close

ログイン

パスワードの再発行?

OpenIDでログイン

乾舷計算書

エンベッド
1
船舶番号
船 種
船
名
乾
舷
計
算
第
1
号
書
式
満載喫水線規則第二章適用
平成
指定官庁
指定主任
年
月
日
所 有 者
用
船 籍 港
造船地及び
総
航行区域
造
乾舷甲板の名称
最小型深さ
(Dmin)
船の長さ(L)
(第4条)
船の幅(B)
(第7条)
m
3.500
楼
途
船
建造に着手した日
所
最小型深さの85%の位置における計画満載 喫水線に平行な喫水線において
m
(1)喫水線の全長 (Lw) = 48.00
m
0.96Lw = 46.08
(2)船首材前面からだ頭材の中心までの長さ m
(Lr) = 48.00
0.96Lw と Lr のうち大きい方の値を L とする。
m
L = 48.00
m
B = 17.00
①
②
③
Dmin =
船楼の種類
船
新規・変更
追加・再指定
指定種別
船
首
楼
船
橋
楼
船
尾
楼
0.85Dmin =
m
2.975
長 さ
閉囲部
実
m
の長さ
m
の高さ
m
際
標準の
高
さ
m
hn
ト
ン
平成
年
月
日
数
備 考 : 数字の桁数の取り扱いは、次のとおりとする。
1
船、船楼の長さ、船の幅、船楼の幅等長さ及び幅方向
の数字についてはメートルに対し小数点下2位まで
2
型深さ、船楼の高さ、被覆の厚さ、舷弧の高さ等深さ
方向の数字についてはミリメートルの桁まで
E
L
Cb, -, -- 等比又は分数については小数点下3位まで
L 15
百分率は小数点下1位まで
3
4
5
加減算により乾舷の値に直接関係する数字については
ミリメートルの桁まで
6
一桁下位の桁において四捨五入して数字を丸める
②/③=④
セット・イン船楼の場合
①x④(x⑦)
高さの比
船楼の長さの
⑤/⑥=⑦
(1を最大
中央における
有効長さ
値とする) ⑤船楼の幅 ⑥船の幅
幅の比
m
m
m
f=
1.800
(第12~
第16条)
Eb=
0.6L=最大
低船尾楼
S=
合
計
長
さ
lt
0.00
平
の
均
幅
bt
m
ト ラ ン ク
(第17~
第19条)
m
S'=
0.00
実際の 標準の トランク甲板上の
高 さ 高 さ ハッチコーミング高さ
ht
hn
の不足
dc
m
m
m
E=
トランク各部分の有効長さ
bt (ht-dc)
(et) = lt x -- x ------B
hn
0.00
但し ht - dc > hn の時
(ht-dc)
------- = 1 hn
(Σet)
トランクの有効長さ Et =
船楼の有効長
さとトランクの有
効長さとの和
略
図
Est = E + Et
m
Est =
0.00
m
0.00
2
mm
3500
Dm *
乾舷用深さ
( D )
mm
デッキ・ストリンガー
の厚さ
22
mm
0
T(L-S)**
-------L
(第8条)
Dmは、船の中央における
t1 x 11
型深さとする。ただし、Bの
4%をこえる半径の丸型ガン
t2 x 12
ネルを有する場合又は通常と
異なる形状の上部舷側を有す
t3 x 13
る場合は、第8条第3項を
参照すること。
D = 3522.0
基礎から
測った船首
Hb =
mm
3500
(第58条)
船首垂線における
乾舷甲板の舷弧の
高さ
船首垂線における
乾舷甲板から暴露
甲板までの高さ
暴露甲板の厚さ
( 合 計 )
V
Cb = -----------L x B x dl
方形係数(Cb)
(第10条)
2346.00
= -----------2427.60
=
船首部の満載
喫水線より
上方の船体
縦断面の
投影面積
x
m
=
x
=
x
=
0.966
A1 =
A2 =
A3 =
100.0
0.0
0.0
合計
0.0
Hb =
Σtn x ln
T = --------Σln
T = --------=
mm
T(L-S)
------ = -----L
Σln
Σtn x ln
S : 船楼の長さの和
=
=
L : 船の長さ
t1-3 : 甲板の被覆の厚さ
11-3:t1-3に対応する甲板部の長さ
船の中央における
mm
型深さ
3500
Hbはいいかえると基線と暴露甲板の
上面との間の船首垂線上の距離となる。
高さ (Hb)
mm
** T : 甲板口の部分を除いた
乾舷甲板の暴露部の被覆の平
均の厚さ
( 合 計 )
乾舷用深さ
*
=
4
mm
0
mm
0
mm
0
mm
3500
V : 最小の型深さの85%における型排水容積
(ボシングの排水容積を除く。)
L : 船の長さ
B : 船の幅
dl: 最小型深さの85% = 0.85 Dmin
A1 : 満載喫水線から型深さまでの面積
A2 : 型深さから乾舷甲板の船側までの面積
A3 : 乾舷甲板の船側から船首楼甲板の船側までの面積
要求投影面積 =
10.1
要求船首高さ =
2571
3
最
小
乾
夏
期
乾
舷
夏 期 木 材 乾
=(6)+(8)-(12)-(28)+(31)+(32) =(34)+(8)-(28)-(33)
基
準
乾
舷
(6)
674
深さによる修正
(8)
32
船楼・トランク
(12)
0
基
準
乾
舷
(34)
深さによる修正
(8)
舷
弧
舷
舷
**
夏期乾舷および熱帯乾舷の最小値は第一位置に
ハッチ・カバー又はこれと同等の材料のガスケットと併用
する締付け装置付き風雨密ハッチ・カバー及び鋼又は
これと同等の材料の水密ふた以外のハッチ・カバーを
(28)
備えたハッチを設けている船舶にあっては150ミリメー
舷
弧
(28)
-245
船
首
高
さ
(31)
0
投
影
面
積
(32)
0
合
計
夏 期 乾 舷 =
**
船
楼
(33)
951
合
951
**
夏期木材乾舷 =
トル、その他の船舶にあっては50ミリメートルとする。
計
夏 期 乾 舷
( S )
951
夏期木材乾舷
( LS )
冬 期 乾 舷
( W )
1004
冬期木材乾舷
( LW )
(WNA)
1054
冬期北大西洋
木 材 乾 舷
(LWNA)
** ( T )
898
熱帯木材乾舷
** ( LT )
夏期淡水乾舷
( F )
889
夏期淡水木材乾舷 ( LF )
熱帯淡水乾舷
( TF)
836
熱帯淡水木材乾舷 ( LTF)
冬期北大西洋
乾
舷
熱 帯 乾 舷
*18 W
: 夏期満載喫水線における海水排水量
(型排水量でもよい。)
*20 W'
*19 Tpc : 夏期満載喫水線における海水の毎センチ排水トン数
指
定
*21 T'pc : 夏期木材満載喫水線における海水の毎センチ排水トン数
乾
他の省令の要 船主の希
標示される乾舷
件によって要 望 す る 乾舷用深さ 甲板線の
求される乾舷 乾
舷 の上端から 上縁から
mm
mm
mm
mm
mm
951
951
最小乾舷
夏期乾舷
( S )
: 夏期木材満載喫水線における海水排水量
(型排水量でもよい。)
舷
標示される乾舷に対応
する満載喫水線の位置
(S)から測る
(LS)から測る
甲板線の上端の位置
(1) 乾舷用深さの上端の
下方へ
上方(+)
下方(-)
mm
冬期乾舷
1004
1004
53
冬期北大
西洋乾舷
1054
1054
下方へ
103
熱帯乾舷
898
898
夏期淡水
乾
舷
889
889
熱帯淡水
乾
舷
836
836
0 mm
(2)
甲板の
上面の
上方へ
延長と外板の外面との
交点から
53
方へ
mm
夏期木材
乾舷 (LS)
mm
冬期木材
乾
舷
冬期北大西
洋木材乾舷
熱帯木材
乾
舷
夏期淡水
木材乾舷
熱帯淡水
木材乾舷
木材乾舷以外の乾舷についての
淡水許容の幅
10W
------40Tpc
木材乾舷についての
淡水許容の幅
10W'
-------40T'pc
他の省令の要件によって最小乾舷より大きい乾舷が指定される場合
省 令 名
記
事
mm
62
mm
4
FREEBOARD CALCULATION (1/2)
SHIP N O. 1 5 0 0 D
PRINCIPAL PARTICULARS
LENGTH P.P.
48.000 m
LENGTH (REG)
48.000 m
BREADTH (MLD)
17.000 m
DEPTH (MLD)
3.500 m
THICKNESS OF KEEL
10.0 mm
THICKNESS OF DECK STRINGER PLATE AT SIDE
22.0 mm
BLOCK COEFFICIENT
(Cb)
WATER PLANE AREA COEFFICIENT (Cwt)
WATER PLANE AREA
PROJECT AREA
0.966
0.950
(Awf)
387.60 m2
(0.15L from F.P.)
0.00 m2
SHEER OF UPPER DECK (UNIT:mm)
A.P.
0 ( 650)
4/6L
0 ( 146)
1/6L
0 ( 289)
5/6L
0 ( 577)
2/6L
0 (
F.P.
0 (1300)
73)
The value in ( ) shows the standard.
SUPERSTRUCTURE, TRUNK
FORE CASTLE : MEAN LENGTH
POOP DECK :
TRUNK :
0.000 m
MINIMUM HEIGHT
0.000 m
HEIGHT AT F.P.
0.000 m
MEAN LENGTH
0.000 m
MINIMUM HEIGHT
0.000 m
HEIGHT AT A.P.
0.000 m
MEAN LENGTH (1)
0.000 m
MEAN HEIGHT (1)
0.000 m
MEAN LENGTH (2)
0.000 m
MEAN HEIGHT (2)
0.000 m
MEAN LENGTH (3)
0.000 m
MEAN HEIGHT (3)
0.000 m
5
FREEBOARD CALCULATION (2/2)
RESULTS
(TYPE : B )
TABULAR FREEBOARD
420 mm
"L < 100" CORRECTION
137 mm
"HATCH COVER" CORRECTION
"Cb" CORRECTION
"DEPTH" CORRECTION
SUPERSTRUCTURE, TRUNKS
"SHEER" CORRECTION
0 mm
254 mm
32 mm
0 mm
-245 mm
"BOW HEIGHT" CORRECTION
0 mm
"BUOYANCY" CORRECTION
0 mm
TOTAL
SUMMER FREEBOARD
951 mm
951 mm
DRAFT (EXT.)
2.581 m
DISPT (EXT.)
2080.09 t
FRESH WATER ALLOWANCE
62 mm
TROPICAL ALLOWANCE
53 mm
"LUMBER" CORRECTION
LUMBER SUMMER FREEBOARD
951 mm
0 mm
DRAFT (EXT.)
0.000 m
DISPT (EXT.)
0.00 t
FRESH WATER ALLOWANCE
0 m
TROPICAL ALLOWANCE
0 m
6
SHEER
AP
1
2
1/6
1/6
3
4
1/6
1/6
5
1/6
1/6
L = 48.00 m
POSITION
A.P.
1/6
2/6
MID.
4/6
5/6
F.P.
0
0
0
0
0
0
0
SHEER
(mm)
SUPER STRUCTURE
< PROFILE >
UPPER DECK
< PLAN >
FP
7
MINIMUM BOW HEIGHT
Fb = (6075×(L/100) - 1875×(L/100)2 + 200×(L/100)3
×(2.08 + 0.609×Cb - 1.603×Cwf - 0.0129×(L/d1)
= 0 mm
where :
d1 = 0.85×D = 2.98 m
Cwf = 0.950 (Cw for Foward of Midship at draft(d1))
0.929 m
D.L.W.L.
2.571 m
FP
RESERVE BUOYANCY
REQUIRED PROJECT AREA (Aq) = 0.15×Fmin + 4×(L/3 + 10)×L/1000 = 10.1 m2
Where:
Fmin = 706 mm
A1 = 100.0 m2
A2 =
0.0 m2
A3 =
0.0 m2
---------------0.0 m2
Aq > A1 + A2 + A3
A1
D.L.W.L.
0.15L(7.200 m)
FP
Document
カテゴリー
HEALTH AND MEDICINE
本日のアクセス数
283
ファイルサイズ
116 KB
タグ
1/--ページ
報告