close

ログイン

パスワードの再発行?

OpenIDでログイン

信頼とコミットメント関係に関する理論的・実証的研究 - 原子力安全

エンベッド
1
信頼の意味と構造
―
― 信頼とコミットメント関係に関する理論的・実証的研究 ―
―
Significance and the Structure of Trust
— Theoretical and Empirical Research on Trust and Commitment Relations —
山岸 俊男 (Toshio Yamagishi)*
小見山 尚 (Hisashi Komiyama)†
要約 本論文は,山岸らによる信頼の「解放」理論に基づいて行われた,一連の実験室実験と,日
米比較質問紙調査の報告である.山岸の信頼理論は,信頼が「やくざ型」のコミットメント関係か
ら人々を解放する役割を果たすことを強調している点で,他の主要な信頼についての理論と異な
っている.やくざ型のコミットメント関係は,親密な関係にある友人間などによくみられる,も
う一つのタイプ,すなわち「恋人型」のコミットメント関係からは区別されるものであり,その存
在理由は,社会的不確実性の低減にある.山岸による信頼の「解放」理論は,以下の6つの理論命
題から成り立っている.(1)信頼は社会的不確実性の存在している状況でしか意味をもたない.
(2)社会的不確実性によって生じる問題に対処するために人々のとる最も一般的な方法はコミッ
トメント関係の形成,すなわち,特定の相手との間の安定した長期的な関係の形成である.(3)
コミットメント関係は,特定の相手との関係における社会的不確実性を低下させるが,関係の外
部から得られるかもしれない利益を失うことにつながる.すなわち,コミットメント関係は機会
コストを伴う.(4)従って,機会コストが大きな状況では,コミットメント関係にとどまらない
方が有利である.(5)他者一般に対する信頼感の高い人々は信頼感の低い人々にくらべ,容易に
やくざ型のコミットメント関係から離脱することができる.(6)社会的不確実性と機会コストが
ともに高い社会的状況においては,高信頼者は低信頼者よりも外部の機会への接触が容易であり,
従って,より大きな利益を得る可能性がある.これら6つの理論命題のうち,命題1と3は自明
であり,命題4は理論の適用条件を示すものである.従って,実証研究により検証される必要の
ある命題は,命題2,5,および6である.このうちの命題2と5は,一連の実験室実験により支
持された.残りの第6命題は,今回の実験研究では直接検証にかけられていない.最後に,日本
とアメリカで行われた質問紙調査によって,山岸の理論から導き出された,日米差に関する一連
の仮説が検討され,すべての仮説が調査結果により支持された.具体的には,以下の結果が得ら
れた.(1)アメリカ人の方が日本人よりも一般的信頼の水準が高い.(2)日本人の方がアメリカ
人よりも,特定の相手との関係を維持することで利益が得られると考える傾向が強い.(3)日本
人よりもアメリカ人の方が,評判の情報としての価値を重要だと考えている.(4)アメリカ人の
方が日本人よりも,正直さと公平さを重要だと考える傾向が強い.
キーワード
信頼,信頼性,用心,安心,コミットメント関係,社会的不確実性,取り引きコスト,機会コ
スト,評判,内集団ひいき,正直さ,公平さ
Abstract
This paper reports a series of laboratory experiments and a US-Japan comparative
questionnaire survey, both based on an "emancipation" theory of trust developed by Yamagishi and his
associates. Yamagishi's theory of trust is distinct from the other major theoretical approaches to trust
in that it emphasizes the role trust plays in "emancipating" people from Yakuza-type commitment
relations. Yakuza-type commitment is distinguished from another type of commitment, "commitment
between lovers," the type of commitment often observed between close friends; the former's major
raison d'Ítre is reduction in social uncertainty. Yamagishi's "emancipation" theory of trust consists of
the following six theoretical propositions. (1)Trust is relevant only in a situation characterized
with social uncertainty. (2)The most standard solution to problems caused by social uncertainty is
* 北海道大学文学部教授
(株)原子力安全システム研究所 社会システム研究所
†
2
commitment formation, i.e., formation of stable and durable relations with reliable partners. (3)
While commitment relations reduce social uncertainty between specific partners, they incur
"opportunity costs," or lost opportunities that could have been obtained from "outsiders." (4)
Thus, in a social situation in which opportunity costs are great, commitment formation becomes a
reliability rather than an asset. (5)High trusters (those who have a high level of trust in people in
general)would be easier to leave a Yakuza-type commitment relation, a commitment relation that had
been formed in order to reduce social uncertainty. (6)In a situation characterized with both high
level of social uncertainty and a high level of opportunity costs, high trusters would thus have better
access to outside opportunities and thus would prosper more than would low trusters. Among these
six theoretical propositions, the first and the third propositions are evident, and the fourth proposition
set the conditions for the theory. Thus, only propositions 2,5 and 6 are to be empirically tested. A
series of laboratory experiments successfully confirmed the second and the fifth propositions. The last
proposition was not tested in these experiments. Finally, a questionnaire survey conducted both in the
United States and Japan also confirmed a series of predictions involving US-Japan contrasts, derived
from Yamagishi's theory of trust. All consistent with the theoretically derived hypotheses, it was
found that (1)Americans are higher in general trust than Japanese, (2)Japanese more than
Americans have higher expectations of benefit from maintaining relations with specific others,(3)
Americans consider informational role of reputation more important than do Japanese, and(4)
Americans consider honesty and fairness more important than do Japanese.
Keywords
trust, trustworthiness, caution, assurance, commitment relation, social uncertainty, transaction
cost, opportunity cost, reputation, in-group favoritism, honesty, fairness
1.
目的
てきた役割が,今後の日本社会において低下するで
あろうことは十分に予測される.
1.1
信頼研究の意義
信頼が組織や社会全体の効率的な運営にとって不
可欠であり,政治・経済活動を含む我々の社会関係
の潤滑油として極めて重要な役割を果たしているこ
(2)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
とは,経済学者(1)
,社会学者(3)
(11)
(12)
(13)
(15)
(16)
(17)
,政治学者(10)
,心理学者(14)
(9)
(20)
,人類学者(19)
などにより,社会科学の様々
(18)
な分野で広く認識されている.例えば,日本におけ
る企業系列に対する最近の欧米の経済学者や経営学
者の関心の高まりの背景にも,企業間の安定した関
係に基づく相互信頼が,日本経済全体の効率に大き
な効果を持ったのではないかという認識が存在して
いると考えられる.1しかし一方では,国際化の進
展や人口構成の変化に伴う社会の流動性増大の結
果,
(企業間系列や終身雇用制度などを含む)従来の
安定した関係の維持が困難となりつつあり,従って
従来の安定した関係に根差す「相互信頼」の果たし
1
(36)を
この問題についての理論的背景には,Williamson(35)
中心とする取り引きコストを重視する経済理論と,その理論的
背景からなされている垂直統合型企業組織とネットワーク型企
業組織との比較が存在している.
このような予測に直面して,我々はこの種の相互
信頼の低下を必ずしもネガティブに捉らえてはいな
い.その理由は,安定した関係に基づく相互信頼と
は別種の信頼が,流動性の高い,すなわち,より開
かれた形態の社会において育成される可能性が大き
いと考えるからである.我々は,「談合」等の土壌
ともなっている,閉ざされ安定した関係が生み出す
「相互信頼」( 我々はこれを「安心( assurance )」と呼
んでいる)に代って,開かれた社会における自立し
た個人の持つ,他者一般ないし人間性一般に対する
信頼(我々はこれを「一般的信頼( general trust )」と
呼んでいる)が,今後の日本社会の中でその重要性
を増して行くであろうと考えている.従来の閉ざさ
れた集団ないし組織形態を今後より開かれた形態に
変革して行くことは,現在の日本社会の最重要課題
のひとつと言えるが,その変革が成功するためには,
従来の閉ざされた形態の集団や社会を支えてきた
「安心」の提供に代わる,「一般的信頼」の育成が不
可欠であると我々は考えている.
3
1.2
これまでの研究の問題点
がなされる.この研究プロジェクトの目的は,一連
の実験研究と質問紙研究を通して,著者が発展させ
我々の生活において信頼( trust )の果たしている
てきた「信頼の解放理論(emancipation theory of
役割は極めて大きい.Luhmann(6)の指摘を待つま
trust)」を一層充実した形に整備することにあった.
でもなく,「もし誰も全く信じることができないと
そのためにまず必要となったのは,信頼をめぐる
したら...」と想像してみるだけで,我々が日常生
様々な概念間の関係を整理する中で,他の関連概念
活でどれほど多くを信頼に依っているか,簡単に知
から区別される信頼独自の意味を明確にすることで
ることができる.誰も全く信頼できない状態で正常
ある.このため,以下,信頼をめぐる概念整理を最
な社会生活を送ることは,ほとんど不可能だろう.
初に行う.概念整理がなされた後,信頼についての
また例え可能だとしても,信頼できない相手から自
既存の主要な理論についての整理を行い,次いで,
分の身を守るために常に注意を払っている必要があ
なぜ人間は他人を信頼するのかという,信頼研究に
り,そのための認知的コストは,極めて大きなもの
おける究極の問題に対する答えを可能とするために
となるだろう.2 しかし我々の生活におけるこのよ
構築された理論である,信頼の解放理論の概要が説
うな重要性にもかかわらず,信頼に関する研究はま
明される.その後,この理論の検証のために実施さ
だ不十分な状態にあると言わざるを得ない.Barber
れた実証研究の内容が紹介され,最後に,我々の信
(3)
らの指摘しているように,「信頼( trust )」という
頼研究の成果と意義についての総括がなされる.
言葉そのものすら,極めて曖昧な形で用いられてい
る.日本語で信頼と言った場合にも,英語で trust
信頼概念の整理
2.
と言った場合にも,その内容が多岐にわたることは
あらためて指摘するまでもない.これまでにも心理
自然の秩序に対する期待としての信
頼と,道徳的秩序に対する期待とし
ての信頼
2.1
学者,社会学者,経済学者,政治学者など,社会科
学の様々な分野の研究者たちが信頼の研究を行って
きたが,残念ながら,これらの異なった学問分野に
属する研究者たちの間で,意味のある研究の交流が
ほとんどなされてこなかった.3 これまでの信頼研
究の最も重大な問題点は,同じ信頼という言葉で実
は全く異なった現象を語りながら,その食い違いに
気づいていなかった点にあると言うことができるだ
ろう.
1.3
本論文の構成について
本論文では,著者を中心として過去2年間にわた
り行われてきた信頼研究プロジェクトの成果の報告
信頼(trust)の最も広い定義としては,Luhmann
(6)
の定義を援用した,「自然的秩序および道徳的
社会秩序の存在に対する期待」(p.9)という Barber
(3)の定義があるが,この定義によれば,明日も太
陽が昇るだろうと信じるのも,信頼の一種(自然的
秩序の存在についての期待)ということになる.し
かし我々はこのような,自然的秩序も含む広義の定
義が,我々の研究目的にとって有効ではないと考え
ている.その理由は,主として以下の2点に集約さ
れる.
①自然的秩序の存在に対する期待と,道徳的社会秩
序の存在に対する期待とでは,その原因および
2このためのコストは,取り引きコスト経済学
(35)
(36)で用い
られている取り引きコストの概念を,日常生活にあてはめたも
のと考えることができる.
3この現状は,現在急速に変化しつつある.例えば 1993 年か
ら 1994 年にかけて3度にわたり原子力安全システムの主催で行
われた信頼感に関する国際ワークショップでは,心理学者,経
済学者,社会学者,人類学者の間で有意義な議論が展開された.
また,1995 年2月にニューヨークで行われた信頼会議において
も,心理学,経済学,政治学,社会学,人類学からの研究者の
間で活発な議論が展開された.但し,その場での結論のひとつ
は,異なったパラダイムのもとで信頼を研究している研究者の
間で共通の言葉を見出す必要があるというものであった(75).
社会関係の中で果たす役割が,根本的に異なっ
ている.日本語の環境で生活している我々にと
ってはこの違いは自明であり,「明日も太陽が昇
るだろうと信頼する(ないし信用する)」という表
現はむしろ不自然に思われる.その理由は,「信
頼」ないし「信用」という言葉が日本語では対人関
係(道徳的社会秩序)に限定されているからであ
る.我々は,英語では自然的秩序も社会的秩序
4
も同じ trust という言葉で表現されるからといっ
の方が信頼が高いという上述の研究結果が誤っ
て,trust という単一の概念がこれら両側面を包
ているのか,という疑問が当然生まれることに
含すべきだとは考えない.同じ語源から派生し
なる.信頼感に関する我々の研究は,この疑問
たため同じ単語が用いられていても,その内容
をひとつの出発点としている.
が全く異なっていることは珍しくないからであ
言葉は,日常生活では,不動産などの価値から
能力に対する期待としての信頼と,
意図に対する期待としての信頼
借金分を差し引いた純資産を意味する場合の方
以上の2つの理由から,本研究では Luhmann(6)
る.例えば衡平理論で知られている equity という
2.2
が多いが,だからといって衡平理論が後者の意
や Barber(3)らによる広義の trust の定義は採用しな
味での equity を扱うべきだということにはなら
いこととする.Barber 自身も実際の分析にはこの定
ないだろう.
義を用いておらず,社会的道徳的秩序に対する期待
②信頼に対する我々の関心は,社会的ジレンマ状況
に分析を絞り,その中での2種類の下位分類の重要
での成員の協力行動の促進要因としての,他者
性を強調している.すなわち Barber(3)は,信頼に
の協力性に対する期待から始まっており,社会
は以下の2種類が区別されるべきであり,これまで
的ジレンマ状況での成員の行動を分析するにあ
の信頼に関する議論が混乱している原因の一つは,
たって,自然的秩序の存在に対する期待が理論
この2種類の信頼が区別されず混同されていた点に
的に重要な位置を占めるとは考えがたい.我々
あるとしている.その2種類の信頼とは,
はこれまで日米両国において社会的ジレンマに
①社会関係や社会制度のなかで出会う相手が,役割
関する実験研究を行う中で,信頼感尺度4 に対す
を遂行する能力を持っているという期待.
る日米被験者の反応を比較することにより,ア
②相互作用の相手が信託された責務と責任を果たす
メリカ人被験者の方が日本人被験者よりも,他
こと,またそのためには,場合によっては自分
人に対する一般的な信頼感が高いという知見を
の利益よりも他者の利益を尊重しなくてはなら
(21)
(22)
(23)
(24)
得ている
(22)
で
ないという義務を果たすことに対する期待であ
は 852 名のアメリカ人被験者と 212 名の日本人被
.例えば Yamagishi
る.我々が飛行機に乗るときにはパイロットが
験者との比較が行われ,アメリカ人被験者の平
十分な能力を持っているだろうと期待している
均信頼感尺度値が日本人被験者の場合よりも 2 /
わけだが,これが前者の意味での信頼である.
3 標準偏差ほど高いことが示されている.この比
これに対して政治不信の場合には,政治家の能
較はその後も合計それぞれ2,000 名を越す被験
力に不安を抱いているというよりは,政治家が
者を用いて行われているが,結果は一貫してお
公共の利益ではなく自分の個人的な利益を追求
り,常にアメリカ人被験者の方が日本人被験者
しているのではないかと疑われているわけで,
5 よりも高い信頼感を示している. この結果は,
後者の意味での信頼に関係している.Barber(3)
「日本人は信頼を重んじるために口約束ですむ場
によるこの2種類の信頼と同様の区別を,我々
合でも,アメリカ社会では信頼が不足している
はここで,①相手の能力に対する期待と,②相
ため,しっかりした契約を取り結ぶ必要がある」
手の意図に対する期待,の区別として提案する.
というたぐいの,日本社会とアメリカ社会とに
更に,本研究で用いられる「信頼」はすべて第2
ついての一般常識と真っ向から対立しているよ
の意味での信頼,すなわち相手の意図に対する
うに思われる.従って相互信頼を重視する日本
期待としての信頼であり,相手の能力に対する
社会という常識が誤っているのか,アメリカ人
期待としての信頼は,以下の議論には結びつか
4この尺度の日本語版については,山岸ら
(31)を参照された
い.
5この信頼感尺度は,社会的ジレンマ状況における Ss の協力
行動と強く関連しており,予測妥当性がかなり高いことが知ら
(22)
(23).
れている(21)
ないことを最初に明確にしておきたい.6 この相
手の意図に対する期待としての信頼は,実験ゲ
ームの伝統の中で用いられてきた信頼の定義に
近いと同時に,経済学者による信頼の定義にも
5
近いと考えることができる.
をもたらすからである.この場合には,相手が嘘を
つく意図をもっていないという期待は,相手の人間
2.3
信頼と安心
以上の議論により,我々の扱うべき信頼の内容は,
性の善良さではなく,相手の行動により生み出され
る,相手にとっての自己利益に帰属される.
相手の意図に対する期待として,かなり大幅に限定
Yamagishi & Yamagishi(18)は,信頼のこの2つ
されることになった.しかし,この限定された意味
の側面を区別するために,信頼とは別の概念として,
での信頼にも,2つの異なった内容が含まれている
「安心」の概念を用いることを提案している.「安心
ことに注目する必要がある.この点,すなわち相手
(assurance)」とは,相手 trustee の友好的行動に対す
の意図に対する期待としての信頼に質的に異なる2
る期待のうち,相手の自己利益の評価に根差してい
つのタイプがあることは,これまでの信頼研究では
る部分である.例えば「針千本マシン」が埋めこま
ほとんど気づかれてこなかった点である.山岸によ
れている相手に対する嘘をつかないだろうという期
る信頼理論は,この2種類の信頼を区別することの
待は,Yamagishi & Yamagishi(18)の定義する安心
重要性を理解することから始まったと言ってよいだ
にあたる.これに対して「信頼(trust)」は,相手の友
ろう.
好的行動に対する期待のうち,相手の自己利益の評
相手の意図に対する期待には,2種類のものがあ
価による部分(つまり安心の部分)を取り去った残り
る.一つは,相手の人間性に由来するものである.
の部分にあたる.つまり客観的な行動予測を越えた
信頼が必要とされる状況で相手が信頼に値する行動
期待を,我々は信頼として定義している.この意味
をとる意図があると期待できるかどうかは,少なく
での信頼は,状況の客観的認知からのズレであり,
ともその多くの部分を,相手の人間性の評価相手が
一種の認知バイアスである.このズレは通常,相手
自分の利益を犠牲にしても信頼に応える行動をとる
の善意あるいは人間性に対する期待によってもたら
ような人格の持ち主だと考えられるかどうかに依っ
される.従って信頼は,不確実な情報に基づいて相
ている.我々が信頼するのは,多くの場合,そのよ
手の善意や人間性を判断する際に生じる認知のバイ
うなすぐれた人格の持ち主だと判断できた相手である.
アスとして定義できる.
しかし,相手が自分を騙す意図を持っていないだ
ろうという期待は,必ずしも相手の人格の評価に基
づくものだけではない.相手の行動が本人の自己利
益にとってどのような意味をもっているかの判断
2.4
認知特性としての信頼と,対象の評
価値としての信頼
さて,これまでの概念整理の中で,信頼は相手の
も,相手の行動の意図の期待に影響するからである.
人間性の評価に基づく相手の意図の期待であると定
例えば,もしある人間の身体に「針千本マシン」が
義された.この定義からは,これまでの信頼につい
埋めこまれていて,その人間が嘘をつけば必ず千本
ての議論の中で信頼とは明確に区別されてこなかっ
の針を飲み込むようになっていれば,そのことを知
た,①自然の秩序に対する期待(例えば,明日も太
っている者は誰も皆,その人間が絶対に嘘をつかな
陽が昇るだろうという「信頼」),②相手の能力に対
いと確信するだろう.その人間の人格の高潔さの程
する期待(例えば,この板前の料理した河豚なら食
度にかかわりなく,針千本飲むよりは,嘘をつかな
べても大丈夫だろうという意味での,板前に対する
いようにする方が,その人間にとって望ましい結果
「信頼」),③相手の自己利益の評価に基づく相手の
6 説得コミュニケーション研究において,説得の効果をあげ
る要因として,説得者の専門性に基づく能力(competence)と,
説得者の意図についての信頼性(trustworthiness)とが区別されて
研究されているが,我々も同様に,これら 2 つが異なった内容
を含んでおり,また異なった要因により影響されていると考え
ている.例えば特定の航空会社のパイロットの腕前に不安を覚
える人も,パイロットが自分の利益のためにすすんで事故を起
こそうとしていると心配することはないだろう.
但し,このことは,能力に対する期待としての「信頼」が重要
な問題ではないということを意味しているわけではない.実際,
渡部ら(95)は,原子力発電に対する一般の人々の「信頼」には,
電力会社が原子力発電所を安全に管理運営する能力があるかど
うかについての期待と,電力会社や政府が原子力発電の安全性
について真実を公開しているかどうかという,企業や政府の意
図に対する信頼の双方が関連していることを指摘している.こ
こで重要なのは,この 2 つの側面を混同することなく,それぞ
れ適切な文脈に位置づけたうえで分析することであろう.
6
意図の期待(例えば,一流ブランドなら,粗悪品を
してその相手の人間性についての評価を下す際に,
売れば評判にかかわるので,粗悪品を売るような馬
同じ情報をポジティブに解釈する傾向を,認知特性
鹿なまねはしないだろうという,一流ブランドに対
としての信頼として定義することにする.相手の人
する「信頼」ないし安心)は,いずれも,信頼とは明
間性を評価するに際して完全で明瞭な情報が存在し
7
確に区別されるべきであることが明らかとなる.
ている状況では,この意味での認知特性としての信
この信頼の定義によれば,信頼は相手の人間性の
頼は,もちろん働く余地がない.逆に言えば,認知
評価に依存している.そこで,もしこの評価が相手
特性としての信頼が意味をもってくるのは,相手の
の人間性の正確な反映であるとすると,信頼は,結
人間性の評価に際しての情報が不完全な状況,例え
局は相手の人間性ないし信頼性 trustworthiness の単
ば相手についての間接的な情報である評判だけが存
純な反映にすぎないことになる.信頼に値する人格
在している状況においてである.
の持ち主は誰からも信頼され,信頼に値しない人格
上に定義された認知特性としての信頼は,相手の
の持ち主は誰からも信頼されないだろう.同じ人間
人間性の評価そのものではなく,評価の過程におけ
が複数の人々から異なったレベルの信頼を受けると
る情報処理の特性である.多くの場合,認知特性と
したら,それは,少なくともそれらの人々による評
しての信頼水準の高い人は,その生活史の中でつき
価にエラーが存在するから,ということになる.
合ってきた相手の人間性を好意的に評価する傾向を
人々の評価にエラーが存在しなければ,相手の信頼
持ち続けてきた人間であり,従ってその結果,特定
性の反映としての信頼には,個人差が存在しないは
の相手の人間性の評価も,また他者一般の人間性の
ずだからである.このように,信頼を対象の信頼性
評価も,好意的なもとのなっているだろう.しかし,
の単なる反映として考えるかどうかについては,後
認知特性としての信頼の持ち主であっても,実際に
で述べるようにいくつかの考え方があるが,ここで
つき合ってきた相手がすべて信頼に値しない人間で
は,信頼は対象の信頼性のたんなる反映ではないと
あった場合には,それらの相手に対する評価も,他
いう立場を採用する.その理由については,次の,
者一般に対する評価も,あまり好意的なものとはな
信頼研究についての理論的アプローチの節での議論
らないだろう.
を参照されたい.
信頼を,対象の信頼性の単なる反映として考えな
ここで,この点についての議論を少し整理してお
こう.ある時点である個人が持つある対象(その対
い理由は,相手が信頼できるかどうかの客観的評定
象が特定の相手であれ,あるいは他者一般であれ)
を越えたレベルでの相手の意図の期待に,信頼の本
の人間性の評価は,その対象に関する情報を特定の
質があると考えるからである.別の言い方をすれば,
仕方で処理してきた結果生まれたものであると考え
同じ相手に対する信頼の程度に個人差があるとすれ
られる.この情報処理の特性の一つの側面が認知特
ば,その個人差は単なるエラーとして処理されるべ
性としての信頼,つまり,ある対象についての不完
きではないというのが,ここでの立場である.すな
全な情報を楽天的に処理するか悲観的に処理するか
わち,ここでは,同じ相手に対する信頼の個人差は
の傾向性である.そして,そのような特定の方向で
単なる偶然のエラーではなく,不完全な情報をもと
対象の人間性についての認知を積み重ねる結果,そ
に相手の人間性についての評価を下す際の,個人の
の対象の人間性についての予測値が固定されてくる
認知特性を反映するものであると考える.この点に
だろう.この予測値が,対象の人間性の評価値とし
関する詳しい議論は次節にゆずることにして,ここ
ての信頼である.つまり,対象の人間性の評価値と
では,特定の相手についての不完全な情報をもとに
しての信頼は,ある水準の認知特性としての信頼の
持ち主が社会環境との相互作用の中で結果として生
7 もちろん,このことは,我々が日常の生活でこういった現
象を信頼と呼ぶことが誤りであると言っているわけではない.
①から③までのいずれかを信頼と呼び,ここで定義した信頼を
別の言葉で呼ぶことにしてもよいだろう.重要なのは,①から
③までの「信頼」と,ここで定義された信頼とが,概念的に異な
ったものだという点である.
み出してきた,対象の人間性についての一般的な予
測値である.そして,対象についての具体的情報が
存在しない状況では,この一般的予測値は,対象の
人間性評価のデフォルト値として用いられるものと
7
考えることができる.もちろんこのデフォルト値は
らはすべて,対象(他者一般,特定の個人,ないし
完全に固定したものではなく,対象についての具体
特定のカテゴリーに属する人間)の人間性の評定に
的情報が加わるにつれ,その情報が認知特性としての
基づいた意図の期待という点で,先に定義された意
信頼を通して処理された結果,次第に修正されていく
味での信頼である.
ことになるだろう.認知特性としての信頼と,デフォ
しかし一方では,これらの間の違いにも注目して
ルト評価値としての信頼を区別する日常用語は存在し
おく必要がある.特に重要なのは,一般的信頼とパ
ないが,この区別は重要であると考えられる.
ーソナルな信頼との違いである.一般的信頼は,自
2.5
一般的信頼とパーソナルな信頼
8
分と特定の関係にない他者一般の人間性のデフォル
ト評価値である.カテゴリー別信頼は,「他者一
上の議論により,認知特性としての信頼は,対象
般」の範囲が特定のカテゴリーに属する他者一般
の人間性の評価値としての信頼と区別されるべきで
(例えば同じ大学の卒業生等)に限定された形での
あることが明らかになった.ある対象を信頼するか
一般的信頼と考えることができる.これに対して,
どうかは,その対象の人間性についてどう思ってい
パーソナルな信頼は,自分と何らかの関係にある特
るかによって決まっている.これが日常用語として
定の相手に対する信頼である.この意味での特定の
の「信頼」の意味に最も近い用法だろう.ここでも
相手に対する信頼には,「あいつはいいやつだか
し,その対象の人間性の評価がその対象の真の人間
ら」という,その相手の人間性一般についての評価
性の不偏推定値であるとすれば,先に述べたように,
と同時に,「あいつと俺の仲だから」という,相手
信頼は対象の信頼性の単なる反映にすぎないことに
が自分に対してもつ好意についての評価の両方が含
なる.しかし,もし信頼の本質として,客観的な予
まれていると考えられる.前者,つまり特定の相手
測が不可能だからこそ信頼が意味をもつと考えると
の一般的人間性についての評価という点からすれ
すれば,対象の人間性の評価は,その対象の真の人
ば,パーソナルな信頼は,一般的信頼の適用範囲が
間性の評価以外の要因,特に,信頼される側ではな
限定されたものとしてのカテゴリー別信頼の極端な
く信頼する側の要因によって影響されているはずで
形態と考えることができるだろう.この意味でのパ
ある.この,信頼する側の要因を,ここでは認知特
ーソナルな信頼には,カテゴリー別信頼がそうであ
性としての信頼と呼んでいる.この観点からすれば,
ったように,一般的信頼と質的に異なる点はない.
ある個人がある対象に対してもつ評価値としての信
しかし後者,つまり相手が自分に対してもつ好意度
頼は,その対象の真の人間性と,その個人の認知特
の評価という点では,一般的信頼とは質的に異なる
性としての信頼の双方によって決定されているだろ
ものと考えた方がよいだろう.もちろん,相手が自
う.
分に対してもつ好意度の評価に基づくパーソナルな
ここでは,対象の評価値としての信頼を,更に対
信頼は,相手にとっての利得構造の評価に基づく安
象の性質によって,
(他者一般の人間性の評価値に基
心とは,根本的に異なっている.この点からすれば,
づく)一般的信頼,
(特定の相手の人間性の評価値に
相手の好意は,利得構造ではなく,あくまでも相手
基づく)パーソナルな信頼9,および(特定のカテゴ
の人間性の一側面であり,従ってパーソナルな信頼
リーに属する人間の人間性の評価値に基づく)カテ
ゴリー別信頼に分けることにする.但しこの3タイ
プの信頼は,すべて対象の評価値だという点で基本
的性質を共有している点を強調しておきたい.これ
8 ここでの「パーソナルな信頼」は,山岸らの初期の論文
(31)
(29)
(78)で用いられた,「個別的信頼」と混同されるべきではない.
これらの論文は,Yamagishi & Yamagishi(18)で信頼(trust)と安
心(assurance)との区別が導入される以前のものであり,そこで
用いられた個別的信頼の概念は,本論文で用いられている意味
での「安心」にほぼ相当している.
9 パーソナルな信頼は,親密な関係を通して獲得された相手
の人間性についての評価と同時に,相手が自分に対して持つ好
意,忠誠,魅力度などによって決定される意図の期待である.
相手が自分に対して好意を抱いていることを知っていれば,自
分にとっての利益が相手にとっての自己利益の一部に組み入れ
られていることがわかっていることになる(相手は私を好きな
のだから,私が喜べば相手も嬉しくなるだろう)
.その場合には,
相手が自分に対してもつ好意の知覚に基づくパーソナルな信頼
は,先に定義した安心(相手にとっての利益に基づく意図の期待)
としての側面を伴うことになる.この意味で,パーソナルな信
頼は,一般的信頼と安心との中間に位置するものと考えること
ができるだろう.
8
は安心とは区別されるべきである.しかし他方では,
経済学でこの意味での信頼の重要性を示すために使
一般的な人間性という点では信頼できない相手に対
われるのが,Akerlof(1)により導入された「レモン
しても,相手の好意に基づく信頼は可能だという点
市場」についての議論である.ここでいうレモンと
で,相手の好意に基づくパーソナルな信頼は,一般
は果物のレモンではなく,アメリカの俗語で,隠さ
的信頼とも区別されるべきであると考えられる.
れた故障のある中古車のことである.中古車市場で
は売り手と買い手との間に情報のギャップがあり,
2.6
信頼と信頼行動
見てくれはよいが問題のある中古車を,買い手は簡
上に定義された,相手の人間性の評価に基づく意
単に見分けられない.買い手はこのことを知ってい
図の期待としての信頼は,その期待に応じて自分の
るため,問題のある可能性を考慮に入れて値段の交
行動を変えることが前提とされていなければ意味を
渉をする.この買い手の要求する値段は,中古車が
なさない.つまり,予測された相手の行動に応じた
レモンであった場合には売り手にとって儲けが大き
対応行動が可能でなければ,相手の行動の予測その
いが,レモンでない場合には売り手にとって儲けが
ものには意味がない.しかし,相手の信頼性につい
小さい.そうなると売り手はなるべくレモンを売り
てポジティブな評価を下す(つまり,相手を信頼し
つけようとすることになり,買い手はレモンの可能
ても大丈夫だと判断する)という意味での「信頼す
性をより重要視し,ますます安い値段でしか買おう
る」ということと,与えられた相手の人間性の評価
としなくなる.このような過程が続けば,結局は中
に基づいて自分の身を相手に委ねる行動をとるかど
古車市場にはレモンがはびこるようになり,買い手
うかの決定とは,少なくとも論理的には独立である.
がまともな中古車を買えなくなると同時に,売り手
前者は単なる評価であり,後者は,その評価に基づ
にとっても買い手を見つけることが困難となる.し
くリスク・テイキングの度合いが関わっているから
かしこれは,売り手を信頼できる場合には避けられ
である.ここでは,相手の意図に対する期待である
た事態なのである.
信頼(「あいつは嘘をつくような奴じゃないと思う」)
上に紹介したレモン市場の議論は,ビジネス場面
と,その期待に基づいて行う意思決定(「だから,
だけではなく,日常生活の様々な場面にあてはまる
あいつにこの仕事を頼むことにしよう」)とは区別
ものである.まわりの誰も信頼できない社会では,
10
することにする.
自分の身と財産を守るだけにでも膨大なコストがか
かり,それ以外の生産活動に投入できる時間とエネ
3.
3.1
これまでの信頼研究における主要な
理論的アプローチ
社会関係の潤滑油としての信頼
ルギーが大幅に制限されてしまうだろう.また取り
引き相手の誰もが信頼できない世界では,信用取引
がほとんど不可能になり,近代的な効率の良いビジ
ネスは維持できなくなるだろう.経済学者による信
信頼は対人関係ないし交換関係を促進する潤滑油
頼研究の背景には,このような意味での信頼の社会
としての役割を果たすと考えられている.信頼が存
的な機能についての認識が共有されていると考えて
在しない状況では不可能あるいは困難な対人関係な
よいだろう.
いし交換関係が,信頼の存在によって可能となる.
10 この区別は,日本語の世界では自明に思われるが,英語の
世界では必ずしもそうではなく,従って明確な概念的区別を行
っておく必要がある.例えば,この 2 つの側面が明瞭に区別さ
れている日本語の世界では,"make a decision to trust"という表
現を直訳した「信頼することに決心する」という表現は,しっく
りこないだろう.その理由は,相手を信頼するかどうかは,意
思決定の問題ではなく評価の問題だからである.これに対して
英語世界における trust という言葉は,日本語の信頼という言葉
よりもずっと強く意思決定ないし行動と結びついているように
思われる.
3.2
カプセル入りの自己利益としての信
頼:信頼性の自己利益理論
信頼が究極的には信頼の対象(trustee)の自己利益
に根差しているとする考え方を Yamagishi(25)は
"groundedness approach"と呼んでいるが,このアプ
ローチは主として経済学者および合理的選択理論の
立場に立つ社会科学者(社会学者,政治学者等)に
よって採用されている.信頼とはカプセル入りの利
9
益(encapsulated interest)であるとする Hardin(10)の
このアプローチによれば,世の中に「信頼(安
考えも,このアプローチに属するものと考えること
心)」が存在するのは(つまり,人々が他人を信頼
ができる.私がある相手Aに対して,ある行動Xを
(安心)するようになるのは),我々の社会には,信
とるだろうという信頼を持つのは,Aの自己利益が
頼(安心)されないでいるよりは信頼
(安心)された方
行動Xによりもたらされる場合だとするのが,この
が自分にとっての利益が大きい状況が存在するから
アプローチのエッセンスである.先に紹介した,
であり,そのような状況では「自己利益を追求す
「針千本マシン」が身体に埋め込まれた人間の例を
る」人々が自ら進んで人質を提供することにより,
考えてみよう.もしある人間の身体に「針千本マシ
信頼(安心)するに足る証拠を作り出すからである.
ン」が埋めこまれていて,その人間が嘘をつけば必
但し,ここで重要なのは,このアプローチにおいて
ず千本の針を飲むようになっているとすれば,その
は,信頼(安心)すること trust そのものは,単に相
ことを知っている者は誰も皆,その人間が絶対に嘘
手が信頼(安心)に値する(trustworthy)ことの反映と
をつかないと確信するだろう.針を千本飲むよりは,
しての意味しかもっていない点である.つまりここ
嘘をつかないようにする方が,その人間にとって望
では,他人から信頼
(安心)されるようになることで
ましい結果をもたらすからである.この確信が,
得をする可能性(すなわち trustworthy になるための
「カプセル入りの自己利益」に基づく,その人間に
誘因)は考慮されているが,相手の自己利益の客観
対する信頼である.(但し,先に「針千本マシン」の
的判断(相手の提供する人質が相手にとって持って
例を使って説明したように,この意味での信頼は,
いる価値の評価)
を越えた水準で(相手に対して安心
本稿では信頼ではなく安心として定義されているこ
を感じるのではなく)相手を信頼することで得をす
とに注意しておく必要がある).
る可能性(すなわち trustful になるための誘因)は考
他人から信頼(安心) されることを望む人間,す
慮されていない.Yamagishi(25)がこのアプローチ
なわち他人から信頼
(安心)されないでいるよりは信
を,trustworthiness についての理論ではあるが trust
頼(安心)された方が得をする人間は,「針千本マシ
についての理論ではないとしている理由は,この点
ン」を自分の身体に自ら埋め込むのと同種の行動を
にある.
11
とることによって,他人から信頼(安心)
される状態
本マシン」などは存在しないが,信頼を裏切ると自
安定した関係が育む信頼:信頼の濃
密関係理論
分自身の利益が損なわれてしまう状態を作り出すこ
しかし,groundedness アプローチによる信頼のこ
を生み出すことができる.もちろん実際には「針千
3.3
とはできる.そのためには,経済学の用語を使えば,
のような解釈は,多くの人々には納得のいかない気
信頼(安心)できる状態を生み出すための「人質(抵
がするだろう.「客観的には信じられるかどうかわ
当 hostage)」の提供を自ら進んで行えばよい.この
からないのに信じるからこそ信頼ではないか」と,
場合の人質
(抵当)とは,例えば中古車に対する保証
多くの人は考えるのではないだろうか.信頼の研究
であったり(保証付きの車の修理が必要になれば損
者,特に心理学者の多くも,groundedness を越えた
をするのは消費者ではなくディーラーである),場
信 頼 こ そ が 真 の 信 頼 だ と し て い る . Lewis &
合によってはその人の評判であったりする(評判が
Weigert(5)の,「信頼は予測の終わるところから始
悪くなると非常に困った事態に陥る人にとっては,
まる」という言葉は,この観点をうまく表現してい
評判を保つ方が信頼を裏切って短期的な利益を得る
る.このようなアプローチを心理学的アプローチと
よりも重要である).
呼ぶとすれば,同じ信頼という言葉を使いながら,
11 ここで紹介されているカプセル入り利益にもとづく信頼に
ついての議論は,本稿での定義によれば,すべて安心について
の議論である.しかしこの議論を展開している人々は,もちろ
ん信頼と安心とを区別しているわけではなく,すべて信頼につ
いての議論だと思いこんでいる.従ってここでは,カプセル入
り利益としての信頼の議論の紹介のために,信頼という言葉を
残したままにする.
上述の groundedness アプローチと心理学的アプロ
ーチとでは,扱っている内容が異なることがわかる.
先述したように,groundedness アプローチが扱っ
ているのは trustworthiness であるのに対して,心理
学的アプローチが扱っているのは trust ないし
10
trustfulness の方である.別の言い方をすれば,
の原因だということになる.そうだとすれば,心理
groundedness アプローチをとる研究者(主として経
学的アプローチにおいても,trust は究極的には
済学者と合理的選択理論の立場に立つ社会学者,政
(まわりの人々の)trustworthiness に還元されること
治学者等)が興味をもっているのは「なぜ人々は信
になる.つまりある人間の trust が高いのは,まわ
頼されるように行動するか」という問題であるのに
りに trustworthy な人々のいる環境で育ったからだ,
対して,心理学的アプローチをとる研究者が興味を
ということになる.この点に関して Hardin
持っているのは「なぜ人々は他人を信頼するのか」
安定した環境のもとで信頼が育まれるという「心理
という問題である.これまでこれら2つのアプロー
学 的 」 な 見 方 を 信 頼 の 濃 密 関 係 理 論( t h i c k -
チを取る研究者の間でほとんど交流がなかった事実
relationship theory of trust)と呼び,濃密関係理論に
も,このように,同じ言葉を使っていながら実際に
よる信頼の「説明」も結局は groundedness アプロー
は異なった現象を研究していたという点を考えれば
チの一部をなすとしている.つまり,心理学的アプ
十分に理解できる.
ローチにおいても結局は,まわりの人々の
(11)
は,
Groundedness アプローチと心理学的アプローチ
trustworthiness を学習することによって trust が生ま
との間には,問題とする現象に違いがあると同時に,
れるとされているとすれば,trust の説明はまわり
説明のための原理も根本的に異なっている.
の人々の trustworthiness の説明に還元されることに
Groundedness アプローチにおける trustworthiness に
なる.
ついての究極の説明原理は,誘因の存在にある.こ
の世に信頼
(安心)が存在するのは,人々が信頼に値
3.4
する行動を取るからであり,人々が信頼に値する行
理論課題の設定:信頼性の理論では
ない信頼独自の理論の構築
動を取るのは,そうすることが彼ら自身の利益にな
このように,現在までの信頼研究においては,特
るからである.これに対して心理学的アプローチで
定の相手ないし,まわりの人々の trustworthiness に
は,このような最終的に還元すべき基準が存在して
還元されない trust,つまり相手やまわりの人々が
いない.例えば信頼研究における心理学的アプロー
実際に信頼
(安心)に値するかどうかとは独立に存在
チを代表している Rotter(15)は,信頼を「他者が言っ
する信頼そのものの説明はなされていない.我々の
たり書いたりしたことをあてにできるという一般化
研究の究極の目的は,この意味での信頼の誘因を明
された期待」(p,653)として定義しつつ,そのような
らかにする,すなわち,信頼する人間 truster の自己
一般化された期待がなぜ存在するかについての説明
利益という観点から trustworthiness とは区別される
は行っていない.臨床心理学者による研究(26)にお
信頼 trust の説明が可能であることを示すことにあ
いても,どのような環境のもとで育つと子供が(特
る.すなわち,我々が研究の対象としているのは,
定の相手,また一般化された相手に対して)信頼を
自己利益に還元可能な trustee の trustworthiness では
持つようになるかについては述べられているが,そ
なく,相手を信頼するかどうか,すなわち truster の
のような環境のもとで信頼が生まれるのはなぜかに
trust ないし trustfulness である.この意味では,
ついては説明がなされていない.あるいは,少し別
我々の問題関心は経済学者の問題関心よりは,心理
の言い方をすれば,心理学者により提供されている
学者の問題関心により近い.但し,本研究のもとと
信頼の「説明原理」は,一種の「過剰一般化」の原理
にすぎない.すなわち,安定して安全な環境で育つ
なっている,我々の理論的枠組みないし説明原理
(18)
(24)
(25)
(27)
(28)
(29)
(30)
(31)
(32)
は,信頼すること
と,他人を信頼できることを学習するようになり,
に対する誘因を強調するという点で,上述の経済学
そのような環境以外の状況でも他人を信頼するよう
者の枠組みにより近いと言えよう.
になると考えられている.
この観点,あるいは心理学的な「説明原理」から
4.
信頼の解放理論
すれば,安定した安全な環境のもとでまわりの人々
さて,我々にとって説明すべき根本問題は,信頼
が trustworthy な行動をいつもとっているのが trust
の誘因は何かという問題である.筆者はこの意味で
11
の信頼の誘因を,コミットメント関係からの離脱を
12
促進する点にあると考えている. 以下に,この点
に 関 す る 山 岸 ら に よ る 「 信 頼 の 解 放 理 論( t h e
予測が終わるところから始まるのである.
以上の議論から,信頼の解放理論における,以下
の第1命題が導き出される.
emancipation theory of trust)
」の大筋を紹介する.
理論命題1:信頼は社会的不確実性が存在して
4.1
社会的不確実性と信頼
さて,上の議論でレモン市場の例を取りあげ,信
頼は社会的交換関係のための潤滑油としての役割を
いる状況でしか意味をもたない.つまり,他人
に騙されて酷い目にあう可能性が全くない状況
では,他人を信頼する必要がない.
はたすと述べたが,このことは,信頼の存在意義が,
社会的不確実性の存在を前提としていることを意味
している.例えばレモン市場においては,買い手は
売り手がレモンを売りつけようとしているかどう
か,つまり売り手が騙すつもりがあるかどうかとい
う,売り手の意図についての十分な情報が不足して
いる.逆に言えば,買い手が売り手の正直さについ
て正確な判断を行うことができれば,レモン市場問
題は存在しなくなる.山岸らの信頼理論では,この
ような,相手の意図についての情報が必要とされな
がらその情報が不足している状態は,社会的不確実
性の存在している状態と定義されている.但し,こ
こで注意しておかなくてはならないのは,いくら相
手の意図についての正確な情報が不足していても,
そのことのみによって社会的不確実性がもたらされ
るわけではないという点である.例えば新車の市場
の場合には,中古車の場合に比べ,隠された故障等
が存在しないため,騙せる範囲には限りがある.従
ってセールスマンについての情報量が同じであって
も,新車の市場は中古車市場に比べ社会的不確実性
が小さいことになる.このことは,信頼が最も必要
とされるのは社会的不確実性の大きな状態において
であるという命題を意味している.つまり,信頼が
最も必要とされるのは,「常識的」には信頼が最も
生れにくいと考えられる,社会的不確実性の大きい
状況においてであり,また「常識的」には信頼が最
も育成されやすい安定した関係においては信頼その
ものが必要とされないという,逆説的な関係が存在
する.Lewis & Weigert(5)の言葉を使えば,信頼は
12 ここでは詳しく議論する余裕はないが,この問題設定は,
社会関係に関するヒューリスティックについての Frank(2)や
Cosmides(79)などの進化論的な問題設定と共通する点が多いこと
に注目して頂きたい.この理論では,あたかも個人が合理的に自
己利益を追求しているように述べているが,実際には,そのよう
な「合理的な自己利益追求をする人間」を前提とはしていない.
4.2
社会的不確実性とコミットメント関
係の形成
このような社会的不確実性に直面した場合,個人
的には以下の2つの対処方法が考えられる.13 その
一つは,相手を信頼することである.相手を信頼す
ることができれば,少なくとも主観的には社会的不
確実性を低下させることができ,信頼がなければ不
可能な社会関係の構築が可能となる.14 第2の方法
は,相手を信頼することによって主観的に不確実性
を低下させるのではなく,社会的不確実性そのもの
の存在を客観的に取り去る方法である.このために
は,例えば経済学者が「人質(抵当 hostage)交換」な
いし「人質供出」と呼んでいる方法などがある 15 が,
特定の相手との間に安定した親密なコミットメント
関係を作ることも,そのための重要な手段であり,
しばしば使われる手段である.Axelrod(96)の研究
に代表される反復2者囚人のジレンマ研究が明らか
にしているように,特定の相手との間に永続的な関
13 社会的不確実性の高い集団においては,それを減少させる
ために,個人的ではなく集団的な方法が取られる可能性もある.
例えば,成員の行動を監視し規制するための権力機構を作るこ
となどがこれにあたる.
14 集団ないし社会の全員が不特定の相手を信頼できれば,レ
モン市場問題は解決される.しかし,タチの悪い売り手の存在
している市場で無差別的に相手を信頼すれば損をすることにな
るので,そのような信頼は社会的不確実性に対する個人的対処
法として意味をなさないという批判が,当然提出されるであろ
う.この問題は信頼の存在根拠を考えるにあたって非常に重要
な問題であるが,紙数の都合上,本論文では扱わない.この問
( 81)および
題に興味をおもちの読者は, Orbell & Dawes (80)
Frank(2)のアイディアを援用した(18)を参照されたい.
15 相手を裏切る行動を取った時に自分が損をすることになる
ような「人質」を供出することにより,裏切の可能性を自らすす
んで取り去ることができる.例えば中古車に対して十分な保証
をつければ,レモンの売り手は将来修理費を負担しなくてはな
らなくなり,従ってレモンの販売を望まなくなる.このことが
買い手にわかれば,買い手は安心して中古車を買うことができ,
結局は売り手にとっても利益になる.
12
係が存在すれば,そこでは一方的な「裏切り」の誘
愛着や好意が生じ,関係そのものが重要となるため,
因が小さくなる.と同時に,そのような関係にある
関係を損なうような行動をとりにくくなる.第3に,
相手についての多量の情報の蓄積がおこり,特定の
そしてこれが最も重要な理由であるが,安定した長
場面で相手が「裏切る」かどうかについて,かなり
期的関係の中では相互協力がお互いにとって最も有
正確な意図の判断が可能となる.つまりそのような
利な選択になる.すなわち,Axelrod(96)をはじめ
関係においては,お互いに相手の行動に対する予測
とする2者反復囚人のジレンマ研究において明らか
可能性が大きい.例えば,親密な関係の網の目が縦
にされているように,特定の相手との間の長期的関
横に張りめぐらされている伝統的な共同体において
係においては,応報戦略の適用により相互協力関係
は,他の成員に対して害を加えた成員に対しては何
の形成が可能であり,従って,パートナー同士間に
らかの制裁が加えられるため,お互いに危害を加え
裏切りの誘因が存在しなくなる.また,神・林・篠
ようという誘因そのものが小さいし,お互いにどこ
塚(33)によるネットワーク型囚人のジレンマの実験
までは安心していられるかもよくわかっているであ
研究においては,被験者は特定の相手とコミットメ
ろう.この観点からすると,特定の相手との間に安
ント関係を形成することで,相互協力状態の達成・
定したコミットメント関係を形成することにより,
維持をはかることが明らかにされている.
社会的不確実性が現実に低下し,それだけ主観的な
この命題は,東南アジアにおけるゴムと米の取り
対処法である信頼に対する必要性が減少することに
引き形態の違い(34)を例として用いるとわかりやす
なる.16 つまり,安定したコミットメント関係の中
いだろう.生ゴムの取り引きは,特定の生産者と特
では相手が信頼できるかどうかを心配する必要がな
定の仲買人との間の,時には何世代にもわたるコミ
い.この議論から,以下の第2命題が導かれる.
ットメント関係を通して行われているのに対して,
米の取り引きは市場を通して不特定の相手同士の間
理論命題2:社会的不確実性の生み出す問題に
で行われることが多いが,Kollock(34)は,この2
対処するために人々がとる対処法として一般的
つの取り引き形態の違いが,取り引きに含まれてい
なのは,社会的不確実性そのものを減少させる
る社会的不確実性の程度によって決まってくるとし
ためのコミットメント関係の形成である.
ている.生ゴムの原料はプロセスされて製品になる
までその品質がわからないため,仲買人には生産者
つまり,他人に騙されて酷い目にあう可能性のある
から粗悪品を売りつけられる可能性がある.これに
状況では,特定の相手とだけつき合うこと(コミッ
対して米の品質はその場で直ちに確認できるので,
トメント関係を形成すること)で,
(少なくともその
米の取り引きに際しては社会的不確実性の程度が,
相手との関係においては)騙される可能性を低める
生ゴムの取り引きの場合よりもずっと小さい.生ゴ
ことができる.
ムの取り引きがコミットメント関係を通して行われ
Yamagishi & Yamagishi(18)は,コミットメント
るのは,このような生ゴムの取り引きに伴う社会的
関係の形成により社会的不確実性が低減される理由
不確実性を低減させるためであり,そのような社会
として,以下の3点をあげている.まず第1に,特
的不確実性があまり含まれていない米の取り引き
定の相手と長期間つき合うことにより,相手の人間
は,市場で一番有利な条件を提示する相手と行われ
性についての情報を蓄積することができ,相手の行
ることになる.
動の予測がある程度可能となる.第2に,感情的な
16 我々はコミットメントを,相手に対する感情的な関与とし
てではなく,関係の継続性として定義する.すなわち,短期的
利益を逃すことになっても同一の相手との関係を継続する場合,
そこにコミットメントが存在するものと定義する.このような
コミットメント関係が成立している場合には,相手に対する好
意や忠誠心が高まることは十分に考えられるが,我々の定義に
よれば,そのような好意や忠誠心の存在そのものはコミットメ
ントとはされない.
4.3
取り引きコストと機会コスト
第2命題に述べられているように,特定の相手と
の間にコミットメント関係を形成し,その相手とだ
けつき合っていれば,それ以外の相手から騙されて
酷い目にあう可能性は小さくなる.しかし,社会的
不確実性問題に対するこの解決法が,常に望ましい
13
結果をもたらすとは限らない.その理由は,コミッ
して機会コストが大きく,コミットメント関係にと
トメント関係を形成することにより,他にもっとよ
どまらない方が有利な状況を前提としているという
い(より大きな利益を与えてくれる)相手がいた場合
点を明確にするためにだけ導入された命題である.
には,その相手とつき合うチャンスを失うことにな
ってしまうからである.経済学の用語を使えば(35)
(36)
,特定の相手との間にコミットメント関係を形
成すると「取り引きコスト」は節約できるが,余分
な「機会コスト」を支払うことになる.すなわち,
4.4
固定した関係の呪縛からの解放者と
しての信頼
不完全な情報の処理にあたっての認知特性として
の信頼を持つことが有利になるのは,上述の状況,
理論命題3:コミットメント関係は,社会的不
すなわちコミットメント関係からの離脱が有利であ
確実性(騙されて酷い目にあう可能性)を低下さ
る状況である.この状況では,特定の相手との間の
せるが,機会コスト(他の関係でより大きな利益
コミットメント関係からなるべく早く離脱する方が
を得る可能性をあきらめる)を伴う.
有利であるが,いったん形成されたコミットメント
関係からは,一般に人々は簡単に離脱できない.
この命題は,本研究で採用されたコミットメントの
Yamagishi & Yamagishi(18)は,その理由として,
定義と機会コストの定義により,必ず真である.す
以下の4点をあげている.①他によりよい機会があ
なわち,注 16 に述べられたコミットメントの定義
ってもすぐには乗り換えないというのがコミットメ
は行動による定義であり,現在の関係において得て
ントの定義であり,いずれは乗り換えることになる
いる利益より大きな利益が別の相手から(少なくと
としても,すぐにはコミットメントを解消しないだ
も短期的には)得られる可能性が存在している状況
ろう.②コミットメント関係が続けば,相互の愛着
で,より大きな利益をあきらめつつ現在の関係にと
や忠誠が発達することになり,他にもっとよい機会
どまる場合に,その行為者が現在の相手にコミット
があるからといって,すぐに乗り換えるのは忍びな
(34)
(37)
していると定義される
.このことは,言い
くなる.③コミットメントが存在すると,関係特定
換えれば,機会コストを支払っても現在の関係を維
的資産(relation-specific assets)に対する投資が行わ
持することを意味しており,命題3の後半部分に相
れ,現在の相手とのつき合いによる利益がより大き
当する.つまり,命題3の後半部分は,コミットメ
くなる.例えば特定の取り引き相手の仕様に合わせ
ントの定義にあたるわけである.
た機械を導入した場合には,他の相手との取り引き
命題3によれば,機会コストが大きくなるにつれ,
が難しくなる.「あうんの呼吸」「かゆいところに手
特定の相手との間でコミットメント関係を維持して
が届く」機微なども,このような関係特定的資産の
いくことが不利になる.このことを一般的にみれば,
一種と考えることができる.④他の相手とのつき合
機会コストが小さな社会では,社会的不確実性への
いはより多くの利益を与えてくれるかも知れない
対処手段としてコミットメント形成が有効だが,社
が,騙されて酷い目に合う可能性も大きい.17 この
会全体の流動性の増大とともに社会全体に様々な機
ような状況において信頼は,安心していられるコミ
会が増えるにつれ,特定の相手との間にコミットメ
ットメント関係からの「離陸」に必要な「推力」を提
ント関係を維持していくことが相対的に不利になっ
供する「ブースター」の役割を果たすものと考える
てくることを意味している.一般的に言って,
ことができる.すなわち,信頼の誘因は,コミット
メント関係からの離脱を容易にする点にあると考え
理論命題4:機会コストが大きい状況では,コミ
ることができる.以下の第5命題は,この関係から
ットメント関係にとどまらない方が有利である.
この命題は同義反復
(機会コストの定義を繰り返して
いるだけ)
であり,それ自身では意味がない.ただ,
以下の第5および第6命題が成立するための条件と
17 このようなアウトサイダーに対する「不信」は,特定の相
手とだけ付き合っていると一層大きくなる可能性がある.(例え
ば伝統的共同体における部外者に対する不信がこれにあたる.)
この点に関する実験研究としては,清成・山岸(82)を参照され
たい.
14
の離脱を促進するブースターとしての信頼の役割に
性のあることを指摘するものである.そしてそのよ
関するものである.
うな利益は,信頼を持つことが固定した関係からの
理論命題5:高い一般的信頼(他者一般に対する
信頼)を持つ人々は,一般的信頼の低い人々より
も容易にコミットメント関係を離れることがで
きる.
離脱を促進することで,関係外部に存在しているよ
り有利な機会へのアクセスを可能とするからであ
る.これまでの信頼研究には,特定の相手との関係
の強化に及ぼす信頼の役割のみに注目したものが多
かったが,信頼にはこのような「固定した関係の呪
このような,社会的不確実性が高く且つ機会コス
縛からの解放」をもたらす役割もあることを明らか
トが大きな状況では,他人一般を信頼する傾向であ
にした点に,本研究の最も重要な理論的貢献がある
る一般的信頼が高い個人の方が,一般的信頼の低い
と言えるだろう.従来の固定した関係に基づく組織
個人よりも多くの有利な関係を利用することで,よ
形態の限界が指摘され,より開かれた組織形態への
り大きな利益をあげる可能性が存在する.つまり,
変化が要請されている日本社会の現状を考えれば,
このような状況では,通常は個人利益に反する「非
この組織原理の変革にあたっての「関係からの解放
合理的な」行動であるはずの他人を信頼するという
者」としての一般的信頼の役割に,今後一層注目し
行動が,結果としてその個人に利益をもたらす可能
ていく必要があるだろう.
性がある.従って,以下の第6命題が導き出される.
5.
実験研究
理論命題6:社会的不確実性と機会コストの双
方が大きい状況では,高信頼者が低信頼者より
もより大きな利益を得る可能性が存在する.
つまり,社会的不確実性と機会コストの双方が大
きい状況では,他人を信頼することに対する誘因が
存在していることになる.但しこのことは,他人を
信頼することで得られる利益を意図的に追求するた
めに,人々が他人を信頼するようになるということ
を意味してはいない.逆に,信頼水準の高い人間本
人は,意識的には自己利益に反して行動していると
思っている場合が多いだろう.つまり,他者を信頼
することに対する誘因が存在するという命題6が意
味しているのは,
(意識的には自己利益を無視して行
以上の理論に基づくと,より流動性が高く,機会
コストの大きな社会において,その逆の社会におけ
るより,信頼を持つことが有利になるとだろうとい
う予測が導き出される.本論文の後半で紹介される
質問紙調査は,この2種類の社会の対比を日本とア
メリカの社会にあてはめることによって,日米比較
を通してこの予測を検証するために筆者が中心とな
って行った研究である.この日米比較質問紙調査に
ついての紹介を行う前に,以下にまず,上述の信頼
の解放理論を検証するために行われた一連の実験室
実験を紹介することにしたい.
5.1
第1実験
動しているのだと考えている人間にとっても)結果
として利益を得る可能性が存在しているということ
以下に紹介される第1実験は,Kollock(34)によ
である.「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という
る社会的不確実性とコミットメント関係形成に関す
諺を使って説明すれば,命題6が示しているのは,
る実験をもとにして計画された.Kollock は,先に
「身を捨てる(信頼を持つ)」ことによって結果とし
紹介した東南アジアにおけるゴムと米の取り引きを
て「浮かんでくる(利益が得られる)」のは,ある特
抽象化した商品取り引き実験において,購入に際し
定の「瀬」(つまり,社会的不確実性と機会コストが
て買い手に商品の質がわかるかどうかによって社会
ともに高い状況)だということである.
的不確実性を操作し,社会的不確実性が特定の個人
上に紹介された信頼の理論は,特定の条件(社会
間のコミットメント関係形成を促進することを示し
的不確実性と機会コストのいずれも高い状況)のも
ている.但し,一般的信頼がコミットメント関係形
とでは,自己利益に反するはずの他者を信頼すると
成とどのように関連しているかは,Kollock の実験
いう行動が,結果として本人に利益をもたらす可能
では扱われていない.また第1実験と Kollock の実
15
験とでは,社会的不確実性の操作方法が異なってい
トメント関係を作ることにより,不確実性を低下さ
る.この点に関する大きな違いは,Kollock の実験
せることができる.反復2者囚人のジレンマ研究が
がすべて人間を使った実験であったのに対して,第
明らかにしているように,特定の相手との間に永続
1実験においては,一人の被験者以外のすべての売
的な関係が存在すれば,そこでは一方的な「裏切
り手や買い手がコンピューターによる反応であった
り」に対する誘因が存在しなくなると同時に,特定
点にある.
の相手との関係を継続することによって,相手の意
また,第1実験は札幌(北海道大学)とシアトル
図についてのより正確な情報を手にいれることがで
(ワシントン大学)
において行われており,適切な理
きるようになるからである.従って,社会的不確実
論変数がコントロールされている状況では,通常
性の程度が強いほど,コミットメント形成は促進さ
「文化差」として考えられている被験者の行動の違
れると考えられる.
いが,日米の被験者の間で生じないだろうという,
我々の基本的な理論的立場の妥当性を検証する目的
仮説2:一般的信頼の高い人々ほど,特定の相
も兼ねている.もし我々の信頼理論がある程度妥当
手との間のコミットメント関係を維持
な理論であり,信頼とコミットメント関係形成に関
する傾向が小さい.
する主要な変数と関係を正しく特定していれば,そ
れらの変数の値を実験操作により同じにすることに
本研究で検討される第2の仮説は,先に紹介された
よって,日本人被験者とアメリカ人被験者の行動に
山岸らの信頼理論の最も中心的な部分である.すな
差を取り除くことができるはずである.そして,も
わち,社会的不確実性と機会コストがともに高い状
しこのことが証明されれば,
(例えば日本人の方がア
況では,他者一般に対して高い信頼をもつ人々は,
メリカ人よりもコミットメント関係を重視するとい
他者一般に対する信頼が低い人々よりも,コミット
った)現実社会における日本人とアメリカ人との行
メント関係を維持する傾向がより小さいという理論
動の違いは,実験デザインに集約された理論変数の
命題5に基づく仮説である.この仮説を検討するた
レベルの違いに基づくものと考えることができる.
めに,以下に紹介される実験では,すべての条件で
究極的には,このような結果は,より一般な観点か
ある程度の機会コストが存在する状況が想定されて
らすれば,通常の研究で使われている「文化」という
いる.
曖昧な概念を社会科学における説明から駆逐するた
18
めの,重要な武器を提供することになるだろう.
第1実験では,先に紹介された山岸らの信頼理論
に基づく,信頼とコミットメント形成に関する以下
の仮説が検討された.
仮説1:社会的不確実性の低い状況よりも高い状
況において,コミットメント関係が形成
されやすい.
仮説3:仮説2で述べられたコミットメント関
係に及ぼす信頼の効果は,状況の社会
的不確実性が高くなるほど大きくなる.
上述の仮説2は,山岸らの信頼理論から直接導き出
される基本的な仮説であるが,この仮説が成立する
のは,社会的不確実性と機会コストが共に高い状況
においてである.この2つの条件のうち,機会コス
トは定数として実験状況に組み込まれており,本研
本研究で検討される第1の仮説は,上述の理論命題
究では直接に検討されていない.本研究では,もう
2に対応する,社会的不確実性がコミットメント関
ひとつの条件である社会的不確実性の高低を操作す
係の形成を促進するという仮説である.社会的不確
ることで,仮説2で予測された一般的信頼の効果が,
実性に直面した場合,人々は不特定の相手との関係
社会的不確実性の高い状況で特に強く見られるであ
を避け,特定の相手との間に安定した親密なコミッ
ろうという仮説を検討する.
先に紹介された5つの理論命題のうち,命題1と
18 この方向での成功した研究の例としては,Yamagishi
(47)を
参照されたい.
命題3は自明であり,命題4は理論の範囲を決定す
る条件(すなわち,一般的信頼が個人的な利益につ
16
ながるのは機会コストが大きな状況でのみだという
仮説6:この実験状況に限ってみれば,日本人
条件)である.従って,これらの命題のうちで経験
被験者とアメリカ人被験者との間に,コミット
的な検証が必要とされるのは,命題2,5,6であ
メント関係形成の強さに差がない.
るが,第1実験ではこのうちの命題2と命題5に対
応する仮説が検討されている.また第1実験では,
この実験では,以下に説明される信頼感尺度を使っ
山岸らの信頼理論の主要な理論命題と直接関連して
て,日米の被験者の一般的信頼の水準が同じになる
いるこれら3つの仮説以外にも,以下の付随的な仮
ように設定されている.また社会的不確実性の程度
説が検討されている.
も,実験状況の設定により,日米で差が存在しない
ようになっている.従って,先に紹介された山岸ら
仮説4:社会的不確実性が高い場合の方が低い
の信頼とコミットメント関係形成の理論によれば,
場合にくらべ,コミットメント関係の
この実験においては,被験者の日米差に基づくコミ
パートナー以外の人間(部外者と呼ぶこ
ットメント関係形成度の違いは予測されない.逆に,
とにする)に対する「信頼感」が低下する.
この実験で日米差が発見されれば,それは,山岸ら
この仮説は,普通の人々は本論文で定義された意味
での信頼と安心とを区別して意識していないであろ
うという前提に基づいている.つまり,人々は通常,
特定の人間との間の利得構造に基づいて「安心」が
提供されている場合に,そこで感じる「安心感」を,
の信頼とコミットメント形成の理論では特定されて
いない変数が,信頼とコミットメント関係形成との
関係において重要な意味をもっていることを意味
し,理論の再検討を要請することになるだろう.
5.1.1
方法
「信頼感」という言葉で表現しているものと考えら
れる.従って,部外者との関係において安心が提供
実験は,北海道大学文学部行動科学科に設置され
されていない状況,すなわち社会的不確実性が高い
た社会心理学実験室(1993 年6∼7月),およびワ
状況では,安心が提供されている不確実性の低い状
シントン大学社会学部に設置された社会心理学実験
況にくらべ,そこでの安心感の欠如を相手に対する
室(1994 年2∼5月)で行われた.いずれの実験室
不信感と混同することにより,部外者が「信頼でき
も,複数の小さな個室から構成されており,それぞ
ない」と考える傾向を持つようになるだろうと予測
れの個室には,実験制御室に置かれた実験制御用の
される.
マイクロ・コンピュータ(IBM/PS2 Model 80)に通
信回線(RS232C)を通して接続されたマイクロ・コ
仮説5:特定の相手との間にコミットメント関
ンピュータ(北大の実験室の場合には NEC9801,
係が形成されると,部外者に対する「信
ワシントン大の実験室には IBM/PS2 Model 30)が
頼感」が低下する.
置かれている.実験は,個室に入れられた被験者が,
それぞれ売り手ないし買い手の役割を受けもち,別
この仮説は,上述の仮説4と同様の前提から引き出
の個室にいる(と思っている)
他の複数の参加者との
される.すなわち,人々は安心と信頼とを混同しが
間で商品の売買を行うという想定のもとに行われ
ちである,つまり安心を信頼という言葉で表現する
た.被験者には複数の売り手と複数の買い手がいる
傾向がある,という前提である.特定の相手との間
という教示がなされたが,実際には被験者以外の売
にコミットメント関係が形成されると,そこでは安
り手も買い手も,あらかじめプログラムされたコン
心が提供されているため,その相手が「信頼でき
ピュータ反応であった.実験制御用のコンピュー
る」と考えるようになる.これに対して,部外者と
タ・プログラムは,Quick Basic で最初に日本語版
の関係ではコミットメント関係に基づく安心が存在
が作成され,その後,画面表示の日本語部分を英語
しないため,そこでの社会的不確実性が目につくよ
に翻訳する形で,英語版が作成された.
うになり,仮説4の理由により部外者が「信頼でき
ない」と思うようになる.
被験者
金銭的報酬を強調して北大ないしワシント
17
ン大の複数のクラスからリクルートされた被験者プ
1人の売り手が他の買い手と取り引きをしてしまう
ールから,実験実施のほぼ2月以上前のリクルート
と,被験者は残った売り手と取り引きをしなければ
時に記入した一般的信頼感尺度に基づき,一般的信
ならない.⑤被験者と取り引きを行う2人の売り手
頼感の高低それぞれのグループに属する被験者を,
のうち,1人(売り手C)は最初から最後まで被験者
1セッションにつき5∼6名程度スケジュールし
と取り引きを行うが,もう1人(売り手A)は途中で
た.被験者は実験室に到着すると直ちに実験用の個
別の参加者(売り手F)と入れ替わる.⑥それぞれの
室に案内され,そこで第1インストラクションを渡
試行は,まず売り手全員が商品の値段をつけること
された.被験者の数が4名以下の場合にはサクラを
で始まる.被験者は提示された値段を手掛かりに,
個室に案内し,少なくとも5∼6名の被験者が実験
2人の売り手のどちらから商品を購入するかを決定
に参加している雰囲気を作った.
(個室は防音されて
する.⑦被験者が購入した商品の品質が標準的なも
いないため,被験者は他の個室での物音を聞くこと
のであった場合の転売価格は 140 円である.但し実
ができた.)日米のそれぞれにおいて,各セル 25 名,
際の品質は標準以上の場合もあれば,標準以下の場
計 200 名の被験者が計画されたが,実験実施上の手
合もある.売り手には大体の品質が分っているが,
違いにより,アメリカでの被験者数は 98 名,計 198
正確な品質は分っていないと教示されている.また,
名となった.
例え正確な情報を持っていても,売り手はわざと高
く売りつけることができる.従って,被験者がどち
デザイン
社会的不確実性の高低 × 一般的信頼感
らの売り手から購入するかを決定するに際して,購
の高低×被験者(日本人 vs.アメリカ人),いずれも
入価格はわかっているが,購入した商品の品質はわ
被験者間要因.
からない.被験者の購入した商品は,その商品の品
質に応じて決定された転売価格で必ず(実験者に)
手続き
被験者は個室で,渡された第1インストラ
転売される.被験者の得る利益は,商品の転売価格
クションを読む.その内容は,「この実験は,参加
と購入価格との差である.⑧試行毎の取り引き終了
者が『売り手』と『買い手』に分かれて,品物の取
後,被験者と取り引き相手の売り手の画面上で同時
り引きを行なうという作業を何回も繰り返す」とい
にルーレットがまわる.そのルーレットで当たりが
うものである.このインストラクションを読み終る
でると,その試行で被験者と取り引きを行った売り
と,被験者は自分に売り手・買い手のいずれの役割
手が,被験者から一定の金額を「巻き上げる」こと
が割り当てられるかを決定するために,コンピュー
ができる.当たりがでた場合に実際に被験者からお
タのキーを押す.この役割の割り当てはランダムに
金を「巻き上げる」かどうかは,売り手が決定する.
なされると教示されているが,実際には被験者全員
試行が進むほど,巻き上げられる可能性のある金額
に買い手の役割が割り当てられる.この時点で,実
は大きくなる.⑨売り手が「巻き上げる」かどうか
験者が個別に被験者のディスプレー画面の説明を行
の決定をした後,被験者は売り手に,「ひどい」「今
い,「買い手用」のインストラクションを手渡す.
後ともよろしく」「もうやめてくださいね」「今回だ
その後,取り引きの「元手」として 500 円が現金で被
けは許してあげます」のいずれかのメッセージを送
験者に手渡される.買い手用インストラクションの
ることができる.
(送らなくともよい.)
内容は,以下のとおりである.①実験の報酬は,被
インストラクション後,練習試行が4試行行われ,
験者に既に渡された 500 円に,実験の中で行う取り
その後本実験が行われた.実験の前半 20 試行の間,
引きでの儲けを足した(損をした場合には,差し引
被験者は売り手Aおよび売り手Cのいずれかとの間
かれた)ものとなる.②取り引きの機会は何度も与
で取り引きを行う.この間,AおよびCのそれぞれ
えられる.(被験者には試行回数は教示されない.)
に最大2回ずつルーレットの当たりがでるようにプ
③被験者は1試行につき,2人の売り手のいずれか
ログラムされている.巻き上げ金額は,120 円(1
と取り引きしなくてはならない.④売り手も,それ
∼7試行),190 円(8∼ 14 試行),260 円(15 ∼ 21
ぞれ複数の買い手を割り当てられている.従って,
試行)となっている.当たりがでると,Aは常に
18
「巻き上げる」決定をする.これに対してCは,常
(22)
(23)
紙を使って測定された,Yamagishi(21)
の8
に「巻き上げない」決定をする.AとCの提示する
項目信頼感尺度を用いた.20 但し,アメリカにおけ
値段は,いずれも 100 ∼ 140 円の範囲でランダムに
る実験実施上の手違いにより,被験者の配置の際に
決定され,「品質」に応じた実際の転売価格は 130 ∼
高信頼群と低信頼群とを分ける基準が日米でわずか
150 円の範囲でランダムに決定された.売り手がA
に異なったため,それぞれの条件での信頼水準が違
からFへと 21 試行目の開始前に交代するが,その
っている.また,アメリカでの被験者に関しては,
後,実験の後半 10 試行が行われる.実験の最後に
高信頼・低信頼のいずれの被験者であるかの情報が
質問紙に対する回答が求められ,実験で獲得した金
実験結果のデータから抜け落ちていたため,分析に
額が支払われた.
おいては,日米いずれの被験者の場合にも,実験後
に行った質問紙の信頼項目を使って作った 21 項目
前半 20 試行終了後,売り
からなる信頼感尺度を用いた.このため,以下の分
手の一人A(前半で巻き上げチャンスを利用して被
析におけるセルNは等しくなっていない.21 この信
験者から報酬を実際に巻き上げた売り手)が,別の
頼感尺度に含まれる項目は,以下のとおりである.
売り手Fと交代する.社会的不確実性の操作は,A
①世の中には偽善者が多い.②ほとんどの人は基本的に
からFへの売り手交代後も,ルーレット(および巻
正直だ.③ほとんどの人は,清廉でまっとうな人生を送
きあげチャンス)が存在するかどうかによりなされ
るものだ.④ほとんどの人は,嘘をつくことを悪いこと
た.不確実性小条件では,Fとの交代後にはルーレ
だとは思っていない.⑤この社会では,警戒をしていな
ットが取りさられ,CおよびFのいずれの売り手か
いと誰かに利用されてしまいやすい.⑥誰かがあなたを
らも「巻き上げられる」可能性が存在しなくなる.
ほめるのは,あなたから何かを得ようとしているからだ.
これに対して不確実性大条件では,交代後もルーレ
⑦人にだまされることをいつも心配している必要はな
ットが存在し続けており,しかも 22 試行以降は,
い.⑧他人を信頼しきってしまうと,とんでもない目に
「巻き上げられる」可能性のある金額が 400 円に増額
あうものだ.⑨ほとんどの人は,人に信頼されていると
された.19 但し,この不確実性大条件においては,
思うと,その信頼に応えようとするものだ.⑩世の中に
後半 10 試行の間にCにもFにも,実際に巻き上げ
は公平な人が多い.⑪他の人を助けるために,自分の人
チャンスが与えられることはなかった.従って,い
生や立場を危険にさらすような人はめったにいない.⑫
ずれの条件においても,被験者は新規参入者である
ほとんどの人は,内心では,他人を助けるために骨を折
Fから報酬を巻き上げられる目にあうことはない.
ることを嫌っている.⑬人々は,たいてい自分自身の利
社会的不確実性の操作
益を得ようと躍起になっている.⑭世の中の大多数の人
一般的信頼の測定
被験者の配置にあたっては,被
験者プール募集時(実験のほぼ2月前)に実験応募用
19 社会的不確実性操作の具体的内容に関しては,何度かのプ
リテストの結果,被験者に十分な不確実性を与える現在の方法
が選ばれた.不確実性の両条件のいずれにおいても値段が品質
に対応していない可能性があり,その意味で最低限の不確実性
が含まれている.(この点は不確実条件に関してはコンスタント
であり,不確実性を操作する目的で導入されたものではない.
被験者が余りに退屈するのを防ぐために導入されている.)実際
の不確実性の操作は,「巻き上げ」のチャンスの有無により行わ
れている.金額が 400 円に増額されている理由は,不確実性の
程度を大きくするためである.(実験の最初から巻き上げ金額を
400 円に設定すると,実験の前半に行われたAのチャンス利用に
よる被害の結果が余りに大きくなりすぎるため,巻き上げ金額
を次第に増額するという方法を用いた.)
20 但しこの尺度値は,実験後に測定された同じ尺度値との間
に 0.75,また実験後に測定された 14 項目の信頼感尺度との間に
0.72 とかなり高い相関があった.この 14 項目尺度の信頼性はα
=0.83 と,かなり高いものになっている.
22
が,自分の利益に固執しているわけではない.
以下の
分析に際しては,日本とアメリカのそれぞれで,高信頼
者と低信頼者がほぼ同数になるように分けた.日本では
3.28,アメリカでは3.00が信頼の高低を分ける基準とし
23
て用いられた.
21 但し,双方の信頼感尺度が使える日本人被験者を用いた分
析では,いずれの信頼感尺度値を分析に用いるかは,分析結果
にほとんど影響を与えないことが明らかにされている.
22 信頼感尺度に関しては,この実験研究が行われた後で質問
紙調査が行われ,あらたな尺度が開発された.その内容に関し
ては,Yamagishi & Yamagishi (18)を参照されたい.
23 先に述べたように,実験実施上の手違いにより,日本とア
メリカで被験者配置のための信頼感尺度値が違っていたため,
実験後のこの 14 項目信頼感尺度値の平均も,日本の方(3.25,
sd=0.56)がアメリカ(3.03, sd=0.49)よりも有意に高くなっている
(t=2.88, df= 1 96, p<.0 1)
.
19
5.1.2
結果
対しても,人々が「不信感」を抱くようになるとい
う仮説である.この仮説を検証するために,実験後
21 試行目の開始前における売り手AとFとの交
に被験者により回答された質問項目のひとつであ
代後も,Cは 100 ∼ 140 円の範囲で値段をつけるが,
る,「Fさん(実験の後半だけ取り引きした人)は,
新しい売り手であるFは,前半で巻き上げチャンス
1(信頼できない)∼5(信頼できる)」という質問に
を利用しなかったCよりも,安い値段(100 ∼ 125
対する被験者の反応を用いた.この質問に対する反
円の範囲でランダム)をつけるようあらかじめプロ
応を従属変数に用いた,日米×社会的不確実性の分
グラムされていた.このように,実験後半 10 試行
散分析における社会的不確実性の主効果は有意であ
では,Fの売値がCの売値よりも安く設定されてい
り(F(1,194)= 4.99, p <. 05),仮説通り,社会的不
るため,Cとの間にコミットメントが形成されてい
確実性が高い状況での方が低い状況でよりも,一度
ない限り,被験者はより有利な取り引きを提唱する
も巻き上げチャンスを与えられなかったにもかかわ
Fから商品を購入するはずである.従って,実験の
らず,新規参入者であるFさんに対する「信頼感」が
後半 10 試行の間にCを選んだ比率を,被験者のC
低くなっている.これらの結果から,仮説4が実験結
に対する「コミットメント関係指標値」とした.
果により支持されていることは明らかである.
仮説1:仮説1は,社会的不確実性がコミットメン
仮説5:仮説5は,特定の相手との間にコミットメ
ト形成を促進するとする仮説である.実験はこの仮
ントが形成されると,仮説4の場合と同じく,信頼
説どおりの結果を示しており,コミットメント関係
と安心が混同されるため,それ以外の相手(部外者)
指標値の平均は,社会的不確実性が高い条件(6.73,
に対する「信頼感」が低下するという仮説である.
sd = 2.68)で,社会的不確実性が低い条件(4.78,
この仮説の検証のために,仮説4の場合と同じ質問
sd = 2.39)でよりも高くなっている.日米×社会的
項目に対する反応が従属変数として用いられた.但
不確実性×信頼の分散分析における社会的不確実性
し,仮説1∼3の分析で用いられたコミットメント
の主効果は有意であり(F(1,190)= 28.57, p <. 01),
関係指標値は,この仮説検証に際して独立変数とし
仮説1が実験結果により支持されていることは明瞭
て用いるのは適切ではない.コミットメント形成が
である.
部外者に対する「信頼感」を低下させた(仮説5)可
能性と同時に,部外者に対する「不信感」の存在が,
仮説2:仮説2は,低信頼者の方が高信頼者よりも
被験者を安全なCとの取り引きへと向かわせた可能
コミットメント関係を形成する傾向が強いという仮
性が存在しているからである.このため,ここでの
説であるが,上述の分散分析における依頼の主効果
分析には,第1から第 20 試行目までの間にすでに
は有意ではなく(F(1,190)< 1.0, ns.),この仮説は,
存在していたCとの間のコミットメント(以下,プ
実験結果によって支持されてはいない.
レ・コミットメントと呼ぶ)を独立変数として用い
ることにする.社会的不確実性の操作は 21 試行目
仮説3:仮説2で予測された信頼の効果が,社会的
以降になされるため,このプレ・コミットメントに
不確実性の低い条件よりも高い条件で,より一層強
対しては,当然,社会的不確実性の効果は存在しな
くあらわれるだろうという仮説3も,上述の分散分
い.実際,プレ・コミットメントを従属変数とした
析における社会的不確実性と信頼の交互作用効果が
日米×社会的不確実性×信頼の分散分析において
有意でない(F(1,190)< 1.0, ns.)ことから,仮説2と
は,いずれの要因も有意とはなっていない.以下の
同様,実験結果により支持されていない.
分析では,20 試行中の 14 試行以上Cと取り引きを
したかどうかにより,プレ・コミットメントの程度
仮説4:仮説4は,社会的不確実性が高い状況では,
を高低に分けて用いた.上述の項目により測定され
信頼と安心とが混同されるため,「不信感」を生み
た部外者に対する「信頼感」を従属変数とした,日
出すような行動を実際にとったことがない部外者に
米×社会的不確実性×プレ・コミットメントの分散
20
分析におけるプレ・コミットメントの主効果は,
人々が一般に,安心と信頼とを区別しないまま「信
5%の有意水準には達しなかったものの,10 %以
頼」という言葉を使っていることがわかる.また,
下の傾向差を示していた(F(1,190)= 3.47, p <. 07).
特定の相手とのコミットメント関係を形成すると,
仮説どおり,部外者に対する「信頼感」は,プレ・
それ以外の相手に対する「信頼感」が減少すること
コミットメントの程度が高い被験者(3.50, sd =
も示されており,理論命題5が成立するためのひと
0.87, n = 103)の方が低い被験者(3.69, sd = 0.85,
つの条件
(一旦コミットメント関係が形成されると,
n = 95)よりも低い傾向を示している.また,プ
部外者に対する「信頼感」が低下するため,関係解
レ・コミットメントをカテゴリー化しないで行った
消が心理的に困難となる)が成り立っていることが
重回帰分析(その他の独立変数は,日米,社会的不
明らかにされた.
確実性,および依頼)においては,プレ・コミット
本実験では更に,山岸らの信頼の解放理論にとっ
メントの効果は有意であった
(回帰係数 b =− 0.037,
てより中心的な位置を占める,社会的不確実性の大
F(1,193)= 4.11, p <. 05).これらの分析の結果は,
きな状況においては一般的信頼の水準の低い人々ほ
概ね仮説5を支持するものであると言える.
ど,特定の相手とコミットした関係を維持しようと
するであろうという仮説2が検討されたが,この仮
仮説6:先に紹介した,コミットメント関係指標値
説に対する支持は得られていない.また,この仮説
を従属変数とした分散分析において,日米の主効果
で予測される信頼の効果が社会的不確実性の高い条
は有意となっていない(F(1,190)< 1.0, ns.)のみでは
件で特に顕著であるという仮説3も,今回の実験結
なく,コミットメント関係指標値の平均値の日米差
果からは支持を得られていない.24 次に紹介される
は極めて小さい(日本人被験者の平均= 5.85, sd =
第2実験では,実験状況を変えることで,これら2
2.80; アメリカ人被験者の平均= 5.70, sd = 2.65).
つの仮説が支持されるかどうかを再度検討する.
もちろん,有意差が存在しないということで仮説6
最後に注目すべき点は,社会的不確実性の程度と
を直接「検証」することはできないが,例えコミッ
被験者の信頼水準の双方をコントロールした今回の
トメント関係指標値に日米差があったとしても,そ
実験においては,日本人被験者とアメリカ人被験者
の差は極めて小さなものであると結論することはで
との間に,コミットメント関係形成の強さにはっき
きる.
りした差が見られなかった点である.このことは,
通常は「集団主義対個人主義」という「文化の違い」
5.1.3
考察
によって説明されているコミットメント関係の強弱
以上に示された第1実験の結果は,社会的不確実
が,「文化」という曖昧な概念を使わなくとも,社
性がコミットメント形成に与える効果についての仮
会的不確実性と一般的信頼という,概念的により明
説,すなわち,社会的不確実性が大きいほど特定の
確な変数により説明可能であることを示唆するもの
相手とコミットした関係を作ろうとする傾向が強く
である.
なるという仮説1を,明瞭な形で支持するものであ
る.この仮説は Kollock(34)による実験においても
5.2
第2実験
支持されており,かなり異なった実験状況を用いた
第2実験では,第1実験で検討された6つの仮説
今回の実験でも一貫して支持されたことから,かな
のうち,山岸らの信頼理論にとって中心的な位置を
りの程度の一般性のある命題として考えることがで
占めている,最初の3つの仮説が再び検討される.
きるだろう.更に興味あることに,交代後の売り手
特に,一般的信頼が固定した関係の呪縛から人々を
Fに対する信頼は,仮説4で予測された通り,不確
実性が大きいほど低いという結果も明確に示されて
いる.つまり,客観的な社会的不確実性が存在する
だけで,人間性について何の手がかりもない「部外
者」に対する信頼が低くなっており,このことから,
24 但し,日本人被験者のデータのみを用いて分析した山岸ら
(78)
の分析においては,仮説 3 で予測された交互作用が 10%水準
で存在しており,仮説 2 は,社会的不確実性の高い条件のみで
10%水準で支持されていた.いずれにせよ,これらの仮説は日
本だけのデータを用いた場合にも,はっきりと支持されていた
とは言えない.
21
解き放つ役割を果たすという,信頼の解放理論の核
あり,複数の売り手と買い手に分けられた被験者が,
をなす命題から直接導き出された仮説2と仮説3
売り手の生産した商品を売買するという形をとって
は,第1実験の結果によって支持されていないため,
いる.売り手は商品の生産のためのコストを支払い,
第2実験では,特にこれら2つの仮説の検証をめざ
支払ったコストの額に応じて生産される商品の品質
している.
が決まってくる.
第1実験で検証された残りの3つの仮説は,実験
次に売り手は,生産コストに利潤を上乗せした価
デザインの違いにより,第2実験では検討すること
格と商品の品質を買い手に提示する.買い手は複数
ができなかった.第2実験も第1実験と同様に,日
の売り手の提示する価格と品質とを考慮して,どの
米比較実験として計画されているが,これまでのと
売り手から購入するか(あるいは誰からも購入しな
ころアメリカ(ワシントン大学)
での実験が完了して
いか)を決定する.買い手は,品質に応じて実験者
おらず,従って日米差に関する仮説6は,本論文に
があらかじめ設定した価格で商品を実験者に転売
おける分析では検討することができない.また,部
し,購入価格との差を自分の利益とする.この
外者に対する「信頼感」に関する仮説である仮説4
Kollock の実験では,社会的不確実性は,売り手が
と仮説5は,実験の途中で新たな取り引き相手であ
商品の品質について嘘をつくことが可能かどうかで
るFを導入するという形をとった第1実験では検討
操作されていた.これに対して,基本的には
可能であったが,第2実験では特定の参加者を部外
Kollock の実験における取り引き状況を踏襲した第
者として想定することができないため,今回の実験
1実験では,1グループにつき1人の被験者以外の
では検討されていない.
他の「実験参加者」がすべてコンピュータによる反
第2実験で検討される3つの仮説は,第1実験の
応であった点,および社会的不確実性の操作が,
報告の中ですでに提示されているが,ここでもう一
Kollock の場合より一層極端な形で行われていた点
度繰り返し提示しておく.
で,Kollock の実験と異なっていた.第1実験では,
社会的不確実性は,毎試行の取り引き終了後に,売
仮説1:社会的不確実性の低い状況よりも高い状
り手が取り引き相手の買い手から,取り引き額を大
況において,コミットメント関係が形成
幅に越える金額を略取する機会が与えられるかどう
されやすい.
かという形で操作された.これに対して第2実験で
仮説2:一般的信頼の高い人々ほど,特定の相手
との間のコミットメント関係を維持する
傾向が小さい.
は,以下の「方法」の部分で述べられるように,よ
り単純且つ抽象的な形で社会的不確実性が操作され
ている.また第2実験でも,第1実験と同様,「実
験参加者」の役割をコンピュータ反応が果たしてい
仮説3:仮説2で述べられたコミットメント関係
たが,第2実験では1グループにつき2名の本物の
に及ぼす信頼の効果は,状況の社会的不
被験者(第1実験の場合には1名のみ)が含まれてお
確実性が高くなるほど大きくなる.
り,従って実際の被験者同士のコミットメント関係
の測定が可能であったという点も,実際にはコンピ
第2実験で用いられた実験状況と,ほぼ同様の目
(34)
的で行われた先行研究である Kollock
および第
ュータ反応を相手としたコミットメント関係を扱っ
ていた第1実験と異なっていた点である.
1実験との違いは,主として次の2点にある.まず
第1に,先行2研究がいずれも取り引き関係のシミ
5.2.1
方法
ュレーションという形をとっているのに対して,第
実験は,北海道大学文学部に設置された社会心理
2実験は,特定の現実場面に対応しない,より抽象
学実験室で,1994 年1∼ 6 月に行われた.実験室の
的な実験状況を設定している.Kollock の実験は,
構成に関しては,第1実験の方法の部分を参照され
先に紹介した,東南アジアにおけるゴムと米の取り
たい.
引きを,抽象化した形で実験室に持ち込んだもので
22
被験者
被験者リクルート時(実験実施の少なくと
(46)
も1月以前)に質問紙(佐藤・山岸
(21)
, Yamagishi
( 49)
( 22)
( 23)
( 47)
実験には数名の被験者が実際に参加していると思わ
せるようにした.実験は,それぞれの個室に設置さ
, Yamagishi &
れたパソコンの画面に表示される情報を使って被験
で開発,改良された,11 項目からな
者が意志決定を行い,その結果を被験者がパソコン
る信頼感尺度)により一般的信頼の程度を測定して
のキーボードを通して入力する形で行われた.他の
おいた,北海道大学の教養部学生 865 名からなる被
個室の被験者が大体同じペースでキーボードを叩く
験者プールから,信頼感尺度値が中間(5 段階尺度
ことで,グループ実験であるという印象を強化する
の平均値 3.00 ∼ 3.18)の 30.2%を除いた高信頼者群
ため,各試行の開始は,通信回線で接続されたホス
(上位 32.0%)と低信頼者群(下位 37.8%)の中から
ト・コンピュータの指示で一斉に行われた.実験は
214 名(男性 139 名,女性 75 名)を被験者として用い
60 試行からなっており(但し,被験者には全体で何
た.被験者リクルートの際には金銭による報酬が強
試行あるかは告げられていなかった),60 試行目の
調された.
終了後,コンピュータの画面上に表示された一連の
, Yamagishi & Sato
(18)
Yamagishi
質問に対する回答が求められた.実験は,インスト
デザイン
社会的不確実性(高・低)×一般的信頼
(高・低)の 2 × 2 の要因配置.いずれも被験者間要
ラクションと実験後の質問への回答を含め,全体で
80 分程度を要した.
因.被験者は,リクルート時に測定された信頼感尺
実験が開始されると,まず,実験で使う元手とし
度値に基づき,高信頼条件と低信頼条件に振り分け
て 500 円(高不確実条件)ないし 300 円(低不確実条
られた.社会的不確実性は,以下に示される手続き
件)25 が現金で被験者に渡され,練習試行が 5 試行
に従って操作された.
行われる.練習試行は,以下に説明されるすべての
可能性を経験できるよう,あらかじめプログラムさ
手続き
被験者は実験室に到着するとすぐに,実験
れたスケジュールに従って進行した.練習試行終了
室内につくられた個室の1つに案内される.この際,
後,実際の第1試行が開始された.各試行で被験者
他の被験者と直接に顔を合わせたり話をしたりする
は,コンピュータか人間のいずれかを相手にする.
ことはない.各個室には,別の部屋に設置された実
コンピュータが相手の場合(試行)には,被験者は,
験コントロール用のホスト・コンピュータ(IBM・
画面上に表示された「ルーレット」の結果に応じて,
PS2/Model 80)と通信回線(RS232C)により接続さ
12 円∼ 27 円の間でランダム(一様分布)に決定され
れたパソコン(NEC PC9801)が置かれている.被験
た金額を,その試行での報酬として受け取る.これ
者は直接にお互いの顔を見たり,話しをしたりする
に対して,人間
(他の参加者)
が相手の場合(試行)に
ことはないが,個室は完全に防音されているわけで
は,ペアになった 2 人の被験者は,まず,それぞれ
はないので,実験者が他の被験者を案内している話
10 円をその試行での報酬として受け取る.その後,
し声や,他の個室の物音などにより,被験者には自
2 人のうちのどちらか一方(どちらになるかはラン
分以外の(本物の)被験者が実際に参加しているこ
ダムに決められる)に,相手に与えられた 10 円を
とがわかるようになっている.個室の中で被験者は
「巻き上げる」チャンスが与えられる.このチャン
インストラクション冊子を読み,全員がインストラ
スを与えられた被験者が実際に「巻き上げる」決定
クションの内容を理解したことを確認した後,実験
を行えば,その被験者がその試行で得る報酬は 20
が開始された.インストラクションでは,実験は数
円となり,巻き上げられた相手がその試行で得る報
人からなるグループで行われると教示された.実際
酬は0円となる.
には実験は 2 人1組で行われたが,被験者には数人
の被験者が実際に参加していると信じさせる必要が
第1試行では,相手がコンピュータか人間かは,
それぞれ 50%の確率でランダムに決定される.(但
あるため,2 組以上の実験が同時に行われた.ひと
つの時間帯に1組分(2 名)の被験者しか得られない
ときには,何人かのサクラを個室に案内することで,
25 この金額が条件により異なっているのは,実験中に獲得す
る報酬の平均額が条件により異なってくるためである.
23
し被験者には「ランダムに決定される」とだけ告げ
況における社会的不確実性の程度を決定するのは,
られ,確率が 50%であることは知らされない.)実
相手に略取チャンスが与えられたときに,相手がそ
際には1グループにつき本物の被験者は2人しかい
のチャンスを実際に利用すると思う確率の予測値
ないため,このランダムな決定は両者に共通してい
と,相手が略取チャンスを実際に利用した場合に自
る.すなわち,相手が人間の場合には,2人の本物
分が被る損害の大きさを掛け合わせたものとなる.
の被験者がペアになる.
本実験では,相手が略取チャンスを利用したときに
但し,それぞれの被験者はグループが数名以上の
自分が被る損害の大きさを変えることによって,社
参加者を含んでいると思っており,人間が相手の場
会的不確実性の程度の操作を行った.社会的不確実
合に,必ず同じ2人の間でペアが形成されていると
性の低い条件では,相手が略取チャンスを利用した
は思っていない.また相手がコンピュータであると
場合の被験者の損失額は,自分に与えられた 10 円
いうランダムな決定がなされた場合には,2人とも
のみである.これに対して社会的不確実性の高い条
がコンピュータを相手にすることになる.
件では,相手が略取チャンスを利用すると,自分に
第 2 試行目以降は,相手がコンピュータか人間か
与えられた 10 円が「巻き上げられる」だけではなく,
は,以下の方法で決定される.まず,前試行でコン
さらに 50 円の損失を被る.但しこの場合でも,相
ピュータが相手であった場合には,第1試行と同じ
手には「巻き上げ」た金額である 10 円しか与えられ
方式で,つまり 50%の確率で人間が相手かコンピ
ない.(この場合に被験者の被る 50 円の損害は,例
ュータが相手かがランダムに決定される.これに対
えばカーステレオを盗むために車のフロントガラス
して,前試行で人間を相手にしていた場合には,新
が破壊されるようなものだと,被験者には説明され
しい試行の開始と同時に,2 人の被験者はそれぞれ,
た.)
前回と同じ相手を新しい試行でも相手として選択し
たいかどうかを決定する.2 人の被験者が2人とも
機会コスト
前回の相手を新試行の相手として選択した場合に
コミットメント関係にとどまることで機会コストが
は,同じ人間を相手に新試行が進行する(10 円ずつ
発生する状況が前提とされている.この実験状況で,
の報酬が与えられた後,2人のいずれかに略取チャ
2 人の被験者がお互いに略取チャンスを利用しない
ンスが与えられる).2人の被験者のいずれか一方
コミットメント関係を形成すれば,そこでは,それ
(あるいは両方)が前回の相手を拒否した場合には,
ぞれの被験者は1試行につき 10 円の利益を確保す
再び,第1試行と同じ方式で,50%の確率でコンピ
ることができる.これに対して,同じ相手との関係
ュータか人間かがランダムに決定される.この場合,
を止め,コンピュータを相手とした場合には,1試
人間が相手であると決定されると,本物の被験者は
行につき 12 円と 27 円の中間値である 19.5 円の利益
2人しかいないため,実際には同じ2人の間でペア
が期待できる.従って,同じ相手との関係を続ける
が形成される.しかし被験者には,別の参加者が新
決定をすれば,コンピュータを相手にすることで可
しい相手となる可能性があると告げられる.つまり,
能となる 19.5 円の利益を放棄することになる.つ
被験者の観点からすれば,相互選択により同じ相手
まり本実験では,コンピュータ相手に人間を相手に
との関係を継続していない限り,コンピュータを相
するより大きな利益を得る可能性を導入すること
手にするか,別の参加者を相手にすることになる.
で,特定の相手との間のコミットメント関係が機会
(同じ相手とランダムに組み合わされる可能性はあ
るが,新しい相手が前回の相手と同じかどうかは知
ることができない.)
理論により予測される信頼の効果はコ
コストを伴う状況を設定した.
5.2.2
結果
結果の分析にあたっては,まず全 60 試行を 20 試
社会的不確実性の操作
社会的不確実性の程度は,
行ずつの3ブロックに分け,それぞれの試行ブロッ
相手の非好意的な行動によりもたらされる自分の損
ク毎に,前回の相手との関係が継続された(すなわ
害の期待値として定義される.従って,この実験状
ち,2人の被験者の双方がいずれも前回の相手との
24
関係の継続を望んだ)試行数を 20( ブロック毎の試
(sd = 0.11)であり,社会的不確実性×信頼×ブロ
行数)で除した値を,コミットメント関係形成の指
ックの分散分析の結果,社会的不確実性の主効果は
標値として用いた.(第2実験におけるこのコミット
有意であった(F(1,103)= 6.22, p <. 05).従って仮
メント指標値は,概念的には第1実験におけるコミ
説1は,実験結果により明確に支持されたといえる.
ットメント指標値と同じであるが,実際の計算法は
また上述の分散分析では試行ブロックの主効果が有
全く異なっている点に,以下の分析の説明に際して
意であり(F(2,206)= 4.29, p <. 05),コミットメン
注意しておく必要がある.)この指標値はグループ
ト関係の形成は試行が進むにつれ進行していること
(ペア)を単位としているため,以下の分析の単位は
が明らかにされた
(図1参照).また,ブロックと社
個人ではなくグループ(ぺア)となっている.
会的不確実性との交互作用効果に傾向差がみられ
実験操作の妥当性 分析に先立ち,実験終了後に被
(F(2, 206)= 2.93, p <. 06),不確実性の効果が試行の
験者が回答した 2 つの質問項目を使って,社会的不
進行とともに大きくなっていったことが示唆されてい
確実性の実験操作の妥当性の検討が行われた.まず,
る(図1参照)
.この交互作用は,社会的不確実性が
「『チャンス』でお金をとられるのではないかと,
コミットメント形成に与える促進効果が表れるために
どの程度心配しましたか」という質問項目(1=全
は,ある程度の試行数が必要であるためと考えられる.
く心配しなかった∼5=非常に心配した,の5段階
実験状況に含まれている社会的不確実性と機会コス
尺度)に対しては,社会的不確実性高条件での平均
トの性質を被験者が理解するためには,ある程度の
は 3.46(sd = 1.19)であったのに対し,低条件での
経験を必要とするためであろう.
平均は 2.90( sd = 1.33)であり,社会的不確実性×
上の分析で従属変数として用いられたコミットメ
信頼の分散分析における不確実性の主効果が有意で
ント関係は,ペアの一方が関係の継続を望んでも,
あった(F(1,210)= 11.07, p <. 01).26 また,「『チ
もう一方が継続を望まない場合には成立しない.そ
ャンス』でお金をとられるのはひどいことだとどの
こで,次に,実際にコミットメントが成立したかど
程度思いましたか」( 1=全く思わなかった∼5=
うかとは別に,個々の被験者が関係の継続を望んだ
非常に思った)という質問項目に対しても,不確実
かどうかを従属変数とした分析を行った.この,各
性高条件での平均(2.96, sd = 1.34)の方が低条件で
試行ブロックで被験者が関係の継続を望んだ試行の
の平均(2.10, sd = 1.10)よりも有意に高くなってい
比率(関係継続希望度と呼ぶ)
を従属変数とした社会
る(F(1,210)= 26.31, p <. 01).これらの質問項目に
的不確実性×一般的信頼×試行ブロックの分散分析
対する反応から判断する限り,社会的不確実性の操
におい て も , 社 会 的 不 確 実 性 の 主 効 果 は 有 意 で
作は意図した効果を生み出していたと判断される.
あり
(F
(1, 210)
=15.71, p <. 01)
,その平均値は,仮説
1による予測通り,社会的不確実性高条件
(0.33, sd =
社会的不確実性がコミットメント関係に及ぼす影響
0.22)
での方が低条件
(0. 24,sd = 0.17)
でより高くなっ
仮説1は,社会的不確実性の程度が低い場合よりも
27
ている.
高い場合に,社会的不確実性を低減させるためにコ
また,コミットメント指標の場合と同様,試行ブ
ミットメント関係が形成されやすいというものであ
ロックの主効果(F(2,420)= 8.49, p <. 01),および
った.各条件における試行ブロックごとのコミット
社会 的 不 確 実 性 と 試 行 ブ ロ ッ ク の 交 互 作 用 効 果
メント関係指標値は図1に示されているが,この図
(F(2,420)= 4.40, p <. 05)も有意であり,試行が進
から,コミットメント関係形成の程度が,予測通り
むにつれ,被験者は同じ相手との関係の継続を望む
社会的不確実性の高低により影響されていることが
ようになると同時に,この関係継続希望度に対する
わかる.コミットメント関係指標値の平均は,社会
社会的不確実性の効果も,試行が進むにつれ強まる
的不確実性高条件で 0.20(sd = 0.22),低条件で 0.12
ことが明らかにされた(図1参照).
26 質問項目の分析は被験者個人を単位として行われているの
で,ペアを単位として行われるコミットメント関係の分析とは
自由度が異っている.
27
この分析の単位は個々の被験者である.
25
指標値および
継続希望度
0.5
0.45
不確実性高・信頼高、
n=27ペア
不確実性高・信頼低、
n=25ペア
0.4
0.35
0.3
0.25
不確実性高・信頼高、
n=29ペア
0.2
不確実性高・信頼低、
n=26ペア
0.15
継続希望度、高・高
0.1
継続希望度、高・低
0.05
継続希望度、低・高
0
第1ブ
ロック
第2ブ
ロック
第3ブ
ロック
継続希望度、低・低
図1 条件コミットメント指標値と関係継続希望度の変化
仮
間 で 交 互 作 用 の 傾 向 差 を 示 し て お り(F(2,420)=
説2では,一般的信頼の低い被験者の方が高信頼者
2.32, p <. 10),図1に示されているように,信頼の
よりも,コミットメント関係を形成し維持する傾向
効果は試行の進行に伴って強くなる傾向を見せている.
一般的信頼がコミットメント関係に及ぼす効果
がより強いだろうとされている.図1にまとめられ
た実験結果は,この仮説で予測された通り,低信頼
社会的不確実性と一般的信頼との交互作用効果
被験者の方が高信頼被験者よりもコミットメント関
説3は,社会的不確実性と一般的信頼との交互作用
係を強く形成していることを示している.コミット
効果に関する仮説であり,仮説2で予測された信頼
メント関係指標値の全試行を通しての平均は,高信
の効果が,社会的不確実性が高い場合のほうが低い
頼 ペ ア で 0.12 ( sd = 0.13), 低 信 頼 ペ ア で 0.19
場合よりも大きいだろうと予測している.これに対
(sd = 0.20)となっており,上述の分散分析におけ
して,上述の分散分析の結果では,この仮説で予測
る一般的信頼の主効果が有意であることから
された社会的不確実性と一般的信頼との交互作用効
(F(1,103)= 4.58, p <. 05),仮説 2 も,明確に支持さ
果が有意とはなっておらず(F(1, 103)< 1.0, ns.),
仮
れたと言える.なお,上述の分散分析の結果では,
仮説3に対する明確な支持は得られていない.図1
一般的信頼と試行ブロックの交互作用は有意とはな
からは,この交互作用効果が,試行が進むにつれ,
っていない(F(2,206)= 1.03, ns.).また,関係継続
特に第3ブロックで現れてくる可能性が見られる
希望度を従属変数とした分析においても仮説 2 は明
が,試行ブロックを含む3次の交互作用効果は有意
確に支持されており(信頼の主効果: F(1,210)=
とはなっていない(F(2,206)< 1.0, ns.).しかし関係
5.10, p <. 05),低信頼被験者(0.32, sd = 0.21)は高信
継続希望度を従属変数とした分析では,社会的不確
頼被験者(0.27, sd = 0.17)よりも関係の継続をより
実性と一般的信頼との交互作用効果は有意となって
強く望んでいたと言える.関係継続希望度を従属変
おり(F(1,210)= 6.79, p <. 01),交互作用の方向も
数とした場合には,一般的信頼は試行ブロックとの
仮説3で予測された方向と一致している.すなわち,
26
図1からも明らかなように,社会的不確実性の低い
初めて実証的な証拠が与えられたことになる.
条件では一般的信頼の高低による差がほとんど存在
また,仮説2で予測された一般的信頼の効果が社
しないのに対して(0.25 vs. 0.28),社会的不確実性
会的不確実性の比較的高い状況で特に顕著となるだ
の高い条件では,予測された方向での差がはっきり
ろうという仮説3に関しては,現在の相手との関係
している(0.29 vs. 0.37).このことから,仮説3で
の継続を目的とした個々の被験者の行動選択のレベ
予測された交互作用効果は,少なくとも個々の被験
ルでは明確に支持されているが,2人の被験者ペア
者の
(前回の相手を選択するという)行動のレベルで
の間での同時選択を必要とするコミットメント関係
は存在していたが,実際の関係の継続であるコミッ
については明確な支持が得られていない.図1を見
トメント関係指標値には表れるに至らなかったもの
るかぎり,コミットメント関係指標値も関係継続希
と考えられる.コミットメント関係形成を求める個
望度も,社会的不確実性の程度が強い場合に特に一
人の選択が実際の関係継続につながるためには,2
般的信頼の効果が大きくなるという同じようなパター
人の選択が同時になされる必要があり,従って実際
ンを示しており,従ってコミットメント関係指標値に
のコミットメント関係形成が生じるためには,個人
関して有意な交互作用効果が得られなかったのは,
の行動の変化よりもより多くの時間がかかるため,
選択のマッチングの過程において大きな誤差分散が
これら2つの従属変数の間にこのような差が生まれ
導入されたためであり,従って,もう少し試行数を
たものと考えられる.
増やして個人の選択のマッチングが生じるための時
間の余裕を与えれば,コミットメント関係指標値に
5.2.3
考察
以上の分析では,3つの仮説のうち2つまでが明
確に支持されており,残りの仮説3もある程度の支
も有意な差が生まれた可能性は残されている.
5.3
第3実験
持を得ている.仮説1は先行研究(Kollock(34); 第1
これまで,第1実験および第2実験において,社
実験)でも一貫して支持されており,先行2研究の
会的不確実性がコミットメント関係の形成を促進す
いずれとも大幅に異なった実験状況を設定した本実
ることが検証され,また第 2 実験において,社会的
験においてもこの仮説が支持されたことから,社会
不確実性と機会コストがともに高い状況では,一般
的不確実性が特定の相手同士の間でのコミットメン
的信頼の高い被験者は一般的信頼の低い被験者にく
ト関係の形成を促進するという命題が,かなり一般
らべ,コミットメント関係を形成・維持しようとす
性をもつものであることが明らかにされた.このこ
る傾向が弱いことが検証された.これらの実験結果
とは,本実験を導いている信頼の解放理論の根底に
により,山岸らにより提唱された信頼の理論の骨格
ある,社会的不確実性に対する標準的な対処法はコ
部分を証明する実証データが得られたことになる.
ミットメント関係の形成であるとする前提が,かな
但し,これまでになされた2つの実験は,いずれも
り妥当性の高いものであることを意味している.
集団状況を想定しながら,1人(第1実験)ないし2
また,第1実験では支持されなかった仮説2も,
人(第2実験)の被験者を除くその他の集団のメンバ
今回の実験では明瞭な形で支持されている.第1実
ーは,コンピュータによる反応で代用されていた.
験が1人の被験者を除く他のすべての「参加者」を
これらの実験におけるコンピュータ反応の利用は,
コンピュータによる反応で代用していたのに対し
それぞれの実験の目的である特定の理論的な仮説を
て,第2実験では2人の本物の被験者の間で実際の
検証するためには,実験の内的妥当性を強化すると
コミットメント関係の形成が可能であったことを考
いう意味で,集団全員が本物の被験者であるよりも
えれば,第2実験で仮説2が検証されたことの意味
むしろ望ましいものであった.しかし他方では,実
は大きいと言える.この仮説が検証されたことによ
験結果の外的妥当性,つまり実験結果がコンピュー
り,山岸らの信頼の解放理論にとって中心的な命題
タ反応を含む集団を越えてどれだけ一般化可能であ
である,一般的信頼は人々を固定した関係の呪縛か
るかという点では,説得力に欠ける部分が残されて
ら解放する役割を果たすという命題(28)に対して,
いる.この点を考慮して,第3実験では,第1実験
27
および第2実験で検討されたのと同じ3つの仮説
して,別の個室にいる被験者の中から「取り引き」
を,成員が全員本物の被験者である集団を用いて検
の相手を選び,「取り引き」を行うという作業
(試行)
証することを目的としている.
を繰り返す形で行われた.
また第3実験では,社会的不確実性が,第1実験
および第 2 実験で行ったのとは全く質的に異なった
被験者
方法により操作されている.すなわち,第1実験お
た被験者プールをもとに,電話で参加依頼に対して
よび第2実験では,社会的不確実性は,相手が自分
承諾した 90 名(男子 49 名,女子 41 名)が被験者とし
にとって望ましくない行動をとったときに自分が被
て用いられた.被験者プールへのリクルート時およ
る損害の大きさを変化させることで,実験的に操作
び電話による実験参加依頼の際には,金銭による報
されていた.これに対して第3実験では,他成員の
酬が強調された.実験は8名を1グループとして行
行動についての情報量と情報の正確さを変えること
った.但し,実験室に現れた被験者が8名に満たな
で,社会的不確実性の実験操作がなされている.
かった場合には,6名を1グループとして行った.
北海道大学教養部学生からリクルートされ
上に述べたように,第3実験では,第1実験およ
び第2実験で検討された3つの仮説(仮説1,
2,3)
デザイン
が検討される予定であるが,これまでのところ,仮
過去の行動についての情報(情報あり条件 vs.情報な
説2と3を検討するのに必要な「曖昧情報条件」が
し条件)のみである.被験者は,各成員の過去の行
実施されていない.従って,以下に述べられている
動を反映する情報が表示される「情報あり条件」6
第3実験の報告で検討されているのは,実際には仮
グループ(6名×3,8名×3),そのような情報が
説1のみである.28 第1実験と2で既に述べられて
表示されない「情報なし条件」6グループ
(8名×6)
いるが,ここにもう一度,仮説1を提示しておく.
に振り分けられた.
第3実験で用いられた要因は,他成員の
仮説1:社会的不確実性の低い状況よりも高い
状況において,コミットメント関係が形成され
やすい.
手続き
被験者は,実験室に到着すると直ちに,実
験室内の個室に案内される.この際,他の被験者と
直接に顔を合わせたり話をする機会は与えられな
詳しくは次の「方法」の部分で述べられているが,
第 3 実験では,他成員が過去に(自分との関係以外
の関係で)どれほど「嘘をついたか」についての情報
が与えられるかどうかによって,社会的不確実性の
高低を操作した.詳しい内容については,以下に述
べられている.
い.各個室には,別の部屋に設置された実験コント
ロ ー ル 用 の ホ ス ト ・ コ ン ピ ュ ー タ( I B M ・ P S 2 /
Model 80)と通信回線(RS232C)により接続された
パソコン(NEC PC9801)が置かれている.被験者は
直接にお互いの顔を見たり,話をしたりすることは
ないが,個室は完全に防音されているわけではない
ので,実験者が他の被験者を案内している話声や,
5.3.1
方法
他の個室の物音などにより,被験者には自分以外の
(本物の)被験者が実際に参加していることがわかる
実験は,北海道大学文学部に設置された社会心理
学実験室で,1994 年 10 ∼ 12 月に実施された.実験
室の構成に関しては,第1実験の方法の部分の記述
を参照されたい.実験は,個室に案内された被験者
が,コンピュータの画面に表示される情報をもとに
28 ここに報告されている実験3の2条件は,実際には,仮説
2および3を検討するための「曖昧情報条件」を設定するための,
予備実験としての側面を色濃く備えている.「曖昧情報条件」を
含む実験全体の分析は,この条件での実験完了後,直ちに行わ
れる予定である.
ようになっている.
参加予定の8名の被験者が実験室に到着するのを
まって,個室にいるそれぞれの被験者に対して,イ
ンストラクション用紙に印刷された文書による教示
が行われた.29 教示では,最初に次の3点が強調さ
れた.①被験者は,それぞれ個室で実験を行うので,
互いに顔を合わせることがなく,また実験後も顔を
合わせないように配慮されているので,自分の行動
が他の参加者にどう思われるか気にしなくてすむよ
28
うになっていること.②実験参加への報酬として,
後半 25 試行の,計 38 試行 30 繰り返される.1 試行
実験で行う「取り引き」で得た利益が与えられるの
は次のような流れで行われる.①各被験者が,その
で,「取り引き」で高利益をあげればそれだけ高い
試行で行う取り引きで提供する金額を決定する.
報酬がもらえること.③参加にあたっては取り引き
(この提供額の2倍の金額が,取り引き相手に与え
の「元手」として 500 円が与えられること.インスト
られることになる.詳しくは,下の「取り引きと利
ラクションでは更に,実験は「取り引き相手の決定」
益」の項を参照されたい.)②全員の提供額は,各被
と「取り引きの内容」の双方を複数回繰り返すもので
験者の画面に表示される.各被験者は,画面に表示
あること,その繰り返し回数はコンピューターによ
される他の参加者の提供額を参考にして,取り引き
りランダムに決定されることが説明され,その後,
相手を選択する.③互いに選び合った 2 人の被験者
取り引きの具体的内容および取り引き相手の決め方
の間に「取り引きペア」が成立する.④各被験者は,
について説明された.最後に実験者により,実際の
自分が取り引き相手に提供した金額から,取り返す
キーの打ち方や,実験の手順,コンピューターの画
金額を決定する.
面の見方などが教示され,「元手」の 500 円が現金で
渡された.全員の教示の終了後,練習試行を行い理
取り引き相手の選択と決定
解を確認した時点で実際の実験が開始された.
試行毎に,以下の方法で決定される.①各被験者は,
実験の内容は,ネットワーク型囚人のジレンマ実
(33)
験
のバリエーションとして考えることができる.
取り引きの相手は,各
画面(図2)に表示された情報
(以下に説明される)を
もとに,「取り引き」をしたいと思う相手を指名す
それぞれの被験者は,お互いに選びあった相手との
る.この際,誰とも「取り引き」をしたいと思わな
間で囚人のジレンマ「ゲーム」を行う.但し,本実
い被験者は,「取り引きをしない」選択をすること
験で行われる囚人のジレンマ「ゲーム」は,「取り返
も可能である.この相手の選択に関する決定(ない
しチャンス」が付加されている点で,通常の囚人の
し「取り引きをしない」という決定)は,被験者のコ
ジレンマ「ゲーム」とは異なっている.実験では,
ンピュータ・キーボードを通して入力され,別室に
この「ネットワーク型囚人のジレンマ」が,前半 13
設置された実験制御用のコンピュータに送られる.
試行,後半 25 試行の,計 38 試行繰り返される(前
②実験制御用コンピュータは,被験者用コンピュー
半と後半の試行の違いについては,後で述べる).
タから送られてきた相手選択情報を使って,互いに
実験終了後,各被験者は質問紙に回答する.その後,
選び合った2者を取り引きペアとして決定する.③
実験で獲得した額の報酬が支払われた.そして最後
自分が選んだ相手が自分を選ばなかったため取り引
に,実験内容を口外しないよう要請され,他の被験
き相手が決まらなかった成員は,再び取り引きを希
者と会わないように,1人1人別々に退室した.実
望する相手を指名し,全員の相手が決まるまで①②
験はすべてを含めて2時間程を要した.
のプロセスを繰り返す.但し,既に取り引きペアと
して決定された被験者および取り引きをしないこと
試行の概略
実験では,以下の試行が前半 13 試行,
に決定した被験者は,残った被験者の画面からは消
去される
(図2の「済」と表示された参加者)
.つまり,
29 多くの場合,突然実験参加をキャンセルする被験者がいる
ため,8∼ 10 名程度に参加のお願いをした.9名以上の被験者
が実験室に到着した場合には,9番目以降に到着した被験者に
は,謝礼を渡したうえで,次の機会での参加を要請した.また,
実験開始予定時間を 10 分以上経過しても6名ないし7名の被験
者しか到着していない場合には,6人グループでの実験を行っ
た.その際には,7番目に到着した被験者には,謝礼を渡して,
次の機会での参加を要請した.10 分以上経過しても5名以下の
被験者しか到着しない場合には,実験はキャンセルされた.そ
の際には,全員に謝礼を渡して,次の機会での参加を要請した.
30 被験者には試行数はランダムに決定されると教示される.
この教示を本当に思わせるため,中途半端な数字である 38 試行
が選ばれた.
全員の相手が決まるまで,相手の決まっていない
(画面上に「済」と表示されていない)参加者だけの間
で①②のプロセスが繰り返されることになる.実験
は常に偶数人数(6名ないし8名)のグループで行わ
れるため,奇数人数の被験者が取り引きに参加しな
い決定をした試行では,最後まで取り引き相手が決
まらなかった被験者は,取り引き参加を希望してい
ても,相手を見つけることができなくなる.また,
取り引きペアがうまく成立しなくて何度も指名を行
29
前回の相手以外の参加者
あなたの円
□ 16円
□ 20円
前回の相手
□ 済
★□ 15円
■ 16円
◆□19円
● □ 済
取引しない
自分が取り引きを希望した相手の横には◆が,自分を指名している人の横には★が表示される.円の大きさは,過去の試行で,
その人が「取り返しチャンス」を実際に利用した程度をしめしている.
図2 第3実験における取り引き相手選択の画面
う場合には,その度に同じ相手を指名しても,異な
31
引き相手に提供される.従って,お互いが 20 円ず
る相手を指名してもよい. この指名作業の際には,
つ提供し合えば,それぞれが 40 円を手に入れるこ
各被験者の画面には,その時点までに自分が指名し
とができ,お互いに全く提供し合わない場合にくら
た被験者と自分を指名している被験者がわかるよう
べ,それぞれが2倍の利益を得ることができる.お
な表示がなされる(図2の画面上の◆と★で表示さ
互いが提供する額が大きければ大きいほど,それぞ
れている参加者).
れが得る利益は大きくなる.しかし,相手の提供額
の大きさにかかわりなく,どんな場合でも,自分の
「取り引き」と利益
被験者は1試行毎に,互いに
利益は自分の提供額が小さければ小さいほど大きく
選びあった「取り引き相手」に対して,0円から 20
なる.つまり,自分の利益だけを考える「合理的
円までの 21 段階で,相手に「提供する」金額を決定
な」人間は,自分の提供額を最小値である0円にす
する.提供額は,各被験者の資金(実験開始時には
るはずだが,お互いがこのような「合理的な」選択
500 円)から差し引かれる.被験者により提供され
をすれば,結局 20 円しか手に入らなくなり,お互
た金額は,実験者により2倍に増額された後,取り
いに協力し合えば手にはいるはずであった 40 円の
利益を逃してしまうことになる.このような状況は,
31 但し,異なる相手が指名された場合には,先に指名された
相手ほど,より取り引き相手として望ましいと考えているとさ
れた.つまり,1回目の指名は第1希望,2回目の指名は第2
希望として解釈された.各回でのペア決定の作業は,その試行
内での過去の全ての指名が有効とされ,以下の手続きで行われ
た.①希望しあっているペアを全てとりだす.②これらのペア
の中で,指名順位の高い(つまり,より早い時点で指名された)
相手同士が優先される.③特定の被験者に関して,2人以上同
じ条件を満たす取り引き相手が存在する場合には,ランダムに
ペアを決定する.
32
一般に囚人のジレンマ状況と呼ばれるものである.
但し,本実験においては,各被験者が決定した提供
額が,取り引き相手の選択に先立って他参加者に提
示されることになっているので,提供額を小さくす
32 囚人のジレンマ,およびその集団バージョンである社会的
ジレンマの研究と,そこにおける「合理性」の問題については,
山岸(83),Yamagishi(84)を参照されたい.
30
れば,取り引き相手として選ばれなくなってしまう
して一度円が大きくなった場合にでも,その後取り
可能性がある.このため,少なくとも下で説明され
返しチャンスを利用しなければ,円は次第に縮小し
る「情報あり条件」においては,実質的な社会的不
て行く.取り引きに参加しなくても円はやや小さく
33
確実性はほとんど存在していない. そこで,本実
なるが,取り引きに参加して取り返しチャンスを利
験における実質的な社会的不確実性は,次に説明す
用しない場合にくらべて,小さくなる程度は少なく
る「取り返しチャンス」により導入されている.
設定されている.
取り返しチャンス
他メンバーのアイデンティティ
1回の取り引き(相手にいくら
取り引き相手の選
提供するかの決定)が終了すると,その取り引きに
択にあたっては,メンバーのアイデンティティにつ
参加した2人の被験者に対して,「取り返しチャン
いての情報は与えられていない.図 2 に示されてい
ス」が与えられる.取り返しチャンスとは,その取
るように,与えられる情報は,各メンバーの提供額
り引きで自分が提供した金額のうちのいくらかを
と,過去に「取り返しチャンス」をどの程度利用し
(0円から自分が提供した金額までの範囲で)
,相手
たかに関する情報のみである.但し,前試行で取り
から取り返すことができるチャンスである.取り引
引きのあった相手だけは,その他のメンバーと区別
きを成立させた 2 者は,それぞれ独立に,自分の提
されるようになっている.それ以外のメンバーにつ
供額の中からいくらを取り返すかを決定する.被験
いては,各試行毎に画面上の異なった位置に表示さ
者が取り返しチャンスを利用すると,取り返した金
れるため
(このことは被験者に教示されている),特
額が,もう一度被験者のものになり,自分の資金に
定のメンバーの行動の経時的パターンを知ることは
加算される.一方取り返された相手は,取り返され
できない.これに対して,同じ相手と取り引きを続
た金額の3倍を失う.この「取り返しチャンス」が
けている限り,その相手の行動についての情報を蓄
上述の囚人のジレンマに加えられることにより,
積することは可能である.
「取り引き」に伴う社会的不確実性が強化されるこ
機会コスト
とになる.
社会的不確実性がコミットメント関係
の形成を促進するという仮説1は,機会コストの高
情報の操作
先に述べたように,第3実験では,社
い状況を前提としている.この実験では,機会コス
会的不確実性は,他成員の過去の行動,具体的には
トをつくりだすために,同じ相手との関係を続けて
過去にどの程度「取り返しチャンス」を実際に利用
いると得られない利益として,以下の形で「ボーナ
したかの情報を,各被験者に提示するかどうかで操
ス」が設定された.すなわち,同じ相手と続けて取
作した.情報あり条件では,取り引き相手選択場面
り引きしない試行では,その被験者に対して,コン
での画面に,他メンバーの提供額の他に,各被験者
ピュータにより,1円から7円の範囲でランダムに
の過去の「取り返しチャンス」利用に関する情報が
決定されるボーナスが与えられた.ボーナスが与え
表示される.この情報は,各メンバーの提供額の横
られるのは以下の3つの条件のいずれかを満たす場
に,円の大きさで表された.実験開始の時点では,
合である.①第 1 試行.②その試行と直前の試行の
全ての成員の取り返し情報は点で表示される.その
両方で取り引きに参加し,それぞれ別の相手と取り
後の試行で被験者が取り返しチャンスを利用する
引きを行った場合.③その試行か,あるいは直前の
と,取り返した金額の大きさに応じて円が大きくな
試行の少なくとも一方で取り引きに参加しなかった
るように設定されている.円の大きさを決定する関
場合.
数は,新しい試行の情報ほど大きく反映するように
設定されている.従って,取り返しチャンスを利用
33 ネットワーク型囚人のジレンマにおいて,結局は非協力の
誘因がほとんど存在していないことは,林・神・山岸によるコン
ピュータ・シミュレーション研究(114)で明らかにされている.
利得構造
上で説明した取り引きとボーナスをまと
めると,各試行での被験者の利益は以下のように設
定されている.(取り引きに参加しなかった場合は,
提供額および取り返し額は0円となる.また,ボー
31
ナス支給の条件を満たさなかった場合には,ボーナ
前の試行での取り引き相手は表示されず,過去の取
ス額は0円である.)
り返しを意味する円の大きさも,最小状態に戻され
た.休憩の間,画面には,取り引きの利得構造がど
(相手の提供額)× 2 −(自分の提供額)
のようなものかを再度説明する文章が提示された.
−(相手の取り返し額)× 3
+(自分の取り返し額)
5.3.2
+(ボーナス)
結果
実験全体での 38 試
以下に報告されている分析は,後半 25 試行のみ
行は,前半 13 試行と後半 25 試行とに分けられてい
を用いて行われた.第2実験と同様,関係継続希望
る.前半 13 試行の目的は,被験者に実験状況につ
度とコミットメント関係指標値が従属変数として用
いての十分な経験を与えるためのものであり,練習
いられた.関係継続希望度は,第2実験の場合と同
試行としての意味が大きい.但し,最初から練習試
じく個人ごとに算出されたが,同一集団内での成員
行として教示すると,報酬
(利得)の意味が十分に理
の反応には完全な独立性が保証されていないので,
解されない可能性があるため,最初から実験試行と
実験グループごとの平均値が分析には用いられた.
して実施された.
すなわち,関係継続希望度の分析単位はグループで
前半の 13 試行と後半の 25 試行
具体的には,13 試行目が終了した時点で,3分
ある(n=12).具体的には,以下の方法で算出され
間の休憩時間が設定された.休憩が終わると,その
た.各被験者が前回の相手を第1希望で選んだ回数
時点での資金が 500 円以上の被験者の資金はそのま
は,最大で,前試行で誰かと取り引きのあった試行
まにして,また 500 円を下回っていた被験者の資金
数(≦ 24)となる.そこで,各被験者について,前
は実験開始時と同じ 500 円に戻して,14 試行目が開
回の相手を第1希望で選んだ試行数を,前試行で誰
始された.また,金額以外の点に関しては,第1試
かと取り引きのあった試行数で割った値を,その被
行とまったく同じ状態から開始された.つまり,直
験者の関係継続希望度とし,次に,グループごとに
グループ
サイズ
情報条件
関係継続
希望度
コミットメ
ント指標値
平均提供額
平均取り
返し率
1
6
情報あり
.030
.069
18.28
.062
2
6
情報あり
.039
.042
17.07
.218
3
6
情報あり
.241
.194
19.27
.114
4
8
情報あり
.167
.188
19.29
.099
5
8
情報あり
.346
.302
19.02
.129
6
8
情報あり
.067
.083
19.57
.110
情報あり
.148
.146
18.75
.142
平均
7
8
情報なし
.882
.689
18.03
.238
8
8
情報なし
.819
.677
19.69
.221
9
8
情報なし
.320
.281
19.26
.166
10
8
情報なし
.603
.469
18.15
.247
11
8
情報なし
.783
.677
18.37
.245
12
8
情報なし
.723
.563
17.81
.315
情報なし
.688
.559
18.55
.239
平均
表1
第 3 実験におけるグループ毎の関係継続希望度,コミットメント指標値,平均提供額,および平
均取り返し率
32
その平均を求めた.また,コミットメント関係指標
p<.01).これによって,仮説1は,実際のコミット
値は,最初からグループを単位として,次の方法で
メント形成傾向を示すコミットメント指標値を用い
計算された.まず,前試行と同じペアが成立した場
た場合にも,実験結果によりはっきりと支持されて
合に,その試行では,そのペアの間でコミットメン
いる.また,関係継続希望度とコミットメント指標
ト関係が成立していたものと定義する.グループご
値とは極めて強く相関しており(r=.996),全員が本
とにメンバー数の半分のペアが成立可能なので,最
物の被験者である今回の実験集団においては,特定
初の試行を除く 24 試行にメンバー数の半分を掛け
の相手との関係を継続したいという個々の成員の意
た値が,可能な最大コミットメント・ペア数になる.
図が,そのまま実際の関係形成と結びついていたこ
そこで,後半 25 試行(実際には最初の試行を除く 24
とが明らかとなった.
試行)を通して実際に成立したコミットメント・ペ
ア数を,最大コミットメント・ペア数で割った値を,
提供額と取り返し率
そのグループにおけるコミットメント関係指標値と
ジレンマそのものに非協力の誘因がほとんど存在し
した.
ていなかったことは,平均提供額が,すべてのグル
第3実験で用いられた囚人の
ープでかなり高かったこと(最低のグループ2でさ
関係継続希望度の分析
表1は,グループごとの関
え,平均で 20 円の 85.4%にあたる 17.07 円が提供さ
係継続希望度,コミットメント指標値,平均提供額,
れていた),そして平均提供額に情報条件による差
および平均取り返し率(取り返し額を提供額で割っ
が見られなかったこと(t=0.40, df=10, ns.)から明ら
た値)を表している.この表からも明らかなように,
かである.これは,手続きの部分で述べられている
関係継続希望度,すなわち前回に取り引きがあった
ように,提供額がわかった状態で相手の選択が行わ
試行で前回の取り引き相手を最初に選択した比率
れれば,提供額を少なくすることによる利益が存在
は,情報なし条件(平均 0.69)での方が情報あり条件
しなくなるからである.34 これに対して,取り返し
(0.15)よりもずっと高くなっており,この差は有意
率にはかなり大きな条件差が見られ,情報あり条件
である(t=5.51, df=10, p<.01).このことから,つき
(平均 14.2%)でよりも情報なし条件(23.9%)で,
合う可能性のある相手に関する情報量を変化させる
「取り返しチャンス」がより積極的に用いられてい
ことで社会的不確実性を操作した第3実験において
る.この差は,取り返し行動が他の参加者にも知ら
も,仮説1で予測された通り,社会的不確実性が高
れてしまうと,誰からも選んでもらえなくなるため,
くなると被験者は特定の相手とのつき合いを望むよ
情報あり条件では「取り返しチャンス」があまり利
うになることが明らかとなった.
用されなかったためであると考えられる.しかし,
この点を考えれば,条件差はあまり大きいものでは
コミットメント指標値の分析
上の分析により,社
ない.取り返し行動が他の参加者にはわからない情
会的不確実性が被験者にコミットメント関係を形
報なし条件でも,「取り返しチャンス」の利用はあ
成・維持したいと思わせるようになることが明らか
まり積極的に行われていない(最大でも,グループ
にされたが,次に,そのような被験者たちの意図が,
12 の 31.5%).その理由は,「取り返しチャンス」の
実際のコミットメント関係の形成・維持につながっ
利用がコミットメント関係の解消をもたらしてしま
ているかどうかを,コミットメント指標値を従属変
うからであると考えられる.実際,情報なし条件で
数とした分析で検討した.この結果,関係継続希望
度の場合と同様,コミットメント指標値に対しても,
社会的不確実性が極めて強い効果をもっていたこと
が明らかとなった(表1参照).情報あり条件での平
均コミットメント指標値は 0.15 であるのに対して,
情報なし条件での平均コミットメント指標値は 0.56
であり,この差は有意となっている(t=5.33, df=10,
34 相手の選択がわかっているので,それぞれの被験者は提供
額の少ない相手を選ばないだろう.そして,提供額の多い人間
を相手にするとすれば,プレイしないよりはする方が有利であ
る.しかしプレイするためには,誰かに選んでもらわなくては
ならないが,そのためには自分の提供額も大きくする必要があ
る.このようなネットワーク型囚人のジレンマでは,実質的な
選択は結局,孤立して誰ともプレイしないか,お互いに提供し
あっている相手同士でプレイするかの選択となり,後者の方が
大きな利益を生み出すことになる.
33
は,コミットメント関係にある場合とない場合とで
される利益が小さくなる.このことは言い換えれば,
取り返し率が大きく異なっており(1.5% vs. 21.2%),
関係にとどまることに伴う機会コストが小さくなる
コミットメント関係が解消されると,搾取される可
ことを意味している.従って,コミットメント関係
能性が大きな状況に直面することになる.これに対
を維持することがますます有利になるので,このよ
して情報あり条件では,コミットメント関係にある
うな状況でのコミットメント関係は安定したものに
場合とない場合とで取り返し率にほとんど差がなく
なることが予想される.
(2.7% vs. 2.8%),いずれの場合でも搾取される可
能性はほとんど存在していない.
5.4
5.3.3
考察
第3実験では,第1実験と第2実験で検証されて
きた仮説1が,全員が本物の被験者である集団を用
いて再び検証された.同じ仮説は Kollock(34)におい
ても支持されていたことを考えれば,社会的不確実
性が特定の相手同士でのコミットメント関係形成を
促進するという命題は,非常に一般性の強い命題で
あると言うことができるだろう.また,今回実施さ
れた条件では,仮説2と仮説3については検討され
ていないが,現在,第3実験の延長として,全員が
本物の被験者である集団を用いたこれら2つの仮説
の検討がなされつつある.
また,第3実験独自の結果として非常に興味深い
結果は,情報なし条件で,極端な外集団差別が発生
している点である.すなわち,情報なし条件では,
コミットメント関係にない相手に対する搾取行動
(取り返し行動)が,コミットメント関係にある相手
に対してよりずっと激しく行われていた.これに対
して情報あり条件では,いずれの相手に対しても搾
取行動はほとんど存在していない.この結果は,情
報が不足している状況では,コミットメント関係が
形成されることによって,コミットメント外部での
主観的社会的不確実性が高められる,そのことによ
ってコミットメント形成の必要性が一層強められる
ことを意味している.コミットメント関係にない他
者についての情報が不足している状況,すなわち自
分の行動が現在の相手以外には伝わらない状況で
は,人々は「旅の恥はかき捨て」的に行動するよう
になる(コミットメント関係にない相手に対する搾
取行動).人々が実際にこのように行動すれば,コ
ミットメント関係外部でのつき合いは大きなリスク
を伴うことになり,関係外部でのつき合いから期待
実験研究のまとめ
ここに紹介された3つの実験 35 は,基本的に同じ
セットの仮説について,多様な実験状況を使って行
ってきた.更に,これら3つの実験は,たんにそこ
で用いられている実験状況がお互いに異なっている
だけではなく,集団「成員」の中での実際の被験者
の数を1人
(第1実験)から2人(第2実験)へ,そし
て全員(第3実験)へと変化させることで,実験コン
トロールを最大化した状況
(第1実験)でも,外的妥
当性を最大化した状況(第3実験)でも,いずれの状
況でも仮説が支持されることを示すことに成功して
いる.従って,これら3つの実験の結果を総合的に
考えれば,山岸らによる「固定した関係からの解放
者」としての信頼の解放理論の骨格部分は,ほぼ全
面的に検証されたと言うことができよう.山岸らの
信頼の理論をここでもう一度要約すれば,次のよう
になる.①信頼は社会的不確実性が存在する状況で
しか意味を持たない.②社会的不確実状況に直面す
ると人々は特定の相手との間にコミットメント関係
を形成することで,社会的不確実性を減少させよう
とする.③コミットメント関係は社会的不確実性
(騙されて酷い目にあう可能性)
を低下させるが,機
会コスト(他の関係でより大きな利益を得る可能性
をあきらめる)を伴う.④従って機会コストが大き
い状況では,コミットメント関係にとどまらない方
が有利である.⑤そして,そのような状況では,高
い一般的信頼(他者一般に対する信頼)を持つ人々は,
一般的信頼の低い人々よりも容易にコミットメント
関係を離れることができるので,⑥低信頼者よりも
より大きな利益を得る可能性が生まれる.これらの
命題のうち,①と③は自明であり,④は理論の範囲
35 現在,第4実験のいくつかの段階が終了しているが,ここ
で結果を報告するまでには至っていない.
34
を決定する条件である.(すなわち,一般的信頼が
いものと考えてよい.36
個人的な利益につながるのは機会コストが大きな状
上に紹介された研究は学生を対象としたものであ
況でのみである.)従って,これらの命題のうちで経
り,そこで得られた日米差をそのまま日米の国民全
験的な検証が必要とされるのは,②⑤⑥の命題とな
体にあてはめることには問題がある.しかし,統計
る.第1実験と2では,②と⑤の命題に関連した仮
数理研究所によって実施された,日米両国の代表サ
説が検証されたが,山岸らの「固定した関係からの
ンプルを用いた研究(50)においても,同様な日米差
解放者」としての信頼の理論が完全に検証されるた
が観察されていることに注目する必要がある.この
めには,更に⑥の命題の検証が残されている.命題
研究では,「たいていの人は信頼できると思います
⑥に関しては,現在までのところコンピュータ・シ
か,用心するに,こしたことはないと思いますか」
ミュレーションによる検討がなされている(38)ほか,
という質問に対して,アメリカ人サンプルの 47%
実験による仮説検証のための試み(39)が開始されて
が「信頼できる」と答えているのに対して,日本人
いるが,今後の研究の中で更に検討を進める必要が
サンプルで「信頼できる」と答えているのは 26%
ある.
6.
(1978 年調査,1983 年調査では 31%)にすぎないと
いう結果が得られている.また,「他人は,スキが
日米比較質問紙調査
あれば,あなたを利用しようとしていると思います
日本社会,特に日本におけるビジネス慣行につい
か,それとも,そんなことはないと思いますか」と
ての研究では,信頼が重要な役割をはたしているこ
いう質問に対して,「そんなことはない」と答えて
(40)
( 41)
( 42)
( 43)
( 44)
( 45)
いる回答者の比率は,アメリカ人サンプルで 62%
実際,日本社会は信頼を重視する社会である,ある
であるのに対して,日本人サンプルでは 53%(1978
いは日本のビジネス慣行は,欧米におけるように契
年調査,1983 年調査では 59%).更に,「たいてい
約に基づいてなされるより信頼関係に基づいてなさ
の人は,他人の役にたとうとしていると思いますか,
れることが多い等,日本社会における社会関係が信
それとも,自分のことだけに気を配っていると思い
頼に基づくものであり,少なくともアメリカ社会に
ますか」という質問に対して,「他人の役に立つと
おけるよりも信頼が重視されているという観点は,
うとしている」という回答の比率は,アメリカ人サ
ほとんど「常識」とも言えるほど広く一般に受け入
ンプルの 47%に対して,日本人サンプルでは 19%
とがしばしば指摘されている
.
れられているように思われる.しかし,質問紙を用
いた日米比較研究の結果は,一貫して,この「常
(22)
識」の逆を示している.例えば,Yamagishi
では,
(1978 年調査,1983 年調査では 24%)
にすぎない.
山岸を中心とする信頼研究プロジェクトは,この
ような,一見したところ日本社会についての「常
8項目からなる信頼感尺度に対する 852 名のアメリ
識」とは正反対なようにみえる,これまでの一貫し
カ人学生の反応の平均値が,212 名の日本人学生の
た研究結果に触発されて開始された.本論文の最初
平均値よりも 2 / 3 標準偏差ほども高いという結果
の部分で紹介された信頼の解放理論は,なぜ実証的
が得られている.同様の結果は,M. Yamagishi &
研究の結果が一般の常識と異なるのかという疑問に
Yamagishi(18)にも報告されている.これらの研究で
対する答えを探し求める中で到達したものである.
用いられた信頼感尺度(あるいは,その先行バージ
ここではまず,上述の調査結果が一般の常識と異な
(21)
(22)
(23)
(46)
(47)
(48)
ョンの尺度)は,一連の実験研究
(49)
で,社会的ジレンマ実験における協力行動をか
なりよく予測しており,その予測妥当性はかなり高
っている理由を,山岸らの信頼理論の観点から説明
する.その後,一般的信頼の違い以外の日米差につ
いての仮説を,この信頼理論から導き出す.そして,
このようにして導き出された日米差に関する一連の
36 更に,Yamagishi
(22)の社会的ジレンマに関する日米比較実
験研究では,日本人被験者のほうがアメリカ人被験者よりも低
い信頼感尺度値を示しているだけではなく,お互いに信頼を必
要とする状況で,アメリカ人被験者の方が日本人被験者よりも,
信頼に値する行動を取っていることも明らかにされている.
仮説を,日米比較質問紙調査を通して検証すること
で,山岸らの信頼理論に対して,実験研究とは異な
ったコンテクストからの証明を行うことにする.
35
6.1
研究の理論的背景と仮説
とができる(弁護士を雇わない,大きな取り引きを
行う,等).この予測に直接関連してくるのが,相
6.1.1
理論的背景:信頼と安心
手の人間性に関する信念である信頼と,誘因構造に
関する信念である安心である.
日本とアメリカ社会における信頼の重要性につい
この図では,Bの実際の行動と,Bの行動につい
ての「常識」と質問紙調査結果との間の上述のずれ
てのAの頭の中にある予測とが区別されている.B
は,本論文の最初に紹介した,信頼と安心との概念
が実際に上述の行動Xをとるかどうかが,Bの信頼
的区別を思い出せば,容易に理解可能となる.ここ
性 trustworthiness である.これに対して,Bが行動
でもう一度,図3を使って,信頼と安心とをめぐる
Xをとるかどうかの予測は,Aのもつ信頼ないし安
概念枠組みを整理してみよう.
心に基づいている.安心は,相手Bが行動Xをとっ
図3には,社会的不確実性の存在する状況に置か
た場合に,その行動をとらなかった場合にくらべ,
れた 2 人の人間,A(本人)とB(相手)が描かれてい
Bがより大きな利益を得るだろうというAの信念に
る.この状況で社会的不確実性が存在することは,
直接関連している.すなわち,行動Xをとることに
本人Aは,相手Bが,自分Aに損害をもたらす行動
よりBが利益を得ることはない,つまり,Bは行動
Xをとるかどうかの予測を行う必要があることを意
Xをとる積極的な誘因を持っていないだろうとAが
味している.すなわち,BがXを行う(例えば,契
考えた場合には,Aに対して安心が提供される.
約書に抜け道を組み込んでおく)だろうと予測すれ
(先に紹介した針千本マシンがBの身体に埋め込ま
ば,Aは一定のコストを払って対応行動Y(例えば,
れている場合を思い出していただきたい.)逆に,行
弁護士を雇って契約の細かい内容を検討させる,あ
動XをとることでBが利益を得る,つまりBはXを
るいは取り引き額を少な目にする)をとる必要があ
とる積極的な誘因を持っていると考えれば,Aに対
る.逆に,そんな酷いことはしないだろうと予測す
して安心は提供されていない.
れば,対応行動Yをとるためのコストを節約するこ
安心が提供されるメカニズムには様々なものが考
図3 A(本人)のB(相手)に対する信頼と安心の図式
36
えられる.例えば,ジョージ・オーウェルの描く
利益を得る機会を失ってしまうからである.そして,
『1984 年』のように,全能のコンピュータによりす
いずれの方法によってであれ安心が提供されると,
べての人間の行動が監視され,他人を欺く行動に対
その状況から社会的不確実性が取り除かれることに
しては直ちに罰が下されるような状況では,誰もが
なる.逆に言えば,安心の提供とは,状況から社会
他人を欺く誘因を持っておらず,そのためすべての
的不確実性を取り除くための手段であると考えるこ
人間関係で安心が提供されている.つまり,効率的
とができる.
なサンクショニング(監視・報償)システムの確立は,
さて,社会的不確実性状況におかれた図3のAに
社会全体に安心を提供するものである.国家の「夜
対して何らかの方法によって安心が提供されていれ
警」としての役割は,国民全体にこの意味での安心
ば,Aは,相手Bが行動Xをとらないだろうと予測
を提供することにある.また国家ないし国家類似の
することができる.それでは,相手Bにとって行動
中央権力が存在しないか,あるいは弱体な場合には,
Xを望ましくないものとする誘因が存在しない場
別の制度や集団が安心提供を受け持つ場合がある.
合,すなわちAに対して安心が提供されていない場
(20)
は,シシリアでのマフィアが
合には,Bは必ずXをとるだろうとAは予測するこ
この意味での安心を提供する役割を果たしていると
とになるのだろうか.Aにとって望ましくない行動
している.また,国家ないし国家類似の中央権力に
XがBに個人的利益をもたらすものである場合に
よるサンクショニング・システムは,地域の共同体
は,Bは必ずXをとるだろうとAは予測することに
における相互監視によって一層強化された安心を提
なるのだろうか.必ずしもそうではないだろう.
供している場合も多い.例えば,江戸時代の5人組
我々の日常生活には社会的不確実性が伴う場面が多
制度などが,そのよい例だろう.
いが,そのような場合に常に相手が自己利益のみを
例えば,Gambetta
このような,あるいはそれ以外の,安心の提供を
追求して,まわりの人々への迷惑を全く無視してい
直接の目的とする制度以外にも,安心を提供するメ
るわけではないだろう.つまり,Aにとって望まし
カニズムはいくつも存在している.その中で本研究
くない行動XがBに個人的利益をもたらすものであ
と直接に関連しているのは,コミットメント関係の
る場合にも,Aの受ける損害を考えて,Bが自分の
形成と評判の確立の 2 つであろう.これら2つのメ
個人的利益の追求を差し控える可能性は存在してい
カニズムは,普段の人間関係において安心を提供す
る.そのような可能性の予測が信頼である.すなわ
るための非常に重要なメカニズムである.先に,山
ち,信頼とは,相手が自ら進んで自分の利益を犠牲
岸らの信頼理論の説明の際に述べたように,特定の
にしても他人の損害を減らそうとする(あるいは他
相手との間に長期的且つ継続的な関係を形成すれ
人の利益を増やそうとする)だろうという期待であ
ば,そこでの「裏切り」行動は本人にとって不利な
る.37 この意味での信頼には,一般的信頼およびパ
結果をもたらす可能性が大きい.従って,そのよう
ーソナルな信頼(そしてカテゴリー別信頼)
が考えら
なコミットメント関係においては,「裏切り」に対
れる.一般的信頼は相手の他者の人間性についての
する積極的な誘因が通常は弱められており,多くの
評価(普通の人は,そんな悪いことはしないだろう)
場合には安心が提供されている.また,評判の効果
であり,パーソナルな信頼は,(相手の人間性一般
については理論の説明で詳しく触れられていない
の評価に加えて)相手と自分との心理的関係の性質
が,コミットメント関係形成と同じように,他人に
(あの人は私のことを好きだから,そんな酷いこと
損害を与える行動をとることが本人にとって不利な
はしないだろう)に基づく相手の好意的行動に対す
結果をもたらす可能性を生み出している.第3実験
る期待である.
38
の結果が明瞭に示しているように,他人に損害をも
この2つは,いずれも,相手にとって行動Xをと
たらす行動をとったことが別の人たちにもわかって
ることが利益になるという状況を前提としている点
しまえば,それらの人々からつき合いの(あるいは
取り引きの)相手として選んでもらえなくなり,そ
うしたつき合いないし取り引きから得られるはずの
37 より正確に言えば,この予測は評価としての信頼であり,
同じ情報を与えられた場合にこのような予測をしやすいかどう
かは,認知特性としての信頼である.
37
で,先述の安心とは異なっている.但し実際の場面
メリカ社会にくらべてコミットメント関係がより重
では,パーソナルな信頼と特定の相手とのコミット
要な役割を果たしているという前提を受け入れれ
メント関係における安心とを区別することは,少な
ば,日本社会ではコミットメント関係によって提供
くとも当事者(図3のA)にとっては困難なことが多
される安心の程度が大きいという予測は,山岸らの
いだろう.例えば,やくざの親分と子分の間には
信頼理論から直接に引き出すことができる.しかし
「やくざ型」コミットメント関係が存在している.
このことは,日本社会で安心が提供されている範囲
このことは,その関係においては(少なくとも子分
が,コミットメント関係の内部にとどまっているこ
にとっては)裏切らない方が有利な状況が存在して
とを,同時に意味している.細々とした契約を結ば
いると言える.つまり,やくざの親分が子分を「信
なくとも電話一本で話が通じるのは,お互いにコミ
頼」できるのは,親分の威令がゆき届いており,親
ットメント関係が成立している相手同士の場合であ
分を裏切った子分は直ちに処分されてしまうことが
り,そのような関係が成立していない相手との取り
わかっているからである.この場合に親分が子分に
引きは,一見有利な条件のように見える場合にも敬
対してもつ「裏切らないだろう」という期待は,こ
遠されることが多いのは,このことを示すものであ
こでの用語を使えば,信頼ではなく安心である.こ
る.すなわち,日本社会での人間関係あるいは取り
れに対して,子分の裏切りに対して何の対応もしな
引き関係がうまく行くためには,それに先だって,
いだろうと思われている親分が,それでも子分は裏
コミットメント関係を形成することで安心を提供す
切らないだろうと思っているとしたら,それは安心
る必要がある.しかしこのことは逆に,コミットメ
ではなく信頼である.但し,前者の場合にも,親分
ント関係が形成されていない相手に対する信頼の水
と子分との間にお互いの好意が生まれ,そのような
準が,アメリカ社会にくらべて低いだろうというこ
好意のゆえに,いくら裏切りが有利な状況になって
とを意味するものでもある.信頼が低いからこそ,
も相手が自分を裏切ることはないだろう期待が生ま
安心を求める必要があると考えられる.
れることはあるだろう.その場合には,コミットメ
この点を理解するためには,伝統的な孤立した村
ント関係によって提供される安心とパーソナルな信
落共同体と都市社会とをくらべて考えてみればよ
39
頼の両方が存在することになる.
い.一般に,村落共同体においては,成員同士の
信頼と安心とのこのような区別をすることで,日
「信頼」が強いと考えられている.しかしこの「信
本とアメリカ社会についての「常識」と調査結果と
頼」は実際には安心である場合が多く,そのため,
の間の上述のズレが理解可能となる.日本の社会で
相互サンクションが働かない「余所者」に対しては,
は信頼が重要な役割を果たしているという「常識」
お互い同士の信頼が波及しない,あるいは逆に余所
は,実際には信頼ではなく安心について語っている
者に対しては不信感が高い場合が多く見られる.こ
と考えることができるからである.日本社会ではア
れに対して都市社会では,1回かぎりのつき合いあ
38 山岸らによる初期の研究
(24)
(31)
(29)
(78)では,一般的信頼
(general trust)と個別的信頼(particularistic trust)との区別が用い
られていたが,この区別は本論文では用いられていない.これ
らの論文で個別的信頼として扱われていた現象には,本論文で
の用法での,個別的な関係において提供されている安心のみが
含まれていた.本論文では,個別的な関係においても,安心と
パーソナルな信頼の両方が存在している可能性があると考えら
れている.また Yamagishi & Yamagishi(18)では,本論文と基本
的に同じ立場がとられているが,パーソナルな信頼という用語
の代わりに情報依存的信頼(knowledge-based trust)という用語が
用いられている.
39 実際,やくざ映画のモチーフのひとつは,親分と子分との
間に安心ではなく信頼が存在しているのだということを証明す
ることにある.そのためには,(例えば組が没落して)裏切りに
対するサンクションが存在しなくなり,裏切った方が実際に有
利な状況が生まれても,なお親分(あるいはその忘れ形み)への
情誼のために自己犠牲的な行動をとることを示す必要がある.
るいは取り引きが多くおこるため,相互サンクショ
ンの効力が弱く,そのため安心の程度は村落共同体
にくらべ低くなるだろう.しかしその一方では,あ
る意味では誰もが余所者であり,従ってコミットメ
ント関係にない人間に対する不信の程度は,村落共
同体におけるほど低くはないだろう.村落共同体の
成員と取り引きをしたいと思う余所者は,まず共同
体に「入り込んで」成員の「信頼」を得る必要があ
る.つまり,コミットメント関係を形成して安心を
提供する必要がある.これに対して都市社会では,
取り引きを開始するにあたって,このようなコミッ
トメント関係を通して安心を提供する必要が少な
38
い.その理由は,多くの場合,村落社会にくらべ都
の相手とコミットメント関係を形成するまでは新た
市社会では一般的な信頼の水準が高いからであると
な相手との取り引きが困難となるからである.例え
考えられる.(なぜ都市社会では一般的信頼の水準
ば終身雇用制が浸透している状況では,中途退職者
が高くなると考えられるかについては,機会コスト
は以前の勤務先と同程度の仕事をみつけることが困
の概念を使って既に説明されているので,ここでそ
難である.そして,このように,既存のコミットメ
の説明を繰り返すことはしない.)
ント関係を離脱することによって期待される利益が
小さければ,そこからの離脱を促進する「固定した
6.1.2
仮説
関係からの解放者」としての一般的信頼をもつこと
以下に,上述の議論に基づき安心と信頼とを区別
が有利に働くことにはならない.従って,そのよう
する中で導き出された,日米差についての一連の仮
なコミットメント関係のネットワークが張りめぐら
説を提出する.すなわち,我々の日米比較質問紙調
されている社会(その程度は,少なくとも相対的に
査で用いられた,日本社会とアメリカ社会における
は日本社会の方がアメリカ社会よりも強いと考えら
信頼の役割に関する以下の一連の仮説は,日本社会
れる)では,一般的信頼があまり強くならないであ
ではアメリカ社会でよりもコミットメント関係を通
ろうと予測される.これが,日米比較質問紙調査で
しての安心の提供が,より重要な役割を果たしてい
検討されるべき,最も重要な仮説である.
るという前提と,山岸らによる信頼理論とから引き
出されたものである.
仮説 8 :特定の相手とのコミットメント関係を維
持することによって得られる利益の期待は,日
仮説 7 :アメリカ人の方が日本人よりも,一般的
信頼の水準が高い.
現代社会での社会関係や経済関係が,特定の相手と
の安定したコミットメント関係だけを通して行われ
ることは,日本社会においてであれアメリカ社会に
おいてであれ,ほとんど不可能である.しかし,日
本社会あるいは日本的経営についての研究において
は,日本社会では特に,長期的なコミットメント関
係が重要な役割を果たしていることが強調されてい
(52)
(53)
(54)
(55)
る.具体的には,終身雇用制(51)
や企業
(57)
(58)
(59)
(60)
系列(56)
などが,このようなコミットメ
本人の方がアメリカ人よりも大きい.
この仮説は,上の仮説7の裏返しであり,コミット
メント関係が安心を提供している程度が,アメリカ
社会におけるよりも日本社会においてより強いこと
を意味する仮説である.つまり,この仮説8は,特
定の相手とのコミットメント関係から離脱すること
の主観的な誘因が,日本人よりもアメリカ人の間で
より大きいことを意味するものである.
仮説 9 :日本人よりもアメリカ人の方が,評判を
重要だと考えている程度がより強い.
ント関係の顕著な例だと言える.これらの研究で述
この仮説は,先述の仮説7と同様,表面的には「常
べられているように,社会的不確実性を低減させる
識」に反しているように思われる.例えば,日本社
ための方法として,コミットメント関係が日本社会
会における社会的コントロールのメカニズムをイン
で(アメリカ社会におけるよりも)重要な役割を果た
フォーマルな相互サンクションに見る Benedict(61)
しているとすれば,日本社会における機会コストは
の「恥の文化」の観点からすれば,日本社会では,
一般にアメリカ社会におけるよりは小さくなるはず
まわりの人々からのインフォーマルな評価である評
である.つまり,既存のコミットメント関係を離れ
判が重要な役割をはたしている果たしているはずで
たときに得られると期待される利益は,アメリカ社
ある.しかしこの仮説で考えられている評判の重要
会におけるよりも日本社会においてより小さいと考
性は,Benedict が考えていた評判の重要性とは全く
えられる.その理由は,コミットメント関係のネッ
違うものである.すなわち,この仮説が扱っている
トワークが社会全体に張りめぐらされている社会で
のは,評判の(あてになるかどうかという)情報とし
は,一度既存のコミットメント関係を離れると,別
ての価値であるのに対して,Benedict の意味で重要
39
なのは,(悪い評判が立つといけないという)
評判の
ある特定の相手に対して裏切らないことであり,そ
サンクション・メカニズムとしての側面である.コ
れ以外の相手に対して不正直に振る舞うことによ
ミットメント関係にある相手とだけつき合いを続け
り,新しい相手をみつける可能性を低めても,その
ている限り,相手についての直接の情報が手にはい
ことによって不利な結果が生まれるわけではないか
るため,他人を通した間接情報である評判にはあま
らである.従って,正直に振る舞うことの誘因は,
り意味がない.
コミットメント関係の重要性が低いアメリカ社会にお
これに対して,コミットメント関係にない相手と
の間でつき合いないし取り引きをする状況では,そ
いて,日本社会におけるよりも大きいことが予測され
る.
の相手についての十分な直接情報が存在していない
ため,間接情報である評判の相対的重要性が大きく
6.2
方法
なると考えられる.従って,コミットメント関係の
上述の仮説7から仮説 10 までを検証することを
重要性がより大きな日本社会では,評判の情報とし
通して,山岸らの信頼理論の妥当性を検討する目的
ての重要性は,アメリカ社会ほど大きくはないだろ
で,日米比較質問紙調査が行われた.この調査の内
うという予測が成り立つ.
容は,以下のとおりりである.
仮説 10 :日本人よりもアメリカ人の方が,自分
が正直であることをより重要だと考えている.
この仮説も,上述の仮説7や仮説9と同様,表面的
には「常識」に反しているように思われる.しかし,
山岸らの信頼理論が成り立つためには,すなわち機
会コストの大きな状況で,一般的信頼の高い人々が
固定した関係から離脱することによってより大きな
利益をあげることができるためには,固定した関係
から離脱した人々が,別の相手からつき合いないし
取り引きの相手として求められる(少なくとも積極
的に拒否されない)ことが必要である.いくら固定
した関係から離脱しても,別の相手がみつからなけ
れば,よりよい取り引きの機会を実現できないから
である.もし仮説9で予測されているように,コミ
ットメント関係の重要性が低い社会では評判が情報
として重要だと考えられているとすれば,自分の評
判を悪くするような不正直な行動をとる人々は,別
の相手から取り引き相手として求められなくなるだ
ろう.従って,機会コストの大きな状況で一般的信
頼が「固定した関係からの解放者」としての役割を
はたしえるためには,高い一般的信頼をもつ人々が,
同時に,正直な人間である(少なくとも,正直に行
動することが重要だと考えている)必要がある.40
これに対して,コミットメント関係のネットワーク
が張りめぐらされ,機会コストが小さくなっている
社会では,不特定の相手に対して正直に振る舞う誘
因が存在しない.必要なのはコミットメント関係に
6.2.1
サンプル
それぞれの国において,学生サンプルと一般サン
プルの,2種類のサンプルが用いられた.
学生サンプル
学生サンプルは,代表性をもたない
恣意的サンプルである.本調査にこのような恣意的
な学生サンプルを含ませた理由は,学生サンプルの
結果を一般サンプルの結果と比較することにより,
これまで学生サンプルを使って行われてきた先行研
究の結果が,どの程度バイアスをもったものである
かを評価することを目指したためである.質問紙は
日米いずれの国においても,大学のクラスで配布さ
れ回収された.アメリカにおいては,ワシントン大
学から 152 名,カリフォルニア大学ロスアンジェル
ス校から 94 名,計 246 名の回答を得た.いずれの
大学においても,回答者はすべて,社会学のクラス
の受講学生であった.日本では,北海道大学から
225 名,埼玉大学から 14 名,東洋大学から 90 名,
4 0 こ の こ と は , 信 頼( t r u s t な い し t r u s t f u l n e s s )と 信 頼 性
(trustworthiness)との間にポジティブな相関が存在することを意
味する.この両者の間にポジティブな相関が存在することはこ
( 22)
( 47)
( 49)
( 85)
( 86)
れまでの研究の中でよく知られていた(21)
(87)
(88)
(89)が,この相関の原因については 2 つの相反する仮説
(81)の主張する,
が提出されている.一つは Orbell と Dawes(80)
人々は自分自身の信頼性を手がかりにまわりの人々の信頼性を
推測するという「投射仮説」であ.本文で示唆されている関係は,
この投射仮説に対立するものであり,信頼と本人の信頼性がセ
ットになったときにのみ,本人にとって有利な結果が生まれる
とするものである.
40
大阪国際大学から 438 名,佛教大学から 438 名,計
な問題は発見されず,本調査を実施することに決定
928 名の回答を得た.回答者はすべて文系の授業の
された.
受講者であるが,理系学生も少数含まれている.
逆翻訳
一般サンプル
日本では札幌市,アメリカではシア
予備調査1および2の結果に基づき,リッ
カート・タイプの 78 項目,2者択一形式の2項目,
トル市の電話帳から無作為に抽出されたサンプルが
およびシナリオを用いた質問 6 項目からなる質問紙
用いられた.札幌市の電話帳からは 300 名,シアト
が,まず日本語で作成された.これらの質問項目は
ル市の電話帳からは 450 名が選ばれ,札幌ではその
次に英語に翻訳され,次いで日本語に逆翻訳された.
中の 208 名,シアトルでは 265 名からの回答が得ら
44
れた.サンプリング等に関する具体的内容は,「手
ナル版と逆翻訳版)の等質性は,40 名の日本人学生
続き」の項で述べられている.
を対象として,2つの方法で検討された.第 1 の方
この結果得られた 2 つの日本語版質問紙(オリジ
法では,同じ 40 名の回答者が2つのバージョンに
6.2.2
質問紙の作成
答えることで,反応がオリジナル版と逆翻訳版とで
異なっているかどうかを,項目ごとに検討した.第
今回の調査で用いられた質問紙は,以下の手続き
を経て作成された.
2 の方法では,項目ごとに2つの質問(オリジナル
質問と逆翻訳質問)を並列して提示し,その2つの
質問の内容が同じであると思うかどうかが尋ねられ
予備調査141
質問紙の最初のバージョンは日本語
た.この結果により等質性の保証されていない項目 45
で作成され ,1993 年の4月と5月に 369 名の学生
については,数名のバイリンガルの協議により修正
を対象に予備調査が実施された.信頼に直接関連し
が加えられた.
42
ている質問項目には,Rotter(15)の Interpersonal
Trust Scale,Wrightsman(62)の Human Nature Scale,
6.2.3
手続き
Rempel & Holmes(63)の Trust Scale,Rosenberg(64)の
(22)
(23)
(46)
(47)
Faith in People Scale,Yamagishi(21)
の
Trust Scale などから選ばれた項目と,新たに作成さ
れた項目とが含まれている.この調査の主要な目的
は,本調査の質問紙で用いるための項目分析を行う
ことにあった.43
学生サンプルからのデータは,日米いずれにおい
ても,教室で質問紙を配布し回収する方法で収集さ
れた.一般サンプルへの調査実施に関しては,日米
いずれの場合にも郵送法により,日本では 1993 年
10 ∼ 11 月,アメリカでは 1994 年1∼2月に調査が
実施された.電話帳から無作為に抽出された名前で
予備調査 2
上述の予備調査 1 の結果を参考にして,
予備調査 2 のための質問紙が日本語で作成され,次
いで英語に翻訳された.日本語版は 1993 年 6 月に
394 名の日本人学生に対して実施され,英語版は
1993 年の6月と9月に計 300 名のアメリカ人学生
を対象として実施された.予備調査2の目的は,本
調査を行う前に,予備調査 1 に基づいて選ばれた質
問項目が,予測された日米差の測定に適しているか
どうかを検討することにあった.分析の結果,大き
41 この予備調査の前に,非常に多くの項目を含んだ予備調査
がなされ,予備調査1で用いる項目の選定が行われている.
42 但し,いくつかの項目は,英語からの翻訳項目である.翻
訳は著者が中心となって行った.
43 この調査の結果は,
(90)に報告されている.
質問紙は郵送されたが,その対象者が回答困難な場
合には,本人以外の世帯内の 20 才以上の回答をお
願いした.質問紙を発送する数日前に予告の葉書を
44 翻訳は著者が,逆翻訳は北海道大学文学部
(当時,東洋大学
社会学部)の亀田達也が行った.両者とも英文論文を多数出版し
ており,十分な翻訳能力を有すると考えられる.
45 この等質性の評価における興味ある知見は,2 つの方法の間
で必ずしも一貫した結果が得られない項目がかなり存在したこ
とである.特に,意味の等質性の直接的な評価である第 2 の方
法によりほぼ等質だと判断された場合にも,第1の方法によっ
て測定された項目に対する個別反応においてはかなりの差がみ
られる項目がいくつか存在していた.つまり,意味は同じでも
反応が異なってくる場合が存在したわけである.この差は主と
して,表現の丁寧さ等の言い回しによって生まれる差であると
考えられる.英語の場合には日本語ほど表現の丁寧さの違いが
存在していないので,日本語質問紙でどの丁寧さのレベルを用
いれば英語表現と対応するのか等について,今後,組織的な研
究が望まれる.
41
郵送し,質問紙の発送数日後に協力の電話かけを行
匿名性の保証と回答者の確認が行われた.また非回
った.ここまでの方法は日米共通であるが,調査協
答者に対しては,札幌で行われたのと同じ手続きに
力へのインセンティブに関しては,日米で多少異な
よるフォローアップが行われた.これらの異なった
った方法が用いられた.札幌サンプルの場合には,
インセンティブ条件を用いた理由は,今後更に計画
調査協力者の中から3名に抽選で1万円のお礼が支
されている全国レベルでの調査の参考とするためで
払われた.この「賞金」については,予告の葉書と
ある.
実際の質問紙同封の手紙で調査対象者に対して知ら
された.「当選者」に「賞金」を発送する必要がある
6.3
結果
ため,質問紙はまず無記名で同封の封筒に密封した
上で,回答者の住所を記入した用紙と一緒に,一回
り大きな(同封した)封筒に入れて返送するように指
示されていた.この方法の採用により回答者の確認
が可能となったため,質問紙発送後1週間以上経過
しても返送していない対象者へは,質問紙を再度郵
送すると同時に,その数日後に再度協力の電話かけ
46
以下の分析は,アメリカ・サンプルのうち,英語
が母国語ではない 68 名(学生 47 名,一般 21 名)の回
答を除いて行われた.
6.3.1
インセンティブによるバイアス
報酬を与えられたときにのみ回答する人々と,報
が行われた. このプロセスはもう一度繰り返され,
酬なしに回答する人々との間に,信頼感に関する差
3度目に送付された質問紙が返送されない場合に無
が存在する可能性が危惧されるため,アメリカ・サ
回答者と判断された.電話帳から無作為に抽出され
ンプルを用いてインセンティブ条件の効果を検討し
た 300 名のうち,23 名分は宛先人不明で返送されて
たが,5%水準で有意差がみられたのは,全 86 項
きた.残りの 277 名中,最終的には 208 名(75.1%)
目中の1項目のみであった.従って,インセンティ
からの回答が得られた.
ブによるバイアスは,今回の調査で用いられた質問
シアトルでの調査においては,以下の3種類のイ
ンセンティブ条件が用いられ,条件ごとに 150 名が
項目に関しては,ほとんど存在しないと結論するこ
とができるだろう.
割り当てられた.①謝礼なし条件.この条件では,
調査協力にたいしての謝礼については,全く触れら
れていなかった.回答が得られたのは,宛先人不明
6.3.2
信頼
質問紙には,人間に対する信頼を測定するための
で返送されてきた 13 名を除く 137 名中 71 名(51.8%)
項目のほかに,組織や制度に対する信頼を測定する
である.この条件では回答者の確認ができないため,
ための項目が含まれていたが,山岸らの信頼理論は
全員に対して2度目の質問紙の郵送と電話での協力
組織や制度についての信頼に関する予測を行ってい
依頼が行われた.②5ドル約束条件.この条件では,
ないので,ここでは人間に対する信頼のみを分析す
質問紙を返送した調査協力者に対して5ドルの謝礼
ることとする.47 人間に対する信頼を測定するため
が与えられる旨,予告の葉書と質問紙に同封の手紙
の 32 項目(一般的他者に対する信頼を測定するため
で告げられた.宛先人不明の 10 名を除く 140 名中
の 19 項目と,親密な関係にある特定の他者に対す
の 87 名(62.1%)からの回答が得られた.③5ドル
る信頼を測定する 13 項目を含む)の因子分析を,そ
同封条件.この条件では,質問紙を郵送した封筒に
れぞれの国で学生サンプルと一般サンプルについて
5ドル札がお礼として同封されており,宛先人不明
行ったところ,一般的他者に対する信頼と特定の他
の 15 名を除く 135 名中の 107 名(79.3%)からの回答
者に対する信頼とは別の因子を構成するという点
を得ることができた.5ドル約束条件と同封条件で
で,すべてのサブサンプルに共通していた.そこで,
は,札幌で実施されたのと同じ二重封筒方式による,
これら2種類の項目を別々に分析することにする.
46 但し,以前の電話での協力要請に対して,協力する意思が
ないことが確認された対象者に対しては,以後の質問紙の送付
と協力要請は行われなかった.
47 政府に対する信頼および企業に対する信頼と,原子力発電
所に対する信頼の間の関係の日米比較に関しては,渡部ら(95)に
より分析されている.
42
なお,この調査では認知特性としての信頼そのも
することからわかる.また,差の大きさもかなり大
のを測定するのではなく,認知特性としての信頼に
きく,特に男子学生の間では,プールした標準偏差
より生み出されたと考えられるデフォルト評価値と
以上の差が日米の平均の間に存在している.更に注
しての信頼を測定している.
目すべきは,一般的信頼尺度を構成する6つの項目
のすべてで,同じ方向での日米差が見られる点であ
一般的信頼
一般的他者に対する信頼を測定する
る.このことは,一般的信頼についての日米差が,
19 項目の因子分析を,日米および一般・学生のす
少数の質問項目の特殊性によってもたらされたもの
べてのサブサンプルを一緒にした「全体サンプル」
ではないことを意味している.この日米差は,先に
を用いて行ったところ,表2に示される2因子構造
紹介した統計数理研究所による日米比較(26)の結果
48
が得られた. また,これらの2因子は,表2に示
とも一貫している点をも考慮すれば,アメリカ人の
されているように,サブサンプルごとの因子分析に
方が日本人よりも一般的信頼の水準が高いという結
おいても再現されている.表3には,表2に示され
論は,ほぼ疑いのないもののように思われる.今回
たサブサンプルごとの因子構造間の相関が示されて
の日米比較質問紙調査における最も主要な仮説であ
いるが,この相関表から,第1因子の構造に関して
る仮説7は,明瞭な形で支持されたものと結論する
はサブサンプル間にほとんど差が存在していないこ
ことができるだろう.
49
とがわかる. これに対して,第2因子の構造に関
上述の因子分析における第 2 因子に高い
しては,サブサンプル間でかなりの差が存在してい
用心深さ
ると考えられる.このことは,第1因子はかなり普
負荷を持つ項目は,主として,他者との関係におけ
遍的な因子であるのに対して,第2因子は調査対象
る危険の存在を指摘するものであり,また,そのよ
者の特性によってかなり変化するものであることを
うな危険に対する用心の必要性を強調するものであ
意味するものと考えられる.
ると考えられる.このような,他者との関係におけ
第 1 因子に負荷の高い項目は,人間一般ないし他
る用心深さの必要性に関する因子が一般的信頼の因
一般の正直さや信頼性に関する項目であり,先に一
子と分離することは,先行研究においても繰り返し
般的信頼として定義された内容に対応していると考
指摘されている.
えられる.以後の分析では,この因子の負荷量の高
(16)
例えば,Rotter(15)
の Interpersonal Trust Scale
い項目の平均点を「一般的信頼尺度」として用いる
の因子分析を行った Kaplan(65)の研究では,本研究
ことにする.この一般的信頼尺度と,尺度を構成す
における一般的信頼にほぼ対応する「他者の誠意に
る個々の項目の,それぞれのサブサンプルにおける
ついての知覚」因子と独立に,「他者に対して用心
平均は表4に,また尺度の信頼性は表5に示されて
する必要性」因子が得られている.同じ Rotter の
いる.表4に示された日米差は,山岸らによる先行
ITS の因子分析を行った Chunn & Campbell(66)にお
(24)
研究(22)
に見られた日米差と一貫しており,アメ
いても,「他人は自分を搾取しようとしていると思
リカ人サンプルにおける一般的信頼尺度値は,日本
って,身を守ろうとしたり,用心深くしようとす
人サンプルよりもかなり高くなっている.この日米
る」(p.1064)ことに関する項目からなる「対人関係に
差がかなり頑強(robust)なものであることは,表4
おける搾取」因子が,本研究における一般的信頼に
に示されたすべてのサブサンプルで明瞭な差が存在
ほぼ対応する「あてになる役割遂行」因子と分離す
るという結果が得られている.また山岸の信頼感尺
48 表には示されていないが,回転前の第1因子の寄与は第 2
因子の寄与にくらべ圧倒的な大きさを示していた.全体サンプ
ルでは,第1因子の寄与は 6.20,第2因子の寄与は1.15 である.
それぞれのサブサンプルにおいても,ほぼ同じ傾向がみられた.
49 但し,確認的因子分析
(confirmatory factor analysis)の結果
からは,第1因子の構造に関してもサブサンプル間に有意差が
存在することが明らかにされている.従って第1因子に関して
は,有意であるが非常に小さな差がサブサンプル間に存在して
いるというのが,より正確な表現である.
度の因子分析研究においても,同様の2因子が繰り
(22)
(24).
返し報告されている
この因子によって代表される「用心深さ」の必要
性についての信念が,他者一般の善良さについての
信念である一般的信頼と,相関しつつ独立な側面を
有 し て い る こ と は , Y a m a g i s h(
i 6 7 )に よ る G S S
43
項 目
全サンプル
日本人サンプル
学生
第 1 因子 第 1 因子
アメリカ人サンプル 全サンプル
一般
学生
一般
第 2 因子
第 1 因子
第 1 因子
日本人サンプル
学生
第 2 因子 第 2 因子
13
0.72
0.71
0.63
0.61
0.74
0.22
0.22
11
0.64
0.60
0.51
0.65
0.72
0.27
0.30
1
0.62
0.60
0.46
0.65
0.73
51
0.50
0.48
0.43
0.28
0.40
0.22
0.29
35
0.46
0.47
0.44
0.59
0.52
0.35
0.34
78
0.46
0.42
0.45
0.42
0.48
20
0.35
0.36
0.42
0.29
0.39
0.30
29
0.26
0.35
0.42
0.44
0.37
0.21
24
49
0.27
38
0.43
0.36
0.23
0.24
0.48
0.44
一般
アメリカ人サンプル
学生
第 1 因子 第 2 因子
一般
第 2 因子
0.28
0.37
0.20
0.20
0.27
0.27
0.42
0.22
0.33
0.37
0.38
0.28
0.26
0.31
0.31
0.25
0.33
0.28
0.22
0.27
0.39
0.37
0.38
45
0.35
0.39
0.46
0.42
0.24
10
0.38
0.50
0.50
0.51
0.38
5
0.41
0.50
0.39
0.40
0.46
0.41
0.43
0.50
0.73
0.34
0.49
0.42
0.42
0.27
0.64
0.50
0.52
0.51
0.25
0.46
0.54
0.58
0.56
0.62
0.55
0.60
0.44
0.61
2.52
2.63
2.22
1.86
2.60
40
0.22
0.21
25
0.35
0.31
0.25
19
48
0.23
65
0.32
0.26
0.23
2.57
寄与
2.70
2.57
2.62
2.98
0.43
因子負荷量 0.2 以下は表示されていない.X25 は逆転されており,数字が大きいほど用心深さが強くなっている。
表2 一般的他者への信頼に関する 19 項目の因子分析(最尤法バリマックス回転)結果
全サンプル
日本人サンプル
学生
一般
アメリカ人サンプル
学生
一般
全サンプル
1.00
0.92
0.85
0.37
0.71
日本人学生
0.95
1.00
0.87
0.49
0.58
日本人一般
0.84
0.88
1.00
0.56
0.39
アメリカ人学生
0.78
0.82
0.80
1.00
0.18
アメリカ人一般
0.90
0.88
0.82
0.93
1.00
行列の下半分は第1因子のサブサンプル間の相関係数を、上半分は第2因子のサブサンプル間の相関係数を示
している。但し、日本人一般サンプルに関しては、第1因子と第2因子が逆転されている。
表3
一般的他者への信頼に関する 19 項目の因子分析における因子負荷量の、サブサンプ
ル間の相関
44
男子学生サンプル
尺度および項目
一般的信頼尺度
女子学生サンプル
男性一般サンプル
女性一般サンプル
日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
n=583
n=75
n=330
n=124
n=167
n=138
n=39
アメリカ
n=106
3.12
3.60
3.35
3.53
3.53
4.13
3.38
3.85
3.03
3.29
3.27
3.36
3.93
4.25
4.08
3.86
11.ほとんどの人は信頼できる
2.57
3.23
2.81
3.12
2.65
4.06
2.41
3.65
13.ほとんどの人は基本的に善良で親切である
3.20
3.40
3.43
3.41
3.75
4.07
3.51
3.82
35.ほとんどの人は他人を信頼している
2.89
3.16
3.04
2.85
3.05
3.51
2.92
3.11
51.私は、人を信頼するほうである
3.60
4.33
3.85
4.37
4.04
4.55
3.79
4.39
78.たいていの人は、人から信頼された場合、同じようにその相
3.41
4.20
3.60
4.14
3.67
4.32
3.54
4.20
1. ほとんどの人は基本的に正直である
手を信頼する
太字は、日米の間で平均値に有意な差(t テスト、5 %水準)のある項目で、平均値の大きい数字である。実際の n は、欠損値に応
じて、項目毎に異なっている。
表4
一般的信頼尺度と構成項目の平均
項目数
尺度
日本
アメリカ
学生サンプル 一般サンプル
学生サンプル 一般サンプル
一般的信頼
6
0.76
0.70
0.72
0.78
用心深さ
7
0.74
0.72
0.61
0.71
パーソナルな信頼
4
0.59
0.66
0.56
0.65
関係の効用
3
0.46
0.45
0.53
0.56
評判の重要性
3
0.28
0.19
0.29
0.43
正直さと公平さ
7
0.60
0.53
0.45
0.45
表5
各尺度のサブサンプル毎の信頼性(クロンバックのα)
(General Social Survey)の再分析によっても示され
る必要性についての項目と考えるべきだとしてい
ている.この再分析において Yamagishi は,以下の
る.これに対して,より直接的に他者一般の人間性
2 つの質問項目に対するアメリカ人の回答の変化
の善良さを尋ねる質問項目である,「たいていの人
を,1972 年から 1993 年にわたって比較している.
は,他人の役に立とうとしていると思いますか,そ
(67)
Yamagishi
によれば,そのうちの一つの項目は,
一般的信頼を測定する項目であり,先に紹介した統
れとも,自分のことだけに気を配っていると思いま
すか」という質問に対するアメリカ人の回答は,
の研究でも用いられた,「たいてい
1972 以 来 ほ と ん ど 変 化 を 示 し て い な い .50 更 に
の人は信頼できると思いますか,用心するにこした
Yamagishi(67)は,用心深さの必要性についての信念
ことはないと思いますか」という項目である.この
が増加しているのは,一般的信頼の低い人々の間で
項目に対する「信頼できる」というアメリカ人の回
ではなく,一般的信頼の高い人々の間で生じている
答は,1972 以来,特に 1980 年代中期以来,かなり
現象であることを示している.つまり,過去 20 年
の低下を示している.多くの人々は,アメリカにお
ほどの間に,アメリカ人は他者一般に対する信頼を
ける最も確立した社会意識調査である GSS にあら
失ってきたのではなく,他者一般に対する高い信頼
われたこの変化をもとに,アメリカ社会における信
を維持しつつ,最悪の事態には備えておいたほうが
(50)
計数理研究所
(13)
頼の低下について警鐘を鳴らしている
.これに
(67)
対して Yamagishi
は,この質問は一般的信頼その
ものではなく,むしろ他者との関係において用心す
よいという意味での用心深さの必要性についての信
50 逆に,「他人の役にたとうとしている」という回答の比率は,
有意ではないが増加傾向を示している.
45
念を形成してきたと言えるであろう.
これらの分析はすべて,用心深さと一般的信頼と
が,その差の方向は項目間で必ずしも一貫していな
い.更に,表2に示された用心深さ因子の構造が,
が異なったものであることを示している.一般的信
サブサンプル間でかなりバラついていることを考慮
頼は他者一般の人間性の善良さについての信念であ
に入れれば,用心深さの日米差に関しては,いずれ
るのに対して,用心深さとは,社会的な関係で危険
の方向でもはっきりした結論は導くことができな
な目にあうのを避けるためには,それなりの手を打
い.この点は,先に紹介した統計数理研究所(50)の
っておく必要があるという信念であると考えられ
研究結果とも一貫するものである.すなわち,統計
る.つまり,前者は人間性についての信念であるの
数理研究所(50)の結果においても,用心深さに対応
に対して,後者は社会的不確実状況での行動の適切
する質問で見られた日米差は,一般的信頼の日米差
性についての信念である.もちろん,一般的信頼が
ほどの大きさを示していない.一般的信頼に対応す
非常に低ければ,適切な対応行動を必要だと考えな
ると考えられる「たいていの人は,他人の役にたと
い人はいないだろう.しかし,一般的信頼が高い
うとしていると思いますか,それとも,自分のこと
人々の場合には,それでも用心するに越したことは
だけに気を配っていると思いますか」という質問に
ないと考える人もいると考えられる.実際,固定し
対する「他人の役に立とうとしている」という回答
た関係からの解放者としての信頼が効果的になるの
には,47%(アメリカ)対 19%(日本 1978 年)ないし
は,(一般的信頼の低い人々がするように)不確実な
24%(1983 年)という際立った差が存在している.
状況を避けるのではなく,十分に適切な手を打ちつ
これに対して,「他人は,スキがあれば,あなたを
つ新しい可能性を追求する場合だろう.
利用していると思いますか,それとも,そんなこと
Rotter(17)による信頼研究のレビューでも,他者に
はないと思いますか」という,用心深さと直接関連
対して高水準の信頼をもつことが,必ずしも「お人
している質問に対する「そうは思わない」という回
好しな」行動を取ることを意味しないことが示され
答には,それほど大きな日米差が見られていない
ている.
51
(アメリカの 62%に対し,日本では 53%(1978 年)な
このような用心深さと一般的信頼との区別を受け
いし 59%(1983 年)).この点を考えても,他者との
入れれば,日米比較質問紙調査での中心的仮説であ
関係における用心深さの必要性については,日米間
る仮説 7 が,他者一般の人間性の善良性についての
にはっきりした差が存在するとは言えないだろう.
信念とは区別される用心深さについてあてはまらな
いことは,はっきりしている.従って,山岸らの信
一般的信頼と用心深さ
頼理論からは,用心深さの日米差についての予測を
なった信念を形成していること,特に,一般的信頼
引き出すことはできない.
は他者の人間性についての信念であるのに対して,
一般的信頼と用心深さが異
以下の分析では,第2因子の負荷量の高い7つの
用心深さは人間関係における適切な行動についての
項目の平均を用いて「用心深さ尺度」を構成した.
信念であることがこれまでの分析で示唆されたが,
それぞれのサブサンプルにおける用心深さ尺度値
表7に示された結果は,この解釈の妥当性を支持す
と,尺度を構成する7項目の平均は,表6に示され
るものであると考えられる.表7は,一般的信頼尺
52
ている. この表からわかることは,用心深さにつ
度値と用心深さ尺度値のそれぞれを5点尺度の中央
いては,一貫した日米差が見られないということで
値である3(分布の中央値ではない)
で分割し,その
ある.日米間に有意な差のある項目も存在している
組み合わせの頻度を示したものである.この表は,
①一般的信頼の水準が低い人々は,ほとんどすべて
51 Zucker
(9)はこの点に関して,信頼と不信が同じ次元の両極
ではなく,それぞれ独立の内容を含んでいるとしている.この
Zucker の議論における信頼と不信の区別は,本研究における信
頼と用心深さの区別に対応していると言えよう.
52 この表では,すべての項目において,数字の大きいほど用
心深くなるように,逆転項目の数字を逆転させた形で表示され
ている.
他者との関係において用心する必要性を認めている
が,②一般的信頼水準の高い人々の中には,用心の
必要性を強く認めている者と,そうではない者が,
共に存在していることを示している.この結果は,
先に紹介した Rotter(17)の,信頼の高さは必ずしも
46
男子学生サンプル
尺度および項目
用心深さ尺度
5. ほとんどの人は、口では何と言っても、本心では他人を助
女子学生サンプル
男性一般サンプル
女性一般サンプル
日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ
n=583
n=75
n=124
n=138
n=39
n=106
n=330
n=167
3.29
3.35
3.02
3.29
3.09
2.95
2.98
3.00
3.04
2.62
2.75
2.68
3.03
2.51
3.18
2.51
けるために骨を折ることをいやがっている
10.人々はいつも、自分の利益ばかり考えている
3.46
3.05
3.17
2.85
3.40
2.71
3.31
2.67
19.世の中には偽善者が多い
3.41
4.40
3.36
4.44
2.99
4.06
3.09
4.10
25.この社会では、人にだまされるのではないかといつも心配
3.56
3.62
3.46
3.68
2.93
3.08
2.58
3.34
2.60
2.49
2.28
2.26
2.90
1.93
2.62
1.61
3.44
3.51
3.15
3.56
3.56
3.34
3.28
3.34
3.33
3.79
2.96
3.68
2.84
3.20
2.69
3.45
している必要はない
40.人にはみんな邪悪な傾向があると考えておけば、困った目
にあわないですむ
48.人々はふつう、口で言っているほどには、他人を信頼して
いない
65.この社会では、気をつけていないと誰かに利用されてしまう
項目 25 は逆転されており,数字が大きいほど用心深さが強くなっている,太字は,日米の間で平均値に有意な差(t テスト,5 %
水準)のある項目で,平均値の大きい数字である.実際の n は,欠損値に応じて,項目毎に異なっている.
表6
用心深さ尺度と構成項目の平均
お人好しであることを意味しないという議論とも一
の4項目とは独立の因子を構成している.また,ア
貫するものである.
メリカのサブサンプルでは,これらの3項目は,第
1,第2のいずれの因子にも高い負荷をもっていな
6.3.3
パーソナルな信頼
先に,人間に対する信頼を測定する 32 項目が,
い.これらの点を考慮して,これら3項目はパーソ
ナルな信頼尺度には含めないことにした.
因子分析の結果,他者一般に対する信頼に関連した
パーソナル信頼尺度値と,尺度を構成する 4 項目
19 項目と,親しい関係にある特定の他者に対する
のサブサンプルごとの平均を示した表9を見ると,
信頼に関連した 13 項目とに分かれることが明らか
パーソナルな信頼に関して,かなり一貫した日米差
にされたが,ここでは後者の 13 項目の分析結果に
が存在することがわかる.すべてのサブサンプルで,
ついて述べることにする.表8に示されたこれら
アメリカ人のパーソナルな信頼尺度値が日本人の尺
13 項目の因子分析の結果は,これらの項目に関し
度値よりも高くなっているだけではなく,個々の項
ては,すべてのサブサンプルに共通する因子が存在
目に関しても,ほどんどの項目とサブサンプルで同
していないことを示している.
じような日米差が見られている.これらの結果を総
サブサンプルに共通しているただ一つのパターン
合的に考慮すれば,パーソナルな関係における信頼
は,項目8,41,43,58 が第1因子に対して高い
の程度も,日本でよりもアメリカにおいてより高い
負荷をもっている点だけである.これらの項目は,
と結論することができるだろう.仮説 7 は,直接的
これまで長くつき合ってきてよく知っている相手に
には一般的信頼についての仮説であるが,以上の結
対する信頼を測定する項目である.ここでは,これ
果から,パーソナルな信頼に関してもあてはまるこ
ら4項目の平均を使って,「パーソナルな信頼尺
とが明らかにされた.
度」とする.項目4,15,1853 は,上述の4項目の
逆転項目にあたるが,日本のサブサンプルでは上述
53 項目4:私が信頼している人にも,私の知らない面がたく
さんある.項目 15 :よく知っている人だからといって,必ずし
も信頼できるとは限らない.項目 18 :一緒に仕事をしている
人々でも,あなたを利用しようとすることがあるだろう.
6.3.4
コミットメント関係の効用
表8に示された,親しい相手に対する信頼に関連
した 13 項目の因子分析の結果は,特定の相手との
関係を維持することの効用についての項目である項
47
全サンプル(N=1579)
日本人学生サンプル(N=928)
一般的信頼
日本人一般サンプル(N=208)
一般的信頼
一般的信頼 t
用心深さ
低
高
用心深さ
低
高
用心深さ
低
高
高
24.4
27.7
高
31.1
24.7
高
20.2
27.9
低
8.5
39.3
低
10.0
34.2
低
9.1
42.8
アメリカ人学生サンプル(N=189)
アメリカ人一般サンプル(N=244)
一般的信頼
一般的信頼 t
用心深さ
低
高
用心深さ
低
高
高
17.5
31.2
高
9.0
37.7
低
5.3
46.0
低
4.9
48.4
表 7 各サンプルにおける、一般的信頼と用心深さの関係
項 目
全サンプル
日本人サンプル
学生
第 1 因子 第 1 因子
アメリカ人サンプル 全サンプル
一般
学生
一般
第 2 因子
第 1 因子
第 1 因子
日本人サンプル
学生
第 2 因子 第 2 因子
一般
アメリカ人サンプル
学生
第 1 因子 第 2 因子
第 2 因子
43
0.51
0.45
0.46
0.64
0.66
58
0.34
0.31
0.75
0.73
0.63
8
0.48
0.49
0.44
0.29
0.60
41
0.54
0.56
0.61
0.41
0.39
76
0.48
0.50
0.33
0.22
0.52
0.65
75
0.50
0.50
0.37
0.79
0.42
0.22
0.26
0.30
0.47
77
15
0.41
0.22
0.31
18
4
0.27
0.22
42
68
0.45
74
− 0.31
− 0.32
寄与
1.59
1.55
1.93
0.30
一般
0.08
0.22
0.23
0.39
0.29
0.56
0.59
0.71
0.48
0.48
0.48
0.34
0.35
0.34
0.29
0.32
− 0.23
0.07
0.23
1.39
0.35
1.60
0.91
0.95
0.97
− 0.41
− 0.28
1.33
1.21
因子負荷量 0.2 以下は表示されていない.
表8
親しい関係にある特定の他者への信頼に関する 13 項目の因子分析(最尤法バリマックス回転)結果
48
目 75,76,77 が,アメリカのサブサンプルでは一
に示された3項目が含まれていた.これら3項目の
つの因子を形成することを示している.これに対し
平均を用いた「評判の重要性尺度」値と,各項目の
て日本のサブサンプルでは,これら3項目は独立の
サブサンプルごとの平均も同じ表に示されている.
因子を構成せず,第1因子に負荷している.これら
この表から明らかなように,評判の重要性尺度値の
3項目は,少し別の角度からみれば,親しい関係に
アメリカ人の平均は,すべてのサブサンプルで日本
ある相手には特別に有利な取り扱いが社会一般でな
人の平均を大幅に上回っている.また個別項目のレ
されているという,「内集団ひいき」の一般性につ
ベルでも,すべての有意な日米差は同じ方向を示し
いての信念であると考えることもできる.上述の因
ており,評判の情報としての重要性が日本社会より
子分析の結果は,アメリカ人サンプルでは,親しい
もアメリカ社会においてより高いという仮説9に対
人間は自分をひいきしてくれるだろうという「内集
して,かなり明確な支持が与えられていると考えて
団ひいき」についての信念と,親しい人間は信頼で
よいであろう.
きるというパーソナルな信頼とが独立であるのに対
して,日本人サンプルではこれらの2つが分離して
6.3.6
正直さと公正さ
いないということを示唆するものであり,日本社会
質問紙には,自分自身の正直さおよび公平さの自
では特に,コミットメント関係に基づく安心と特定
己評価と,正直さおよび公平さの重要性についての
の相手に対する信頼とが混同されやすいことを示唆
信念を尋ねる 6 項目が含まれていたので,これら6
するものであると考えられる.
項目の因子分析を行ったところ,すべてのサブサン
これら3項目の平均により構成された「関係の効
プルで 1 因子構造が得られたので,これら6項目の
用尺度」値と,尺度を構成する項目の,サブサンプ
平均を用いて「正直さ尺度」を構成した.表 12 は,
ル別の平均を表す表 10 は,コミットメント関係の
この正直さ尺度値と,尺度を構成する6項目の,サ
効用についての信念に,仮説8により予測された通
ブサンプルごとの平均値を示している.この表に示
りの日米差が存在することを示している.関係の効
された日米差は,サブサンプル間でも項目間でも一
用尺度値の日本人の平均は,すべてのサブサンプル
貫したものであり,仮説 10 で予測されたとおり,
でアメリカ人の平均を大幅に上回っているだけでは
アメリカ人の方が日本人よりも,正直さと公正さを
なく,個別項目レベルにおけるすべての有意な日米
より重要だと考えていることが明らかにされた.
差は,同じ方向を示している.このことは,本研究
の一つの前提である,日本社会におけるコミットメ
6.3.7
反応傾向によるバイアスの問題
ント関係の重要性についての,主観的レベルでの証
本研究のように,質問紙を用いた国際比較研究に
拠を提供しているものと考えられる.すなわち,日
おいては,比較されるべき理論変数と,文化的なバ
本人はアメリカ人よりも,社会的関係において,個
イアスを伴う反応傾向とが混同される可能性が常に
人的なコネを使うことで有利な結果を得ることがで
存在している.これらの反応傾向の中でも,特に極
きるという信念を,より強くもっていることを,こ
端反応傾向と黙従傾向については,これまでの研究
の結果は示している.このことはまた,日本人の方
(68)
(69)
(70)
(71)
(72)
で文化差があることが知られており
,
がアメリカ人よりも,「内集団ひいき」が社会で一
従って,これらの反応傾向を何らかの方法でコント
般化しているという信念を,より強く受け入れてい
ロールしない限り,上述の日米差に関する仮説 7 か
ることを意味するものでもある.
ら 10 までの検証は十分な妥当性をもつと結論する
6.3.5
評判の重要性
ことができない.
そこで小杉・山岸(73)は新たに開発した方法を用
仮説9では,日本社会におけるよりもアメリカ社
いて,本研究の回答者の間の黙従傾向を測定したと
会において,情報としての評判の価値がより高いで
ころ,日本人回答者の方がアメリカ人回答者より黙
あろうという予測がなされていた.評判の情報とし
従傾向が強いことが明らかにされた.但し,この方
ての重要性を測定する目的で,質問紙には,表 11
法により測定された黙従傾向を重回帰分析を使って
49
男子学生サンプル
尺度および項目
パーソナルな信頼尺度
8.知らない人よりも、知った人のほうがずっと信頼できる
41.何をするにつけ、知らない人とするよりも、よく知った人と
女子学生サンプル
男性一般サンプル
女性一般サンプル
日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ
n=583
n=75
n=124
n=138
n=39
n=106
n=330
n=167
3.91
4.46
3.87
4.37
3.93
4.24
3.83
4.19
4.24
4.49
4.13
4.76
4.01
4.55
3.95
4.61
4.14
4.23
3.95
3.80
4.21
3.75
3.82
3.58
3.80
4.62
3.88
4.53
3.70
4.43
3.64
4.35
3.47
4.51
3.51
4.44
3.85
4.25
3.92
4.23
するほうが安心できる
43.一般に、長くつきあっている人は、必要な時に助けてくれる
ことが多い
58.私が信頼する人間は、長くつきあってきた相手である
太字は,日米の間で平均値に有意な差(t テスト,5 %水準)のある項目で,平均値の大きい数字である.実際の n は,欠損値に応
じて,項目毎に異なっている.
表9
パーソナルな信頼尺度と構成項目の平均
男子学生サンプル
尺度および項目
関係の効用尺度
75.全く知らないセールスマンから中古車を買うよりは、友人が個
女子学生サンプル
男性一般サンプル
女性一般サンプル
日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ
n=583
n=75
n=124
n=167
n=138
n=39
n=106
n=330
3.82
3.55
3.81
3.44
3.84
3.18
3.96
3.36
3.98
4.05
3.96
4.10
3.90
3.95
4.23
4.16
4.01
3.47
3.99
3.27
4.05
3.08
4.15
3.30
3.47
3.13
3.47
2.98
3.57
2.50
3.49
2.63
人的に紹介してくれたセールスマンから買うほうが安心できる
76.全く知らない相手と重要な用件について交渉することになっ
た場合、知り合いが自分をその相手に紹介してくれること
は非常に重要である
77.医者は、個人的な知り合いから紹介された場合には、普通の
患者の場合よりも丁寧に診察する
太字は,日米の間で平均値に有意な差(t テスト,5 %水準)のある項目で,平均値の大きい数字である.実際の n は,欠損値に応
じて,項目毎に異なっている.
表 10
関係の効用尺度と構成項目の平均
男子学生サンプル
尺度および項目
評判の重要性尺度
26.人の本当の性質を判断するのに、その人の評判はあまり役に
女子学生サンプル
男性一般サンプル
女性一般サンプル
日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ
n=583
n=75
n=124
n=138
n=39
n=106
n=330
n=167
2.78
3.28
2.73
3.24
2.87
3.71
2.86
3.72
2.43
3.01
2.41
3.15
2.57
3.75
2.45
3.70
2.03
2.64
2.01
2.72
1.90
3.11
1.97
3.18
3.90
4.24
3.75
3.88
4.09
4.28
4.08
4.28
立たない
28.何か意味のあることをなしとげようとするなら、自分の評判
をあまり気にするべきではない
50.ビジネスで成功するためには、良い評判を得ることが何より
も重要である
太字は,日米の間で平均値に有意な差(t テスト,5 %水準)のある項目で,平均値の大きい数字である.実際の n は,欠損値に応
じて,項目毎に異なっている.
表 11
評判の重要性尺度と構成項目の平均
50
男子学生サンプル
尺度および項目
正直さ尺度
31.他人に対して公平であろうとして、自分にとって有利な機会
女子学生サンプル
男性一般サンプル
女性一般サンプル
日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ 日本
アメリカ
n=583
n=75
n=124
n=138
n=39
n=106
n=330
n=167
2.81
3.39
2.99
3.59
3.43
4.00
3.41
4.06
2.60
2.92
2.66
2.98
2.94
3.14
3.05
3.25
を逃すようなことはしたくない
47.場合によっては嘘をつくことも正当化できる
1.68
2.29
1.74
2.65
2.46
3.19
2.00
2.92
62.私はどんな状況でも、不正直なことはしたくない
3.31
3.68
3.57
3.78
4.07
4.47
4.08
4.60
63.私はどんな場合にもフェアプレイの精神を忘れないようにし
3.46
3.91
3.66
3.74
4.13
4.40
4.21
4.49
ている
70.社会的公平を追求しすぎると、社会の活力が失われてしまう
2.66
3.16
3.11
3.64
3.04
4.01
3.33
4.14
72.私は、信頼できる人間である
3.15
4.51
3.25
4.67
3.92
4.82
3.79
4.84
太字は,日米の間で平均値に有意な差(t テスト,5 %水準)のある項目で,平均値の大きい数字である.実際の n は,欠損値に応
じて,項目毎に異なっている.
表 12
正直さ尺度と構成項目の平均
コントロールしたところ,仮説7から仮説 10 まで
って支持されてきた信頼理論に,全く異なる側面か
の上の分析結果に影響がないことが明らかにされ
ら新たな支持を与えるものである.これまで多くの
(74)
は,極端反応傾向について
研究者により指摘されてきたように,実験室実験と
同様の分析を行い,アメリカ人回答者の方が日本人
質問紙研究とには,それぞれ長所と短所が存在して
回答者よりも極端反応傾向が強い,逆に言えば,日
いる.特に,実験室実験は,特定の変数を操作し,
本人回答者の方がアメリカ人回答者よりも中間回答
他の変数をコントロールすることにより,理論によ
を選ぶ傾向が強いことを明らかにした.一方,極端
り特定される変数間の因果関係を,極めて明瞭な形
反応をコントロールしても上述の仮説7から仮説
で検証することができる一方,被験者サンプルの非
10 までの分析結果には影響がないことも,彼らの
代表性,実験室状況の特殊性等により,結果の外的
分析から明らかにされている.これらの分析結果を
妥当性が大きく制限されている.これに対して,代
考慮すれば,仮説7から仮説 10 までの上述の分析
表サンプルを用いた質問紙研究は,サンプルの非代
結果にみられる日米差が,日本人とアメリカ人との
表性に由来する外的妥当性の問題は回避されるもの
間の反応傾向の違いに由来するものである可能性
の,変数の測定の問題,変数間の因果関係の特定の
た.また,大坪・山岸
は,極めて小さいものと結論することができるだろ
う.
6.4
考察
今回の日米比較質問紙調査の結果は,山岸らの信
頼理論を,アメリカ社会よりも日本社会の方がコミ
ットメント関係のネットワークがより重要な役割を
果たしているという前提と組み合わせることにより
引き出された,仮説7から仮説 10 までの4つの仮
説を,極めて明瞭な形で支持している.54 社会的不
確実性と機会コストがともに高い状況において,信
頼が固定した関係から人々を解放する役割を果たす
という,山岸らの信頼の解放理論は,これまで実験
室実験により各命題ごとに検証されてきた.今回の
日米比較質問紙調査は,これまで実験的な研究によ
54 本研究における日米比較の結果は,個人主義と集団主義の
観点からのこれまでの比較文化心理学的研究における知見と一
貫している.これらの研究では,日本文化はアメリカ文化より
も集団主義的な傾向が強いとされており(91),その一つの特徴は,
集団の境界の明確性と内集団成員に対する有利な取り扱いにあ
(93)
(94).本研究での用語を用いれば,集団主義文化の成
る(92)
員は,コミットメント関係の内部にとどまって,相互に安心を
提供し合っていると言うことができる.この意味では,本研究
での知見はユニークなものではない.本研究のユニークさは,
知見そのものにあるのではなく,それらの知見が普遍的な一般
原理である信頼の解放理論から予測され得ることを示した点に
ある.上述の知見を「文化」として捉えている限り,そこに示さ
れた行動や認知の傾向の変化を予測することは,外挿法によっ
てしか可能とはならない.これに対して,普遍的な原理により
予測されている場合には,理論変数の変化に応じた行動や認知
傾向の変化を予測することが可能となる.例えば,現在の日本
社会では,様々な形での機会コストの増大に伴い,これまでの
固定したコミットメント関係が社会と経済の効率的運営にとっ
て桎梏となりつつある.従って,信頼の解放理論によれば,日
本社会における一般的信頼の重要性は今後急速に増大すること
になるだろうという予測が可能となる.
51
問題等,理論の検証という点からは大きな問題を含
は,本稿に紹介された一連の研究結果により,繰り
んでいる.幸いなことに,本研究においては,信頼
返し検証されてきた.本研究の最も重要な意義は,
理論の検証のために,実験室実験と質問紙調査の両
これまでほとんど無視されてきた,固定した関係の
者を用いることができたため,それぞれの方法のみ
呪縛からの解放者としての役割を信頼が果たしてい
からは望めないレベルでの,理論の十分な検証が可
ることを,極めて明瞭な形で証明したことにある.
能となった.例えば,質問紙調査の結果のみからは,
しかし,本稿における議論では,信頼のこの側面を
日米社会における社会的望ましさの影響等,小杉・
強調するあまり,これまでの信頼研究で広く受け入
(73)
(74)
の分析ではコントロールさ
れられてきた「関係の強化者」としての役割につい
れていない反応傾向の違いによる日米差の可能性
て,十分な理論的検討がなされていない.今後の研
を,完全に否定することはできない.しかし,同じ
究にとって特に重要なのは,「固定した関係からの
理論から導き出された一連の仮説が,実験室実験と
解放者」としての信頼の側面と,「関係の強化者」と
質問紙調査という,全く異なった方法により一貫し
しての信頼の側面とが,どのような関係にあるのか
て支持されているという結果は,研究のもとになっ
について理論的検討を進めることである.以下,こ
た理論の妥当性についての説得力を,個々の研究か
の点を中心として,これまでの研究成果に基づいた,
らは到底望めない水準まで飛躍的に強化するもので
今後の理論発展の方向を探ることにする.
山岸
や大坪・山岸
ある.
さて,これまでに紹介されてきた一連の実験室実
7.1
一般的信頼と用心深さ
験と日米比較質問紙調査の結果により,社会的不確
一般的信頼と用心深さが異なったものであること
実性と機会コストがともに高い状況において,信頼
は,上述の質問紙調査の結果の分析の中で明らかと
が固定した関係から人々を解放する役割を果たすと
なった.そして,そこでの分析に伴う議論の中で,
いう,山岸らの信頼理論は,社会的不確実性と機会
「固定した関係からの解放者」としての信頼が有効
コストがともに高い状況では高信頼者が低信頼者よ
となるには,信頼がお人好しを意味しないこと,つ
りも大きな利益を得ることができるという理論命題
まり,他者の人間性を信頼しつつ,現実の社会関係
4 を除き,ほぼ完全に検証されたと言えるが,これ
の中では注意を怠らないでいる必要があることが示
らの研究を進める中で,新たな理論的問題,あるい
唆された.人々は,一方では,一般的信頼がなけれ
は新たな理論的発展の可能性などが浮き彫りにされ
ば,新たな機会を求めることを避け,既存のコミッ
てきた.最後に,これらの点について考察を加える
トメント関係の中に閉じこもってしまう.しかし他
ことにする.
方では,一般的信頼の高い人々が新たな機会を求め
7.
る際に,適切な注意を怠れば,社会的不確実性の程
理論の再検討
度の高い新たな関係の中で,結局は相手に搾取され
本稿で繰り返し議論されている山岸らによる信頼
てしまう可能性が高い.従って,一般的信頼が「固
理論は,信頼が人々を固定した関係の呪縛から解放
定した関係からの解放者」として成功するために
するという,これまでの信頼についての研究でほと
は,ある程度のレベルの用心深さが必要とされるこ
んど無視されてきた側面を重視するものである.
とになる.
1995 年2月にニューヨークで開催された Workshop
この議論は,本研究を開始する時点ではまだ明確
on the Construction and Maintenance of Trust の討論
に認識されていなかったため,最初から明確な仮説
( 75)
が
の形で実験研究に組み入れられてはいなかった.こ
Yamagishi(28)の信頼理論の特徴を"the emancipation
のため,本稿で紹介された一連の実験では,一般的
approach to trust"と呼んでいるのも,山岸らの信頼
信頼と用心深さの両方が含まれた形での信頼感尺度
理論のこの特徴をよく捉えたものであると言えよ
が用いられてきた.研究を進める中で一般的信頼と
う.信頼,特に他者一般に対する信頼である一般的
用心深さが異なった概念であることが明確になった
信頼に,このような側面が色濃く存在していること
以上,次には,これら2変数を区別した分析が必要
の サ マ リ ー の 中 で , Levi, Cook & Hardin
52
一般的信頼低
一般的信頼高
一般的信頼低
一般的信頼高
用心深さ高
n=76 6.20(2.70) n=21 5.33(2.42)
用心深さ高
n=59 0.24(0.30) n=11 0.08(0.15)
用心深さ低
n=32 5.09(2.74) n=69 5.77(2.79)
用心深さ低
n=16 0.08(0.11) n=21 0.17(0.27)
被験者:日本人被験者 100 名、アメリカ人被験者 98 名。被験
被験者:日本人被験者 214 名(107 ペア)。数字はコミットメ
者の国籍による効果は存在しないため、分析にあたっては両
ント指標値。括弧内は標準偏差。分析はペアを単位に行われ
者をプールした。数字はコミットメント指標値。括弧内は標
た。従って、n はペア数を表す。
準偏差。
表 13
第 1 実験における、一般的信頼と用心深さ
表 14
のコミットメント関係形成に対する効果
第 2 実験における、一般的信頼と用心深さ
のコミットメント関係形成に対する効果
になる.そこで,以下に,この問題に答えるために
り明確な形で確認され,社会的不確実性×一般的信
行った,第1実験と第2実験の再分析の結果を報告
頼×用心深さの分散分析における一般的信頼×用心
55
する.
深さの交互作用効果は有意となっている(F(1,99)=
一般的信頼が「解放者」としての役割を十分に果
4.57, p <. 05).第2実験の最終試行ブロックにおけ
たすことができるためには,高信頼者が,搾取され
る,一般的信頼と用心深さの交互作用効果 56 を示
る可能性について注意を払っている必要があるとい
している表 14 においても,第1実験の場合と同様,
う上述の議論から,「一般的信頼の高い人々ほど特
固定した関係からの解放者としての役割を一般的信
定の相手との間にコミットメント関係を維持する傾
頼が果たすためには,ある程度の用心深さを備えて
向が小さい」という仮説2は,用心深い人々の間で
いる必要があることが示されている.また同時に,
特にあてはまるだろうという予測が導き出されるこ
用心深さの程度の低い人々の間では,一般的信頼が
とになる.この予測を検証するために,第1実験と
コミットメント形成を促進しているという点に関し
第2実験の結果の再分析を,実験後に行われた質問
ても,第1実験と同様の結果が得られている.こう
項目を使って,一般的信頼尺度と用心深さ尺度とを
いった交互作用の内容が,異なった2つの実験にお
作成し,コミットメント関係の強さを示すコミット
いて一貫して存在していることから,その内容がか
メント関係指標値を従属変数として行った.その結
なりの一般性をもつものであると考えることができ
果,第 1 実験においては,予測通りの交互作用が傾
る.
向差ではあるが確認された
(F
(1,194)
= 3.03, p <. 09).
表 13 は,第1実験における一般的信頼と用心深
さの交互作用の内容を示している.予測された通り,
一般的信頼が「関係からの解放者」としての役割を
7.2
やくざのコミットメントと恋人のコ
ミットメント
上に紹介された第1実験の再分析結果は,一般的
はたしているのは,すなわち,一般的信頼がコミッ
トメント関係を低めているのは,用心深さの程度の
高い被験者の間のみである.これに対して,用心深
さの程度の低い被験者の間では,むしろ逆の傾向,
すなわち,一般的信頼水準が高くなればなるほど特
定の相手とのコミットメントが強化される傾向がみ
られる.
この,第1実験に関して観察された一般的信頼と
用心深さの交互作用効果は,第2実験においてはよ
55 以下の再分析の手続きは,
(27)および(39)に述べられて
いる.
56 同じ方向での交互作用効果は第 1 と第 2 ブロックでも観察さ
れたが,有意な効果を持っていたのは第 3 ブロックにおいての
みであった.分析はペア単位で行われているが,一般的信頼と
用心深さは個人単位で測定されている.分析にあたっては,ま
ずそれぞれのペアについて,それぞれの変数について2人とも
得点が高いペア,2人とも得点が低いペア,一方の得点が高く
もう一方の得点が低いペアに3分して分割表を作ったところ,
一般的信頼に関しては1人だけ得点が低いペアと2人とも得点
が低いペアのコミットメント指標値にほとんど差がみられなか
った.また用心深さに関しても,1人だけ用心深いペアと2人
とも用心深いペアの間に,コミットメント指標値にほとんど差
がみられなかった.そのため,表 14 においては,2人の一般的
信頼尺度値がともに平均以上であるペアを高信頼ペアとし,ま
た,2人の用心深さ尺度値がともに平均以下であるペアを低用
心深さペアとした.
53
信頼が固定した関係からの解放者の役割を果たすと
このような,社会的不確実性の低減を主要な機能
同時に,特定の相手とのコミットメント関係を促進
とするやくざ型コミットメント関係は,心理学で通
する役割を果たすこともありえるという,これまで
常扱われている意味でのコミットメント関係,すな
の議論で十分に検討されてこなかった問題に対する
わち,お互いの好意や魅力,忠誠心などにより支え
アプローチの糸口を与えてくれるように思われる.
られているコミットメント関係とは,質的に異なる
この2つの命題は一見したところ矛盾しているよう
ものと考えた方がよいだろう.Yamagishi(28)は,や
に思われるが,それぞれの命題で前提とされている
くざ型コミットメント関係とは区別される,相互的
コミットメント関係が質的に異なったものであるこ
な好意により支えられたコミットメント関係を,
とを認識すれば,十分理解可能なものとなる.
「恋人型コミットメント関係」と呼んでいる.やく
(28)
この点に関して,ここで,Yamagishi
の議論を
ざ型コミットメント関係とは異なり,恋人型コミッ
は,これまでの山
トメント関係は,社会的不確実性の低減を目的とし
岸らの信頼理論においては,信頼の「解放者」とし
て形成されるわけではない.従って,関係からの解
ての役割を強調するあまり,関係の強化者としての
放者としての山岸らの信頼理論は,やくざ型コミッ
信頼の役割が比較的軽視されていたことを指摘し,
トメント関係からの解放の場合にはあてはまるが,
その2つの役割を統一的に理解するためには,2種
恋人型コミットメント関係の場合には,そのままで
類のコミットメント関係のやくざ型コミットメント
はあてはまらないことになる.
(28)
紹介しておきたい.Yamagishi
関係と恋人型コミットメント関係を区別する必要が
一般的信頼と用心深さがコミットメント関係形成
あるとしている.山岸らの信頼理論が扱っているコ
に対して交互作用効果をもつという上述の第1,第
ミットメント関係は,社会的不確実性を低減させる
2 実験の結果は,そこで形成されているコミットメ
手段としてのコミットメント関係であるが,
ント関係が,これら2つの,質的に異なったコミッ
(28)
Yamagishi
はこのようなコミットメント関係を,
トメント関係であることを意味しているのではない
やくざ型コミットメントと呼んでいる.談合型コミ
かというのが,Yamagishi(28)の議論の中心をなして
ットメントと呼んでもよいだろう.この型のコミッ
いる.すなわち,用心深い人々の間で形成されるコ
トメントは,そもそも社会的不確実性を低減させる
ミットメント関係は(社会的不確実性の低減を目的
目的で形成されるものであり,逆に言えば,関係外
とする)やくざ型のコミットメント関係であるのに
の社会における社会的不確実性の存在を前提とする
対して,用心深さの程度の弱い人々の間で形成され
ものである.やくざをはじめとする犯罪結社が「鉄
るコミットメント関係は,(社会的不確実性とは無
の結束」を必要とするのは,お互いに好意を持ちあ
関係な状況で生まれる)恋人型コミットメント関係
っているためというよりは,外部社会からの「攻
である可能性を,Yamagishi(28)は指摘している.用
撃」に対処するためである.別の言い方をすれば,
心深い人を,主観的な社会的不確実性,すなわち社
社会的不確実性に満ちた社会で安心していられるの
会関係の中で酷い目に遭う可能性に常に注意を払っ
は,お互いの利益を保証し合っている,つまり「内
ている人と考えれば,用心深い人の形成するコミッ
集団ひいき」をし合っている,固定した関係の内部
トメント関係が,しばしば,社会的不確実性に対す
においてである.この意味での,つまり「内集団ひ
る対処法としてのコミットメント関係であるやくざ
いき」の相互保証を与え合っている関係を,
型コミットメント関係となることは,容易に予想で
(28)
Yamagishi
は「やくざ型コミットメント関係」と呼
きる.これに対して用心深さの程度の低い人は,主
んでいるわけである.本研究の出発点の一つは,日
観的な社会的不確実性の低い人と考えれば,そうい
本社会では,この種のコミットメント関係,すなわ
った人たちの形成するコミットメント関係は,社会
ちやくざ型のコミットメント関係が重要な役割を果
的不確実性に対する対処法としてのやくざ型コミッ
57
たしているという点である.
トメント関係ではなく,お互いの好意に支えられた
57
恋人型コミットメント関係となる可能性が大きいこ
この点における日本社会の特徴を,中谷(76)は,「既得権益の
相互信認システム」と呼んでる.
とも,容易に予想できる.
54
但し,個人が置かれた状況によっては,同じ個人
れら2つのタイプの関係における信頼の間の関係に
でも,用心深い人間であるように振る舞う場合もあ
ついての,理論的および実証的な検討を進めること
るし,あまり用心深くない人間であるように振る舞
である.
う場合もあるだろう.例えば商取引の場面では用心
今後,やくざ型コミットメント関係と恋人型コミ
深い人も,家に帰ればリラックスして,騙されるの
ットメント関係の双方を視野に入れた,信頼の一般
ではないかという心配をしないことが多いだろう.
理論を構築していくにあたって,最も重要な理論的
従って,同じ人間でも,やくざ型コミットメント関
課題は,これら2つのタイプの関係における信頼が
係を形成する場合もあれば,恋人型コミットメント
質的に異なったものであるかどうかという問題であ
関係を形成する場合もあるだろう.より一般的には,
る.
社会関係の性質によって,やくざ型コミットメント
この問題に関しての著者の基本的立場は,やくざ
関係が優勢な状況もあれば,恋人型コミットメント
型コミットメント関係からの解放をもたらすのは,
関係が重要な状況もあるだろう.
他者一般にたいする信頼である一般的信頼であるの
7.3
信頼は関係を強化すると同時に,
人々を関係から解放する
に対して,恋人型コミットメント関係を強化するの
は,特定の相手に対する信頼であるパーソナルな信
頼である,という立場である.このいずれも,相手
以上の議論から,関係の強化と関係からの解放と
(他者一般ないし特定の他者)の人間性の善良さの評
いう,信頼の2つの側面が,相互に矛盾するもので
価であるという意味では同じである.また,いずれ
ないことがわかる.関係からの解放という側面が重
の信頼も結果としての信頼という点でも共通してお
要となるのは,社会的不確実性の存在が明瞭である
り,他者の人間性の予測プロセスにおいてポジティ
社会関係,例えば商品取引の関係とか,出会ったば
ブなバイアスをもつ(すなわち,認知特性としての
かりの相手とのデートなどにおいてであり,関係の
信頼をもつ)人間は,特定の相手の人間性の予測に
強化の側面が重要となるのは,社会的不確実性があ
おいても,また他者一般の人間性の予測においても,
まり存在しない,あるいは明瞭ではない社会関係例
結果としてポジティブな評価をくだすようになると
えば家族内での関係とか利害の伴わない親友との関
考えられる.(もちろん,信頼に値しない人々に囲
係においてである.前者のタイプの関係では,一般
まれた環境では,プロセスとしての信頼をもってい
的信頼は人々を固定した関係の呪縛から解放する役
る人も,結果としての信頼を持つようにはならない
割を果たすだろう.それに対して,後者のタイプの
だろう.)
関係では,一般的信頼は関係を一層強化する役割を
このように,一般的信頼もパーソナルな信頼も,
果たすだろう.これまでの信頼研究の一つの問題は,
いずれも認知特性としての信頼により生み出された
これら2つのコミットメント関係を区別することな
結果であると考えれば,この2つの間にポジティブ
く,一方のタイプのコミットメント関係を前提とし
な相関があることは,当然予想される.日米比較質
た信頼の役割を,信頼の役割全般に一般化してしま
問紙調査において,アメリカ人回答者の方が日本人
っている点にある.恋人型コミットメント関係を前
回答者よりも一般的信頼が高かったのみではなく,
提として信頼を考えている研究者に対しては,信頼
パーソナルな信頼も高かったという結果は,この考
は人々をコミットメント関係から解放するという議
え方と一貫するものである.この観点からすれば,
論は意味をなさないだろう.
認知特性としての信頼の高い人々は,信頼の低い
また,やくざ型のコミットメント関係を前提とし
人々にくらべ,社会的不確実性状況に直面した場合
た状況を扱っているかぎりは,信頼が関係を強化す
には,やくざ型コミットメント関係からより容易に
るという議論は,信頼と安心とを混同する議論とな
離脱できるし,社会的不確実性のあまり存在しない
ってしまう.今後の研究において重要なのは,信頼
状況では,特定の相手との間で親密な関係をより容
に関する議論がやくざ型と恋人型のどちらの関係を
易に形成することができる.すなわち,信頼の高い
前提とした議論であるかを明確にすると同時に,こ
人が特定の関係を強化しやすいか,関係からの離脱
55
をはかりやすいかは,その関係の性質によると考え
我々に要請された研究者としての責務を果たすには
られる.
不十分である.残された課題,実はこの課題の方が,
これまでの研究成果により達成された課題よりもず
8.
まとめ
っと重要な課題であるが,その課題とは,いかにし
て一般的信頼の水準を高めるかという,実践的課題で
これまでの日本企業と日本経済の発展が,「集団
主義文化」という言葉で括られる,安定した人間関
ある.我々は今後,この実践的課題に向けて,新たな
58
研究を進めなくてはならない.
係ないし社会関係の存在により支えられてきたこと
は,多くの研究者の指摘するところである.しかし
9.
謝辞
1990 年代に入り,それまでの日本社会に安定を与
え,経済発展の基盤を提供してきた社会の仕組みが,
本論文は,山岸俊男を中心とする研究プロジェク
逆に日本経済の足枷となり始めたことも,多くの研
トによる一連の信頼研究の結果を総括したものであ
(77)
究者の指摘するところである(76)
.特に,1980 年
る.研究プロジェクトの主要メンバーには,筆者の
代の後半に入ってからは,規制緩和に代表される,
他に,山岸みどり(大阪国際大学),渡部幹(北海道
(76)
日本社会における「既得権益の相互信認システム」
大学),林直保子
(北海道大学),神信人
(北海道大学),
の排除を求める声が頻繁にマスコミなどで聞かれる
高橋伸幸(北海道大学)が含まれている.これらの一
ようになった.本稿での用語を用いれば,現在日本
連の信頼研究は,原子力安全システム研究所社会シ
社会が直面する問題は,機会コストの比較的少ない
ステム研究所の研究の一環として行われ,また安部
状況での社会的不確実性に対するこれまでの有効な
フェローシップ,文部省科学研究費による援助のも
対処法であったやくざ型コミットメント関係が,経
とに行われてきた.
済のボーダレス化に代表される社会全体における機
これらの機関に対し感謝すると共に,とりわけ社
会コストの増大に伴い,その有効性を失いつつあり,
会システム研究所三隅二不二所長,山田昭前副所長,
逆に,経済発展にとっての桎梏となりつつあるとい
春名康宏前主任研究員には,貴重なコメントと励ま
う問題である.すなわち,現在の日本社会は,経済
しを頂いたことに対し感謝の意を述べさせて頂く.
全体の効率を低めるだけではなく,談合等の温床と
また同研究所主催による信頼感ワークショップの参
もなっているやくざ型コミットメント関係からの
加者,Karen Cook(ワシントン大学),Mary Brinton
「解放」を求めていると言うこともできよう.我々
(シカゴ大学),Peter Kollock (UCLA),Robert
の「固定した関係の呪縛からの解放者」としての信
Frank(コーネル大学),Diego Gambetta(オックスフ
頼研究の背景には,現在の日本社会が求めているや
ォード大学),山口一男
(シカゴ大学)
,亀田達也
(北
くざ型コミットメント関係からの「解放」を実現す
るためには,社会全体における一般的信頼の育成が
必要不可欠であるとする考えが存在している.
このような現実の要請を背景に,筆者らは,本稿
に紹介された一連の研究を通して,信頼がやくざ型
コミットメント関係からの解放にあたって必要不可
欠な役割を果たすものであることを,理論的,実証
的に示してきた.この点における我々の研究成果が,
ほぼ完全な形で信頼の解放理論を支持するものであ
ることは,本稿をお読みになった読者の方々には,
十分に理解して頂けたものと思う.しかし,やくざ
型コミットメント関係からの解放に信頼が必要不可
欠な役割を果たすことを証明するだけでは,実は
58 この際のひとつの重要な問題は,コミットメント関係を通
して安心を提供している社会はかなり安定したナッシュ均衡を
構成しているのに対して,一般的信頼に基づく社会は不安定な
均衡を構成していると考えられる点にある.前者が安定した均
衡であることは,コミットメント関係が「部外者」に対する不信
と搾取行動をもたらし(第2実験と第3実験の結果を参照された
い),そのことによって機会コストが低下すると,コミットメン
ト形成・維持がますます「割に合う」ようになるという関係の存
在を意味している.これに対して後者の均衡が不安定であると
いうのは,一般的信頼に基づく社会関係がうまく機能するため
には,公正且つ効率的な社会制度の存在を必要とすると考えら
れるからである.一般的信頼と公正且つ効率的な社会制度との
間には,にわとりと卵の関係が存在しており,何らかの理由に
より一方が弱くなると,一気に均衡が崩壊する可能性がある.
このことは,固定したコミットメント関係に基づく社会体制か
ら,より開かれた組織原理に基づく社会体制への変革が,自動
的に生じるとは考えがたいことを意味するものである.この変
革が生じるためには,市民の間での一般的信頼の育成と,組織
や制度の改革とが,同時に進められる必要があるだろう.
56
海道大学)
,佐藤嘉倫(東北大学),高木英至
(埼玉大
学),神岡太郎(一橋大学),沼崎一郎(東北大学),
(11)Hardin R, The street-level epistemology of trust,
Politics and Society 21, 505-529, 1992
竹村和久(筑波大学),森久美子(名古屋大学)
の諸氏
(12)Putnam R. D, Making democracy work, Civic
に対し,貴重な意見を頂いたことに感謝する.最後
traditions in modern Italy, Princeton, NJ,
に,実験実施にあたって,北海道大学大学院の渡辺
Princeton University Press, 1993a.
席子,寺井滋,大坪庸介,清成透子,小杉素子の諸
(13)Putnam R. D, The prosperous community, Social
氏に協力頂いたことに感謝する.また,一連の実験
capital and public affairs. The American Prospect,
研究で用いられた被験者プールの作成にあたって
Spring, 1993b
は,福地保馬教授をはじめ,北海道大学の保健体育
(14)Edney Julian J, The commons problem, Alte-
理論担当の諸先生方に多大のご協力を頂いたことに
rnative perspectives, American Psychologist
対して,感謝の意を述べさせて頂く.
35, 131-150, 1980
(15)Rotter J. B, A new scale for the measurement of
参考文献
(1)Akerlof. G, The market for "lemons", Qualitative
uncertainty and the market mechanism,
interpersonal trust, Journal of Personality 35, 651665, 1967
( 16) Rotter J. B, Generalized expectancies for
Quarterly Journal of Economics 84, 488-500,
interpersonal trust, American Psychologist, 26,
1970
443-452, 1971
(2)Frank Robert H, Passions Within Reason, The
(17)Rotter J. B, Interpersonal trust, trustworthiness, and
Strategic Role of Emotions, New York,
gullibility, American Psychologist 35, 1-7, 1980
W.W.Norto, 1988
(3)Barber B, The logic and limit of trust, New
Brunswick, Rutgers University Press, 1983
(4)Coleman J. S, Foundations of social theory,
Cambridge, Harvard University Press, 1990
(5)Lewis J. D. & Weigert. A, Trust as a social
reality, Social Forces 63, 967-985. 1985
(6)Luhmann N, Trust and power, Chishester,
U.K.: Wiley, 1979
(7)Luhmann N, Familiarity, confidence, trust,
(18)Yamagishi T. Yamagishi M, Trust and commitment in the United States and Japan, Motivation
and Emotion 18, 129-166, 1994
(19)Gambetta D, Mafia, The price of distrust, 158175, in Diego Gambetta (ed.), Trust, Making
and breaking cooperative relations. Oxford,
Basil Blackwell, 1988
(20)Gambetta D, The Sicilian mafia, The business of
private protection, Cambridge, MA, Harvard
University press, 1993
Problems and alternatives, In D. Gambetta
(21)Yamagishi T, The provision of a sanctioning system as
(Ed.), Trust, Making and breaking cooperative
a public good, Journal of Personality and Social
relations, 94-107,Oxford Basil Blackwell,
1988
(8)Macauley Stewart, Non-contractual relations in
business, A preliminary study, American
Sociological Review 28, 55-67, 1963
Psychology 51, 110-116, 1986
(22)Yamagishi T, The provision of a sanctioning
system in the United States and Japan, Social
Psychology Quarterly 51, 265-271, 1988a
(23)Yamagishi T, Group size and the provision of a
(9)Zucker L, Production of trust, Institutional sources
sanctioning system in a social dilemma, In W.
of economic structure, 1840-1920. Researchin
B. G. Liebrand, D. M. Messick, & H. A. M.
Organizational Behavior 8, 53-111, 1986
Wilke(eds.), A Social Psychological Approach
(10)Hardin R, Trusting persons, trusting institutions,
InR. J. Zeckhauser (ed.), Strategy and choice,
185-209, Cambridge, MA: MIT Press, 1991
to Social Dilemmas, Pergamon Press, 1992
(24)Yamagishi M. Yamagishi T, P989. Trust, commitment, and the development of network structures.
57
Paper presented at the Workshop for the "Beyond
Bureaucracy Research Project," December 1821, Hong Kong
(25)Yamagishi T, In press. Trust and cooperation. In
A. Kuper & J. Kuper Iieds.)
, The Social Science
capitalism, New York, Free Press, 1985
(37)Cook K S, Emerson R M, Power. equity and
commitment in exchange networks, American
Sociological review, 43, 721-739, 1978
(38)林直保子, 印刷中. 繰り返しのない囚人のジレ
Encyclopedia, 2nd Ed. London, Routledge
ンマの解決と信頼感の役割, 心理学研究
(26)Erickson E H, Childhood and society, 2nd ed,
(39)渡辺席子 小杉素子 山岸俊男, 選択的プレイ状
New York, Norton, 1963
(27)山岸俊男, 信頼性の理論と信頼感の理論, 第 18
回数理社会学会大会研究報告要旨集, 59-62,
1994
(28)Yamagishi T, Yakuzas, lovers, commitment, and trust,
Paper presented at Workshop on Construction and
Maintenance of Trust, Feb, 25-26, New York, 1995a
(29)Yamagishi T, Yamagishi M, In press, Trust and
況における信頼の意味,実験研究, 日本社会心
理学会第 35 回大会発表論文集, 376-377, 1994
(40)Ouchi W G, Theory Z, How American business
can meet the Japanese challenge, Reading, MA,
Addision-Wesley, 1981
(41)Sako M, The role of "trust" in Japanese buyersupplier relationships, Ricerche Economiche
XLV, 2-3, 1991
ommitment as alternative responses to social
(42)Sako M, Prices, quality and trust, Inter-firm
uncertainty, In Mark Frunin(ed.)
, Networks in
relations in Britain and Japan, Cambridge
Japan, Cambridge University Press
University Press, 1992
(30)Yamagishi T, Yamagishi, M. Cook, K. S, Trust
(43)Sullivan J, Peterson R B, Factors associated with
and commitment, Paper presented at the XIIIth
trust in Japanese-American joint ventures,
World Congress of Sociology, 18-23 July, 1994,
Management International Review 22, 30-40,
Bielefeld, Germany, 1994
1982
(31)山岸俊男 山岸みどり 渡部幹 林直保子 神信人
(44)Sullivan J Peterson. R B Kameda N Shimada J,
高橋伸幸, 信頼の意味と構造, 日米比較, 第 41
The relationship between conflict resolution
回日本グループ・ダイナミックス学会発表論
approaches and trust, A cross cultural study,
文集, 38-41, 1993
Academy of Management Journal 24, 803-815,
(32)山岸俊男 山岸みどり 渡部幹 林直保子 高橋伸
幸, 信頼の"groundedness"理論, 第 42 回日本グ
1981
(45)Vaughan F T, Joint ventures in Japan, Bulletin
ループ・ダイナミックス学会発表論文集, 42-
No.30,
45, 1994
Economic Institute, 1971
Tokyo, Sohia University Socio-
(33)神信人 林直保子 篠塚寛美, ネットワーク型囚
(46)佐藤香 山岸俊男, 公共財問題における二つの
人のジレンマの実験的研究,PD 関係における
心理的要因, 実験社会心理学研究, 26, 89-95,
コミットメントの形成. 実験社会心理学研究,
1986
33, 21-30, 1993
(34)Kollock P, The emergence of exchange structures, An experimental study of uncertainty,
commitment, and trust, American Journal of
Sociology, 100, 313-345, 1994
( 35)Williamson O. E, Market and hierarchies,
Analysis and antitrust implications, New York,
Free Press, 1975
( 36)Williamson O E, The economic institutions of
(47)Yamagishi T, Seriousness of social dilemmas
and the provision of a sanctioning system,
Social Psychology Quarterly 51, 32-42, 1988b
(48)Yamagishi T, Cook K S, Generalized exchange
and social dilemmas,
Social Psychology
Quarterly 56, 235-248, 1993
(49)Yamagishi T, Sato K, Motivational bases of the
public goods problem, Journal of Personality
and Social Psychology 50, 67-73, 1986
58
(75)Levi M, Cook K S, Hardin R, Workshop on the
Organizing groups for collective action,
trust,
American Political Science Review 80, 1171-85,
(76)中谷巌, ジャパン・プロブレムの原点, 講談社,
(87)Marwell G, Ames R E, Experiments on the
construction
and
maintenance
of
Unpublished circulation, 1995
1990
(77)von Wolferen K, P989. The enigma of Japanese
power, People and politics in a stateless nation.
London, McMillan
A. 1986
provision of public goods, I, Resources, interest,
group size, and the free-rider problem,American
Journal of Sociology 84, 1335-1360, (1979)
(88)Messick D M, Wilke H. Brewer, M B, Kramer R
(78)山岸俊男 山岸みどり 高橋伸幸 林直保子 渡部
M, Zemke P E, Lui L, Individual adaptations
幹, 印刷中, 信頼とコミットメント形成,実験研
and structural change as solutions to social
究, 実験社会心理学研究
dilemmas, Journal of Personality and Social
(79)Cosmides L, The logic of social exchange, Has
Psychology 44, 293-309, 1983
natural selection shaped how humans reason?
(89)Tyszka T, Grzelak J, Criteria of choice in non-
Studies with the Wason task, Cognition, 31,
constant zero-sum games, Journal of Conflict
187-276, 1989
Resolution 20, 357-376, (1976)
(80)Orbell J M, Dawes R M, A "cognitive miser"
(90)渡部幹 林直保子 神信人 高橋伸幸 山岸俊男 山
theory of cooperators' advantage. American
岸みどり, 個別的信頼と一般的信頼,質問紙調
Political Science Review, 85, 515-528, 1991
査, 第 41 回日本グループ・ダイナミックス学
(81)Orbell J M, Dawes R M, Social welfare, cooperators' advantage, and the option of not playing
the game, American Sociological Review, 58,
787-800, 1993
(82)清成透子 山岸俊男, コミットメント形成によ
る部外者に対する信頼の低下, 日本社会心理学
会第 35 回大会発表論文集, 362-363, 1994
(83)山岸俊男, 社会的ジレンマ研究の主要な理論的
アプローチ, 心理学評論, 32,262-294, 1990
(84)Yamagishi T, Social dilemmas, Pp.311-335 in
K. S. Cook, G. A. Fine, & J. S. House (eds.)
,
Sociological perspectives on social psychology,
Boston, Allyn and Bacon, 1995
会発表論文集, 126-127, 1993
(91)Hofstede G, Culture's consequences, Beverly
Hills, CA, Sage, 1980
( 92)Triandis H C, Self and social behavior in
differing cultural contexts, Psychological
Review, 96, 269-289, 1989
(93)123 Triandis, H. C, Cross-cultural studies of
ndividualism and collectivism, In J. Berman
(Ed.), Nebraska Symposium on Motivation,
1989, 41-133, Lincoln, University of Nebraska
Press, 1990
(94)Triandis H C, Culture and social behavior, New
York, McGraw-Hill, 1994
(85)Dawes R M, McTavish J, Shaklee H, Behavior,
(95)渡部幹 春名康宏 北田淳子, 原子力発電の安全
communication and assumptions about other
性に対する信頼の構造, Journal of the Institute
people's behavior in a commons dilemma
of Nuclear Safety System, 1, 69-80, 1994
situation, Journal of Personality and Social
(96)Axelrod R, The evolution of cooperation, New
Psychology 35, 1-11, 1977
(86)Dawes R, Orbell J, Simmons R, van de Kragt,
York, Basic Books, 1984
Document
カテゴリー
RELIGION
本日のアクセス数
7
ファイルサイズ
479 KB
タグ
1/--ページ
報告