close

ログイン

パスワードの再発行?

OpenIDでログイン

No. 66 - 日本地衣学会 The Japanese Society for Lichenology

エンベッド
ISSN 1347-3085
No.66
Newsletter from the Japanese Society for Lichenology
目
次
会務報告…………………………………………………………………………233
第4回観察会(長野県入笠山周辺)の報告/木下靖浩・安斉唯夫…………233
第4回観察会(長野県入笠山周辺; 2005年10月8-9日)で観察された地衣類
/原田浩・木下靖浩・安斉唯夫…………………………………………234
写真館 …………………………………………………………………………235
地衣にもぐりこんだテントウ虫/原田浩………………………………235
会務報告 Report of the JSL Activities
第 4 回観察会(長野県入笠山周辺)の報告
Report of the 4th JSL Field Meeting on Mt. Nyugasa and vicinity, Nagano-ken,
central Japan
木下靖浩(Yasuhiro KINOSHITA)・安斉唯夫(Tadao ANZAI): 地域活性化委員会関東
長野県富士見町および長谷村
において地衣学会主催第4回観
察会が開催されましたので,報
告いたします.
開催日:2005 年 10 月 8 日
(土)~9 日(日)
開催場所:長野県諏訪郡富
士見町および上伊那郡長
谷村
講師:原田浩氏(千葉県立
中央博物館)
参加者:22 名(講師を含む)
*
*
*
入笠山周辺では今までにも何
回か地衣類を観察する会合が開
催されています.亜高山帯に生
図 1.観察会初日.土砂降りの中での採集会となった.撮影:原光二郎.
234
は初日午後の観察場所での採集許可を森
林管理署からいただいていて若干量の地
衣類を採集していました.宿に入ってから
その採集品を食堂で広げさせていただい
ての標本観察会を実施(図 2).短時間の
採集ではありましたが種々の地衣を採集
できており,講師の原田さんの名解説を聞
きながら,参加者の数人の方に持ってきて
いただいた実体顕微鏡を使って,野外の観
察では見られない細かな点まで確認する
ことができました.解説,標本,顕微鏡と
図2.宿での観察実習.土砂降りの中での採集品を実体顕微鏡下でじ
3点を揃える必要がありますが,参加して
くださった方々に好評をいただき,次の機
っくり心行くまで観察することができた.撮影:原光二郎.
会にも実施したいと考えています.
育する地衣類を気軽に観察できる貴重な場所で,今回の
観察会も大勢の参加者を得て開催することができまし
た.
翌日は好天に恵まれ,入笠山にちなんで名付けられた
ニュウガサウメノキゴケ(Hypotrachyna sinuosa)
探しをするなどして,亜高山帯の地衣に親しむ2日間を
初日は天気が悪く,入笠山山麓の富士見公園,富士見
小学校で観察していた午前中は何とか小雨でおさまっ
ていましたが,入笠山山頂付近で観察をしていた午後に
は土砂降りになり(図 1),早々に宿の山彦荘に引き上
終えました.
最後になりましたが,富士見小学校,山彦莊の伊東さ
んご夫妻,また観察会にご参加いただいた富士見町の
方々に感謝いたします.
げざるを得なくなってしまいました.しかしながら今回
―――――――――――――――――――
第4回観察会(長野県入笠山周辺;2005 年 10 月 8-9 日)で観察された地衣類
Lichens observed at the 4th JSL Field Meeting on Mt. Nyugasa, Nagano-ken,
Central Japan, 8-9 October 2005
原田 浩(Hiroshi HARADA)1)・木下靖浩(Yasuhiro KINOSHITA)2)・安斉唯夫(Tadao ANZAI)3):
1)
千葉県立中央博物館・2)横浜市・3)ゼルグプランニング
上述の観察会において,現地にて(あるいは山彦層に
て)同定した地衣類のリストを以下に示す.なお,これ
はあくまでも暫定リストであり,最終的なリストは標本
精査後に Lichenology 誌上で公表する予定である.
樹状
Alectoria lata
ホネキノリ
Baeomyces placophyllus ヒロハセンニンゴケ
Baeomyces rufus
アカセンニンゴケ
Bryoria confusa
オオオニノヒゲ
Bryoria furcellata
コフキイバラキノリ
Bryoria lactinea
フジキノリ
235
Bryoria trichodes
Nephroma helveticum f. helveticum
ハリガネキノリ
Cladonia chlorophaea ジョウゴゴケ
Evernia esorediosa
Ramalina exilis
ケモドキ
Nephroma parile
ヤマヒコノリ
Ramalina conduplicans
カラタチゴケ
ホソカラタチゴケ
Ramalina geniculata var. geniculata
ウラミゴ
Nephroma resupinatum
ケウラミゴケ
Parmelia aduagescens?
コウマクカラクサゴ
ツヅレカ
ケ?
Parmelia laevior
ラタチゴケ
ヘリトリウラミゴケ
テリハゴケ
Ramalina yasudae
イワカラタチゴケ
Parmelia shinanoana シナノウメノキゴケ
Usnea glabrata
ビホロサルオガセ?
Parmelia squarrosa
カラクサゴケ
Usnea diffracta
ヨコワサルオガセ
Peltigera didactyla
フイリツメゴケ
Usnea longissima
ナガサルオガセ
Peltigera neopolydactyla ナガネツメゴケ
Peltigera praetextata チヂレツメゴケ
葉状
Cetrelia chicitae
コフキトコブシゴケ
Cetrelia monachorum コフキトコブシゴケモドキ
Collema pulcellum var. pulcellum コブクレカワホ
リゴケ
Dermatocarpon miniatum カワイワタケ
Endocarpon japonicum
サワノミドリゴケ
Flavoparmelia caperata
キウメノキゴケ
Hypogymnia hypotrypella リボンゴケ
Hypogymnia nikkoensis
ニッコウフクロゴケ
Hypogymnia pseudophysodes var.
pseudophysodes フクロゴケモドキ
Hypogymnia pulverata
Hypogymnia vittata
Pilophorus clavatus
カムリゴケ
Placopsis cribellans
デイジーゴケ
Platismatia interrupta ウスバトコブシゴケ
Pseudocyphellaria crocata ニセキンブチゴケ
Sticta fuliginosa
コウヤクゴケ
Tuckermannopsis americana
Tuckermannopsis gilva
Tuckneraria laureri
ヒゲアワビゴケ
オーアケシゴケモドキ
コナヘリウスカワゴケ
Tuckneraria psuedocomplicata ウスカワゴケ
Umbilicaria esculenta イワタケ
Umbilicaria kisovana ヒメイワタケ
Vulpicida pinastri
コナハイマツゴケ
ヒメリボンゴケモドキ
ヒメリボンゴケ
痂状
Hypotrachyna sinuosa ニュウガサウメノキゴケ
Caloplaca flavorubescens ダイダイゴケ
Imshaugia aleurites
ゴヘイゴケ
Candelariella vitellina ロウソクゴケモドキ
Lobaria japonica?
ツヤナシエビラゴケ?
Mycoblastus sanguinarius クロアカゴケモドキ
Lobaria spathulata
ヘラガタカブトゴケ
Ochrolechia pallescens
Melanelia olivacea
オリーブゴケ
Psilolechia lucida
コナゴケ
Tephromela atra
クロイボゴケ
Verrucaria aquatilis
サワイボゴケ(新称)
Myelochroa metarevoluta コフキチョロギウメノキ
ゴケ
ニクイボゴケ
写真館 Photo Gallery
地衣にもぐりこんだテントウ虫
Lady beetles under a foliose lichen, Rimelia clavulifera
原田 浩(Hiroshi HARADA):千葉県立中央博物館
地衣類を丹念に観察していると,思わぬ光景に出くわ
すことがある.次のページの図 1 もその一こま.
3 月 27 日の朝,伊豆での調査の折,山里の更に奥の
林道脇の,慰霊碑の台座となる石垣を観察していた時の
こと,マツゲゴケ Rimelia clavulifera (Räsänen)
Kurok. の下にテントウ虫(ナミテントウ Harmonia
236
図1.マツゲゴケの下にはナミテントウがもぐりこんでいた.6 匹が塊っており,そのうち4匹の姿が見える.静
岡県西伊豆町某所.2006 年 3 月 27 日 10 時 50 分.
axyridis)が 6 匹もぐりこんでいるのを見つけた(図 1).
当日はまた海岸線の満開の桜を見てきたところだった.
越冬していたのだろうか?私がその付近の調査を終え
渓谷にはミツマタも咲いていた.春の陽気に誘われて,
立ち去る 15 時半過ぎには,4 匹に減っていた.前日に
2 匹は飛び立ったのだろう.
は松崎町の川沿いの満開のソメイヨシノの並木を眺め,
――――――――――――――――――――
●複写される方へ
本誌に掲載された著作物を複写したい方は,許諾を受けて
ください.詳細は本誌62号222ページに.
●Notice about photocopying
In order to photocopy any work from this publication, you
or your organization must obtain permission. For details,
see No. 62, p. 222 of this publication.
日本地衣学会ニュースレター 66号
発行日:2006年 4月 17日
編集: 原田浩・岡本達哉・木下靖浩・棚橋孝雄
発行者・発行所:日本地衣学会
〒010-0195
秋田市下新城中野
秋田県立大学生物資源科学部生物生産科学科内
――――――――――――――――――――――――――――――――――
©2006 日本地衣学会 (© 2006 The Japanese Society for Lichenology)
本誌記事の著作権は日本地衣学会に属します.無断転載・無断複写等は固くお断りいたします.
Document
カテゴリー
RELIGION
本日のアクセス数
117
ファイルサイズ
423 KB
タグ
1/--ページ
報告