close

ログイン

パスワードの再発行?

OpenIDでログイン

熱解析FAQ

エンベッド
THERMAL ANALYSIS (Steady and Transient Heat Transfer)
F.A.Q
Materials & Properties
1 熱特性の入力はどこ?
2 熱特性の温度特性は定義できますか?
3 同じモデルで違う材料は定義できますか?
4 異方性材料特性を定義できますか?
5 要素と材料の関連付けを変更するには?
Modeling
6 2D 要素に厚みを入力するには?
7 同じ要素を使う解析タイプ間の違いは?
8 周期対称を行うには?
Boundary・Conditions
9 内部節点を除いて表面を選択するには?
10 対流を定義するには?
11 非定常解析で初期温度をセットするには?
12 時間変化する温度を適用するには?
13 温度固定をするには?
14 内部発熱を追加するには?
15 節点熱流束を追加するには?
16 放射を定義するには?
Solving
17 非定常解析時間を設定するには?
18 形状の不具合でソルバーが止まる
Results
19 過度解析の温度をアニメーションするには
20 なぜ周囲より高い温度になる?
21 長時間のアニメを短くするには
Analysis Type
2D Steady State
Plane elements lie in the XY
plane but resistors can be
arranged 3-dimensionally.
Elements
Plane Elements
3 Node - Triangle (Tri3)
4 Node - Quadrilateral (Quad4)
Fin Elements
2 Node - Fin Element (Line2)
2 Node - Tapered Fin (Line2)
3 Node - Fin Element (Line3)
2D Transient
Plane Elements
Plane elements lie in the XY
3 Node - Triangle (Tri3)
plane but fins can be arranged
4 Node - Quadrilateral (Quad4)
3-dimensionally.
Fin Elements
2 Node - Fin Element (Line2)
3 Node - Fin Element (Line2)
3D Steady State
Solid Elements
8 Node - Hexahedron (Hex8)
4 Node - Tetrahedron (Tet4)
10 Node - LST Tetrahedron (Tet10)
20 Node - Quad Hexahedron (Hex20)
5 Node - Pyramid (Pyr5)
13 Node - Pyramid (Pyr13)
6 Node - Wedge (Wedge6)
15 Node - Wedge (Wedge15)
Fin Elements
2 Node - Fin Element (Line2)
2 Node - Tapered Fin (Line2)
3 Node - Fin Element (Line3)
Shell Elements
Shell: Triangle (Tri3, Tri6) and Quadrilateral (Quad4, Quad8)
3D Transient
Solid Elements
4 Node - Tetrahedron (Tet4)
6 Node - Wedge (Wedge6)
8 Node - Hexahedron (Hex8)
Fin Elements
2 Node - Fin Element (Line2)
3 Node - Fin Element (Line2)
Shell Elements
Shell: Triangle (Tri3, Tri6) and Quadrilateral (Quad4, Quad8)
1/18
1.F.A.Q - 熱特性の入力はどこ?
'Model'メニューの "'Materials'を選択します。
Select 'materials' in the model menu.
材料を追加するには、左下隅にある[add]ボタンをクリックします。Click
the 'add' button at the lower left corner to add a material.
密度については、'Mecanical'タブ
に切り替え、"Isotropic"を選択し、
ρ=
該当するテキストボックスに値を
入力します。For density, switch to
the 'mechanical' tab, select
'isotropic' and then enter the
value in the appropriate text box.
λ=
Cp=
熱伝導率と比熱については、"Thermal"
タブに切り替え、"Isotropic"をクリック
し、値を入力します。
For thermal conductivity & specific
heat, switch to the 'thermal' tab,
click 'isotropic' and enter the values.
2/18
ステファン·ボルツマン定数については、
'Model'メニューから "グローバル・プロ
パティ"を選択します。 'physics'タブに切
り替えて、該当するテキストボックスに
値を入力します。For
Stefan-Boltzmann's constant, select
'global properties' from the model
menu. Switch to the 'physics' tab and
enter the value in the appropriate
text box.
熱伝達係数は境界条件を適用した時に指定します。
Heat transfer coefficients are specified at the time of applying boundary conditions.
2.F.A.Q - 熱特性の温度特性は定義できますか?
材料の定義は、'Model'メニューの'Materials'
コマンドを使用して追加された時に追加され
ます。
Thermal タブに切り替え、"温度依存'オプショ
ンを選択してから、熱的特性を変化させる温
度を入力します。
When the material definition is added
using the 'materials' command in the
model menu.
Switch to the thermal tab, select the
'temperature dependant' option and then
enter the temperature varying thermal
properties.
ソルバは線形データ点間を補間します。温度が定義範囲外である場合、外挿よりも最も近いデータポイントを使用していま
す。
The solver linearly interpolates between data points. If a temperature is outside the specified range, then it uses
the nearest data point rather than attempting to extrapolate.
3.F.A.Q - 同じモデルで違う材料は定義できますか?
単一の材料を指定する手順は、FAQ-Where do I
enter thermal properties ?を参照してください。
複数の材料を追加するには、その手順を複数回繰り
返すことができます。
For the procedure to specify a single material please refer to f.a.q - Where do I enter thermal properties ? .
3/18
That procedure can be repeated multiple times to add more materials.
要素が作成されると、材料のリストからいずれか
の番号がそれに関連付けることができます。
When an element is created, any one number
from the list of materials can be associated
with it.
材料と要素の関連付けを変更するには、FAQ-How do I change the material associated with an element ?を参照
してください。
To change an element's association with a material please refer to f.a.q - How do I change the material
associated with an element ?
4.F.A.Q - 異方性材料特性を定義できますか?
フィンを除くすべての熱 要素は直交異方性
材料特性を受け入れることができます。
All thermal elements except the fins can
accept orthotropic material properties.
5.F.A.Q -要素と材料の関連付けを変更するには?
材料と要素の関連付けを変更するには、要素メニューの"プロパティ"
を使用します。
To change an element's association with a material, use the
'properties' in the elements menu.
要素番号のリストを尋ねるダイアログが表示され、もし要素番号が少
なければカンマ区切りのリストを、もし多くてかつ連続していれば
1-100 の型式を使います。
A dialog will appear asking for a list of element numbers, if they
are few enter a comma seperated list, if they are many and
continuous use the e.g 1-100 format
定義された要素番号に関連付けられている材料を変更するには、材
料特性のドロップダウンリストを使用します。
Use the drop-down list of material properties to change the
material associated with specified element numbers.
4/18
6.F.A.Q- 2D 要素に厚みを入力するには?
温度分布は部品の全断面を代表しているので、2D 要素は厚さを定義する必要はありません。
2D elements do not require a thickness to be specified, because the temperature distribution is representative of
all cross-sections for the part.
7.F.A.Q- 同じ要素を使う解析タイプの区分は?
LISA は内部的に適用された境界条件と解析の種類に一致するように適切な要素タイプを割り当てるのでユーザは、要素の
選択で心配する必要はありません。
放射が任意の要素に適用されている場合、反復解法を使用しています。
The user need not worry between the choice of elements as LISA will internally assign the correct element type to
match the applied boundary conditions and analysis type.
If radiation is applied to any element, it uses the iterative solution for radiation.
8.F.A.Q - 周期対称を行うには?
周期対称における特徴は、タービンブレードのような軸の回転などについて規則正しく繰り返されます。
全体の構造をモデル化する代わりに、周期対称性は、繰り返し機能を含む 1 セグメントだけにモデルサイスを小さくします。
周期対称性は、静解析&振動解析で使用することができます。熱解析では定常解析だけが周期対称性を使えます。In
cyclic symmetry a feature is regularly repeated about an axis of rotation, such as turbine blades. Instead of
modeling the entire structure, cyclic symmetry reduces the model size to only one segment containing the
repetitious feature.
Cyclic symmetry can be used in static & vibration analysis. In thermal analysis only steady state analyses can use
cyclic symmetry.
分析が必要とされるモデルを考えてみましょう。
Consider the model that is required to be
analyzed:
5/18
それをモデル化する代わりに周期対称を使ってそ
れの一セグメントだけをモデル化するには、以下に
示すようにモデル化する必要があります
Instead of modeling the whole of it, using
cyclic symmetry only one segment of it
needs to be modeled as shown below
開始するには、Model→グローバルプロパティ・ダ
イアログで "周期対称"タブを選択します。
部品を構成する特徴のセグメント数を入力して、回
転軸を選択します。To begin, in the
Model->Global Properties dialog select the
'Cyclic Symmetry' tab. Enter the number of
segments of the feature that comprise the part
and choose the axis of rotation.
下図のように三角形状の 2 つの面が cyclicmaster
&cyclicslave 節点です。右側面はマスターで、左
側の面がスレーブです。
The two surfaces with the triangles shown as
below are the cyclicmaster & cyclicslave
nodes. The surface on the right is the master
and the surface on the left is the slave.
6/18
互いのマスター&スレーブの整列の節点パターン
は 12 セグメントの残りの部分がプログラムで内部
的に結合され、1 セグメントのスレーブ節点は、隣
接するセグメントのマスタ節点と接触するために重
要です。これは、また、マスター節点の数は、スレ
ーブ節点の数に等しくなければならないことを意味
します。右の節点に cyclicmaster プロパティを適
用するには、マウスを使って節点を選択します。
(選択セットを節点に追加/削除するには"Ctrl +クリ
ック")
It is important that the nodal pattern of the
master & slave line-up with each other,
because when the rest of the 12 segments are
combined internally by the program, the slave
nodes of one segment will be in contact with
the master nodes of the adjacent segment. This
also implies that the number of master nodes
must be equal to the number of slave nodes.
To apply the cyclicmaster property to the nodes
on the right, select the nodes with the mouse
(Ctrl + click to add/remove nodes to the
selection set).
拘束→add/Edit。表示されたダイアログで
cyclicmaster を選択します。
Constraints->Add/Edit. On the displayed dialog
select cyclicmaster.
次に、 "Add"ボタンをクリックすると、別のダイアロ
グが、節点番号と cylicmaster プロパティ選択され
ていることを示すため表示されます。
"OK"をクリックします。親ダイアログを閉じます。
左端の節点を選択し、上記の手順を繰り返します
が、今度は、これらの節点に'cyclicslave'を適用し
ます。
Then click the "Add" button and another dialog
will be displayed showing the node numbers
and cylicmaster property selection. Click "Ok".
Close the parent dialog.
7/18
Select the nodes on the left edge and and
repeat the above step but this time apply
'cyclicslave' to these nodes.
マスター/スレーブのプロパティを持つ節点に適用
された拘束は、マスター/スレーブプロパティなしの
節点に適用 contraints とは異なる方法で処理され
ています。マスタ/スレーブのプロパティを持ってい
る節点は、円周、半径方向および軸方向に拘束さ
れます。マスター/スレーブのプロパティを持たない
節点は、いつものように拘束されますが、対称性を
維持するように、他のセグメントによって回転され
ます。次の選択された 3 つの節点に円周拘束を適
用しなければならない。
Constraints applied to nodes with master/slave
properties are handled differently than
contraints applied to nodes without the
master/slave property. Nodes that have
master/slave properties are constrained in the
circumferential, radial and axial directions.
Nodes without the master/slave property are
constrained as usual but will be rotated for the
other segments, so as to maintain symmetry.
We shall apply a circumferential constraint to
the three nodes selected below.
拘束→add/Edit
Constraints->Add/Edit
8/18
"add"ボタンをクリックし、節点番号、拘束のタイプ
(displx)、0 'の値を持つダイアログ、を表示させま
す。'OK'をクリックして親ダイアログを閉じます。拘
束記号が円周に対して接線であることに注意してく
ださい。
Click the 'Add' button and it display a dialog
with the node numbers, type of constraint
(displx) and the value of '0'. Click 'Ok', then
'Close' the parent dialog. Note the constraints
symbol is tangential to the circumference.
軸穴の節点は、X、YZ に固定されています。
The shaft hole nodes are fixed in X, Y & Z.
モーダル振動の結果のために一セグメントだけが
モデル化されたにもかかわらずフルモデルが表示
されます。他は全く同じになりますので、他の解析
タイプでも一セグメントだけが表示されます。
The results for modal vibration will be
displayed for the full model, even though only a
segment was modeled. For other analysis types
only a single segment will be displayed because
the others will be identical.
9.F.A.Q -内部節点を除いて表面を選択するには?
ソリッドメッシュの内部節点は、境界条件を適用するための表面上でマウスをドラッグするときに、内部の節点が選択されな
いように、視界から隠すことができます。 The interior nodes of a solid mesh can be hidden from view, so that
when dragging the mouse over a surface for applying boundary conditions, the interior nodes do
not get selected.
9/18
表示されたダイアログで、以下のチェックボックスを選択し
on the displayed dialog select the following check-box
以下のツールボタンを使用することもできます。The following tool-button can also be used.
10.F.A.Q- 対流を定義するには?(熱伝達係数)
ライブラリ内のすべての要素は、対流境界条件を受け入れる
必要があります。
クリックし対流を持つ要素の辺の節点を選択するためにマウ
スをドラッグします。
All the elements in the library accept convection
boundary conditions.
Click & drag the mouse to select the nodes of the
elements edges with convection.
'Loads'メニューから Convection を選びます。
表示されたダイアログで"Add to Selected Faces"ボタンをクリ
ックしてください。周囲温度の値と熱伝達係数を入力します。
On the displayed dialog click the "Add to Selected Faces"
button. Enter the value for the ambient temperature and
the heat transfer coefficient.
10/18
'OK'をクリックすると、ダイアログが対流条件と要素番号(EID)
を表示します。
On clicking 'Ok', the dialog will display the element
numbers(EID) with convection.
モデルは対流を持つ辺を現すシンボルが表示されます。
The model will display a symbol indicating the edge that
has the convection.
11.F.A.Q-非定常解析で初期温度をセットするには?
クリックして、すべての節点を選択するので、モデル全体の上をマウスでド
ラッグします。そして拘束メニューから、"add/Edit"を選択します。
Click and drag the mouse over the whole model, so that all the nodes
are selected. Then from the constraints menu, select 'Add/Edit'.
ドロップダウンリストから'temperature'を選択し
From the drop-down list select 'temperature'
"add"ボタンをクリックして、子ダイアログを表示させ、ノード番号とプロパティのリストが正しいことを確認してから、初期温度
の値を入力します。タイムステップの下にあるドロップダウンリストから、'0 'の値を選択します。タイムステップ= 0 は初期温度
を意味し、タイムステップ= 'N / A'は、固定された温度を意味します。
Click the 'add' button and a child dialog will appear, check that the list of node numbers and property is correct,
then enter the value of the initial temperature. From the drop-down list under time-step, select the '0' value.
Timestep = 0 means initial temperature and Timestep = 'N/A' means fixed temperature.
11/18
"OK"をクリックし、ダイアログ閉じます。親ウィンドウを終了するには"Close"
をクリックしてください。モデルの初期温度は、ツールバーのドロップダウン
リストから"0"を選択し表示します。
Click "Ok" & "Close" the dialog.
Click 'close' to exit the parent window. To display the initial
temperatures in the model select "0" from the drop-down list on the
tool-bar.
温度を削除するには、節点を選択し、[拘束]→ [add/Edit]を呼び出します。リストボックス内の項目を選択し、"削除"ボタン
をクリックします。
To delete the temperatures, select the nodes and then call the Constraints->Add/Edit. Select the items in the list
box and click the 'Delete' button.
12.F.A.Q -時間変化する温度を適用するには?
必要な節点を選択します。次に、拘束メニューから"add/Edit"選択します。
Select the required nodes. Then, from the constraints menu select 'add/edit'.
表示されたダイアログで、 "add"ボタンをクリックしてください。子ダイアログが表示されます。
On the displayed dialog, click the 'add' button. A child dialog appears.
ドロップダウンリストから Property で'temperature'を選択します。温度の値を入力します。この温度を適用する時間ステップ
を選択し、完了のため[OK]をクリックします。
Select 'temperature' from the drop-down list. Enter the value of the temperature. Select the required time step to
apply this temperature to. Click OK to complete.
もし、長い温度リストが連続した時間ステップで必要になったら、同等の「'Loads'メニューから'Time step load list'」方法を使
う方法が簡単かも知れません。すでに選択された節点はダイアログに表示され、さもなければ節点番号をタイプします。
If a long list of temperatures is required at consecutive time steps it may be easier to use the alternative method From the loads menu select 'Time step load list'. Any already selected nodes will be shown in the dialog box,
otherwise type in the node numbers.
また、最初の温度を適用する時間ステップ、およびシーケンス内の各時間ステップのための温度のカンマ区切りのリストを入
力します。完了するには'OK'をクリックします。各温度の値は、指定されたすべての節点に適用されます。
Also enter the time step to apply the fist temperature to, and a comma delimited list of temperatures - one for
each time step in sequence. Click 'OK' to complete. Each temperature value will be applied to all specified nodes.
12/18
13.F.A.Q-温度固定をするには?
節点上の固定温度は、このエリアを通る"熱流'が一定温度を保つためのものである
ことを意味します。一定温度を持つ節点を選択し、[拘束]メニューから'add/Edit'を
選択します。
A fixed temperature on a node means that the heat flowing through this area
is such that a constant temperature is maintained. Select the nodes with a constant temperature, then from the
constraints menu, select 'Add/Edit'.
ドロップダウンリストから'temperature'選択し From the drop-down list select
'temperature'
"Add"ボタンをクリックしてください。表示される
ダイアログで、固定する温度の値を入力しま
す。
Click the "Add" button. Enter the fixed
tempeature value in the dialog that appears.
ダイアログの"OK"と、"Close"をクリックしてください。
温度を削除するには、節点を選択し、[拘束]→[add/Edit]を呼び出します。リストボックス内の項目を選択し、"削除"ボタンを
クリックします。
Click "Ok" & "Close" the dialog.
To delete the temperatures, select the nodes and then call the Constraints->Add/Edit. Select the items in the list
box and click the 'Delete' button.
14.F.A.Q -内部発熱を追加するには?
要素の熱の吐き出しまたは吸収(W/m 3)は、特定要素の固有のデータで、その大きさを指定す
ることにより定義されます。熱源を必要とするすべての要素のすべての節点を選択します。次
にエレメントメニューから、"プロパティ"を選択し、[OK]をします。
Heat Sources or Sinks (W/m 3) for elements are defined by specifying its magnitude in
the element specific data for that particular element. Select all nodes of all the elements which require the heat
source. Then from the elements menu, select 'Properties' and OK.
表示されるダイアログで、"内部熱源'(W/m3)に値を入力します。 "OK"をクリックします。
Enter the value in 'Internal Heat Source' in the dialog that appears. Click "Ok".
13/18
(W/m 3)
熱源を削除するには、最初に要素の節点を、そしてエレメント→プロパティを選択します。フィールドに 0 を入力します。
To delete the heat source, first select the nodes of the elements and then Elements->Properties. Enter 0 in the
field.
15.F.A.Q- 節点熱流束を追加するには?
熱流束を持つ節点または複数の節点を選択します。その後、ロードメニューから、
"add/Edit"を選択します。
Select the node or nodes with the heat flux. Then from the loads menu,
select 'Add/Edit'.
ドロップダウンリストから'熱流束'を選択し From the drop-down list select 'heat flux'
"Add"ボタンをクリックしてください。表示されるダイアログで、初期の熱流束値を入力します。
Click the "Add" button. Enter the initial heat flux value in the dialog that appears.
(W/m3)
14/18
"OK"をクリックし、ダイアログ閉じます。
熱流束を削除するには、まず、節点を選択し、そして、[Loads]→ [add/Edit]を呼び出します。リストボックス内の項目を選
択し、"削除"ボタンをクリックします。
Click "Ok" & "Close" the dialog.
To delete the heat flux, first select the nodes and then call the Loads->Add/Edit. Select the items in the list box
and click the 'Delete' button.
16.F.A.Q- 放射率を定義するには?
Model>グローバルプロパティ]ダイアログで"Physics"タブをクリックし、ステファン·ボルツマン定数を設定します。
Set the Stefan-Boltzman constant in the the Model->Global Properties dialog, click the "Physics" tab.
クリックし、そして放射を持つ要素の辺
の節点を選択するためにマウスをドラッ
グします。
Click & drag the mouse to select the
nodes of the elements edges with
radiation.
'Load'メニューから Radiation を選択し
ます。
表示されたダイアログで "Add to Selected Faces"ボタンをクリックします。周囲温度(℃)と放射率の値を入力します。
On the displayed dialog click the "Add to Selected Faces" button. Enter the value for the ambient temperature (°C)
and the emissivity.
15/18
'OK'をクリックすると、ダイアログに放射率と要素番号(EID)を表示します。
On clicking 'Ok', the dialog will display the element numbers(EID) with radiation.
モデルでは、放射率を持つ辺を示すシンボルが表示されます。
The model will display a symbol indicating the edge that has the radiation.
17.F.A.Q - 非定常解析時間を設定するには?
16/18
過渡解析の観測期間は、グローバルプロパティダイアログで入力します。
The period over which a transient analysis is to be observed is entered in
the global properties dialog.
ワット(ジュール/秒)を使用した単位システムでは、タイムステップもまた秒で
指定する必要があります。
For a consistent system of units using watt (joule/second), the timestep
must also be in terms of seconds.
1 秒間隔で 10 時間かけて計算を観測することは実用的ではないので、多分、
5 分のような大きい時間ステップが選ばれます。
10 時間を秒に変換すると、10 時間×60 分×60 秒=36000sec および、タイムステップを秒にすると 5 分×60 秒=300 秒です
It is not practical to calculate an observation over 10 hrs in 1 second iterations, so perhaps a larger time-step of 5
min can be chosen. Converting the 10 hrs into seconds is 10 hrs x 60 min x 60 sec = 36000sec and the time-step into
seconds is 5 min x 60 sec = 300sec
小さい時間ステップはより結果を正確にしますが、より多く繰り返します。
The smaller the time-step the more accurate the results, but also more the iterations.
18.F.A.Q - 形状の不具合でソルバーが止まる
悪い形状を持つ要素番号を列挙するには、エラーチェックを
使用します。
Use the error checker to list element numbers with bad
topology .
17/18
少ない要素であるなら、次のコマンドを使用する前にそれら
を書き留めておきます。
あまりにも多くの要素がある場合、自動的にそれらの番号を
知りるには、LISA に誤った要素周辺のウィンドウを単にドラッ
グするのが最も簡単で、それから要素反転コマンドを呼び出
します。
If they are few elements note them down before using
the following command. If there are too many elements
it may be easiest to simply drag a window around the
erroneous elements for LISA to automatically know their
element numbers and then call the element invert
command.
19.F.A.Q -過度解析の温度をアニメーションするには
20.F.A.Q - なぜ周囲より高い温度になる?
温度固定および初期温度の両方が過渡解析の節点で指定された場合、それが故に高い温度の数値誤差になります。その
節点に対しては温度固定のみを使用します。
If, both a fixed temperature and an initial temperature is specified at a node in a transient analysis, it will result in
a numerical error, hence the higher temperature. Use only a fixed temperature for that node.
21.F.A.Q - 長時間のアニメを短くするには?
ダイアログの上部にあるテキストボックスに秒単位で実世
界の合計アニメーション時間(秒)を使い、レンダラが追いつ
けない場合は、アニメーションは結果を間引きします。
The text-box at the top of the dialog uses real-world
total animation time in seconds, if the renderer can't
keep up, the animation will skip in-between results.
もし必要なら、アニメーションを改善するためにポストプロセ
ッサのビューメニューの "オプション"をクリックして解像度を
減らすことができます。
If necessary the resolution can be reduced to improve
the animation, click 'options' in the view menu of the
post-processor.
©2012 LISA-Finite Element Technologies
18/18
Document
カテゴリー
RELIGION
本日のアクセス数
14
ファイルサイズ
683 KB
タグ
1/--ページ
報告