close

ログイン

パスワードの再発行?

OpenIDでログイン

第35号 軒昂会会報 2012年6月 平 成 二 十 三 年 度 総 会

エンベッドダウンロード
第35号
2012年6月
軒昂会会報
会報は年1回予定しています。
皆様の原稿お待ちしています。
頂いた方にはお礼差し上げます。
原稿の送り先
Eメール:ct@ctamura.com
軒昂会会報 第35号
発行者
日原 雄
編集者
田村千秋
発行日
平成24年6月
URL:http://atk.gnk.cc/kkk/
会報 : http://atk.gnk.cc/kkk/pdf
百た発七
四総足十
名員時七
か名
ら
現
在
ま
で
に
席
を
置
か
れ
昭
和
六
十
三
年
軒
昂
会
発
足
時
軒
昂
会
会
員
数
の
推
移
役
に
矢
後
会
員
に
お
願
い
し
ま
し
た
。
し
た
、
長
い
間
ご
苦
労
様
で
し
た
。
新
監
査
呂
会
員
は
健
康
上
の
理
由
で
脱
会
さ
れ
ま
監
会会総場
日
時
尚会査三次四出六入四前計長会所
計報十年万金千金十年報挨出
、
監報告七度二
円
一度告拶席
査告
万へ千
万よ
者
役通
三繰九
八り
をり
千越百
千繰田日二箱時四
お承
九金八
八越村原十根間月
願認
百
十
百金
会名湯十二
いさ
七
五
九
小長
本八十
しれ
円
円
十
泉
ホ時五
てま
二
テ~日
ル
まし
円
ー
二
した
六
た。
日
野
第
三
十
五
号
の
会
報
を
CD
(
に
ま
と
保め
存配
版布
ま
す
。
昭
和
六
十
三
年
に
第
一
号
ー
本
号
)
特
に
、
子
供
が
学
生
で
あ
っ
た
り
、
家
の
ロ
ー
ン
が
あ
る
だ
ろ
う
か
と
丌
安
に
思
う
人
が
大
勢
い
る
。
は
更
新
期
間
が
近
づ
き
に
つ
れ
更
新
し
て
も
ら
え
る
の
新
で
あ
る
と
こ
ろ
が
多
い
、
私
も
そ
う
で
あ
っ
た
。
こ
れ
で
①
身
分
が
丌
安
定
。
た
い
て
い
が
三
ヶ
月
ご
と
の
期
間
更
ミ
等
で
ご
存
知
の
と
お
り
遣
社
員
と
い
う
身
分
は
廃
止
す
べ
き
だ
と
思
う
。
マ
ス
コ
自
分
の
経
験
か
ら
し
て
思
い
つ
つ
ま
ま
に
書
く
と
派
派
遣
社
員
を
経
験
し
て
と遣
で先
すか
。ら
は
派
遣
切
り
、
雇
い
止
め
が
あ
っ
た
と
い
う
こ
蛇
足
で
あ
る
が
、
こ
の
派
遣
会
社
で
も
や
は
り
他
の
派
を
打
っ
た
。
伝
え
三
月
で
退
職
し
た
。
こ
う
し
て
派
遣
生
活
に
終
止
符
る
理
由
と
し
て
は
ち
ょ
う
ど
い
い
の
で
、
呑
め
な
い
旨
を
も
な
い
し
辞
め
よ
う
辞
め
た
い
と
思
っ
て
い
た
の
で
辞
め
け
取
る
。
軒
昂
会
だ
よ
り
お
わ
り
だ
さ
い
と
い
い
一
週
間
後
に
初
め
の
い
き
さ
つ
か
ら
全
と
、
雇
用
保
険
、
俗
に
言
う
失
業
手
当
高
年
齢
求
職
に話り
五が、
派
あ
カっ遣
ッた会
トが社
の、か
話すら
がべそ
あての
っのま
た請ま
ち負五
ょ会%
っ社カ
とにッ
考つト
えいす
さてる
せもと
て同い
く様う
⑥
六
十
五
歳
を
過
ぎ
て
退
職
を
す
る
と
、
厚
生
年
金
降と
もし
徴て
収働
をい
して
てい
いた
て人
後が
でい
戻な
しか
てっ
くた
れの
たか
。四
月
以
遣
会
社
を
集
め
、
一
律
五
%
カ
ッ
ト
す
る
と
い
う
話
が
あ
遣
会
社
で
は
今
ま
で
六
十
四
歳
を
過
ぎ
て
派
遣
社
員
の
2
月
に
業
績
丌
振
を
理
由
に
会
社
側
か
ら
全
部
の
派
を
徴
収
さ
れ
る
が
、
四
月
以
降
は
徴
収
が
な
い
。
派
に
使
う
案
等
出
ま
し
た
が
、
こ
の
件
は
幹
事
が
、
こ
う
し
て
も
や
も
や
を
抱
え
て
い
る
う
ち
に
、
今
年
十
五
歳
を
過
ぎ
て
翌
年
の
三
月
ま
で
は
雇
用
保
険
料
二
名
前
後
で
し
た
が
今
回
は
二
十
名
の
参
たは尚た
。
こ。徴、
こ
収平
数
し成
回
な二
の
い十
総
こ二
会
と年
の
に度
出
幹の
席
事年
者
で会
は
決費
平
め二
均
ま千
十
し円
軒
昂
会
の
予
算
約
四
十
万
円
を
総
会
費
用
が
出
て
い
た
が
こ
の
会
社
は
そ
う
い
う
こ
と
も
な
か
っ
た
け
ら
れ
る
と
こ
ま
で
と
言
う
案
、
も
し
く
は
だ
ん
強
く
な
っ
た
。
世
間
で
は
、
派
遣
切
り
や
、
雇
齢
化
が
進
ん
で
い
ま
す
。
現
在
の
体
制
を
続
も
あ
り
正
直
や
っ
て
ら
れ
な
い
と
い
う
気
持
ち
いが
止だ
めん
こ
年れ
々か
会ら
員の
が軒
減昂
少会
す存
る続
のに
とつ
同い
て
時
に
高
ら
ず
時
々
正
社
員
と
非
正
社
員
と
の
格
差
が
出
る
こ
と
た
。
ま
た
、
同
じ
よ
う
に
仕
事
を
し
て
い
る
に
も
か
か
わ
会
を
箱
根
湯
本
の
「
一
の
湯
」
で
行
い
ま
し
三
十
四
名
り
ま
し
た
。
そ
ん
な
訳
で
二
年
ぶ
り
の
総
大
地
震
「
東
日
本
巨
大
地
震
」
で
中
止
と
な
二
月
二
十
三
日
に
発
生
し
た
稀
に
見
る
巨
平
成
二
十
二
年
度
の
総
会
(
昨
年
度
)
は
平
成
二
十
三
年
度
総
会
現十席年十亡
在名扱会一く
の
い費名な
会
に未
ら
な納
員
れ
っ者
数
た
た(
会
四
会
員
員年
以
上
)
で
今
回
除
思全
う然
と考
いえ
つて
辞な
めい
てな
も、
そ
いれ
いで
やも
と管
い理
う職
気な
持の
ちか
にな
な
っと
る
の
か
な
?
こ
れ
に
よ
っ
て
ど
う
い
う
影
響
が
あ
る
か
め
、
こ
の
課
長
は
い
っ
た
い
人
の
こ
と
を
ど
う
考
え
て
い
あ
、
こ
れ
で
時
給
が
U
P
す
る
こ
と
は
無
い
な
と
あ
き
ら
う
に
と
時
間
当
た
り
百
円
切
り
下
げ
を
要
求
し
た
。
あ
課
長
が
突
然
派
遣
会
社
に
管
理
費
を
切
り
詰
め
る
よ
六
十
四
歳
の
派
遣
宮
本
新
司
(
最
終
回
)
前⑤がは④めな③若る銭等あ
例こ
、派話い正いと面賃る
がれ
私遣のこ社人、で金。
なは
がは持と員に年結面
か、
い常っでと職金婚で
っ私
たにてあ格を生はは
たが
会正行る差譲活難非
とお
社社き。がる者し常
思世
、員場特あべだいに
わ話
部かがにるきとと丌
れに
署らな、。だ思思利
るな
だ下い派ころううで
こっ
けに。遣れう。。あ
とた
か見
はは。し金る
で派
もら
組、
か銭。
あ遣
われ
合埋
し面若
る会
かる
がめ
、かい
が社
ら。
なよ
やら人
、で
な
いう
は考は
六は
いこ
たの
りえ金
れ
(
軒昂会のあゆみ(保存版)
会報第1号~35号及び総会、会
員の写真等を収録したCDPDF版
の作成を計画してます。
次年度の総会時配布予定。
の
両
方
を
受
け
取
れ
る
。
部
話
し
、
前
か
ら
朝
五
時
に
起
き
て
や
る
よ
う
な
仕
事
で
者
給
付
金
…
…
一
時
金
と
し
て
全
額
を
一
括
し
て
受
で
案
を
決
め
て
次
回
の
総
会
で
審
議
す
る
。
(
平
現
成
在
二おの
十願会
三い員
年
数
度
は
軒
三
昂
十
会
五
会
名
費
で
二
す
千
。
円
会
計
ま
も②
賃賃
金金
がが
低時
い給
たの
めた
生め
活正
が社
大員
変と
で同
あ
る様
。の
仕
事
を
し
て
こ
と
に
な
り
ま
し
た
。
加
を
い
た
だ
き
盛
大
に
行
う
こ
と
が
出
来
?
で
お
振
込
み
お
願
い
し
ま
す
。
人
な
ど
は
大
変
で
あ
る
。
共
働
き
の
女
性
で
も
残
業
等
が
会
員
の
皆
様
で
ご
意
見
あ
り
ま
し
た
ら
ま
し
た
。
会
長
(
日
原
氏
)
副
会
長
(
西
牧
?
振
込
み
先
あ
る
た
め
子
供
が
小
さ
い
と
親
と
同
居
し
て
面
倒
を
見
連
絡
お
待
ち
し
て
ま
す
。
氏
)
等
を
囲
ん
で
の
宴
会
は
例
年
に
な
く
)
二
一
三
六
九
〇
〇
株
式
会
社
み
ず
ほ
銀
行
厚
木
支
店
て
も
ら
わ
な
い
と
、
賃
金
面
で
保
育
所
等
に
も
賃
金
が
低
会
平員
均の
年平
齢均
年
は齢
六
九
歳
に
な
のり
製ま
作し
た
)
コ
イ
ズ
ミ
イ
ワ
ネ
口
座
番
号
い
た
め
生
活
が
大
変
で
あ
る
。
)
軒
昂
会
代
表
者
退
職ま
金た
が、
なお
い金
。の
通面
勤で
の言
たう
めと
の、
交ボ
通ー
費ナ
はス
自が
分な
持い
。
軒
昂
会
発
足
二
十
四
年
記
念
盛
まり
た上
毎が
回り
そま
うし
でた
す。
が
お
互
い
の
健
康
(
ち
、
し
か
も
必
要
経
費
と
し
て
は
控
除
出
来
な
い
。
正
や
家
族
の
話
題
、
カ
ラ
オ
ケ
で
時
間
の
経
つ
%
社
員
が
会
社
の
経
費
で
処
理
し
て
い
る
の
に
丌
公
平
で
軒
昂
会
会
報
本
号
で
三
十
五
号
に
な
り
の
も
忘
れ
再
会
を
大
い
に
祝
い
ま
し
た
。
CD
し
た
い
と
計
画
し
て
い
ま
す
。
平
成
二
十
三
年
度
総
会
報
告
第35号
)
(
)
①
人
生
の
歩
み
(
・
午
前
六
時
か
ら
ウ
ォ
ー
キ
ン
グ
開
始
、
膝
に
水
か
た
ま
っ
て
い
る
か
も
し
れ
な
形
外
科
医
に
て
レ
ン
ト
ゲ
ン
撮
影
の
結
果
宅上
すに
るあ
。が
日ら
曜ず
日我
で慢
病し
院て
休車
診を
、運
翌転
日し
整帰
と
れ
ず
、
翌
朝
起
き
る
と
左
足
が
痛
く
て
足
膝
が
痛
を
感
じ
、
当
夜
忘
年
会
痛
み
を
九・
日平
退成
院十
一
年
四
月
五
日
・
前
立
腺
肥
大
手
術
抑
え
る
。
現
在
も
三
項
目
継
続
中
抑
左え
腕る
を。
首
下
か
ら
右
方
の
上
に
左
手
で
③
右
腕
を
首
下
か
ら
左
方
の
上
に
左
手
で
な
い
よ
う
に
注
意
し
ま
し
ょ
う
。
(
い
、
検
査
の
結
果
水
は
な
か
っ
た
。
火
)
四
泊
五
日
編
集
後
記
県立秦野戸川公園の紫陽花
膜
下
出
血
る
効
果
。
血
液
の
流
れ
を
良
く
す
る
。
く
も
い
る
間
に
血
液
濃
く
な
っ
て
い
る
、
う
す
め
ま
平で
成」
七一
年年
十六
一ヵ
月月
コほ
ルぼ
フ良
コ好
ン
ペ
時
左
「
通
院
平
成
七
年
十
一
月
~
九
年
三
月
四
十
五
歳
手
術
後
継
続
ひ
じ
を
引
っ
張
り
、
頭
の
位
置
が
動
か
頭②
を両
押腕
しを
合組
いみ
ま頭
すの
。後
ろ
に
当
て
、
手
と
・
朝
起
床
後
コ
ッ
プ
杯
水
を
飲
む
=
ウ
ォ
ー
キ
ン
グ
開
始
即
約
二
十
分
間
歩
き
す後
期
高
齢
七
六
歳
か
ら
余
生
を
本
ど
間
う
過
茂
ご
1
ゴ
ル医
フ師
のに
ク長
ラ期
ブ治
は療
奇に
麗な
にる
掃と
除言
しわ
てれ
保、
骨な
肩が
ら
の肩
後
ろコ
リ
にな
あ
るく
胴す
体る
体
と
操
上行
腕う
を。
結肩
ぶ甲
(
)
存
す
る
。
毎
日
体
操
を
ふ
じ
み
野
住
宅
骨
、
か
い
が
ら
ぼ
ね
、
※
人
間
で
は
、
扁
平
な
)
・
治
療
専
念
、
電
気
マ
ッ
サ
ー
ジ
を
毎
日
三
角
形
(
十
五
分
間
行
う
だ
け
で
丌
安
で
二
ヵ
月
位
・復平う
時
記
成、退三六伊
念
十
院十日勢
す
二お後分午原
尻
べ
年
低終後の
き
四を骨了一病
記
月締盤
時院
録
五め運
四
る
日
動
十秘
運
一
を
分尿
年動三
手科
を
経
ヶ
術
繰
過
月
開
り
完
間
始
全返行
十
し
回
四
)
の
平練本
成習格
二開的
十始に
四す十
年る一
ゴ。年
ル
七
フ
月
の
か
練
ら
習
好
と
き
コ
な
ー
ゴ
ス
ル
参
フ
やで
す、
治次
療に
方接
、骨
医医
師に
の通
診院
断す
氷る
でと
冷氷
やで
す冷
第
三
公
園
に
て
約
十
八
~
二
十
五
名
位
十
(
計回二一加
十、回月す
回四、二る
月三回。
平二月、
均回四二
、
月
治
療
は
、
炎
症
を
起
こ
し
て
い
る
か
ら
冷
分
間
行
い
帰
宅
す
る
。
)
趣・
味後
を期
楽高
し齢
む
す
治
療
で
と
言
わ
れ
。
(
を野
お球
さの
え選
る手
たは
め必
でず
す冷
。や
す
こ
れ
は
炎
症
しか
てら
い現
る在
。三
連項
続目
一を
年心
六得
ヵて
月意
通識
院し
継実
続行
(
本
年
度
総
会
で
本
間
会
員
が
「
後
期
高
齢
は
、
姿
勢
を
正
し
く
毎
日
歩
く
足
を
内
又
本
人
が
こ
れ
か
ら
心
得
て
大
切
な
こ
と
が
大
切
好
き
な
ゴ
ル
フ
開
始
平
成
九
年
四
11,026
七
十
六
歳
か
ら
の
余
生
を
ど
う
過
ご
す
」
苦
難
を
乗
り
越
え
て
た
経
緯
)
と
題
し
て
興
味
あ
る
ス
ピ
ー
チ
を
さ
れ
ま
最
入
合
出サ
十生終奉社小場す入資佐身ラ
さ所。社会渡地リ
年活
公
ー
終平と昭な東
出社市
マ
了成し和町
京
来
新
工
十て二場都
た天「
潟ン
紹
株五、十 豊
こ田介県生
何
五
と製先佐活
ア年年七で島
を作輩渡開
マ六で年も区
感所
ダ月一四修高
郡始
謝と安大
退サ人月理田
し言藤字
社ラ前八す南
てう隆石
リの日る
会町
お会夫名
勤ー時十社
り社様
続マ代五
まに」現
五ン
歳
10,225
し
た
。
会
員
皆
様
に
も
紹
介
い
た
し
た
く
②
1
会
報
に
の
せ
ま
し
た
。
で
歩
く
心
掛
け
す
る
こ
と
、
骨
盤
が
開
く
10,773
ま
た
数
回
に
わ
た
り
掲
載
し
ま
し
た
長
編
昭
和
十
五
年
四
歳
の
時
に
定
期
、
木
炭
バ
1
宮
本
会
員
の
「
六
十
四
歳
の
派
遣
」
本
号
ス
の
下
に
入
り
和
服
姿
で
引
っ
掛
か
り
大
月
合ヶ3ヶ2ヶ1別・
二三一
平ヶ
月計月月月月月月
十千時
均
四~間
七八
年千千
度歩歩
k
kk
k
k
mm歩m歩m歩m歩
実計五
績平キ
均ロ
//日/日/日/日
一メ
ウ
日
日日
日
日
万ー
平
ォ
平
平
平
」
歩ト
ー
均
均
均
均
ル
キ/「
日
昼
ン
グ以間
上
」
歩
月
歩
歩
歩
10,675
で
完
結
し
ま
し
た
。
あ
り
が
と
う
ご
ざ
い
怪
我
、
足
、
腰
、
左
腕
、
そ
の
他
、
昔
の
話
し
1
ま
し
た
。
まり仲
で余間
過生を
ごを多
す心く
。行つ
くく
・
日
本
経
済
新
聞
よ
り
一
日
八
千
~
八
千
五
左
膝
軟
骨
消
失
昭
四和
十五
五十
歳七
現年
在二
三月
十四
二日
年く
目も
膜
下
出
月
か
ら
コ
ン
ペ
に
参
加
す
る
。
(76)
菅
原
会
員
の
「
紙
飛
行
機
の
続
編
は
紙
面
・
右
肩
こ
り
治
療
開
始
へ
厚百
生歩
省の
」目
厚標
生提
労示
働「
省生
は活
十習
五慣
日病
の
、
政予
府防
血
平
成
七
年
十
一
月
90.5
編
集
担
当
の
都
合
で
次
号
に
掲
載
し
ま
す
、
ご
了
承
・
健
康
維
持
は
早
22
く
だ
さ
い
。
◎守の期
右る身発
肩鉄体見
こ則はで
りで自す
治す分自
療、で分
(2013
しレ「開
まッ肩始
しチ甲
た」骨肩
以。でスこ
解トり
上
消
療
院
に
一
ヵ
月
一
回
通
院
し
四
ヵ
月
で
終
が
進
め
る
健
康
づ
く
り
運
動
で
「
提
健
示~康
し
日
た
。年本
)
③姿
整勢
形を
外正
科し
く
す
る
こ
と
が
基
本
。
(
・
一
年
三
か
月
完
全
回
復
度二
の十
素一
案」
の
を第
専二
門次
委計
員
会画
一
年
六
ヶ
月
ゴ
ル
フ
中
断
)
治①
療初
をめ
受治
け療
る院
。で
二
十
回
位
マ
ッ
サ
ー
ジ
平
成
十
年
八
月
~
平
成
十
一
年
十
月
十
九
余
生
ど
う
過
ご
す
か
平
成
十
一
年
四
月
四
日
前
立
線
肥
大
手
(
②
次
に
紹
介
受
け
て
、
別
の
研
修
整
体
治
「日
①ま
+で
②、
+肩
③こ
各り
十体
ま躁
で
数歩
えき
てな
繰が
りら
返
目
標
術
で
完
全
回
復
341,804 ÷31
235.0
7.6k
296,519 ÷29
228.7
7.9k
333,975 ÷31
228.8
7.4k
972,298 ÷91
692.5
7.6k
230
7.6k
了
す
る
。
年
間
二
十
五
回
以
上
コ
ー
ス
臓
病
の
死
亡
率
を
減
ら
す
目
標
値
も
盛
り
③
3
生
活
習
慣
病
の
予
防
促
進
の
た
め
、
二
十
三
・
運込
動ん
のだ
心。
掛
け
)
年
に
達
成
す
べ
き
一
日
の
平
均
歩
数
と
し
ゴ
ル
フ
コ
ン
ペ
に
出
来
る
限
り
参
加
す
る
)
毎
朝
現
在
も
継
続
歩て
男
性
八
の千
目五
標百
値
を約
指六
示キ
。ロ
脳
卒女
中性
や八
心千
こ
と
。
目
標
(
し
行
う
」
二
十
分
間
参
加
平
均
ス
コ
ア
八
十
代
と
す
る
。
(5.6k)
的
に
行
っ
て
い
る
。
肩
こ
り
は
一
切
発
生
・
趣
味
の
活
用
)
し
な
い
。
仲
間
を
出
来
る
だ
け
多
く
つ
く
る
、
旅
後
期め八「希平
高た十余
成
齢」歳生お十
祝
を
者
ま
八
で今
年
元ま約四
中
二
で
気
月
間
を以十八
点
保上名日
で
ちに
七
健
見
頑康
十
直
張に
歳
し
る留
古
と意
決し
)
行
、
ウ
ォ
ー
キ
ン
グ
や
日
帰
り
旅
行
、
グ
ラ
健た康「歳
康」に余誕平
留生生成
管
理
意の日二
し考次十
八えの四
十方様年
歳をに四
ま三判月
で年断七
頑間し日
張にた土
る短。
七
と縮
十
決し
六
め健
(
ン
ド
ゴ
ル
フ
、
夜
の
飲
み
会
、
そ
の
他
(
丌
具一
合年
発一
見回
の人
場間
合ド
一ッ
年ク
の
間受
で診
復
元、
夫
さ婦
せで
(
し診る
。で)
平
夫
成
婦
と二
も十
に二
結、
二
果十
ど三
こ、
に二
も年
異間
状の
な受
2012年6月
軒昂会会報
寝
て
・
ウ
ォ
ー
キ
ン
グ
を
継
続
的
に
実
行
す
る
。
・
左
膝
軟
骨
消
失
④
左
右
の
肩
甲
骨
を
真
ん
中
に
寄
せ
る
。
①
腰
の
後
で
手
首
を
つ
か
み
両
腕
を
広
げ
過
去
の
苦
し
み
を
修
復
さ
せ
た
Document
カテゴリー
RELIGION
本日のアクセス数
8
ファイルサイズ
703 KB
タグ
1/--ページ
報告