼻科,神経内科,など臨床各
が,経済的な制約も強く市場に出る見通しは暗い.ACV
科にわたる多彩な疾患を起こす.が,HSV に起因する疾
とは異なる作用機序を有する化合物の探索も続けられてい
患はこれだけにとどまらず原因のわからない疾患(自己免
る.HSV はヌクレオチド代謝,DNA 代謝,DNA 合成に
疫疾患や中枢神経系の変性疾患など)の一部の病因とし
関わる酵素群,プロテアーゼ,プロテインキナーゼなど1
0
て,HSV の関与が浮上してくる可能性は今後も十分にあ
種以上のウイルス独自の酵素を保有する20)(表2)
.これ
1
0,
2
5)
るだろう
らの酵素を標的とした選択的阻害剤が合成され報告されて
.
新たな抗ヘルペス剤の開発
いる.最近,ウイルスのヘリカーゼ/プライマーゼに対す
る選択的阻害剤(aminothiazolylphenyl 化合物)が合成さ
HSV や VZV に対する抗ウイルス剤としてアシクロビア
れ,それらに優れた抗 HSV 作用があることが報告され注
(ACV)が開発され,臨床的に用いられてからほぼ2
0年
目されている3,15).それらの一つ BAY5
7―1
2
9
3は動物モデ
が経過し,その治療効果,安全性に関しては評価が定った
ルにおいて HSV―2に対して1型と同等の抗ウイルス活性
といえよう.安全性については発癌性,突然変異原性など
を示し,かつ ACV 耐性株をも強く阻害する.慢性毒性な
も少なからず懸念されてはいたが,長期連続投与の臨床試
ど検討すべき点は残されていると思うが,今後の展開が期
験,2
0年間の観察結果からみて払拭されたといって良いだ
待される.
ろう.しかし,抗ヘルペス剤の臨床への導入の過程でソリ
ブジン事件のような不幸な出来事もあったことは記憶にと
ワクチン開発の現状
どめておく必要があるだろう.耐性ウイルスの出現に関し
ワクチンがウイルス感染症の制御における第一手段であ
ても色々な不安があったが,実際には ACV 耐性 HSV の
ることは論ずるまでもないだろう.HSV に対しても様々
病原性が低く,抗生物質に対する耐性菌のような深刻な事
な観点からワクチンの開発が試みられてきた1).米国では
pp.8
1―8
5,2
0
0
3〕
8
3
STD としての重要性が大きく,主に HSV―2に対するワ
の予防には効果が乏しいと考えられること,2)不顕性感
クチン開発が進められている.ホルマリンや紫外線などで
染が多く,致命的な疾患は極めて稀なので,安全性が高い
感染性を失わせた不活化ワクチン,精製したエンベロープ
ことがまず重視されること,が挙げられる.性器感染の場
蛋白質 gB,gD などを抗原として用いたサブユニットワ
合には,中和抗体や細胞性免疫がある程度あったとしても
クチン,必須遺伝子を欠損させ細胞内で一度だけ増殖でき
粘膜・皮膚の直接的な接触による感染の成立は避けられな
るようにした DISC ワクチン,エンベロープ蛋白質遺伝子
いだろうし,特に免疫異常のない成人が何度も回帰発症を
を組み込んだ DNA ワクチンなど色々な工夫がなされてき
繰り返すことを考えれば,野生株の感染によって誘導され
4,
2
6)
(表3)
.いずれもマウスモデルでは感染防御効果が
る以上の強力な免疫の賦与が回帰発症の抑制には必要であ
認められるが,臨床応用されているものは現在の所まだな
ることになる.それでは野生株での感染を上回る免疫の賦
い.同じ α ヘルペスウイルスの VZV には有効な生ワクチ
与は可能なのだろうか.1つにはアジェバンドの使用やサ
た
ンが開発されているが,これは VZV が HSV とは異なり,
主に飛沫感染で伝染し,またウイルス血症が発病に至る過
程に必須なため中和抗体が感染防御,発症阻止に効果的で
あるからと考えられる.HSV ワクチン開発の問題点,困
難さは次のようにまとめられるだろう.まず1)中和抗体
が誘導されたとしても密な接触による感染防御や回帰発症
表2 抗ヘルペス剤の標的となりうるウイルス酵素
ウイルス酵素
遺伝子
DNA ポリメラーゼ複合体
チミジンキナーゼ
リボヌクレオチドリダクターゼ複合体
DNA ヘリカーゼ/プライマーセ複合体
DNA ヘリカーゼ
アルカリヌクレアーゼ
プロテアーゼ
プロテインキナーゼ
UL3
0+UL42
UL2
3
UL3
9+UL40
UL5+UL8+UL52
UL9
UL1
2
UL2
6
US3
UL1
3
UL3
9
表3 HSV ワクチン
・不活化ワクチン
ホルマリン不活化
紫外線不活化
・サブユニットワクチン
gB 蛋白質
gD 蛋白質
gD 蛋白質+アジュバント
・DISC(Disabled infectious single cycle)ワクチン
gH 欠損ウイルス
・弱毒生ワクチン
TK 欠損ウイルス
γ13
4.
5欠損ウイルス
US3欠損ウイルス
・DNA ワクチン
gD 発現プラスミド
・組換えウイルスワクチン
VZV
アデノウイルス
ワクシニア
表4 HSV ベクターの種類
分類
欠損遺伝子/変異部位及び特徴
非増殖型ベクター
α 群遺伝子欠損ベクター
(ICP4)欠損
単独 RS1
4
(ICP2
7)
欠損
複数 RS1,UL5
RS1,RS2
(ICP0)欠損
RS1,RL2,UL5
4欠損
α 群,γ 群遺伝子欠損ベクター
RS1,UL5
4,UL4
1
(vhs)欠損
RS1欠損,UL4
8
(VP1
6)
変異
増殖型ベクター
hrR3
G2
0
7
NV1
0
2
0
HF1
0
Hh1
0
1
HL∆1
2
HN1
0
3
8
アンプリコンベクター
UL3
9
(RR)欠損
UL3
9,RL1
(ICP3
4.
5)
欠損
L―S 結合部位を含む1
5kbp 及び UL2
4の欠損
UL5
6欠損,gK 変異,syn
UL3
9,UL5
6欠損,syn
UL5
6,US3欠損,syn
UL5
6,US9―US1
2欠損,syn
HSV ori, pac シグナルを含むプラスミド
8
4
〔ウイルス 第5
3巻 第1号,
イトカインの投与が考えられるだろう.マウスの膣感染モ
端に gene rearrangement をもち,Immunocompetent マ
デルを用いた研究では,特定のアクセサリー遺伝子を欠損
ウスの腹腔内接種では1
07pfu でもマウスを殺さない.しか
した弱毒化変異株が野生株より有意に高い IL―1
2及び IFN―
し,脳内に接種すると1
0pfu でほぼすべてのマウスを脳炎
γ の産生と CD8陽性 T 細胞の集積が誘導されることが示
死させる.弱毒化 HSV を用いた悪性腫瘍の排除には,1)
8)
された .こうした変異ウイルスは回帰発症を抑制しうる
ウイルスによる直接的な細胞傷害作用,2)NK 細胞の活
ワクチンとして期待できるかもしれない.
性化,3)CTL の誘導が関与していると推定される.HSV
HSV を利用したベクター開発
では TK 遺伝子を本来保有しているので,抗ヘルペス剤
ACV や GCV の使用により増殖を制御できるという利点
HSV をベースとしたベクターは,二つの方向で利用が
もある.また,GCV や A―5
0
2
1の TK を介した活性化によ
考えられている.一つは HSV が神経向性をもち神経細胞
り bystander effect による抗腫瘍作用も期待しうる6).検討
内で潜伏感染する性質を利用するもので,各種外来性の遺
すべき点も多く残されてはいるが,動物モデルでの結果か
伝子を搭載して遺伝子導入を目的とするもの,他の一つは
らみて悪性腫瘍に対する新しい治療法として確立される可
悪性腫瘍の治療を目的とするもので,この場合には,主に
能性は十分にあるだろう.
弱毒化した増殖型の HSV が用いられる(表4)
.
潜伏感染状態では,HSV DNA は神経細胞核内にエピゾ
ームの状態で安定に保持さ れ る.ま た,特 定 の 遺 伝 子
(LAT;latency associated transcripts)の転写もこの状
態の HSV ゲノムから長期にわたり持続することが知られ
ている.加えて,HSV は1)ゲノムサイズが大きく,外
来性の遺伝子を搭載できる許容量が大きい,2)宿主細胞
域が広くほとんどの細胞に感染する,などの特徴をもつ.
マウスでの実験では,中枢神経系において数カ月以上にわ
たり持続的に外来性遺伝子が発現しうることが確認されて
いる.特定の細胞への選択的な遺伝子導入,選択的な遺伝
子発現をめざして,レトロウイルスやアデノウイルスと同
様,HSV ベクターの開発においても厳しい競争が行われ
ている.
ウイルスを用いて悪性腫瘍を治療するというアイデアは
古くからのものだが29),弱毒化 HSV をそうした目的に使
用しうることを示し,
‘Oncolytic viral therapy’の可能性を
開いたのは Martuza の論文である18).そこでは,TK 欠損
株を用いて glioma の治療実験が報告されていた.当時,
我々も RR 欠損株の中枢神経内での病原性を検討していた
ので28),TK 欠損株より適性があると考え追試的な実験を
行ったが,モデル系の作製がうまくいかず断念した経緯が
ある.その後,米国,英国のグループでいくつかの改変ウ
イ ル ス が 作 製 さ れ,そ の 抗 腫 瘍 活 性 が 報 告 さ れ て き
た2,16,17).HSV1
7
1
6,G2
0
7,NV1
0
2
0などが代表的なものだ
が,前2者は脳腫瘍に対して臨床試験も行われており,
HSV1
7
1
6では期待をもたせる結果が報告されている23).G
2
0
7では安全性を高めるために UL3
9(リボヌクレオチド
リダクターゼ)
,RL1(ICP3
4.
5)の2つの遺伝子が不活
化されており,抗腫瘍活性も減弱しすぎた可能性がある.
我々は躯幹部の悪性腫瘍も oncolytic viral therapy 対象
となると考え,主に腹膜播種モデルにて検討を行ってき
た13).その結果,中枢神経系への侵襲性を欠く弱毒化 HSV
(HF1
0)が優れた抗腫瘍性を示すことが判明した14,27).こ
のウイルスは,UL5
6の欠損,gK の変異及び UL 領域の両
文
献
1)Bernstein, D. I. and Stanberry, L. R.(1
9
9
9)Herpes simplex virus vaccines. Vaccine1
7,1
6
8
1―1
6
8
9.
2)Cozzi, P. J., Malhotra, S., McAuliffe, P., Kooby, D. A.,
Federoff, H. J., Huryk, B., Johnson, P., Scardino, P. T.,
Heston, W. D. W. and Fong, Y.(2
0
0
1)Intravesical oncolytic viral therapy using attenuated, replication―
competent herpes simplex viruses G2
0
7 and NV1
0
2
0
is effective in the treatment of bladder cancer in an
orthotopic syngeneic model. FASEB. J.1
5,1
3
0
6―1
3
0
8.
3)Crute, J. J., Grygon, C. A., Hargrave, K. D., Simoneau,
B., Faucher, A. M., Bolger, G., Kibler, P., Liuzzi, M. and
Cordingley, M. G.(2
0
0
2)Herpes simplex virus helicase
―primase inhibitors are active in animal models of human disease. Nature Med.8,3
8
6―3
9
1.
4)Franchini, M., Abril, C., Schwerdel, C., Ruedl, C., Ackermann, M. and Suter, M.(2
0
0
1)Protective T―cell―
based immunity induced in neonatal mice by a single
replicative cycle of herpes simplex virus. J. Virol. 7
5,
8
3―8
9.
5)Furuta, Y., Fukuda, S., Chida, E., Takasu, T., Ohtani, F.,
Inuyama, Y. and Nagashima, K.(1
9
9
8)Reactivation of
herpes simplex virus type1in patients with Bell’
s
palsy. J. Med. Virol.5
4,1
6
2―1
6
6.
6)Hasegawa, Y., Nishiyama, Y., Imaizumi, K., Ono, N., Kinoshita, T., Hatano, S., Saito, H. and Shimokata, K.
(2
0
0
0)Prevention of bone marrow suppression using
A―5
0
2
1as nucleoside analog for retrovirus―mediated
herpes simplex virus type1thymidine kinase gene
therapy. Cancer Gene Ther.7,5
5
7―5
6
2.
7)Hashido, M., Lee, F. K., Nahmias, A. J., Tsugami, H.,
Isomura, S., Nagata, Y., Sonoda, S. and Kawana, T.
(1
9
9
8)An epidemiologic study of herpes simplex virus type1and2infections in Japan based on type―
specific serological assay. Epidemiol. Infect. 1
2
0, 1
7
9―
1
8
6.
8)Inagaki―Ohara, K., Iwasaki, T., Watanabe, D., Kurata,
T. and Nishiyama, Y.(2
0
0
1)
Effect of the deletion of US
2and US3from herpes simplex virus type2on immune responses in the murine vagina following intravaginal infection. Vaccine2
0,9
8―1
0
4.
9)Itoh, N., Matsumura, N., Ogi, A., Nishide, T., Imai, Y.,
pp.8
1―8
5,2
0
0
3〕
Kanai, H. and Ohno, S.(2
0
0
0)High prevalence of herpes simplex virus type2in acute retinal necrosis syndrome associated with herpes simplex virus in Japan.
Am. J. Ophthalmol.1
2
9,4
0
4―4
0
5.
1
0)Itzhaki, R. F., Lin, W. R., Shang, D., Wilcock, G. K.,
Faragher, B. and Jamieson, G. A.(1
9
9
7)Herpes simplex virus type1in brane and risk of Alzheimer’
s disease. Lancet3
4
9,2
4
1―2
4
4.
1
1)Iwayama, S., Ohmura, Y., Suzuki, K., Ono, N.,
Nakazawa, H., Aoki, M., Sekiyama, T., Tsuji, T., Okunishi, M., Yamanishi, K. and Nishiyama, Y.(1
9
9
9)Evaluation of antiherpesvirus activity of(1’
S,
2’
R)
―9―
[
[1’
,
2’
―bis(hydroxymethyl)cycloprop―1’―yl]
methyl]guanine(A―5
0
2
1)in mice. Antivir. Res. 4
2,
1
3
9―1
4
8.
1
2)Iwayama, S., Ono, N., Ohmura, Y., Suzuki, K., Aoki, M.,
Nakazawa, H., Oikawa, M., Kato, T., Okunishi, M.,
Nishiyama, Y. and Yamanishi, K.(1
9
9
8)Antiherpesvirus activity of(1’
S,
2’
R)
―9―
[
[1’
,
2’
―bis(hydroxymethyl)cycloprop―1’―yl]methyl]guanine
(A―5
0
2
1)in cell culture. Antimicrob. Agents. Chemother.4
2,1
6
6
6―1
6
7
0.
1
3)Kasuya, H., Nishiyama, Y., Nomoto, S., Hosono, J.,
Takeda, S. and Nakao, A.(1
9
9
9)Intraperitoneal delivery of hrR3and ganciclovir prolongs survival in mice
with disseminated pancreatic cancer. J. Surg. Oncol.
7
2,1
3
6―1
4
1.
1
4)Kimata, H., Takakuwa, H., Goshima, F., Teshigahara,
O., Nakao, A., Kurata, T., Sata, T. and Nishiyama, Y.
(2
0
0
3)Effective treatment of disseminated peritoneal
colon cancer with new replication―competent herpes
simplex viruses. Hepato―Gastroenterology 5
0, 9
6
1―
9
6
6.
1
5)Kleymann, G., Fischer, R., Betz, U. A., Hendrix, M.,
Bender, W., Schneider, U., Handke, G., Eckenberg, P.,
Hewlett, G., Pevzner, V., Baumeister, J., Weber, O.,
Henninger, K., Keldenich, J., Jensen, A., Kolb, J., Bach,
U., Popp, A., Maben, J., Frappa, I., Haebich, D., Lockhoff, O. and Rubsamen―Waigmann, H.
(2
0
0
2)New
helicase―primase inhibitors as drug candidates for the
treatment of herpes simplex disease. Nature Med.8,
3
9
2―3
9
8.
1
6)Kucharczuk, J. C., Randazzo, B., Chang, M. Y., Amin,
K. M., Elshami, A. A., Sterman, D. H., Rizk, N. P., Molnar―Kimber, K. L., Brown, S. M., MacLean, A. R.,
Litzky, L. A., Fraser, N. W., Albelda, S. M. and Kaiser,
L. R.(1
9
9
7)Use of a“Replication―restricted”herpes
virus to treat experimental human malignant mesothelioma. Cancer Res.5
7,4
6
6―4
7
1.
1
7)Martuza, R. L.(2
0
0
0)Conditionally replicating herpes
vectors for cancer therapy. J. Clin. Invest. 1
0
5, 8
4
1―
8
5
8
4
6.
1
8)Martuza, R. L., Malick, A., Markert, J. M., Ruffner, K. L.
and Coen, D. M.(1
9
9
1)Experimental therapy of human glioma by means of a genetically engineered virus mutant. Science2
5
2,8
5
4―8
5
6.
1
9)Murakami, S., Mizobuchi, M., Nakashiro, Y., Doi, T.,
Hato, N. and Yanagihara, N.
(1
9
9
6)Bell palsy and herpes simplex virus:identification of viral DNA in endoneurial fluid and muscle. Ann. Intern. Med.1
2
4,2
7―
3
0.
2
0)西山幸廣.(1
9
8
7)ヘルペスウイルス特異酵素とその
阻害剤 ウイルス3
7,5
5―7
0.
2
1)西山幸廣,村田貴之,山内洋平.(2
0
0
1)単純ヘルペ
スウイルス遺伝子産物の機能 ウイルス5
1,2
9―3
6.
2
2)Ono, N., Iwayama, S., Suzuki, K., Sekiyama, T., Tsuji,
T., Okunishi, M., Daikoku, T. and Nishiyama, Y.
(1
9
9
8)Mode of action of(1’
S,
2’
R )―9―[[1’
,
2’
―bis(hydroxymethyl)cycloprop―1’―yl]methyl]
guanine(A―5
0
2
1)against herpes simplex virus type
1and varicella―zoster virus. Antimicrob. Agents.
Chemother.4
2,2
0
9
5―2
1
0
2.
2
3)Papanastassiou, V., Rampling, R., Fraser, M., Petty, R.,
Hadley, D., Nicoll, J., Harland, J., Mabbs, R. and Brown,
M.(2
0
0
2)The potential for efficacy of the modified
(ICP3
4.
5
(―)
)
herpes simplex virus HSV1
7
1
6following intratumoural injection into human malignant
glioma:a proof of principle study. Gene Ther.9,3
9
8―
4
0
6.
2
4)Snoeck, R. and De Clercq, E.(2
0
0
0)New treatments
for genital herpes. Curr. Opin. Infect. Dis1
5,4
9―5
5.
2
5)Sohn, S., Lee, E. S., Bang, D. and Lee, S.(1
9
9
8)Behcet’
s
disease―like symptoms induced by the Herpes simplex virus in ICR mice. Eur. J. Dermatol.8,2
1―2
3.
2
6)Stanberry, L. R., Spruance, S. L., Cunningham, A. L.,
Bernstein, D. I., Mindel, A., Sacks, S., Tyring, S., Aoki,
F. Y., Slaoui, M., Denis, M., Vandepapeliere, P. and Dubin, G.(2
0
0
2)Glycoprotein―D―adjuvant vaccine to prevent genital herpes. N. Engl. J. Med.3
4
7,1
6
5
2―1
6
6
1.
2
7)Takakuwa, T., Goshima, F., Nozawa, N., Yoshikawa, T.,
Kimura, H., Nakao, A., Nawa, A., Kurata, T., Sata, T.
and Nishiyama, Y.(2
0
0
3)Oncolytic viral therapy for
peritoneally disseminated tumor using a spontaneously generated herpes simplex virus type1variant
in immunocompetent mice. Arch. Virol.1
4
8,8
1
3―8
2
5.
2
8)Yamada, Y., Kimura, H., Morishima, T., Daikoku, T.,
Maeno, K. and Nishiyama. Y.(1
9
9
1)The pathogenicity
of ribonucleotide reductase null mutants of herpes
simplex virus type1in mice. J. Infect. Dis. 1
6
4, 1
0
9
1―
1
0
9
7.
2
9)Wildner, O.(2
0
0
1)Oncolytic viruses as therapeutic
agents. Ann. Med.3
3,2
9
1―3
0
4.
Document
カテゴリー
SOFTWARE AND INTERNET
本日のアクセス数
20
ファイルサイズ
378 KB
タグ
1/--ページ
報告