close

ログイン

パスワードの再発行?

OpenIDでログイン

いわて文化ノート「絵師川口月嶺のこと」 - 岩手県

エンベッドダウンロード
◆岩手県立博物館だより №135 2012.12◆
■いわて文化ノート
絵師川口月嶺のこと
主任専門学芸員 齋藤里香(歴史・古美術部門)
■生い立ち
ています。多くは月嶺の子孫宅に伝えら
量を見込まれ、二人扶持で召し出された
川口月嶺(かわぐち・げつれい 1811
れた資料を寄贈していただいたもので
のです。10月には「奥詰」を仰せつかっ
~1871)は、江戸時代後期の盛岡藩を代
す。中には天保の年号が記された資料も
ています。
表する絵師の一人です。文化₈年
(1811)
、
あり、
修業の一端を知ることができます。
ちなみに、盛岡藩にはお抱えの「御絵
■盛岡藩に出仕
師」がいますが、
「奥詰」の肩書をもらっ
旧盛岡藩領)で麹屋を営む家に生まれま
弘化₂年(1845)、月嶺は十数年ぶり
た月嶺(川口七之助)は、彼らとは別扱
した。幼いころから絵を描くことが好き
に故郷の花輪に戻ります。35歳の時でし
いということになります。
か
づの
はな
わ
陸中国鹿 角 郡花 輪 村(現秋田県鹿角市、
こうじ
だった月嶺は、それ以外のことには熱心
またた
た。月嶺の名声は瞬く間に広まり、やが
としただ
おくづめ
■盛岡城の障壁画を描く
でなく、18歳の頃、ついに画業を志して
て盛岡藩主・南部利 済(1797 ~1855)
南部利済は、普請好きだったことで知
故郷をあとにしたと伝えられます。
の知るところとなります。盛岡藩に召し
られています。現在の岩手県議会と岩手
■鈴木南嶺に入門
抱えられたのは、翌年₂月のことです。
県庁があるあたりに広小路御殿、中央通
盛岡藩家老席の日誌『覚書』
(もりおか
をはさんで西の方に清水御殿、盛岡城大
嶺は、
円山四 条 派の絵師・鈴木南嶺(1775
歴史文化館蔵)弘化₃年(1846)₂月₂
奥に三階建ての御殿を造営しました。御
~1844)に入門し、画技を磨きます。月
日条には月嶺こと川口七之助について
殿が建てば襖絵をはじめとして壁画や板
嶺の画号は師の南嶺から与えられたもの
「御遣方有之、弐人扶持被下置被 召出、
戸などが必要となり、
絵師は大忙しです。
です。同門に後に漆芸家としても名を成
御代官召連罷出、於柳之間老中列座、帯
大奥の普請工事が盛んに行われていた
秋田から山形を遊歴して江戸に出た月
ま る や ま し じょう
なんれい
ぜ しん
す柴田是真(1807 ~1891)がいました。
岩手県立博物館では、月嶺の日々の
けんさん
つかいかた
刀申渡之[御遣方あり、二人扶持下し置
まか
かれ召し出さる。
御代官召し連れ罷り出、
ならやま
たてわき
嘉永₄年(1851)に月嶺が仕事の内容を
控えた業務日誌が紹介されています。そ
研鑽の様子をうかがうことができる写生
柳之間に於いて老中列座、
(楢山)帯刀申
れ に よ る と、 障 壁 画 の 他 に も 屏 風 や
帳や模写絵、絵手本、下絵などを所蔵し
し渡す。
]
」とあります。絵師としての力
衝立、掛軸、羽子板など、いろいろな御
ついたて
かけじく
は
ご いた
用を仰せつかっています。
(小原茂「月嶺
筆『年中御用控』
」
岩手の古文書第7号、
1993年₃月、岩手古文書学会)
『年中御用控』からは精力的に仕事を
こなす月嶺の姿がかいま見えます。
途中、
あまりの忙しさに記す時間が無かったよ
うで、日にちが飛んでいるところが随分
あります。絵を描くことが主な仕事です
から、現代のサラリーマンのように定時
出勤、定時退社ということはなく、家で
仕事をしている日もあり、城からの呼び
出しで登城する日もあり、藩の公式行事
に参列している日もあります。登城と下
城の時刻もまちまちで、五つ半時(午前
₉時頃)に登城している日もあれば、六
つ時(午後₆時頃)に登城して帰りが夜
八つ(午前₂時)という日もあります。
帰りが遅い日はお酒やお膳を頂戴し、
仕事のご褒美に利済から御召物を拝領し
月嶺の写生などの綴り(岩手県立博物館蔵)
2
た記録もみられます。
◆岩手県立博物館だより №135 2012.12◆
盛岡城大奥の襖の下絵と伝えられる「雅楽観覧の図」
(岩手県立博物館蔵)
岩手県立博物館では、大奥の襖の下絵
して月嶺は江戸に上りました。二十歳に
疋を拝領しています。
と伝えられる「雅楽観覧の図」を所蔵し
なる子の亀次郎(号:月村)も一緒でし
亀次郎(月村)は月嶺のもとで絵を学
ています。具体的にどこの部屋の襖なの
た。利剛は「御痛所」があって領内の温
んでいましたが、
「関流算術」の稽古もし
かは特定できていませんが、盛岡城の間
泉 で 療 養 す る た め₈月29日 に 江 戸 を
ていたことがわかっています。慶応元年
取りを見ながらあれこれ想像するのも楽
発って盛岡に帰って来ますが、月嶺はそ
₃月には藩から「大炮方手伝」を命じら
しいものです。そのほかにも「御居間方
の一行には加わらず、東海道を西へ向
れていました。絵筆一本とはいかない幕
四枚」と付箋のついた襖の下絵や、
「竹之
かったようです。
末の緊迫した世相が感じられます。
御間」と注記のある小襖の下絵などがあ
翌慶応₂年(1866)₆月、月嶺こと川口
■晩 年
ります。
七之助は「京都大坂御用向き出精相勤め
慶応₃年(1867)₃月、月嶺は鉛温泉に湯
月嶺は大奥普請工事が終了した嘉永
候に付」金500疋を拝領しています。こ
治に行く藩主・南部利剛のお供を仰せつ
₄年(1851)12月、かねがね御絵御用に
の時の肩書は「大奥御用聞格御用中御銅
かります。利済のみでなく利剛の信も得て
精を出してつとめ、かつ、この度の大奥
山吟味役加」となっています。御用向き
いたらしく、月嶺の別号「真象」は、利剛
御普請に尽力した功績によって三人扶持
の中味は分かりませんが、東海道の写生
から贈られたものと伝えられています。
を加増され、五人扶持となりました。
帳や京都の寺社を描いた作品などが伝え
幕末維新の動乱を経て、月嶺は明治₂
安政₂年(1855)₄月に南部利済が亡く
られており、この旅の成果とみられます。
年(1869)10月17日、七之助を改め直七の
なると、盛岡藩の御小納戸支配絵師・藤
ところで月嶺と共に江戸に上った亀次
名を拝領。没したのは明治₄年(1871)₇
田祐昌が尊像の制作をすることになりま
郎はというと、やはり京都にいました。
月22日のことでした。享年61。
すが、月嶺にはその差し図をするように
しかし、お役目は京都御所の警備。慶応
との下命がありました。これは結局沙汰
元年の冬から翌年₄月にかけて、盛岡藩
川口月嶺は盛岡藩主の評価を得、藩士
やみとなりますが、月嶺が利済の側近く
は幕府から「京都御守衛」を命じられ、
の中にも門弟を擁したため、それまで狩
に仕えたことによる下命であったと考え
京都御所の「日之御門前」の警備にあた
野派が主流であった藩内に円山四条派の
られます。
りました。₆月に任務に就いた人々に恩
画風が広まったといわれます。作品の調
■東海道の旅
賞が下されているのですが、
その中に
「七
査と併せて藩の記録類や周辺の人物の調
慶 応 元 年(1865)閏₅月、 時 の 藩 主・
之助嫡子 川口亀次郎」の名があり、
「京
査を進め、月嶺の仕事と人物像をより鮮
都御守衛御用出精相勤め候に付」金200
明にしていきたいと考えています。
ふ せん
としひさ
南部利剛(1826 ~1896)の参勤のお供を
た い ほ うか た て つだい
3
Document
カテゴリー
RELIGION
本日のアクセス数
30
ファイルサイズ
927 KB
タグ
1/--ページ
報告